Home / 沖縄文化 / 沖縄の苗字が読めずに困らないために!知ってると助かる沖縄の苗字特集
9657

沖縄の苗字が読めずに困らないために!知ってると助かる沖縄の苗字特集

こんにちは。今回は沖縄の苗字について掘り下げます。沖縄で仕事をしたり、仲良くなって名刺やラインを交換したとき、相手の苗字の読み方が分からず、ギョッとする事があります。

確かに日本語の漢字ですが、見たことのないものが多く、全く読めず、聞き返す事も出来ず、その日はお別れして忘れたころに再開し、あたふたしてしまうのです。

そんな筆者の経験も踏まえて今回は「知ってると助かる沖縄の苗字特集」です。沖縄の苗字がどのように本土と異なるのか、また、沖縄で多い苗字ランキングとその由来についてご紹介します。

スポンサードリンク

沖縄県の苗字は特徴的??

9662

沖縄の苗字が本土と違うわけ

沖縄の苗字は本土の苗字と異なり、鈴木さん、佐藤さん、渡邊さん、といったメジャー所が存在しません。それどころか本土と同じ苗字を探す方が難しい位です。何故、同じ日本でこうも違うのでしょうか。

歴史から学ぶことが賢明ですね。沖縄は明治まで琉球王国でした。ですので外国と同様、日本本土と同じものが少ないのは当然なのです。例えば韓国や中国の苗字で「林」という苗字があります。極端にいうと琉球王国ですのでそれと一緒という事です。

また、あえて日本と区別し改名した説もあります。ちなみに、中韓では「金」が多いですが沖縄の苗字でも金城、金良、金井さんなど多くいます。

沖縄の苗字で見られる特徴

沖縄の苗字の特徴は、苗字と地名が一緒という事です。ドライブや移動で地名の看板を見ると、知り合いの顔が浮かぶという事がしばしばあります。それ程地名が苗字になっています。また、城の付く苗字が多く、更に城が付く苗字の人口が多いのも特徴です。金城、大城、宮城、山城、玉城さんは那覇の街中で呼べば大勢振り返りそうな位に多いですよ。

旅行で苗字が読めずに困る例

沖縄旅行で仲良くなりかけた、またはなりたい人の苗字が解らなくて困る事ありますよね。私の場合、阿波根さんというインストラクターと知り合って、名前を伝え合ったのですが、「あはごんと言います、よろしくぅ」と言われ、冗談を言ってるかな?と思いつつ、聞き返す事が出来なく、帰りの時に意を決して聞き返しました。

すると相手からむっとされてしまい、仲良くなれず仕舞いで悲しい想いをした記憶があります。阿波根は本当に「あはごん」と読むのだと、後から調べてわかりました。

根路銘さん「ねろめ」も同様でした。先に解っていれば…と少し後悔が未だにあります。

沖縄の苗字ランキングとその由来

9655

1位 比嘉

比嘉さんはNo.1らしく何処にでもおります。今話題のゆうちぇるも(比嘉龍二)ボクシングのチャンピオン比嘉大吾、モデルの比嘉愛未も有名ですね。うるま市、宮古島、中城村、久米島に比嘉という名前の土地があり、その土地から由来されたともいわれますが、大元は沖縄県中部の浜比嘉島の南東部の集落から来ているともいわれます。

2位 金城

金城(キンジョウ)さんも比嘉さんに負けず多く土地の由来は那覇市首里といわれます。戦後に「金城=キンジョウ」と呼ばれたと言われています。戦前はカナグスクやカナシロと呼ばれ明治の新聞にもフリガナの資料が残っています。

キンジョウという呼び名は、当時少数派だったそうです。戦後の1950年迄に改名され、アメリカの施政下ですので未だに資料が見付かってなく、この施政下で変わったのでは?という説が有力です。戦前の資料では「カ行に金城」が含まれていて、戦後5年で統一されたのは事実の様です。

3位 大城

大城さんも多く、有名人ではGACKTも大城姓と聞きます。アルゼンチン生まれの2世の女性歌手の大城バネサもいます。由来は南城大里間切大城村(南城市)が起源で、その村の豪族の大城按司の子孫や説や、伊江島大城(伊江村)の尚家一族の発祥説もあります。実は3位まで同率1位といってもいい位多いです。

4位 宮城

宮城姓も沖縄では多い苗字です。実は4位の宮城姓がおよそ34000人、1位~3位の姓がおよそ45000人で同率なので沖縄ではこの4姓が4天王の様な形成を成しています。余談ですがベスト・キッドの師匠の宮城さんは沖縄の人でしたね。由来は浦添間切宮城村(浦添市)や南風原間切宮城村(南風原町)をルーツとしています。

5位 新垣

新垣は沖縄では上位4姓から少し減って26000人位です。有名人では新垣結衣や新垣仁絵(SPEED)が有名ですね。沖縄では新垣の読みを(あらかき)と呼びますが、新垣結衣さんが有名になってからは(あらがき)と呼び、(あらかき)は年輩の少数派になっています。由来は中城村新垣、糸満市新垣からといわれます。

あなたは読める?沖縄の難読苗字

9663

仲村渠(なかんだかり)

とても読めませんね。名刺をもらっても当惑してしまいます。「なかんだかれ」とも呼ばれます。南城市、うるま市がルーツの苗字で1624年に「大和めきたる名字の禁止」という制度で日本と違う苗字に改名し生まれたといわれています。もともとは「中村」姓という説があります。

眞境名(まじきな)

眞境名さんも読めませんね。もう、メモして覚える以外ありません。パソコン、スマートフォンで変換が出来るのが不思議なくらいです。南城市がルーツで眞境名之御嶽があるそうです。

勢理客(じっちゃく・せりきゃく)

「せりきゃく」は何とか読めますが、「じっちゃく」は何でこうなるの?と思ってしまいます。まず「せりきゃく」ですが苗字と地名があり、今帰仁村、伊是名島の町内の地名の呼び名では「せりきゃく」です。

問題のじっちゃくですが、浦添市の地名で驚く事に「せりきゃく」が日本本土風の呼び方で、沖縄の方言なまりで変化したものと琉球大学の先生が説いています。名前の意味は、理論的で勢いのあるお客が多い地だそうです。

東江(あがりえ)

沖縄では東の事をあがりといいます。太陽が上るからという事で昔から東=あがりですが、名護市、伊江村、伊平屋村にこの地名があり苗字も多く、苗字では「あがりえ」と呼びますが地名では伊江村で「ひがしえ」と呼びます。

伊江村では「あがりえ」の苗字が多いので区別したのか地名は「伊江村ひがしえ」です。東村、本部町東、などは「ひがし」と読み困惑します。

沖縄の苗字が分からずに困る事例

9666

名刺をもらっても電話ができない

沖縄にいると、よくこういう事があります。東風平さんという人から名刺をもらい、挨拶も立食のがやがやしている席で聞き取れず、後日連絡という事になりました。「えーと、東何とかさんだったな?」と名刺を確認したところ、さっぱり読めません。

沖縄の同僚に聞いたらあっさり「こちんだ、だよ。」と即答でした。ちなみに同じ例は仲村渠、南風原さんでもありました。

ホテルやお店の従業員の名札が読めない

とても良くしてくれるホテルの従業員の名札が読めず、聞こうか迷うことがあります。先述の失敗もそうですが、解らなかったら解るまで聞くことに問題はありません。

ですが聞いてもイントネーションが本土と違って語尾を著しく下げ、さらには仲村渠さんなどの長い苗字は、早口なる癖があるらしく、一回では聞き取れませんので勝負する位のつもりで聞き取りましょう。

「真剣に自分の名前を聞いてくれる人に悪い気はしないよ」と地元の人も言っていたので、真剣な姿勢を示すと、優しく教えてくれるでしょう。

まとめ

9664

本土とは大きく異なる沖縄の苗字には、沖縄の歴史や文化が潜んでいます。沖縄では遠い過去に、薩摩藩の指示で漢字名を取り入れる事を強要され、敢えて当て字にしたり、難解の物にしたりしたという説があり、そう思うと沖縄の人達のユーモアさと、したたかさが伺え面白いです。

桃原という地域があり、知人で桃原さんもいるのですが、「沖縄では桃が育たないので当て字さな。」という本人談で、桃原という地域もサトウキビや田畑の多い農村でした。当時の薩摩や明の高官に抵抗した「琉球政府の答え」なのかも知れませんね。

今回登場した苗字以外にも、まだまだ読めない地名や苗字があり困る事があると思います。そんなときは近所に駆け込んで下さい。沖縄の人は迷惑がらず助けてくれます。困った時はお互い様で助け合ってきた歴史があり、優しい沖縄の人達に見習う面も多いですよ。

スポンサーリンク