Home / 沖縄体験 / 沖縄の満潮干潮の時間帯の正しい調べ方
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-73

沖縄の満潮干潮の時間帯の正しい調べ方

海には潮汐というものがあるということは知っているでしょうか?潮汐というのは潮の満ち引きのことです。潮が満ちているときのことを満潮といい、引いているときのことを干潮といいます。満潮と干潮はおおむね6時間ごとに繰り返しやってきます。

満潮と干潮はどうして起きるのでしょうか?同じ満潮と干潮でも日によって潮の満ち方や引き方に差があるのはなぜなのでしょうか。そもそも潮汐は何なのでしょうかそれについて今回はご紹介しながら正しい調べ方についてもご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

潮汐ってなに?!(満潮と干潮)

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-73

潮汐(ちょうせき)とは月の引力などの作用を受けて海水面が周期的に昇降する現象のことです。それは満潮になったり干潮になったりと様々なのですが1日に2回通常なら満潮と干潮が繰り返しひきおこされます。

潮汐のことを単純に潮と呼ぶこともあり、潮の満ち引き、満ち潮や引き潮、さらには潮回り、潮だまり、潮時など呼び方は様々です。ちなみに、最後にご紹介した潮時は昔の船乗り達が使っていた言葉だそうです。

動力のなかったころに作られていた船は満潮を利用して港に入り、干潮を利用して沖にでていたらしく、ちょうどいいという意味の「潮時」と見計らって船を操っていました。ここから転じてできた言葉がタイミングがいい時などに用いられる「今が潮時」という言葉になったそうです。

話を潮汐へ戻します。潮の周期。つまり、干潮から次の干潮まで、または満潮から次の満潮までの時間は平均で12時間25分ほどであり、干満の時刻は毎日約50分ほど遅れていきます。

なんとこの事実を知っておくと海のアウトドア趣味を実践する上でとても役に立つのです。例えば、昨日の干潮時刻が11:00だったとします。すると今日の干潮時刻は11:50分になるのです。つまりこのことを踏まえると簡単に干潮の時刻がわかるようになってしまうのです!

なんで潮汐って起こるの?

なぜ潮汐が起こるのでしょうか。それは宇宙に秘密があったのです。月、もしくは太陽と地球には、両方の重心を結んでいる1点を中心としてお互いに回転をしています。この回転運動による遠心力に加え天体の持っている引力により潮汐が始まるのです。

満潮と干潮はどうしておこるの?

月は地球に向けて引力を及ぼしていることは知っていますか?月に面している海面には遠心力よりも引力の方が影響しやすく海面は月に向かって引き寄せられるのです。
これが「満潮」というものです。

そして、月の反対側でも満潮を迎えます。こちら側では引力よりも遠心力の方が強くなり、海面を外側に盛り上げているからです。

つまり満潮は1日に2回月に面している側とその裏側で起こっています。

これに対して、月と地球を結ぶ軸線に直交している方角では干潮を迎えています。月に面している表側と裏側で海面が引っ張り挙げられているため、直交している方向では海面が引き下げられていて干潮になるのです。

干潮も満潮と同じく反対側でも起きていて1日に2回生じることになっています。引力と遠心力の作用により潮汐を起こす力を潮汐力と言います。

大潮と小潮?

潮汐力は太陽と月と地球が一直線に並んだ時が一番大きくなります。それは、月の潮汐力と太陽の潮汐力が足して合わさるからなのです。この時期を大潮と言い、大潮は月に2度満月と新月の時に起こります。

それとは逆に太陽と月が90度の方向に直交していると互いの潮汐力がぶつかり合い打ち消し合うので干潮の差が少ない小潮になります。小潮も月に2回起こり、上弦の月と下弦が半月状になっている時に起こるのです。

ちなみに役15日ごとにくり返し行われています。さらに大潮と小潮の中間を中潮といい三日月や十日月などの月齢もこれに相当するようです!

干潮と満潮の調べ方って?

厳密にこれが一番いい調べ方!というのは正直あまりありません。ですが、一番ポピュラーに扱われているのは潮汐表や潮見表といったものです。

潮汐表の見方!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-72

1.日時/曜日

 もちろん名前の通りに日付や時間、そして曜日の欄です。

2.旧暦

 簡単に説明すると、現在使われている暦ではなく以前に使われていた暦のことです。現在は太陽と地球の動き方をもとにした太陽暦が使われているのですが、以前は月と地球の動きをもとにして作られていた陰暦というものがあります。旧暦とは陰暦のことなのです。

太陽を基準として現在使われている太陽暦は一年で356日でう。ですが、月を基準にした場合の陰暦、つまり旧暦では一か月は29.5日になっていて、29.5×12=354となり、ずれが起こるわけです。そしてこのずれを調整しているのが閏年というものなんですよ!ぜひ覚えておきましょう!

3.潮

 ここでは潮汐が調べられます。
●新月 ◑半月(下弦)○満月 ◐半月(上弦)を表しています。ですので、○だと満月の大潮だな。や●だから今日は新月の大潮だなと判断できるようになるのです。

4.満潮時間と干潮時間

 ズバリ!といったような時間が載っています。満潮、干潮時の時間や潮高が載っているのです。釣りをしたい!と思い夜釣りや日にちをまたいで吊る場合には時間を見ることは忘れないようにしましょう。意外と熱中していて0時で日付が変わるということを忘れることが多いんですよ!

5.潮高について

 基準となる港などの干潮時の一番低い水面を基準にしているようです。海図の水深と潮高をプラスするとその場所の水深が判るらしいのですがあまり活用する機会もなさそうですね。

潮汐表の穴?!

 
実は潮汐表にもいくつか問題点があるのです。それを今回ご紹介していきたいと思います。

時刻は釣り場によって大きく変わる。
 潮汐表にはよく「○○港/○時○分満潮」と書かれているのですが、うのみにしてはいけないのです。実はこの潮汐表というのは海上保安庁が特定されている測定箇所を測定した過去の統計的数値なのです、そのために実際は位置や地形、そして外洋の影響すら大きくかかわってくるものなのである程度の誤差がとてもあるのです。

潮汐表を忘れた時は?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-71

やはり人間だれしも忘れてしまうことがあるでしょう。そんなときはいったいどうしたらよいかわかりますか?それは足元のイガイを見るのです。

足元についているイガイが隠れていれば満潮ですし、大きくイガイの層が目に見えていたらそれは干潮時です。中間の潮時はイガイの見え加減で判断しましょう。

そしてもし夜釣りなら空にある月を見てください。満月、もしくは新月ならそれは大潮です。そして半月なら小潮。かけた月や三日月なら中潮です。さらに月が水平線上なら干潮ですのでこれから潮が満ち始めます。もし真上に輝いていたら今まさに満潮を迎えようとしているんです!

実は大体の人が潮見表を使わずにこの方法を使用しているなんて口が裂けても大きな声では言えません。

まとめ

今回ご紹介した満潮干潮の調べ方は理解できたでしょうか?今回は仕組みから解説してみたのですがわかりやすかったでしょうか!いまいち私自身よくわかってないこともあり記事を書きながら申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが少しでもお役に立てたなら幸いです。

今回ご紹介したことを利用していけば基本的にはどこの海に行ったとしても使用できます。そのためにもしっかりと覚えて活用していきましょう!もし釣りなどに行ったときに潮の満ち引きがわかればとてもかっこいいですよ!

スポンサーリンク

Check Also

2

沖縄における「ニライカナイ」とは?ニライカナイの意味と地元での意味

ニライカナイとは琉球で古くから …