Home / 沖縄観光 / 車で行ける!沖縄本島からドライブで気軽に行ける離島をご紹介
921c77a2d2fa0b30e51cc36f12c26b4d_s

車で行ける!沖縄本島からドライブで気軽に行ける離島をご紹介

沖縄の離島といえば、石垣島や小浜島、渡嘉敷島や久米島など、沖縄本島からフェリーや飛行機を使って行く離島をイメージする人が多いのではないでしょうか?

ですが、沖縄には、沖縄本島から船など使わず、車で行ける離島が意外と多く10島もあるんです。それらの島々は海の上に建てられた橋で繋がれていて、その橋を車で渡ること自体が、開放感たっぷりの素敵なドライブスポットとなっています。

そこで、今回は、沖縄本島からドライブしながら気軽行けるおすすめの離島を3つご紹介します。本島から近いといえ、離島だけあって、海の透明度も高いんですよ。

スポンサードリンク

恋愛パワー充電!恋の島「古宇利島」

那覇から車で1時間30分の「古宇利島=こうりじま」。沖縄本島北部に位置し、高い透明度を誇るエメラルドグリーンの海に囲まれた1周8キロほどの小さな島です。沖縄版アダムとイブの伝説が伝わり、別名「恋の島」とも呼ばれているロマンチックな場所です。

b6823d8a8fc49fb2b5eae629841f0cf5_s

超絶景と評判のスポットは、2005年に開通した島へと続く長さ約2キロの「古宇利大橋」。海の間にまっすぐ伸びる道路を走り抜ける爽快感はたまりません。この橋を目当てに古宇利島を訪れる観光客も多いほど。通行料が無料なのもうれしいですよね。

島のビーチは、沖縄版アダムとイブ伝説が残る「チヌグ浜」をはじめ、手つかずの天然ビーチも多くあります。中でも、透明度抜群で、利用もしやすいのは、島のメインビーチである「古宇利ビーチ」。島の入り口から一番近くにあり、駐車場やシャワーも完備されているので、海水浴にはもってこいです。

カップルに人気のビーチは、恋愛パワースポットと呼ばれる「ティーヌ浜」。長年の波の浸食で“ハート型”に削られた2つの岩がシンボルとなっているビーチで、嵐が出演するJALのテレビCMで使われたことでも有名です。

ドライブ途中に立ち寄りたい島の人気カフェは「t&cとうらく」。あぐー豚、グルクン、海ぶどう、ジーマミ―豆腐といった地元の食材にこだわった肉料理、魚料理の創作ランチが楽しめます。テラス席の目の前には、本部半島や伊江島を望む絶景が広がり、海風を感じながら食事を楽しむ最高のひとときを過ごせます。

6159ffc91052e9b0c756158a8fceed66_s

「t&cとうらく」

【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利1882-10
【営業時間】10:00~18:00 水曜定休

神々が宿る神秘の島「浜比嘉島」

那覇から車で約1時間20分。沖縄本島中部、うるま市の離島「浜比嘉島=はまひがじま」。“神々が住まう島”と称されるこの島には、琉球の開びゃくの祖、アマミキヨとシネリキヨが降臨したという伝説が残り、古から聖地として人々に崇拝されてきました。島内には30を超える祈りの場所があり、1年を通じて神々への祈りや祀りの行事が行われています。

島を結ぶ浜比嘉大橋を渡った右側を「浜集落」、左側を「比嘉集落」と呼び、ふたつをあわせて「浜比嘉島」です。どちらの集落にも赤瓦の家々が立ち並び、古きよき沖縄の風景が残っていて、浜比嘉島の神秘性とともに多くの人々を魅力しています。

神聖な場所も各集落それぞれにあります。比嘉集落を代表するのは、パワースポットとして知られる「シルミチュー」。琉球の開びゃくの祖、アマミキヨとシネリキヨが子どもを授かって住んでいたと伝わる洞窟で、そのパワーにあやかって、子宝祈願に訪れる人も多いんだとか。

c0d0b8f25cb1d669b54a8000824191c5_s

浜集落を代表するのは、「シヌグ堂」。大きなガジュマルが生い茂る御嶽で、この祈りの場では、旧暦の6月28日と8月28日に海が“時化(しけ)る”ことを祈る「シヌグ祭り」が行われるため、こう呼ばれています。

あえて“時化る”ことを願う理由は、その昔、琉球王国が北山、中山、南山と三山に分かれていた時代、戦いに敗れた中山の大将、平良忠臣が海を渡り、ここに身を隠した際、敵陣が海を渡れないようにと“時化を祈った”ことが起源とされているからです。

古き良き沖縄が残る浜比嘉島には、もうひとつ別の魅力もあります。それは島唯一のリゾートホテル「ホテル浜比嘉島リゾート」。エメラルドグリーンの海、満点の星空、天然のビーチといった島の自然を優雅に満期できる大人リゾート。

8bf889b59f9381ee7c1977dbdc62fa1b_s

 

ホテルの目の前には、島自慢の天然ビーチ「ムルク浜」が広がり、シュノーケル、フライボード、マリンジェット、体験ダイビングなどアクティビティも充実。ホテル内では、大パノラマのオーシャンビューを眺めながら、食事を楽しむフレンチレストランやカフェもあります。

リゾートアイランド「瀬長島」

那覇空港から車でわずか15分。沖縄本島南部の小さな無人島「瀬長島=せながじま」。那覇空港から一番近い離島です。

2013年には、島の高台にリゾートホテル「琉球温泉瀬長島ホテル」が、2015年には、新感覚の商業施設「瀬長島ウミカジテラス」が開業し、今、最も“ノッている”離島といえます。

「瀬長島ウミカジテラス」は、グルメ・遊び・癒しの総合アイランドリゾート。“ウミカジ”とは海風のことなんだそう。心地よい“ウミカジ”が吹き抜ける佇まいは、丘の斜面を利用した白亜の街並みで、イタリアのアマルフィやギリシャのサントリーニ島といった地中海リゾートを彷彿させます。

9dc86119bfd094a9734f857bc38e19f6_s

施設内では、南国沖縄ならではの果物や野菜を使った地産メニューやスイーツが楽しめるグルメスポット、沖縄の作家たちが手掛けるジュエリーやクラフトショップが並びます。夕暮れ時は目の前で真っ赤な夕日が沈み、夜はかがり火が灯るテラス席でディナーを味わえる至福の時間が過ごせます。

「琉球温泉瀬長島ホテル」は、沖縄では珍しい天然温泉「龍神の湯」が名物。瀬長島の地下1,000mから湧き出る毎分500リットルの豊富なお湯は、身体を芯から温めてくれる効果があり“子宝の湯”ともいわれています。

大露天風呂からは、飛行機が離発着するエアポートビュー、遠くに慶良間諸島を望むオーシャンビューが堪能でき、美しい夕日のサンセットスポットとしても有名です。

「龍神の湯」は、日帰り入浴も可能で、営業時間は6:00~24:00。入浴料は中学生以上平日1,330円・土日祝1,540円/小学生720円/幼児無料です。

ドライブの途中に立ち寄りたい島の人気カフェは「Beach cafe anjina(あんじな)」。店名の“あんじな”とは、瀬長島の昔からの呼び名だそう。席からは海が一望できるのはもちろん、すぐ近くに、那覇空港の滑走路があり、大空へと飛び立つ飛行機を眺めながらお茶を楽しめる飛行機好きにはたまらないスポット。

4aa9119dd47bdb52badd75cde77a4a95_s

カフェメニューは、自家製サルサソースをかけて食べるタコライスプレート(780円)、玉ねぎをトロトロになるまで煮込んだチーズカツカレー(850円)、黒みつきなこぜんざい(480円)など。ハワイテイストの店内には、まったり、のんびりの南国タイムが流れています。

「Beach cafe anjina(あんじな)」
【住所】沖縄県豊見城市瀬長173
【営業時間】11:30~19:00 木曜定休

他にもまだある本島から車で行ける魅力的な離島

今回は10ある離島の中から3つご紹介しましたが、他の島もとっても魅力的です。例えば、沖縄の原風景のような景色が広がり、大きな鍾乳洞のあるうるま市の無人島「薮地島」や沖縄県民のソウルフードのひとつ、厚めの衣が特徴の“沖縄てんぷら”で有名な「奥武島」、本部半島沖にある、海がきれいな「瀬底島」など。10島それぞれに、違った魅力があるので、長い休暇をとって、車で全部巡ってみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

Check Also

846db01ac66c5adb12949337a587fb4c_s

池間島に行こう!魅力と観光スポット

観光地として人気の離島、宮古島 …