Home / 沖縄ホテル / 骨の髄まで癒やされる!リゾートホテル「オキナワマリオットリゾート」の魅力
37ce9400f3e9e1c1f56fed9981d584bb_s

骨の髄まで癒やされる!リゾートホテル「オキナワマリオットリゾート」の魅力

宮古島市役所2

名護市にある人気リゾートホテル「オキナワ マリオット リゾート&スパ」。2005年4月1日、「マリオットブランド」の日本初のリゾートホテルとして開業しました。

「マリオットブランド」とは、世界60ヶ国以上で、ザ・リッツ・カールトン、シェラトンといった16のホテルブランド4,000軒以上を展開するグローバルなホテルチェーンのことです。

そんな世界的な憧れのホテルブランドに名を連ねる「オキナワマリオットリゾート」のサービスは、『宿泊客に気を配りつつも必要以上の干渉をしない。』という真のホスピタリティの精神にのっとったもの。

そこで今回は、「洗練された大人のもてなし」で出迎えてくれる「オキナワ マリオット リゾート&スパ」について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

全室オーシャンビューの広い客室

439f52e153e7d3b55ea36c193e43c4f1_s

客室の種類は大きく分けて、スーペリアルーム、マリオットファミリールーム、エグゼクティブルーム、ユニバーサルルームなど7種類。その中からいくつかの部屋をご紹介します。

スーペリアルーム

「オキナワ マリオット リゾート&スパ」における客室のスタンダード。スーペリアフロア(5F~9F)にあり、広さは、44.6平米~46.3平米。定員1~4名。料金13,555円~(朝食なし/2名利用時)

また、10F~13Fの高層階に位置するハイフロア・スーペリアルームは、料金17,111円~(朝食なし/2名利用時)

ユニバーサルルーム

車イスでの移動がスムーズに行なえるよう通路を広くし、シャワールームやトイレに手すりを設置した客室。44.6平米~46平米。定員1~3名。料金14,403円~(朝食なし/2名利用時)

ファミリールーム

畳の香りがほっとさせてくれる8~10帖の和室とフローリングの洋間のある客室。広さは64.9平米~68.4平米のゆったりサイズ。和室では布団を敷いて寝ることもできるので、小さな子ども連れにもおすすめ。料金23,333円~(朝食なし/2名利用時)

エグゼクティブツインルーム

14~15Fのエグゼクティブフロアにある客室。上品な白で統一された家具、磨き上げられたフローリング…とワンランク上の贅沢を感じられる客室。

4階エグゼクティブラウンジでのオードブル&ドリンクサービス、ガーデンプール「ガゼボ」専用スペースの利用(夏季限定)など充実した特典付き。料金25,111円~(朝食なし/2名利用時)

クラウンスイート

5F~14Fの建物中央、先端部にある109平米の広さを誇るスイートルーム。大理石が敷き詰められたダイニングの床、世界から取り寄せたこだわりの調度品、幅180cmのキングサイズダブルベッドなど、優雅で贅沢な時間を演出してくれる客室です。料金は料金は68,518円~(朝食付き/2名利用時)

県内最大級のガーデンプール

全長170mもあるマリオット自慢のガーデンプールは県内最大級の広さ。敷地内には、長さ47.5mのロングウォータースライダーのほか、なだらかなスロープが浜辺の波打ち際を思わせるプール、子ども用のプールなど5種類のプールを完備。

このほか、プールサイドバーやエグゼクティブフロアの宿泊客専用のバー、東シナ海に沈む夕日を一望できるジャグジーやサウナも!太陽が輝く青空の下、デッキチェアーの隣にトロピカルジュースを置いて、日光浴なんていう絵にかいたようなリゾート気分を味わえます。

ビジターの場合の利用料は、13歳以上3,000円、6歳以上1,500円ですが、宿泊客はうれしいことに“無料”で利用できます。遊泳期間 は、4月1日~10月31日(予定)。プールサイド散策時間(通年)は、7:00~22:00。

心と体を癒すスパ

e00b25f38dddc162495290cf5c355f5b_s

リゾートホテルには欠かせない、心と体を解きほぐしてくれるスパももちろん完備されています。

強めの水圧が遊び疲れた筋肉を刺激して、全身のコリと疲れを癒してくれる「ジェット バス」、落ち着いた灯りの下、天然木の香りが漂い、温度・湿度の絶妙なバランスで全身を包みこんでくれる「ドライ サウナ」、癒される香りで血行を促進してくれる「アロマ バス」、開放感たっぷりの「屋外バス」など5種類のバスタイムが過ごせます。

営業時間は11:00~23:00(最終受付 22:00)。利用年齢は4歳以上。料金は、13歳以上1,000円、6歳以上500円(4歳~5歳無料)と、宿泊者割引で利用できます。また、2days1,500円、3days以上2,000円というチケットもあるので、連泊する期間中利用するならこちらがお得!

琉球会席、沖縄焼肉、ブッフェ…充実したレストラン

4jpgホテルビュッフェ

ディナーはやはり、ホテル内で食べたい!そんなあなたのご要望にお応えするべく、ホテル内には、ブッフェレストラン、鉄板BBQ、日本料理・琉球会席、中国料理・琉球中華、沖縄焼肉の5つのレストランがあります。

「ブッフェレストラン オールスターブッフェ」

沖縄ならではの県産食材、季節の地場食材を使い、沖縄テイストを盛り込んだフレンチ&イタリアンのブッフェ。大人 4,200円、7~12歳2,100円、6歳以下無料。

「鉄板BBQ ハウディ」

季節の鉄板焼きBBQがブッフェスタイルで楽しめるお店。スタッフがカットしてくれる県産島豚のカッティングステーションをメインに、シーフード、沖縄の家庭料理、デザートまで堪能できます。大人 4,200円、7~12歳2,100円、6歳以下無料。

さらに、HOWDY限定「オールブッフェスペシャル」は、なんと、隣接する「オールスターブッフェ」も食べ放題になるメニュー。食欲に自信のある人はぜひ!大人5,200円、7~12歳2,600円。

日本料理・琉球会席「琉紅華」

県産高級魚のちり鍋、やんばる島豚あぐーしゃぶしゃぶ会席など、季節ごとの旬の食材と沖縄の料理を取り入れたコースが味わえます。県内北部・中部・南部・離島といった沖縄の各地域の自慢の泡盛、秘蔵の泡盛なども取り揃えているので、ぜひ、料理とご一緒に。

中国料理・琉球中華「琉華邦」

沖縄のエッセンスを取り入れながら、オリジナリティ溢れるジャンルにとらわれない中華料理が楽しめるお店。

もとぶ牛の黒胡椒ソース炒め、県産セーイカの飾り揚げ生薬のソースなど全50種類から選べるオーダー中華バイキングのほか、好みの海鮮料理と肉料理をそれぞれ組み合わせてオリジナルコースにして味わうオリジナルディナーコース、生薬やスパイスがたっぷり入った白湯スープと唐辛子などを入れた辛い紅スープで食す琉中火鍋セットなどのメニューを用意。

沖縄焼き肉「琉仙」

沖縄自慢の牛肉・豚肉を堪能できる、お肉好きにはたまらないお店。

「アグー 島豚セット」は、アグー種バラ肉・アグー種ロース・島豚トントロ・島豚ソーセージなどのセット。料金は4,200円

琉仙人気の「牛尽しコース」は、県産黒毛和牛カルビA-3・県産黒毛和牛ロースA-3・牛タン・牛ハラミ・上ミノが味わるセット。料金は6,300円

牛も豚も海鮮も!という人には「琉仙厳選コース」。もとぶ牛ロースA-5・もとぶ牛カルビA-5・アグー種ロース・アグー種バラ肉・海老・帆立貝などが味わるセット。料金は9,450円

お店には、沖縄のお肉に合うワインも用意してあるので、ワインと一緒に楽しみたい人はスタッフの人に相談してみてくださいね。

<オキナワ マリオット リゾート&スパ>
【住所】沖縄県名護市喜瀬1490-1
【チェックイン&チェックアウト】チェックイン14:00~、チェックアウト11:00
※「エグゼクティブフロア」「スイートルーム」の宿泊客の場合チェックアウト時間は12:00

オキナワ マリオットまではどうやって行く?

では最後に、とっても魅力的な「オキナワ マリオット」への行き方をご紹介します。那覇空港からのアクセス方法は、空港リムジンバス、タクシー、レンタカー、路線バスの4種類。

空港リムジンバスを利用する場合は、季節によって運行スケジュールが変わるので、事前にチャックしましょう。所要時間は2時間~2時間半と少しかかります。

タクシーやレンタカーを利用する場合は、所要時間は1時間~1時間半。手配はホテルのコンシェルジュの方がしてくれるので、予約時などに相談しましょう。

路線バスは、その時の道路事情に影響を受けることを考慮すると、所要時間は3時間~3時半。どのバスに乗って、どこで降りればいいかなど、コンシェルジュの方が教えてくれるので、事前に問い合わせるのが良いでしょう。

ぜひ、今回の情報を参考に、素敵な旅のプランを考えてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

c2e580c9bbd01a22c501b7be2a1fb4a1_s

沖縄のひとり旅なら!おすすめ1泊2日コース3選

誰にも気を使わず、“自由に思い …