Home / 沖縄観光 / 沖縄にまだ行っていないあなたは損をしている?沖縄に行くべき5つの理由
01

沖縄にまだ行っていないあなたは損をしている?沖縄に行くべき5つの理由

01

九州より更に南にある【沖縄県】は、年間の平均気温が23.1℃の亜熱帯気候。年間の気温差が大きくないため夏が長く、3月下旬から海開きがはじまり 10月中旬~下旬まで泳ぐ事ができます!12月~2月の間にも、10℃を下回る事がなく、年間を通して過ごしやすい為 一年中、全国各地や世界各地から観光客の訪れるアジア屈指のリゾート地。

今回は、国内の旅行先として大人気の沖縄にまだ行った事がない方の為に!きっと訪れたくなる 沖縄の魅力をたっぷりご紹介します!

スポンサードリンク

世界に誇れる海の美しさ

沖縄の海は透明度がとても高く、世界的にもサンゴの多い海域と言われており約200種類の珊瑚が確認されている程 沢山の珊瑚礁に囲まれた島です!珊瑚は体内で光合成を行い、海の二酸化炭素を吸収し 酸素を吐き出す事で、海水を綺麗にしていると言われ、珊瑚が酸素を吐き出す時に空気や物質を浄化するだけでなく豊富なミネラルも同時に排出しているので、沖縄の海は透き通るように美しく、世界に誇れる澄んだ透明感を保っています!

沖縄の海の色が エメラルドグリーンやコバルトブルーなどの美しいグラデーションに見えるのも、海底にある珊瑚に光が反射している為この様な素敵な色を生み出していますし、珊瑚には 魚やエビなどの様々な生物が集まり 豊かな生態系を生み出す源にもなっています。

そして、年間の平均気温が23.1℃の沖縄では、3月下旬に海開きが行われ 10月中旬まで海水浴を楽しむ事が出来、ダイビングなら一年中潜る事ができます!沖縄本島にあるビーチでも十分素敵なのですが、オススメは、ビーチから数mの場所に驚く程の珊瑚が群生しているビーチが数多くある「宮古島」や、2014年3月5日(サンゴの日)に「国立公園」に指定された 世界屈指の透明度を誇る「慶良間諸島」などの離島の海を体感してください!

美しすぎる沖縄の海は一生の思い出になる事間違いなしです!

02

出典:fc2

独特の文化や雰囲気を感じられる場所

沖縄県は、1429年から1879年の450年間「琉球王国」という独立した国で、日本のみならず、中国文化からも影響を受けていました。その後、明治時代から日本に編入され、日本の文化が本格的に浸透してきましたが、太平洋戦争の後1945年~1972年までの27年間、アメリカの占領統治下に置かれた為、アメリカ文化からの影響も受けました。

この様な歴史を辿った沖縄県はよく 「ちゃんぷるー文化」と言われる様に、色々な要素が混ぜこぜになった独特な 独自の文化を持つ場所です。

沖縄各地でよく見かける、お土産などでも人気の高い【シーサー】は、中国から伝わってきたものですし、旧暦で行事を行う文化があるので、1月1日にお正月を迎える地域と、旧暦の1月1日(2016年の旧正月は2月8日)にお正月を迎える地域があったり、お盆の日取りは旧暦で数えるので 毎年日にちが違ったり、旧暦で行う行事が多いので、沖縄のカレンダーには旧暦が入っている物が多く見られます。

他にも、有名な【琉球ガラス】は、戦後 駐留アメリカ人が使用したコーラの瓶やビール瓶など、色のついた廃瓶をリサイクルという形で 再生させて作っており、米軍などのアメリカ人向けに販売されていました。当時、「気泡」の入ったガラスや「厚み」のあるガラスはB級品として扱われていましたが、次第にアメリカ駐留軍からの需要が伸び始めることによりガラス造りが発展したという歴史もあります。

他にも、沖縄料理の定番「ゴーヤーチャンプルー」や「ポーク卵」に欠かす事のできない【ポーク】(スパムやランチョンミートなどの缶詰)は、アメリカ人によって持ち込まれた商品ですが、今や沖縄の家庭料理として根付いています!この様に、日本の他の地域とは一風変わった慣習、風習、文化など 独自に進化してきた沖縄では、どこか異国感の漂う 独特な雰囲気を味わえる魅力的な場所です!

HIMG0290.JPG

出典:cocolog-nifty

とても温かい

沖縄の年間平均気温は、約23℃。3月末から暖かくなりはじめ、11月に入る頃から冬に向けて涼しくなるといった感じです。夏は 太陽の日差しがキツイのですが、高い建物があまりなく 風通しが良く、海風が強い為、35℃を超える猛暑日になることがほとんどありません。

日中でも、日陰にいると風が気持ちよく涼しく感じられるので「ヒートアイランド現象」などがある都会と比べるととても過ごしやすい気候です!一方冬は、気温が10℃を下回ることがほぼないので、暖房設備などがなくても快適に過ごせます!

そして、もう1点「あたたかさ」があります。それは人が「温かい」事です。人懐っこい人が多く、スーパーや商店街などでは おばぁーが気さくに話しかけてきてくれたり、買い物をすると「おまけ」を付けてくれたり、沖縄風土の独特のものなのか 温暖な気候のせいなのか判らないですが、ニコニコ笑顔の温かみのある親切に触れる事ができます!

沖縄への旅行の際には お店の人に話しかけたり、 近所のおばぁーに話しかけたりしてみてください!きっと沖縄人の温かみを感じ、沖縄をより一層好きになってもらえるかと思います!

04

感動的な美しい夕日と星空

日中の青くどこまでも広い空と海もとても魅力的なのですが、沖縄の浜辺や海を見渡せる高台などから見る【夕日】は、昼間とは全く別の感動的な美しさがあります!空気が澄んでいる沖縄では、空がとても低く感じられ、夏場の入道雲などはかなり近くにあるのではないかと錯覚してしまう程です。

サンセットの時間帯になるとこの澄んだ空がジワジワと、 むらさき・ワインレッド・オレンジ・ピンクなど 季節や気候によって様々な色のグラデーションに染まり、水平線に太陽が吸い込まれていく様は何度見ても感動的です!見る場所や季節、または次の日の天候などによっても 毎日違うグラデーション模様が見られるので、旅行中はサンセットの時間帯を気にしながら移動してみる事をオススメします!

また、本島北部や各離島などでは一年中 こぼれ落ちそうな数の星空を見る事ができます。澄みきった空気の場所では夜の星もとても近くに感じる事ができ、くっきりとした「天の川」や 頻繁に流れ落ちる「流れ星」も普通に見る事ができます!離島などで見る満点の星空は、何時間でも見ていられる程雄大な景色で、時間の経過と共に星が移動していく様子など、全てが感動的なすばらしい体験を目の当たりにする事ができます。

星空を最も綺麗に見るには、月明かりの影響を受けない「新月」の前後の時期がおすすめです。

05

出典:cocolog-nifty

お手頃価格で沖縄旅行が出来る

国内の旅行先として大人気で、訪れる者を魅了して止まない【沖縄県】。透明度の高い海はもちろん、のんびりとした島時間を過ごすことができたり、美味しい沖縄グルメを食べることができたり、アメリカを間近で感じる事が出来たり、手付かずの自然を満喫したり… まだまだ沢山の魅力に満ち溢れた島です!

ここ数年、各地から格安航空LCCの乗り入れ数が格段に増え、東京や大阪以外からも とても低価格で飛行機に乗る事が出来る様になりました!加えて、観光客の増加で 沖縄県内の宿泊施設数も増え、低価格で充実した設備のホテルが沢山あります。レンタカーも同じように、レンタカー会社の数や保有台数が増えた事により、時期によって差はあるものの 格安で借りられる所が沢山あります!

まだ一度も沖縄旅行にいらした事のない方も 沖縄の温かさや多様な文化や素敵な自然を体感しに、是非一度足を運んでいてください!

スポンサーリンク

Check Also

beach-640x330

沖縄北部のおすすめ観光スポット17選と北部のグルメ5選

自然豊かな沖縄北部には、魅力的 …