Home / 沖縄観光 / 沖縄旅行に行くなら食べたい沖縄の絶品郷土料理
999758f9934f453fede8e237279895fc-660x330

沖縄旅行に行くなら食べたい沖縄の絶品郷土料理

雑誌やウェブの「魅力的な都道府県」「行って良かった旅行先」などでいつもランキングのトップを占める沖縄県。 青い海と空、常夏の気候、本土とは一風変わった独特な文化など魅力は数多くあるものの、旅行でやっぱり外せないのがグルメ。

ここでは、「沖縄といえばこれ!」といった定番料理から「こんな料理見たことない」といった驚きの!? 郷土料理まで「絶対に食べたい!」グルメをど~んと紹介します。

スポンサードリンク

1.沖縄県の麺類の郷土料理

%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%9d%e3%81%b0

福岡に博多ラーメン、札幌に味噌ラーメン、香川に讃岐うどんがあるように、沖縄にも独自に発展した麺文化があります。俗にソーキそばと呼ばれる「沖縄そば」です。ここではいわゆる沖縄そばとその兄弟分ともいえる八重山そばを詳しく見て行きたいと思います。

1.沖縄そば(ソーキソバ)

沖縄といえば絶対に外せないのが「沖縄そば(ソーキそば)」。行ったことのない人でもその名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。砂糖醤油で長時間煮込んでトロトロになった豚肉の骨付きあばら肉(ソーキ)をそばにトッピングした沖縄のソウルフードです。ソーキと、おもに豚とカツオでとられたダシ、コシの強いシコシコ麺の相性は抜群です。

そばといっても材料は小麦粉なので、初めての人は「そば」というより「うどん」をイメージした方が良いかもしれません。空港からの移動中、那覇市内から「海水浴の穴場スポット」という一見ひとけのない町村部まで、沖縄では至る所に沖縄そば店が点在します。

お店によって特徴も少しずつ違うので、いろいろ食べ比べてみてベストの一杯を探してみましょう。

2.八重山そば

沖縄そばの兄弟ともいうべきなのがこの「八重山そば」。名前の通り沖縄県の八重山地方(石垣島など)で食べられている料理です。製法は沖縄そばとあまり変わらないのですが、醤油で煮た(炒めたものもあります)豚の赤身肉とカマボコを細切りにしてのせるという特徴があります。

沖縄県では「沖縄そば」と「八重山そば」の店は明確に区分されています。つまり、「沖縄そば」と書かれているお店では沖縄そばが、「八重山そば」と銘打っているお店では八重山そばが出されます。沖縄そばと八重山そば。その違いを自分の舌でぜひ確かめてみてください。

2.沖縄県の肉類の郷土料理

1.豚肉料理

%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

沖縄料理を象徴する食材のひとつに豚肉があります。沖縄料理における豚の役割は数限りなくあります。沖縄の台所「公設市場」には豚の丸焼きが店頭を賑わしていますが、沖縄ではホントに豚の頭から足の先まで食べてしまうんです。そしてこれがことごとく絶品! ここで代表的なものをいくつかみていきましょう。

2.ミミガー刺身(豚耳の和え物)

この「ミミガー」、実は豚の耳の皮なんです。本土ではなかなか目にしない食材です。「ミミガー」を使ったオススメ料理は「刺し身」です。字面を眺めると「クセが強そう」「臭くないの? 」といった心配が湧いてきそうですが、その心配はありません。刺し身といってもお湯でサッと茹でてあります。

これを薄切りにしてポン酢などであえていただきます。まったく臭みのない耳とナンコツの食感のハーモニーが絶妙です。また、コラーゲンもタップリなので、女性やちょっとお疲れ気味の人には特にオススメです。

3.ラフティー

「ガッツリ肉が食べたいんだ!!」派は絶対に押さえておきたい「ラフティー」。ラフティーは皮付きの豚の三枚肉を沖縄の焼酎「泡盛」と醤油、砂糖で煮込んだ豚肉料理です。豚の角煮によく似た料理ですが、豚の皮付き、泡盛の使用などが相違点です。

味を染み込ませるために2~3日間煮込んだ「ラフティー」はトロットロに柔らかく、噛まずとも口の中で溶けていってしまいます。これがあればご飯何杯でもいけちゃいます。

4.ミヌダル

予備知識なしに頼んだら出てきた瞬間にギョッと二度見してしまうでしょう。なにせこの「ミヌダル」、見た目が真っ黒。この黒さの正体は実は黒ゴマ。黒ゴマと醤油やミリンで作ったタレを豚肉にタップリかけて食べるこの料理。発祥は琉球王朝の宮廷料理なんだとか。

蒸し肉なので、余計な脂が落ちてとってもヘルシー。黒ゴマの効果も相まって美容にも効果バツグン。

5.中身の吸い物

「中身汁」や「中味汁」とも呼ばれる沖縄の伝統料理がこの「中身の吸い物」。「中身」とは読んで字の如し、豚の内臓のことです。豚の内臓といっても丁寧に丁寧に下処理をしているので、油っこくもなく、臭みもまったくありません。カツオ節と豚でとった薄味のダシにサッパリ内蔵がとても合います。

沖縄ではお祝いごとの料理として、古くから広く食べられていた逸品です。

6.ドゥルワカシー

沖縄特産の田芋(水芋)とその芋茎を形が潰れるまで、豚の三枚肉(細かく切ったもの)と一緒に煮込んだ「ドゥルワカシー」。「小芋が親芋にたくさんつくから」という由来で「子孫繁栄」を象徴するおめでたい料理として沖縄では昔から食べられていました。さて、この「ドゥルワカシー」、漢字で書くと「泥沸かし」と書くそうです。

お酒との相性もバツグンのこの伝統料理、ぜひ泡盛と一緒に。

3.沖縄県の汁物の郷土料理

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%bc%e6%b1%81

貧しい時代、汁物がメインのおかずという時代が長かったという沖縄。そんな歴史的背景もあって、汁物の種類が豊富です。ここでは、本土ではなかなか食べることのない食材をふんだんに使った、沖縄ならではの汁料理を紹介していきます。

1.イラブーのお汁(えらぶ海へびの汁物)

「イラブー」とは沖縄の言葉でえらぶ海へびのことです。見た目はなかなかパンチが効いています。汁の中にはぶつ切りの海へび。しかし、せっかく沖縄まで来たんだから「エイッ」と口の中に放り込んでください。「あれ? 」と思うはずです。あっさりカツオだしに見た目と裏腹に上品な味のイラブーがとても合う!

琉球王朝時代の最高級食材「イラブー」。どのお店でも扱っているものではない珍しい料理なので、見つけたらぜひ食べてみて下さい。滋養強壮にもとっても良いですよ。

2.イナムドゥチ(猪もどきの汁物)

沖縄の方言で「イナムドゥチ」の「イナ」は「イノシシ」、「ムドゥチ」は「もどき」がなまったものです。その名の通り、昔はイノシシを使っていたそうですが、近年は豚肉で代用しています。

豚やカツオ節でとったダシと甘口の白味噌仕立てのスープの中に、こんにゃくやカマボコ、シイタケなどの具材をふんだんに入れたこの汁物は、昔からお祝いの席によく出てくる沖縄の伝統料理です。本土でいうなら豚汁のイメージに近いでしょうか。

3.いかすみ汁

「イカスミのスパゲティ」はお好きですか? コクのある磯の風味のイカスミがとてもパスタに合う定番メニューです。このイカスミの磯の風味とコクをこれでもかと強調した沖縄料理が「いかすみ汁」です。

基本具材は、イカ、豚の三枚肉、島豆腐や葉物野菜がよく入れられます。昆布だし以外の味付けはイカスミと塩少々だけですので、味の決め手はイカスミの量と質。沖縄の新鮮なイカの実力を思う存分味わってください。

4.アーサの汁

「アーサ」とはアオサという海藻のことで、本土でもお寿司屋さんなどでアオサの味噌汁が出てきます。本土とは違い、だし汁と塩でつくるこのお汁。島豆腐も入れればあっという間に沖縄の海が感じられる郷土料理になります。

冬から春にかけて沖縄の海岸に打ち上げられているアーサ。無料で持ち帰ってもOKなことが多いので、時間のある人はアーサ拾いに行って新鮮な沖縄の海の味を体感してみては。

5.チムシンジ(豚レバーの汁物)

沖縄の方言で「チム」はレバー、「シンジ」とは煎じ汁のことです。医食同源の考え方が根強く伝わる沖縄では、古くから滋養食として食べられて来ました。風邪などの体調不良時に薬として食べられてきたこの料理は、豚レバーと豚肉、ゴボウ、島ニンジン、シイタケなどを一緒に煮込んだもの。

沖縄旅行で「ハードな日程に疲れたッ!! 」という人はチムシンジで体力回復をはかってください。

6.ヒージャー汁(山羊汁)

骨付きのヤギの肉をぶつ切りにして、そのまま煮込んだ豪快な料理です。大ぶりのヤギ肉を少々の塩と泡盛だけで味付けしたシンプルなこの料理は、ヤギ独特の匂いが気になる人もいるかもしれません。目をつぶって食べてみてください。その独特の風味がクセになること請け合いです。もしどうしても「ダメ!! 」という人も、ひと味違うディープな沖縄をみやげ話にすると思えばお釣りが来ます。

栄養が足りない時代の貴重な栄養源なので、旅で疲れた体にも嬉しい料理です。

7.足ティビチ(豚足の汁物)

最近では本土でもよく見かけるようになった豚足。こちらはぶつ切りにした豚足を昆布だしと一緒に煮込んだ郷土料理です。豚の足が丸ごと入っているので、見た目は少々グロテスクですが、長時間じっくり煮込んだ豚足は柔らかくトロトロで、絶品。

豚の足には脂肪が少なく、ほとんどがコラーゲンで構成されているので、汁ごとグイッと飲んでキレイになっちゃってください。

8.ムジのお汁(ずいきの汁物)

「ムジ」は沖縄の方言で、「田芋の茎(ずいき)」の意味です。このムジ、親芋からどんどん小芋が増えることから、子孫繁栄を象徴していて「ムジのお汁」は出産祝いなどでよく食べられる料理です。

味噌仕立てのお汁にムジの独特の食感と豚肉の甘みの美味しさで、お祝いの席ではなくても食べている沖縄の人も多いとか。

4.沖縄県のご飯もの・豆腐の郷土料理

7fcc46643b59b2b58822122b103a3ca8_s

本土にも木綿・絹ごしから寄せ豆腐、高野豆腐までいろいろな種類の豆腐がありますが、それは沖縄でも一緒。様々な種類の豆腐があります。ここでは、本土とは一味違った豆腐をご紹介します。また、独特の炊き込みご飯文化を持つ沖縄の炊き込みご飯も合わせて見てください。

1.ジーマーミ豆腐

なんとこの「ジーマーミ豆腐」、原料は大豆ではなくピーナッツなんです。食感は胡麻豆腐のようにモチモチとしています。そこにダシでとったタレや醤油ベースのタレをかけていただきます。

また、甘いタレをかけたら豆腐というより絶品スイーツのようです。最近、黒糖味や紅芋味、チョコ味といった種類のタレも出ていて人気を博しています。ただ、ピーナッツアレルギーを持っている人は要注意です。

2.豆腐よう

「豆腐よう」は豆腐を泡盛や紅麹、米麹に長期間漬け込んだ、沖縄を代表する珍味です。豆腐とはいってもいわゆる豆腐のイメージとはまったく違います。ウニとチーズの風味に近い濃厚な味わいが特徴です。とってもしょっぱいので、爪楊枝などでちょっとずつ食べるのがオススメです。

この豆腐ようと泡盛を合わせれば、芳しい香りが鼻を抜け、なんとも幸せな気持ちになります。

3.ジューシー

沖縄風炊き込みご飯の「ジューシー」。一説では「雑炊」がなまったものだとも言われています。具材は豚肉、カマボコなどを細かく刻み、豚肉の煮汁、カツオだしで炊き上げます。

お店によっては、豚肉の代わりにポーク缶を使ったり、ヒジキを散らしたりと具材は様々なバリエーションがあります。沖縄では家庭によっても微妙にジューシーの作り方や具材が違うのだそう。いろんなお店を食べ比べてみるのも楽しいですね。

4.フーチバージューシー(よもぎ雑炊)

本土でもよもぎ餅、よもぎの天ぷらなど、よもぎはよく料理に使われるように沖縄でも色々な料理で使われています。昔から薬草として使われてきたよもぎを用いた雑炊が「フーチバージューシー」です。殺菌効果や解熱、胃腸病などに効果があるよもぎ。

旅行の期間中フル稼働させてきた内臓を休めるためにも、「疲れたな…」と思ったら、食べてみてください。明日への活力が蘇ってきます。

5.クファジューシー

ジューシーの中でも、ピラフのように洗った生米から炊きあげるのが、「クファジューシー」です。具材は一般に、豚の三枚肉にしいたけやニンジンが使われます。豚の三枚肉のゆで汁、昆布でとったダシに塩や醤油で味付けします。普通のジューシーと比べると若干固めに炊かれたご飯に三枚肉の甘みがベストマッチです。

5.沖縄県の野菜・果物の郷土料理

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%a4%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab

独特の食材や調理方法で独自の発展を遂げてきた沖縄料理ですが、野菜や果物といった青果類も、その種類や使い方が実にオリジナリティに溢れています。ここでは「え~、こんな食材を!!」だけど、「ホントにうまい!」沖縄の野菜や果物を使った料理を紹介していきたいと思います。

1.ナーベーラーンブシー

沖縄ではヘチマを栽培する家庭が多く、夏には町中の至る所でヘチマの実がなっている光景が見られます。そのヘチマを使った料理が「ナーベーラーンブシー」。食用ヘチマのことを沖縄では「ナーベラー」と呼びます。ナーベーラーンブシーはナーベラーと豚肉を味噌で煮込んだ家庭料理です。豚肉の代わりにポーク缶を使う場合もあります。

ナーベーラーのトロッとした食感が甘めの味噌によく絡んで、夏のご飯のお供に最適の逸品です。

2.パパイヤイリチー(パパイヤの炒め物)

沖縄ではすごくポピュラーなのに、本土でなかなか目にすることのない食材のひとつにパパイヤがあります。このパパイヤを使った炒めものが「パパイヤイリチー」です。パパイヤといえば、甘い果物のイメージが強いと思いますが、この料理で使うパパイヤは熟す前の青パパイヤです。薄切りにした青パパイヤと豚の三枚肉、ニンジンなどを醤油や塩で炒めます。

果物のパパイヤしか知らない人には「これがパパイヤ!? 」と思えるくらいあっさりとしてクセのない味はどんな炒めものにも合います。ぜひ本土では出会えない新食感を味わってみてください。

3.ハンダマ(ずいぜんじな)の酢味噌あえ

沖縄では古くから貧血などに効くことから「血の薬」と呼ばれ重宝されてきた「ハンダマ」。石川県では金時草、熊本県では水前寺菜と呼ばれ親しまれています。加熱するとモロヘイヤのようにヌメリが生まれます。酢味噌和えには加熱した状態のものがオススメです。

また、生でサラダのように食べても、炒めものや汁物に加えてもGOODです!

4.ゴーヤチャンプル

最近では本土の居酒屋などでもよく提供される沖縄の代表的家庭料理「ゴーヤチャンプル」。ゴーヤ(にがうり)を島豆腐、ポーク缶、卵などと一緒に炒めたこの料理、沖縄以外でも目にすることが多いため「わざわざ沖縄に行ってまで…」と思っている人、沖縄の「ゴーヤチャンプル」はやっぱりひと味違います。

嫌な苦味がまったくないゴーヤ、他の具材の味を吸った島豆腐、そして旨みたっぷりのポーク缶、一度本場のゴーヤチャンプルを食べてみて下さい。

6.沖縄県のスイーツの郷土料理

沖縄の独自の食文化はスイーツ界でも息づいています。もちろん本土のように美味しいケーキのお店やアイスクリームのお店もいっぱいありますが、ここでは沖縄ならではのスイーツを紹介していきたいと思います。

1.ちんすこう

13cff6ea09b4cb6db4486b6c50aeabef_s

琉球王朝時代から作られてきた沖縄を代表する伝統的なお菓子「ちんすこう」。沖縄土産の定番ともいえるちんすこうですが、最近ではチョコ味のヒット商品「ちんすこうショコラ」をはじめ、紅芋味や黒糖味の沖縄ならではの味や、チーズ味やマンゴー味といった具合に様々な味のちんすこうが開発されています。

2.田芋パイ

沖縄では子孫繁栄の象徴としてお祝いの席に欠かせない田芋で作ったアンをパイに包んで焼き上げた「田芋パイ」。田芋独特のねっとりとした食感とサクッとしたパイの食感が絶妙にマッチしています。

妊婦さんや出産したばかりの友達へのお土産に最適のひと品です。

3.サーターアンダキー

小麦粉と砂糖、卵、油だけで手軽に作れるので、昔から沖縄のおやつといえば「サーターアンダギー」が最もポピュラーでした。沖縄の方言で「サーター」は砂糖、「アンダギー」は揚げ物なので、意訳するとさしずめドーナツといったところでしょうか。

保存料や着色料、化学調味料など使わない伝統的な製法を守っているお店が多く、子どものおやつにも安心です。紅芋味や黒糖味といった変わり種も最近の人気です。

まとめ

これまで、沖縄のおすすめグルメをザッと見てきましたが、いかがでしたでしょうか。今回紹介した以外にも、魅力的な料理、珍しい料理が、沖縄にはまだまだたくさんあります。ぜひ一度出かけてみて、自分のお気に入り料理を見つけて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

sea-946858_960_720-1-1-660x330

久米島観光に行くなら宿泊してみたいおすすめホテル

沖縄諸島の中では、もっとも西に …