Home / 沖縄土産 / 沖縄にお熱なアナタに…お部屋で沖縄を楽しむ!沖縄小物7選
f37878e19456c04d0099bd77589acfb5_s

沖縄にお熱なアナタに…お部屋で沖縄を楽しむ!沖縄小物7選

楽しい沖縄旅行を終えて日常生活に戻っても、楽しい思い出はすぐに薄れないもの。沖縄の熱い太陽と輝く海、どこか異国情緒漂う街並ばかりが頭の中を駆け巡る…そんな時は「沖縄病」にかかってしまっているのかもしれません。またすぐに訪れたいと思うのは、魅力たっぷりな沖縄の虜になっている証拠です。

日常生活でも沖縄を感じたい!そんな時は、沖縄をたっぷりと感じられる“沖縄小物”をお部屋に飾ってみませんか?小さな沖縄を感じられる空間は、大切な思い出とともに大事にしておきたいもの。今回は、旅行から帰っても沖縄を楽しめる、沖縄小物を7つご紹介します。

スポンサードリンク

お土産の定番!飾って使って可愛い沖縄小物

小さな沖縄を感じるお部屋作りには、沖縄の小物は欠かせません。ここでは定番の「シーサー」や「琉球グラス」など、飾ったり、使ったりできる沖縄小物をご紹介。様々な種類の中からお気に入りを選ぶのも良し、体験工房でオリジナルを作るのも良し。お気に入りの一品を見つけてお部屋に持って帰りましょう!

シーサー

沖縄のイメージの中で、定番中の定番ともいえる「シーサー」。シーサーがあるだけで、沖縄の雰囲気がぐっと上がります。土産店には色んな顔・形をしたシーサーが並べられ、カラフルでポップなものから、シックな色合いのものまであります。自分好みのシーサーを選んで、お部屋の魔除けとして飾ってはいかがでしょうか。

シーサーを選ぶポイントは他にも。お尻を下に向け座り込んでいる形が「座姿」、お尻を上に上げて今にも駆け出しそうな形が「横姿」です。「座姿」は腰をどっしりと据えて家を守る意味、「横姿」はその姿通り尻上がりに物事をうまくいかせる、という意味があります。この意味に合わせて選ぶのもおすすめですよ。

琉球ガラス

ecfc1579fa19c7c31ff1004032c55458_s
美ら海を思わせる「琉球ガラス」。沖縄の海や夕陽を模したようなグラスが一般的で、沖縄土産の定番でもあります。ちょっと分厚いグラスは、気泡やブルー・オレンジなどで色づけされ、可愛さと裏腹にしっかりとした造り。泡盛を飲むのにも最適ですが、見るだけでうっとりするようなきれいな色合いのものも多く、お部屋のインテリアにもおすすめ。

元は戦後の資源難の頃、捨てられたビンを溶かし、再利用するために作られたことが始まり。ビンの様々な色が混ざり合ってできたグラスは、その色合いに多くの人が惹かれ、今の琉球ガラス製品へと繋がったとされています。琉球ガラスは花瓶やお皿などの作品も多く、食器以外にも様々な形で楽しむことができます。

おすすめは「源河源吉琉球ガラス工房」。展示会も行う、その歴50年余りの職人が作りあげる琉球ガラスを購入できます。もちろん、グラス作り体験も行っています。旅人には嬉しいアウトレット販売もあり。ぜひ、お好みの琉球ガラス製品を探してみては?

源河源吉琉球ガラス工房
住所:読谷村座喜味1369-1
問合せ:098-982-9912

とんぼ玉

f37878e19456c04d0099bd77589acfb5_s
ストラップやアクセサリーにもなる「とんぼ玉」。沖縄だけでなく日本全国で作られるガラス製品ですが、沖縄のとんぼ玉は、琉球ガラスの色合いを出したものや、星の砂を閉じ込めたものなど、工房によってオリジナリティ溢れる作品があります。

その中でもおすすめは、とんぼ玉に星の砂を閉じ込めることができる「沖縄アート体験 美ら風(ちゅらかじ)」。国際通りから近く、牧志公設市場からすぐの好立地にあり、予約不要でとんぼ玉製作体験ができます。星の砂を閉じ込められるのは、沖縄でもココだけ。その他にも県内職人のガラス製品が数多く販売されています。

沖縄アート体験 美ら風
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-50
問合せ:098-866-8558

島ぞうり

c852da4461cdfb98ac2be7e7b89f5f1f_s

履くのはもちろんのこと、飾っておきたい小物として人気が高いのが「島ぞうり」。島ぞうりとは、ビーチサンダルに絵や名前を彫り、沖縄の思い出をぎゅっと集めたような一品。お店で好きな絵柄や名前を入れてもらったり、島ぞうり彫りを体験できる教室を開いているところもあります。

器用な方は島ぞうり彫りにチャレンジするのもおすすめ。島ぞうり彫りは、好きな絵柄や名前をカッターを使って丁寧に掘り進めていきます。一生の思い出にもなる島ぞうり彫り体験は、似顔絵も彫ってしまう職人がいる、名護市の「フットスタンプ」がおすすめ。沖縄旅行に欠かせないビーチサンダルを手に入れてみては?

フットスタンプ
住所:沖縄県名護市大西5-2-39
問合せ:090-6372-2664

伝統工芸品の沖縄小物

伝統ある沖縄の工芸品は、代表的な「やちむん」、「びんがた」「琉球漆器」など。昔から育まれてきた技術を使った沖縄小物は、古き良き沖縄を感じるためのマストアイテムです。沖縄の職人が自信を持って作る工芸品を、ひとつお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。

やちむん

1a1d18c70f7019e9973a2a89d1b14d38_s
やちむんと聞くと、お皿や湯のみなど食器類が定番ですが、やちむんで作られたシーサーや花瓶など、お部屋に飾っておける小物も多くあります。シックで独特な風合いをもつやちむんですが、最近は明るい色付けをしたポップなものもあり、インテリアとしても、もちろん普段使いの食器にもおすすめ。

やちむんの販売店として有名なのは、那覇市の壷屋、読谷村の“やちむんの里”などが挙げられますが、今回ご紹介するのは、うるま市の「はらいそ」。市内の作家作品のみを集めた外人住宅街に佇む雑貨屋さんです。各職人ごとに異なる配色やデザインをお好みで選ぶことができ、お部屋の雰囲気に合わせたチョイスもできますよ。

はらいそ
住所:沖縄県うるま市石川曙1-9-24
問合せ:098-989-3262

びんがた

1b6adf691bb799dd56ce0ff9068ff03c_s

沖縄の染物といえば「びんがた(紅型)」。琉球舞踊の中で女性が着ている、色鮮やかな着物は、このびんがたで作られています。沖縄のカラフルな風景を着物に映したとも言われる伝統染物で、着物だけではなく、沖縄小物にも活用されています。そして近年は、可愛らしい色合いのびんがたも沢山!お部屋に似合う可愛いびんがたは女性におすすめです。

可愛いびんがたの小物販売や、びんがた体験ができるおすすめ工房は、名護にある「きじむなー工房」。シーサーやハイビスカス、ヤンバルクイナやタツノオトシゴまで、びんがたの手法で可愛く描かれた小物が勢ぞろいしています。カラフルなタッチで作られたびんがた小物は、見ているだけで幸せな気分に。手作り体験は予約制のため事前連絡を。

きじむなー工房
住所:沖縄県名護市宇茂佐178
問合せ:0980-54-0701

琉球漆器

沖縄がまだ琉球王国だった頃、貿易の盛んだった中国から伝来してきた“漆器技術”。その技術を取り入れ、沖縄で盛んに作られるようになった漆器が、「琉球漆器」です。沖縄の熱い太陽が生み出す朱色、艶のある漆黒、そこへ描かれる花々のデザイン。独特な漆器は1つ置くだけで抜群の存在感を放ちます。

お椀や箸など食器類が定番ですが、最近ではアクセサリーや携帯ケース、ストラップなどにも用いられ、若い人にも取り入れやすくなっています。初めての琉球漆器には、簡単に身に付けられる小物や、お箸などの食器類から始めてみてはいかがでしょうか。光沢が放つ高級感溢れる琉球漆器を、ぜひお楽しみ下さい。

角萬漆器
住所:沖縄県那覇市牧志1-3-66-1F(国際通り店)
問合せ:098-867-3709

お部屋で沖縄小物を楽しもう!

いかがでしたでしょうか。今回は、沖縄を離れても沖縄を感じられる“沖縄小物”を7つご紹介しました。沖縄のお土産定番品から、伝統ある工芸品まで、お部屋を彩る小物は様々。お部屋の雰囲気に合わせたり、小物に合うお部屋に変えていくのもまた楽しいですね。

また沖縄を訪れる時まで、お部屋の雰囲気をガラリと変えて、沖縄気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか。素敵なお部屋にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄  飲み物 泡盛

日持ち重視!日持ちする沖縄のおすすめ土産

楽しかった沖縄旅行の思い出に近 …