Home / マリンスポーツ / 沖縄旅行でマリンスポーツを満喫しよう!沖縄で楽しめるマリンスポーツと魅力
1.jpgハイビスカス

沖縄旅行でマリンスポーツを満喫しよう!沖縄で楽しめるマリンスポーツと魅力

5jpgハイビスカス

夏と言えば海、海と言えば沖縄、沖縄と言えば…。沖縄の魅力的なもの、例えばソーキそばやタコライスなどの美食や、琉球としての歴史ある文化、広大な自然と透き通った青い海など、素敵なものがありすぎてキリがありません。

そこで、今回は沖縄の「海」にスポットを当て、おすすめのマリンスポーツについてご紹介したいと思います。

沖縄のきれいな海で思い切りマリンスポーツを楽しみたい!でも、どこがおすすめスポットなの?お得なプランはあるの?そんな疑問にお答えしながら、沖縄にはどんなマリンスポーツがあるのかなど、幅広く解説していきたいと思います!

スポンサードリンク

1、沖縄の代表的なマリンスポーツ

一概にマリンスポーツと言ってもその種類は様々です。

沖縄の海でできる代表的なマリンスポーツについて整理してみましょう。

1-1、ダイビング・シュノーケリング

04dcbc2e6e4d3226847c4f0058e60a8d_s

ダイビングもシュノーケルも、海の中を散策するという点では共通していますが厳密には異なるものです。

ダイビングの場合は海の中に潜って散策するため、そのための酸素ボンベなど用意する必要があり、シュノーケリングよりもより本格的なイメージがあります。
(もちろん初心者でもダイビングに挑戦できますので難しいという意味ではありません!)

シュノーケリングの場合は呼吸するための筒(シュノーケル)を海面から出したまま散策するので、基本的に海に浮かびながら観察する形になります。

基本的にダイビングは10歳以上からとなっています。
シュノーケルに年齢制限はありません。

1-2、バナナボート

バナナボートはその名の通り、バナナの形をした乗り物の上に乗り、それをマリンジェットなどで引っ張ってもらい海面を滑走するマリンスポーツです。

バナナボートに乗るときは、海に投げ出されても安全なようにライフジャケットなど安全器具を身に着けて楽しみます。

大体のバナナボートが6人乗り程度ですが、バナナボートは安定性がないので、協力し合ってバランスを保ちましょう!

1-3、ジェットスキー

ジェットスキーは、後方から水を噴出して進むバイク型の小型船に乗って、沖縄の海を自由自在に滑走できるアクティビティです。

しかしながら、日本では特殊小型免許(ジェットスキー免許)が必要になりますので、お持ちでない方は基本的に操縦することができません。(海外では例外もあるそうです)

とは言っても、場所によっては参加条件に免許が書かれていないところもありますので、参加する前にプランの主催者に問い合わせていただくことをお勧めします。

1-4、ウォータースキー

ウォータースキーは、水上スキーをウォータースキーとウェイクボードに2分した場合の一方で、1枚あるいは2枚に分かれた板に乗り、ボートから伸びるロープにつかまりながら引っ張ってもらい滑走するマリンスポーツです。

ボートで引いてもらうスピード感と、自分が水の上を滑っている感覚がたまりません!

32483d38d783c34cd2c6d19196fea71a_s

1-5、ウェイクボード

先ほどのウォータースキーと違う点は、滑っている人の脚の向きです。

簡単に言えばウォータースキーは通常のスキーと同じく足が前に向いているのですが、ウォータースキーはいわば水上のスノーボードのようなもので、足が横に向いた状態で滑ります。

ウェイクボードの場合は一枚の大きな板に乗ります。

1-6、SUP(スタンドアップパドルサーフィン)

あまり聞き覚えのない言葉かと思いますが、SUP(サップと呼ばれています)は、サーフボードよりも大きめのボードの上に乗り、自分でパドルを漕いで海の上を散歩する、そんなスポーツです。

海の上を漕ぐだけですから、一見簡単そうに見えますが意外と筋肉を使うので、体幹が鍛えられると海外セレブたちの中でも話題になりました。

また近年では、SUPのボートの上でやるヨガも人気を集めています。

1-7、ビスケットチューブ

これはバナナボートの乗り物の形状が異なるバージョンで、円形のゴムボートに乗り、ジェットスキーなどに引っ張ってもらうものです。

1人乗りから5,6人乗りなど、定員も幅広くなっていますので、家族でも、友達とでも楽しめます。

846db01ac66c5adb12949337a587fb4c_s

1-8、ビッグバナナラウンジ

コチラは房状のバナナのような形状をしているボートに乗り、海面でゆったりとくつろぐことができる乗り物です。

スピード感があるものが苦手な方や、泳ぐのがあまり得意でないという方にも安心してお楽しみいただけます。

42917cb62c74e246d94006416caa4f4f_s

2、マリンスポーツおすすめスポット

さて、そんな個性豊かなマリンスポーツはどこでできるのでしょうか。

続いてはマリンスポーツのおすすめスポットのご紹介です。

◆本島北部エリア

瀬底ビーチ

(瀬底島の風景)

本島北部は主に、名護市、本部町、今帰仁村、大宜味村、東村、国頭村、伊江村をいいますが、中でも本島から瀬戸大橋を渡っていける島、瀬底島が人気スポットです。

離島にも関わらず車で行ける上に、美ら海水族館にも近いというなんともお得なエリアです。

北部エリアでマリンスポーツを探すならこちら→瀬底ビーチマリンクラブCosmic OceanSururu

◆本島中部エリア

1.jpg沖縄の海

(恩納村からの海)

本島中部は主に浦添市、宜野湾市、北谷町、西原町、中城村、北中城村、嘉手納町、読谷村、恩納村、沖縄市、うるま市、金武町、宜野座村を言います。

中部エリアで一番有名なのはやはり真栄田岬の青の洞窟でしょう。

そのせいもあって、ダイビングの人気が非常に高いですが、もちろんその他のマリンスポーツも楽しめます!
中部エリアでマリンスポーツを探すならこちら→SEALOVERSブルーラグーンオキナワマリンアイランド

◆本島南部エリア

28d8c16d67522c7a141eda84d3ed4212_s

本島南部は主に、那覇市、豊見城市、糸満市、南風原町、八重瀬町、南城市、与那原町を言います。
那覇市は言わずと知れた沖縄の県庁所在地であり、非常に有名な観光地です。

南部の海でマリンスポーツを楽しんだら、首里城や沖縄県立博物館などの観光も堪能しましょう!

南部エリアでマリンスポーツを探すならこちら→アースシップ沖縄セルリアンブルー

◆離島エリア

・石垣島

f83f9c17f720253614133b727275def6_s

(石垣島の海)

石垣島は沖縄県石垣市に属する、沖縄本島、西表島の次いで3番目に大きい島です。

那覇市から南西に410kmも離れているので、日本の地域よりも台湾に近いところに位置してます。

海が非常に綺麗で主にダイビングの人気スポットとなっていて、川平湾や米原ビーチでは綺麗な熱帯魚やサンゴ礁を見ることができます。

石垣島でマリンスポーツを探すならこちら→ライズ石垣島

・西表島

efd2c8b50dc7bc75940eac293e28a6c1_s

 

西表島は先ほど紹介した通り、沖縄本島に次いで二番目に大きい島ですが、島の約90%が原生林に覆われており、多数の天然記念物を保有している島でもあります。

そのため、島全体が国立公園に指定されました。

またサンゴ礁と海洋生物も豊かで、石垣島と西表島の間のサンゴ礁海域もまた国立公園に指定されていま
す。

西表島でマリンスポーツを探すならこちら→マリンサービスPASSO

・与那国島

986ccab4c42c5f1d2fdb1239f881b689_s

(与那国島の風景)

日本最西端に位置する与那国島は、潮の関係カジキマグロやハンマーヘッドシャークの群れを見ることができる貴重なスポットです。

また、TVドラマ「Dr.コトー診療所」の撮影地として話題になりました。

与那国島でマリンスポーツを探すならこちら→ダイビングサービスMARLIN

3、一度にたくさんのマリンスポーツが楽しめる!お得プラン

さて、マリンスポーツの種類に次いでおすすめスポットを紹介いたしましたが、魅力的なスポットがありすぎて、どこでどのマリンスポーツをするか迷っちゃいますよね。

そんな方のために一度にたくさんのマリンスポーツを楽しめる、お得な欲張りプランをいくつか紹介します。
行き先が決まらない時に役立てていただければと思います!

3-1、ライズ石垣島

マリンスポーツ16種類遊び放題や、遊び放題を含んだツアーセットもあります。
マリンアクティビティにはありがたい防水デジカメのレンタルもしています。

3-2、ブルーラグーンオキナワ

フライボードやバナナボート、ウェイクボードなど人気マリンスポーツが120分遊び放題のプランや、その他ジェットスキーのレンタルもあります。

3-3、マリンアイランド

こちらはパラセーリング一回+マリンスポーツ2時間遊び放題のプランがあり、マリンスポーツだけじゃないアクティビティが楽しめるのでお得です。

3-4、Sururu

Sururuのよくばりコースでは、バナナボート、ジェットスキー、シュノーケリング、トーイングチューブがセットで2時間遊ぶことができます。
また、シュノーケリング+バナナボートのみのプランもありますし、非常に幅広いプランが用意されています。
デラックスコースではスタッフが撮影したフォトアルバムが付きますので、家族やお友達との記念品に最適です!

まとめ

2e965807078a4527144cdb77a531823c_s

いかがでしたか?

こんなに沢山魅力的なスポットとプランがあるのに、沖縄の海で遊ばなくちゃもったいないと思いませんか?

マリンスポーツをする際には、是非お得なプランを利用し、信頼できるスタッフさんに頼りながら、気軽に楽しみましょう。

いつもの生活とは違う新しい刺激を受けて、沖縄でリフレッシュしましょう!

スポンサーリンク

Check Also

沖縄  ビーチ ケラマブルー

世界が魅了される「ケラマブルー」の魅力と最高のケラマブルーを味わう方法

慶良間諸島の海は「ケラマブルー …