Home / 沖縄グルメ / 沖縄の老舗「メキシコ」で本格的なメキシコ料理を堪能しよう!メキシコのグルメと魅力
海とシーサー

沖縄の老舗「メキシコ」で本格的なメキシコ料理を堪能しよう!メキシコのグルメと魅力

海とシーサー

沖縄を語るうえで絶対に外せないのが沖縄の美食。

沖縄はその歴史的背景から、沖縄そばやゴーヤチャンプルー等の郷土料理に加えて、ステーキなどのアメリカンなものまで幅広く食べられるのがその魅力の一つです。

そんな沖縄料理で今回スポットを当てるのが、「タコス」です。タコライスじゃないの?と思った方も多いでしょう。しかしながら、タコライスがあるのと同じようにタコスも沖縄ではメジャーな料理なんです!

今回は沖縄のタコスの歴史と、おすすめの老舗「メキシコ」をご紹介いたします。

スポンサードリンク

1、沖縄のメキシコ料理?

f50ce32355422a56966e3b0fb4a51d1b_s

1-1、日本でメジャーな「アメリカ風メキシコ料理」

厳密に言えば、沖縄で食べられているメキシコ料理は純粋なメキシコ料理ではなく、「Tex-Mex(テックス・メックス)料理」と呼ばれる、いわば「アメリカ風メキシコ料理」なのです。

アメリカ風メキシコ料理はアメリカのテキサスで生まれ、チリパウダー(肉、マメ、唐辛子を煮込んだもの)とチーズが多用されています。

日本人のイメージで言うと、タコスはトウモロコシの粉でできた薄皮の「トルティーヤ」に、レタスやトマト、スパイスが入ったひき肉とチーズの上に辛いソースをかけていただく、というものですよね。
(小麦粉でトルティーヤが作られている場合、タコスは「ブリトー」と呼ばれます)

時にはトルティーヤが油で揚げてあり、パリッとした食感であることもあります。

しかしながら本場メキシコのタコスは、チーズが使われていないことがほとんどで、油で揚げていないトルティーヤに肉、玉ねぎ、シラントロ(いわゆるパクチー)を入れたものをタコスと言います。

今沖縄で食べられているタコスは、チーズも辛いソースも使われているし、時にはトルティーヤが挙げてあるので、アメリカ風メキシコ料理(Tex-Mex)であることが分かりますね。

ちなみに、アメリカで流行したメキシコ料理には、メキシコからの移民がカリフォルニアで始めた「Cal-Mex(カル・メックス)料理」や、熟す前の青い唐辛子を使ったニューメキシコ州で作られる「New-Mex料理」といわれるものもあり、そのバリエーションは非常に豊かで奥が深いです。

余談ですが、タコス(tacos)はスペイン語で、「軽食」、「遅めの昼食」という意味です。

1-2、沖縄でメキシコ料理が有名になった訳

25688d04a72cb67d64a8647ce16228ae_s

そんなアメリカ風にアレンジされたメキシコ料理が沖縄に流入したのは、沖縄にアメリカ軍の基地が建てられるようになってから。

Tex-Mex料理が好きなアメリカ人向けに始めたタコス屋のタコスが、沖縄の人にも愛され始めたというのが、その味が沖縄に根付くきっかけです。

1-3、「タコライス」は沖縄発祥

そんなこんなでアメリカ人向けに作られたタコスなのですが、食べる量が日本人よりもはるかに多いアメリカ兵のために、タコスにアレンジを加え少しでもボリュームのあるご飯を出そうと思って開発したのが「タコライス」です。

ご飯の上にタコスの具材を乗せてしまうという何とも大胆な発想ですが、1970年代の不景気のためコストパフォーマンスの良い食事を提供すれば、経営難に陥ることはないだろうという思いで「パーラー千里」の経営者、儀保松三氏が考案しました。

しかしながら、タコライスが本格的に沖縄で広まったのは20年ほど後の90年代に入ってからで、その時期から街にはタコライス専門店が立ち並ぶようになり、93年には学校給食にも導入されました。

そしてその時代は日本全体が沖縄ブームで盛り上がっていた時期でもあり、その影響で沖縄の名物としてタコライスが全国に知られることになりました。

15bc3151ab130cd5bc01baef366d27b7_s

最近では、沖縄の食品会社が発売したタコライスのレトルトパック(ひき肉とチリソースを合わせたもの)をアレンジしてチャンプルーを作ったり、タコスの具をパスタに乗せたタコスそば、などの新しい料理が生まれているそうです。

2、沖縄の老舗「メキシコ」の美味しいタコスを食べよう!

d5c8e207ba3b989491ce0489c69c24fc_s

2-1、老舗「メキシコ」

上記で紹介してきた通り、沖縄にはたくさんのメキシコ料理屋さんやタコライス専門店があるのですが、中でも一番のおススメが宜野湾市にある「メキシコ」というお店です。

多くの沖縄ファンの舌をうならせているという、「沖縄で一番おいしいタコス屋さん」です。

営業時間:10-18時
住所:沖縄県宜野湾市伊佐3-1-3 1F
営業時間:10:30~21:00(ランチ、休日営業)
定休日:水曜日
座席:30席(テーブル席、ソファー席)
駐車場:あり

2-2、そのお味は…?!

10fca94380915099c9f19fb1f2f46b48_s

メニューはなんとタコスのみ!

1人前4ピースで600円、ドリンクはペプシコーラ、ウーロン茶、オリオンビールなどの各種ビールがあります。

残念ながら40年変わらなかった500円という価格は、2016年に入ってから変わってしまったそうですが、値段以上の味であることは変りありません!
(どうやら1.5人前で6ピース、という注文の仕方もできるそうです。是非店員さんに聞いてみてください)

タコスのトルティーヤはハードタイプとソフトタイプに分かれるのですが、このお店のトルティーヤはその中間、二つの食感の良いとこどりです。

表面はカリッと、中はもちっとしたトルティーヤの中に、レタス、トマト、ミートにチーズが挟まれたアメリカンなタコス、別盛りの自家製ソースを好きなだけかけていただきます!

零れない程度の程よい具の量に、チーズ控えめで肉の味をしっかり楽しめる黄金比。

今までのタコスの常識を覆すような、とびきり美味しいタコスの風味が広がります。

研究しつくされた繊細なその味を、心ゆくまで楽しんでください!

2-3、お店に込められた「思い」

f28a4ef22a6f8563cc9588894cbe4947_s

2011年8月に亡くなられた創業者の儀武息次さんのお店を再開させたのは、妻の直子さん。

本来は、「息次さんの手柄を横取りするような気がした」と言ってお店の再開を考えていなかった直子さんですが、多くのお客さんから再開を望まれ、今に至ります。

息次さんが亡くなってから味が落ちたねとだけは言われない様に、という決意と共にお店を再開した直子さんの絶え間ない頑張りのおかげで、今でも「メキシコ」はたくさんの人に愛されるタコス専門店です。

ドリンクの種類についてのこだわりも、息次さんのこだわりをそのまま残してあります。

タコスには炭酸が合うからと、コーラを提供するのですが、コカ・コーラは炭酸の量が多すぎるからペプシコーラ。

コーヒーを食後に飲みたいというお客さんもいたそうですが、コーヒーは提供しない、の一点張りだったそう。

ソースなどもすべて手作りで、今では長年勤めているスタッフがその味を引き継いで作っています。

こんな素敵な思いのこもった老舗「メキシコ」、行かない手はないですよね!

まとめ

5jpgハイビスカス

沖縄には本当に沢山の美食がありますが、多くの沖縄好きが必ずおすすめする「メキシコ」は、一度とは言わず、何度でも良く価値のあるお店です!

宜野湾市周辺を訪れた際にはぜひ「メキシコ」のタコスを味わってください。

美味しいものを食べてから見る沖縄の海はきっと、より一層輝いて見えますよ!

スポンサーリンク

Check Also

mango_cut

沖縄のマンゴーを美味しく安く食べるための方法を指南します!

マンゴーといえば、宮崎のものが …