Home / 沖縄観光 / 沖縄で楽しめる5つの道の駅の特徴とお土産、グルメ
沖縄 ビーチ 浜島

沖縄で楽しめる5つの道の駅の特徴とお土産、グルメ

道の駅に立ち寄ることはドライブをする時の一つの楽しみですよね。沖縄にも道の駅があり、運転中の憩いの場として多くの観光客の方に癒しを提供しています。

特に沖縄では、それぞれの道の駅におすすめのグルメやお土産があり、道の駅巡りをしてもとても楽しい体験をすることができます。

本記事では、沖縄の5つの道の駅の特徴についてご紹介していきます。本記事と一緒に、沖縄旅行に行く際に道の駅を楽しめるように事前情報を入手していきましょう。

88b0b637aa151735b204d4036cd5d58e_s

スポンサードリンク

沖縄の道の駅「許田」の特徴

沖縄の道の駅「許田」は、許田ICを降りてすぐにある道の駅です。今帰仁城跡などの観光名所のチケットもここの道の駅で購入することができるため、大変便利です。

別名やんばる物産センターとも呼ばれ、産地直産の野菜や沖縄の食文化をここ一つの場所で楽しむことができます。

沖縄の道の駅「許田」のおすすめグルメ

道の駅「許田」はグルメが揃っていることで有名な道の駅です。フードコートからパン工房、スイーツや惣菜まで、豊富なグルメがあなたのお腹を満たしてくれます。

フードコートでは鉄板焼きステーキや沖縄そば、タコスなど、お腹がいっぱいになるメイン料理が提供しているほか、沖縄ならではのチャーグーメンチカツや土日限定のジャンボバーガーもオススメです。

沖縄の道の駅「許田」のおすすめお土産

許田では手織りシャツや沖縄の海をテーマにしたデザイン、帽子やカバンなど、まさに沖縄を感じられるお土産が多くあります。

沖縄に来てすぐに道の駅許田に寄る機会があれば、沖縄アイテムを是非一式揃えてみましょう。バカンス気分がアップして、沖縄旅行がより楽しくなるはずです。

沖縄の道の駅「豊崎」の特徴

道の駅「豊崎」は、沖縄最西端の道の駅でありながら、那覇空港から車で15分程度で行くことのできる大人気の道の駅です。

豊崎では観光情報を提供している情報ステーションがあるので、この道の駅で現地の観光情報を乳することもオススメです。

沖縄の道の駅「豊崎」のおすすめグルメ

道の駅「豊崎」の中でもおすすめしたいグルメは地元食材を使用した軽食コーナーです。「沖縄食材の店」にも認定され、沖縄ならではの料理を那覇空港についてすぐに堪能することができます。

また、豊崎にはJAおきなわ食菜館という、JAの女性部の活躍の場として設けられた施設があり、女性ならではの食の安全・安心・安さにこだわった現地直送の新鮮な野菜などが販売されています。

沖縄の道の駅「豊崎」のおすすめお土産

豊崎では道の駅ならではの豊富な種類のお土産が揃っており万が一お土産を買い忘れた場合でも、那覇空港に着く前に道の駅「豊崎」に寄ることで、沖縄お土産を揃えることができます。

特におすすめしたいのがウージ染めのバッグやショールです。工芸作業場にて自分でも体験をしながら、工芸品を作ることができます。あなただけのお土産を、大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか?

沖縄の道の駅「かでな」の特徴

道の駅「かでな」はその名の通り、嘉手納基地を一望することのできる道の駅です。グルメやお土産も豊富な種類が揃っていますが、なんといってもその特徴は、嘉手納基地を一望できる景観です。

那覇空港から沖縄北部に向けてドライブする時には、ちょうど中間あたりに位置しているため、ドライブの休憩地点としても適しています。

屋上の展望場から、是非極東最大規模の嘉手納空軍基地を眺めてみてください。

沖縄の道の駅「かでな」のおすすめグルメ

沖縄県の嘉手納町はサツマイモの発祥地でもあるため、道の駅「かでな」でもサツマイモ関連のグルメが揃っています。

お芋ベースのプリンやぜんざい、ソフトクリームなど、サツマイモ発祥地ならではの名産グルメを堪能してみましょう。珍しい、サツマイモ風味のサーターアンダギーもありますよ!

沖縄の道の駅「かでな」のおすすめお土産

ce31e237db04bf5122505a2e1b9b54a9_s

また、道の駅「かでな」では沖縄ならではの琉球ガラスのお土産店も有名です。屋上展望場から嘉手納基地の景観を見て、学習展示室で歴史を学んだら、美しい沖縄の工芸品、琉球ガラスを見て心を癒されに行きましょう。

また、こちらの道の駅でもジャンボバーガーが販売されているので、ドライブを再開する時に買って、小休憩の時に食べてみるのも良いでしょう。

かでな振興の物産展では、紅芋タルトやちんすこう、沖縄のソウルフード沖縄そばも販売しています。

沖縄の道の駅「いとまん」の特徴

沖縄の道の駅「いとまん」は沖縄南部の中でも中心的な役割を担っている道の駅です。

内部にはお土産を購入できる物産センター、農産物の直産販売所、新鮮な魚類が堪能できる漁協直営店などが並ぶ複合施設になっています。

内部のマーケートは非常に活気に満ち満ちており、いとまんに訪れた人には是非訪れて頂きたい道の駅になっています。

沖縄の道の駅「いとまん」のおすすめグルメ

一般の方でもセリに参加することのできる施設があり、特に魚介類のグルメを道の駅「いとまん」では堪能したいところです。

道の駅にあるいちまん御前南の駅食堂では、沖縄の定番家庭料理を堪能することができます。中身汁定食やソーキ汁定食、定番の煮付け定食など、いとまんならではのグルメを堪能していきましょう。

沖縄の道の駅「いとまん」のおすすめお土産

道の駅いとまんに寄る機会があったら是非買って帰りたいお土産は「美らキャロット入り万能だれ」です。一度購入して料理をしてみたらやみつき、沖縄に行くたびに買ってしまいたくなるおすすめのお土産です。

そのほかにも定番の沖縄そば屋、泡盛なども揃えているため、お土産を一括購入してしまっても良いですね!

沖縄の道の駅「おおぎみ」の特徴

道の駅「おおぎみ」は、沖縄の道の駅の中でも特に自然に囲まれた道の駅です。長寿で有名な沖縄の大宜味村にあり、のどかな村の雰囲気を感じながら休憩することができます。

何と言っても、直売店の店主の皆さんが大人気。70歳を超えるおじいちゃんおばあちゃんでありながら、流石は長寿の里、とっても元気に道の駅を運営してくれています。こんな歳の取り方をしたいと思えるような、魅力的なおじいちゃんおばあちゃんに出会える道の駅です。

沖縄の道の駅「おおぎみ」のおすすめグルメ

道の駅「おおぎみ」では美しい滝を見ながら食事を楽しむことができます。特に、大宜味村で生産したそば粉をふんだんに使った和そばは絶品です。

美しい景色とのどかな自然に触れ合いながら、絶本の和そばを堪能してみてはいかがでしょうか?

沖縄の道の駅「おおぎみ」のおすすめお土産

道の駅「おおぎみ」による機会があったら是非購入したいお土産は「赤土大根」です。大宜味村の有名な特産物で、普通の大根よりも甘みがあり、サイズも大きい特徴があります。

旬は冬から春先にかけて、是非このシーズンをめがけて道の駅「おおぎみ」に行ってみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?沖縄の道の駅は、その豊富な自然の特徴を活かし、それぞれ絶品のグルメと新鮮な野菜や魚介類、沖縄ならではを感じさせてくれるお土産を販売してくれています。

沖縄に行くときには美しいビーチや自然のみに目を奪われてしまいがちですが、沖縄の道の駅に立ち寄ることで、沖縄で生産されているものに直に触れ、販売されている方と触れ合うことで人と交流することができます。

もし沖縄でドライブをする機会があったら、是非近くの道の駅に立ち寄って沖縄文化を感じてみましょう。あなたの沖縄旅行に本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

Check Also

eyecatch

海辺に泊まろう!沖縄・読谷村のおすすめホテル集

あなたは沖縄の読谷村に行ったこ …