Home / 沖縄体験 / 沖縄旅行に格安でいくための工夫と比較のポイント、注意点
001

沖縄旅行に格安でいくための工夫と比較のポイント、注意点

001

沖縄は日本本土から離れた島々です。この南国への旅行を出来るだけ安い料金で楽しむために、考えなけらばならないことが幾つかあります。

同じ日本なのにトロピカルな島々で構成された沖縄を楽しく旅行するには、出発前に考えることが色々あります。まず旅行の時期です。そして料金を格安に抑えるための旅程を組むことがあります。次に日本本土からの移動は飛行機で行くのが普通ですし、到着後の移動手段は通常は自動車となりますが、共に安い料金である必要があります。最後に宿泊設備となります。

これらを順を追って、本記事ではいかに格安にするかのポイントや注意点をご紹介していきます。沖縄旅行を格安で楽しみたいという方は、是非本記事を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

格安で沖縄に行ける時期

002

出典:toyota.co.jp

沖縄は一番暑い夏に行くのが一番楽しめるのですが、当然全体の費用が高くなります。それ以外でもゴールデンウィークや9月の連休なども、その値段がグッと高くなります。また年末年始も同様に値段が上がりますから、これを抑えて観光地が混雑することのない冬のシーズンオフの時期が適していると言えます。
特におススメしたいのが、6月下旬で梅雨が明けたこの時期だと旅費も高くなく、観光地の混雑もなく、スイミングにも一番適した時期だといえます。

またプロ野球の球団がシーズン前にキャンプを行うのも沖縄の特徴です。その時期に合わせて沖縄本島を訪問するというプランもあります。

真夏の観光シーズンの沖縄は非常に魅力ですが、梅雨時や冬なども沖縄は観光スポットが充実しており、どのシーズンにいっても楽しむことができます。ご自身のお休みのスケジュールなどとも相談をしながら、シーズンをずらしてみてはいかがでしょうか?

沖縄旅行への旅程つくりとは

003

出典:youtube.com

沖縄への旅行計画をまず立てることになりますが、予算を安くするためにはご自分で計画を立てるとしたら行く時期の決定くらいとして、それが決まったら、やはり全体の旅程は旅行会社のツアープランから選ぶのがいいでしょう。
旅行会社のツアープランは、だいたい交通と宿泊の組み合わせを決めて選ぶことになります。この組み合わせで全体の値段が安い旅行会社のパッケージツアーを絞り込みには、直接旅行会社の窓口に足を運ぶのもいいのですが、自宅にパソコンとインターネットの接続環境があるのであれば、ウェブでまず検索するのがいいでしょう。

日本本土から沖縄への移動

004

出典:phil-portal.com
日本本土からの移動手段としては、やはり航空機の利用が一番安くそして早く移動できる方法だといえます。またお金と時間に余裕があるのであれば、フェリーなどの船舶を利用する方法もあります。ここで注意しなければならないのは、飛行機で沖縄に行くのであれば航空券だけを買うよりも、一泊分の宿泊を組み合わせたツアーにすると更に格安の料金となることです。

好きなホテルに泊まりたい

複数泊したいとお考えで、ご自分のお好みのホテルに泊まりたい方は、一泊目はツアーで手配された宿泊所に泊まり、あとの残りの宿泊はご自身のお好みのホテルに泊まれば、全体の宿泊費を抑えることができます。

沖縄に帰省したり友人宅に泊まる

これも複数泊の場合で、初日だけツアーで指定された宿泊所に泊まり、その後はご実家か友人宅に泊まる方法です。これも全体の旅費を安く抑えることができます。

沖縄での移動手段

005

出典:jalan.net
沖縄での移動手段としては、モノレール、バス、タクシー、レンタカー、そしてレンタルサイクルがあります。ご自分の旅行日程と行動パターンに合わせて、これらを組み合わせるのがいいでしょう。

モノレール

006

出典:jnaha-navi.or.jp
沖縄本島の那覇市にある那覇空港駅と首里駅の間で運行されている沖縄都市モノレールです。このモノレールは那覇市民から「ゆいレール」と呼ばれており、2019年にはてだこ浦西駅まで延線される予定です。

バス

007

出典:jnaha-navi.or.jp
沖縄本島では、ほぼ全域を路線バスが運行されていますから、安く移動したい場合に大変に重宝です。特に那覇市内から北部への観光に便利です。

タクシー

008

出典:jnaha-navi.or.jp
沖縄という土地勘に乏しい場所でのレンタカーでの運転が不安だとお思いの方や、ペーパードライバーであり運転が心配だとお思いのかたには、タクシーがおススメです。沖縄観光タクシーの乗務員資格認定をもつ運転手が運転しますから、5人以内であれば安全で快適な沖縄観光を楽しめます。

レンタカー

009

出典:jnaha-navi.or.jp
何といってもご自分が行きたい場所へ行きたいなら、レンタカーです。5人以内で大きな荷物があるのであれば、多少値段はかさみますがレンタカーが沖縄では一番の移動手段です。
また、ツアー予約を早割で行えば、レンタカーのガソリン満タン返却が不要となります。普通はレンタカーを返却する時はガソリンを満タンにして返却をしなければいけませんが、馴染みのない土地でのガソリンスタンド探しは結構手間と時間がかかり大変なものです。しかしこ早割ツアーならこの特典が付いてきます。

レンタルサイクル

010

出典:jnaha-navi.or.jp
徒歩で行けない遠い場所でも、レンタルサイクルを使えばちょっとした散策ができます。一人か二人くらいでのんびりと移動したいかたにはおススメです。また、ロッジなどの格安な宿泊地で近くにコンビニなどがない場合なども、レンタサイクルが一台あると便利です。

沖縄に滞在中の宿泊

011

出典:kariyushi-oceanspa.jp
沖縄で宿泊するには、通常の旅館やホテル以外にペンションや民宿、ロッジなどが利用できます。宿泊する数にも依りますが長期にわたり沖縄での滞在を満喫したいなら安いペンション、民宿またはロッジがいいでしょう。そして短期ではあるけれど、人気の観光スポットが近くて美味しい料理が出てくる旅館やホテルでの滞在がいいと言えるでしょう。

まとめ

012

出典:blesswedding.jp
以上、沖縄へ格安で旅行するために事前に考えたいポイントや注意する点についてご紹介してきました。

まず滞在する時期を決めて、旅程は、よほどご自分のこだわりがないのであれば、旅行会社のツアーパッケージを選ぶのが全体の旅費を安く抑えれらる手段となります。そして早得ツアー予約をすれば、お得な特典がいくつか付いてきます。例えばホテルのグレードアップが無料でできたり夕食が一回分付いてくるなどの特典もあります。さらに星空の観察やダイビングからシュノーケルなど、沖縄ならではの、旅先の楽しみを満喫できるアクティビティ特典などというお得なサービスもあります。また例えば大晦日のカウントダウンパーティが開催されるホテルもあり、この終了と同時に花火が打ち上げれれ、新年のお祝いをご家族や知り合いと共有するという楽しみ方もあります。

またパッケージに含まれない、沖縄滞在中の行きたい観光地への移動手段についても、その距離や移動頻度、最終的な使えるお金によって決めることになります。沖縄本島なら、やはりバスが一番安くて便利な移動手段となります。沖縄本島以外の島であれば、タクシーかレンタカーが便利な移動手段で、ご家族連れなどで荷物が多く行きたい場所へ行きたいのであれば、レンタカーがいいでしょう。

最後に、沖縄に滞在している間にこの島の魅力をどこに見るかということが大切になることになるでしょう。ご自分の予算と行動パターンに合わせて沖縄の魅力に触れる計画を立てて、最適な旅行計画を作ることがポイントとなります。そして沖縄は本島以外の島々にも魅力がたくさんあります。

あなたも沖縄の魅力を余すことなく見て感じとる、旅行プランをぜひ立ててみてください。

スポンサーリンク

Check Also

2

沖縄における「ニライカナイ」とは?ニライカナイの意味と地元での意味

ニライカナイとは琉球で古くから …