Home / 沖縄観光 / 沖縄南部の人気観光スポット・ホテル・ビーチ・公園・グルメ情報

沖縄南部の人気観光スポット・ホテル・ビーチ・公園・グルメ情報

青い空と海、豊かな自然に囲まれた沖縄を旅行先にチョイスされる方も多いと思います。沖縄の中でもおすすめなのが沖縄本島南部です。沖縄の歴史やパワースポットとなっている祈りの場、伝統工芸体験からマリンレジャーまで、インドアでもアウトドアでも楽しめます。

沖縄を体感できる沖縄南部の人気観光スポットやおすすめのホテル、ビーチ、公園、グルメをご紹介します。

スポンサードリンク

沖縄南部の人気観光スポット9選

沖縄南部は観光スポットもたくさんあります。その中でもここを押さえておけば沖縄を満喫できる!聖地あり、祈りあり、自然体験に絶景あり、そんな人気の観光スポットをご紹介します。

斎場御嶽

0a2ebdcb7a55b434a8bf908271b5936f_s
斎場御嶽(せーふぁうたき)は、沖縄七御嶽のなかで最も格の高い聖地です。元来は男子禁制の場で、国王が聖域内に入る際は女性用の衣装に着替えたと伝えられてます。木々が深く茂る静かな空間は静謐です。

吹き抜ける風や木漏れ日が漏れる様子は荘厳な気配が漂う不思議な空間を醸し出しています。東には神の島として知られる久高島が見えるのも意図されているかのようです。御嶽の中には六つの神域(イビ)あります。

大庫理・寄満・三庫理は、首里城内に同じ名の部屋が首里城との関わりを示しています。祭事の際は聖なる白砂を神の島久高島から運び入れ、御嶽全体に敷きつめました。聞得大君の就任式の「お新下り」が最も重要な神事だったのです。

今なお多くの人々から崇拝されています。交通の便やアクセスも容易なため、世界遺産に登録されてからはパワースポットとして人気です。
斎場御嶽

平和祈念公園

平和祈念公園は沖縄戦終焉の地糸満市摩文仁に位置し、那覇空港から車で35分のところにあります。眼下に見下ろす珊瑚石灰岩急崖が雄大な自然の美しさを際立たせています。日本国内で唯一地上戦が繰り広げられた激戦地で、亡くなられた方の鎮魂と祈りの地でもあります。

公園は4つに区分され、健康運動と自然観察の「レクリエーションゾーン」、鎮魂と祈りの「霊域ゾーン」、安らぎと散策の「園路広場ゾーン」、戦没者の追悼と平和祈念の「平和ゾーン」があります。

その中でも平和ゾーンには平和の礎や平和祈念資料館、平和の丘、沖縄平和祈念堂があります。霊域ゾーンには国立戦没者墓苑や各県の慰霊塔もあります。沖縄戦跡国定公園に指定されており、平和の大切さを学ぶ場として、反戦・平和を願う施設があります。

悲惨な戦争を体験した沖縄から全世界に向け、恒久平和のメッセージが発信されています。それらから平和の尊さを感じていただきたいと思います。
平和記念公園
cbb171d65b346318b9ade95fc4e23099_s

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷は沖縄本島南部の南城市にあり、那覇空港から35分のところにあります。太古の森をガイドと巡る完全予約制のツアー型観光スポットです。鍾乳洞の中にあるカフェでガイドと合流し、ツアーは始まります。

川が流れ、ガジュマルなどの植物が生い茂り、珍しい昆虫や鳥などを見ることができます。ランプを灯しながら、鍾乳洞を進見ます。巨大なガジュマルの木や信仰の対象だった鍾乳石、古代人の住居跡、自然の神秘と人類の歴史を肌で感じるスポットがたくさんあります。

全長約1キロを1時間20分程で散策できます。川や森が広がる自然あふれるスポットですが、歩道が整備されているので小さなお子さんでも楽しめます。長い時間をかけて育まれてきた自然に包まれ、私たちが自然の恩恵を受けて生きていることに気づかせてくれるスポットです。
ガンガラーの谷

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔
ひめゆりの塔は、沖縄県糸満市にある沖縄陸軍病院第三外科壕跡に立つ慰霊碑で、空港から車で30分のところにあります。「ひめゆり」は第三外科壕に従軍していた沖縄県立第一高等女学校の校誌名「乙姫」と沖縄師範学校女子部の校誌名「白百合」を合わせた「姫百合」が、戦後ひらがなで記されるようになりました。

第三外科壕にいた96名(内教師5名・生徒46名)は、黄燐手榴弾などの攻撃や銃撃を受け、沖縄戦終結まで生き残ったのは5名(生徒4名、軍医1名)だけでした。終戦後、二人の娘の行方を探していた金城和信夫妻によって、第三外科壕が見つけられます。

真和志村民の協力により、ひめゆり隊の職員16名、生徒208名の戦没者を合祀しています。終戦直後に建てられた碑で、戦争の過酷さ、悲惨さの象徴として、参拝する人が絶えません。奥には慰霊碑(納骨堂)や生存者の手記や従軍の様子を展示した「ひめゆり平和祈念資料館」があります。
ひめゆりの塔・ひめゆり平和記念資料館

瀬長島

瀬長島(せながじま)は、那覇空港から車で15分の距離にあります。台地状の島で泥岩と砂岩層で構成され、琉球石灰岩と沖積層でした。琉球石灰岩は、戦後米軍に接収された時に削ぎ取られ、島南端に存在した丘も消滅しています。

樹木は自生せず、サンゴ礁の礁池(イノー)に囲まれ、干潮時は干潟が現れます。那覇空港に隣接し、飛行機の航路の真下にあり離着陸する飛行機を見物できます。そのため、家族連れや航空ファンで賑わっています。

本島と瀬長島には橋が架けられているため自動車や徒歩で行き来できます。また北東部に4つの市営野球場が整備されています。潮干狩りや釣りの名所として知られ、キャンプや海水浴、ウィンドサーフィンも楽しめます。

さらにゲームセンターやバッティングセンターなどの娯楽施設があり、休日には移動屋台が飲食物を販売しています。大型の温泉宿泊施設もあり、瀬長島ウミカジテラスでは、沖縄ならではの果物・野菜、地産メニューを中心にしたショップがあります。

グルメ・スイーツショップ、沖縄産のジュエリーやクラフトショップが絶好のロケーションと融合する、観光・ショッピングスポットがあります。一日を楽しめる一大リゾートとなっています。
瀬長島

ニライカナイ橋

d8cea4591050e56d34e766ca56848041_s
ニライカナイ橋は空港から30分程のところにあります。国道331号線を走ると山側に大きな橋が見えてきます。それがニライカナイ橋です。橋のS字と沖縄の美しい海を一望することができ、久高島やコマカ島を見ることができます。

橋を登りきったところに駐車スペースがあるので、そこから展望台へ歩いていくこともできます。「ニライ橋」と「カナイ橋」という名前の2つの橋があり、それを合わせてニライカナイ橋とよばれています。下りから見る景色が絶景です。

薄暗いトンネルを抜けると目の前に青い海と空が広がり、圧倒されます。ニライカナイとは「はるか遠くにある理想郷」という意味です。まさにその名の通りの景色を楽しむことができるスポットです。

台風や大雨などの悪天候の場合は閉鎖されることがありますので、確認してくださいね。
ニライ橋・カナイ橋

奥武島

沖縄天ぷらで有名な奥武(おう)島は那覇市内から車で30~40のところにあります。沖縄てんぷらのほかにも大きな魅力があります。特別な海の恵み、昔から変わることのない人々の暮らしぶりです。本島と奥武島は150メートルの橋でつながった離島です。

離れ小島だったため、この島を『ハナリ奥武』と呼びました。漁業の島として栄え、現在は名物となった沖縄天ぷらを目当てに地元民のみならず、観光客にも人気のスポットです。のんびりとした離島らしい雰囲気に包まれ、橋で繋がってから80年程建っています。

島の人々は離島のころの暮らしのままです。天ぷらでにぎわい、島を一周する道路は変わりましたが、それ以外に大きな変化はなく、街並みも雰囲気も離島時代のままをとどめて居ます。私たちの目に映る景色は先人たちが眺めていた者と変わらぬ景色です。

祈りの島といわれ、多くの拝所(うがんじゅ。神を拝む場所)が点在しています。美しい海と深い緑、自然や神々への畏敬の念に溢れる島内の魅力は、ゆっくりと徒歩で周ってこそ味わえる。
奥武島

知念岬公園

知念岬公園は沖縄本島南部の東端、海に突き出すような形の知念岬にある公園です。那覇市内から車で45分ほどのところにあります。そこからは絶景の海のパノラマが望めます。沖縄の東の海の彼方にニライカナイがあると言われるエリアになっています。

本当に楽園がありそうな絶景です。しかし、知念体育館に隠れ、公園を見逃してしまいがちです。体育館前には「岬公園は体育館の裏」という小さな看板が設置されています。遊歩道脇に公園用の駐車場が整備されましたが、体育館の脇まで行かないと見逃してしまいます。

絶景公園と呼ぶにふさわしい光景が広がっています。広大な緑の公園が広がり、その先には青々した海。何より景色を遮るものが全くないので、風景をより広く感じることができます。常に風が吹いて折るためパラグライダーにも人気のスポットです。

さらに東側に突きだしているので、日の出の美しさは神懸っているほどで朝日の名所でもあります。日の出を楽しむには絶好のエリアといえます。那覇から車で45分で往来できますので、ちょっと早起きしてでも朝日鑑賞はオススメです。
知念御崎公園

糸満市観光農園「うちなーファーム」

うちなーファーム(糸満市観光農園)は空港から車で30分のところにある東京ドーム約6個分の広大な敷地で栽培されたパッションフルーツ、糸満産のアセロラ100%、県産マンゴーにシークヮーサ-など全て県産果実を使ったフルーツワインを製造販売しているワイナリーです。

沖縄は地理的にも気候的に発酵しやすいため、蒸留酒造りには向いています。けれどもワインなどの醸造酒造りは難しい土地柄である。その中で2種類の酵母を使って試行錯誤を繰り返し、薫り高いフルーツワインが誕生しました。

アジア最大規模のワイン審査会「JAPAN WINE CHALLENGE 2016」で『マンゴーワイン』がフルーツワイン部門で世界一を獲得したほか数々の賞を受賞しているほか、アセロラ・シークヮーサー・・パッションフルーツも受賞しています。

果実の風味を残したまま発酵させたワインは、うちなーファームにしかありません。また、ヘチマやゴーヤー、トウガンなどの島野菜や熱帯果実の収穫体験もできます。ワイン工場に隣接した売店では、4種類のフルーツワインの試飲販売もしており、その場でもっと飲みたい方には、レストランでフルーツワインを思う存分楽しめるおすすめの観光スポットです。
糸満市観光農園「うちなーファーム」

沖縄南部の人気ホテルランキング

4cb99ca2e3d5e2acc830b1de6f38aa66_s
沖縄に来たなら泊まってほしいホテルを高級リゾートから、アットホームな雰囲気のものまで、人気のホテルを取り揃えました。

サザンビーチホテル&リゾート沖縄

サザンビーチホテル&リゾート沖縄空港から車で20分程のところにある、贅沢リゾートを満喫できるホテルです。焼きたての自家製パンやオムレツが人気の朝食、ライブ調理が魅力のランチブッフェやディナーもフレンチコース専門のシックなレストランで楽しむ食事は最高です。

客室からの眺望はオーシャンビューかハーバービューをチョイスできます。ガーデンプールは全長約70mで、ジャグジー付屋内プールも完備でお天気が悪くても楽しめます。子供も一緒に楽しめるカラオケルームがあります。

沖縄素材を使ってのスパ&エステ、キッズルームや託児サービスも充実しているので、誰でも心行くまで楽しめます。9~10階は専用カードキーを使ってのプレミアムフロアとなっています。安全で安心な空間を満喫できます。

チェックイン・アウトは最上階の専用ラウンジで、ゆったりと落ち着いた雰囲気で手続きができます。専門コンシェルジュが常駐し、最上のもてなしを楽しむことができます。
サザンビーチホテル&リゾート沖縄

ユインチホテル南城

ユインチホテル南城は那覇空港から車で約40分程のところにある35,000坪の広大な敷地を持つホテルです。こちらのおすすめは、高台から眼下に見下ろす沖縄の青い海が広がるの絶景と太古の海水をくみ上げた天然温泉です。旅の思い出作りにオススメです。

天然温泉の「猿人の湯」は、ユインチの地底2,119mから湧き上がる天然温泉です。5400万年~約500万年前の人類が生まれた頃を含む時代の各地層にブレンドされた太古の海水を含んだ美肌成分たっぷりの源泉を贅沢にかけ流しで味わえる温泉です。

これだけでも価値がありそうです。また食にもこだわり、南城市の富んだ大地から誕生した旬の食材を使った多彩なメニューを楽し無ことができます。食の安全・安心、地産地消を追求するブッフェレストランもおすすめです。

佐敷の丘に建つ琉球赤瓦のホテル、ユインチホテル南城では、太古の沖縄を感じつつ、安心安全な食事と共に、心身を健やかに日頃の喧噪を忘れてゆっくりと楽しめます。
ユインチホテル南城

百名伽藍-Hyakuna Garan

百名伽藍は空港から車で35分のところにあるLuxury Coastal Hotel(海辺の高級ホテル部門)ジア大陸賞2年連続獲得したホテルです。赤瓦や琉球石灰岩など沖縄を意識した高級感溢れる館は、和琉折衷が不思議な安心感を抱かせる作りになっています。

館内には、巨大なガジュマルをメインにした中庭や、洞窟(ガマ)に鎮座する高さ7メートルもの石仏が静かに迎えてくれます。ギャラリーやライブラリーなど、大人の空間を演出しています。山を背に、目の前に青い海と白い砂浜が広がる様はプライベートビーチのようです。

全室オーシャンフロントの広くゆったりとした部屋からは、動く絵画のように美しい空と海が迫力ある臨揚感を楽しませてくれます。最上階には、石垣から覗く山を背に、「方丈庵」という貸切の露天風呂が6つ設けられています。

開放的な空には、朝に夕に夜に自分だけの贅沢な空間が広がります。心と体が自然とシンクロする 「無垢の時間」が体験できます。
百名伽藍-Hyakuna Garan

琉球温泉 瀬長島ホテル

琉球温泉 瀬長島ホテルは空港から車で20分のところにあるリゾートの島にあります。琉球畳をあしらった、ゆったりと寛げる和洋折衷のお部屋や露店風呂付のお部屋など3タイプの部屋が 「癒し」と「感動」を与えてくれます。

さらにオーシャンビューのお部屋からは、東シナ海を一望でき、慶良間諸島に沈むサンセットなど変化する海の色彩の美しさも楽しめます。エアポートビューでは、まばゆい光を放つ街の夜景をバックに、離着陸する飛行機が大迫力なロケーションが飛行機ファンにはぜったに外せないホテルでもあります。

すすめが、瀬長島の地下1,000mから湧き上がる天然温泉は、毎分500ℓの潤沢な湯量です。身体を温める効能があり「子宝の湯」と言われています。その天然温泉を使った大露天風呂に入りながら、慶良間諸島の向こうに沈みゆく夕陽の絶景と共に癒しを味わうことができます。

オーシャンダイニング 風庭(かじなぁ)は沖縄県より「おきなわ食材の店」として認定されています。沖縄の素材を知り尽くした料理長が生み出すメニューメニューと雄大な景色が楽しめるレストランです。
琉球温泉 瀬長島ホテル

ペンション榮クラブ

ペンション榮クラブは空港から車で高速を使って40分のところにあるアットホームなペンションです。道路に面したカフェの階段を下りると客室が4つあります。全ての部屋の前にベランダがあり、ブロック塀の向こう奥には海が広がります。

客室は布団タイプとベッドタイプがあり、長期滞在にオススメのペンションです。キッチンもあるので、簡単な調理なら自炊もできます。スーパーや市場で買ってきた土地のものをお手頃価格で購入できるので、地元民になった気分を充分に味わうことができるのもおすすめです。

カフェで朝食や夕食を頂くこともできます。希望すればBBQセットの貸し出しもしてくれるので、沖縄ならではの魚介類や野菜,肉でBBQも楽しそうです。もちろんペンションの食事もあります。沖縄の食材が味わえる家庭料理が何とも言えずアットホームです。
ペンション榮クラブ

沖縄南部で絶景を楽しめる人気ビーチ

e9fd4b82ce3852cc5cf6e70a6a48b15a_s
沖縄本島南部で絶景を楽しみながら、マリンスポーツ等も楽しめる人気のビーチを選りすぐりました。ぜひ、足を運んでいただきたいスポットです。

豊崎美らSUNビーチ

bbd743784882295e1f9d592a8500e155_s
豊崎美らSUNビーチは空港から車で15分という空港から一番近いビーチとなっています。沖縄の海でとにかく遊びたいという方にはおすすめです。豊崎海浜公園は豊崎地区の西側にあり、広々とした多目的広場や美らSUNビーチは人気のスポットとなっています。

白い砂浜に整えられた美しいビーチは南浜と北浜に分かれており、、南浜はビーチサッカーやビーチバレーのほか、マリンスポーツを楽しめるエリアになっています。北浜は海開きが行われる4月から10月ごろまで遊泳区域が設置されています。

子どもづれでも安心して海水浴を楽しめるエリアになっています。プレイエリアが分かれているので、気兼ねなく楽しむことができます。ビーチに隣接してシャワールーム、売店、パーラーなどがあり、バーベキュー専用エリア(要予約)もあります。

沖縄のビーチでビール片手にバーベキューを楽しめるのが嬉しいですね。
豊崎美らSUNビーチ

あざまサンサンビーチ

436189b1a1e3e4a4125dd848008a8e5b_s
あざまサンサンビーチは空港から45分程のところにある南城市知念の安座真(あざま)港に隣接する人工ビーチです。売店はもちろんシャワーやロッカーに加え、車イス用のトイレが設置され、バリアフリー対応もばっちりで、だれでも楽しめます。

海水の透明度もあり、遊泳エリアも広いので海水浴にはオススメです。特にファミリーにおすすめのあざまサンサンビーチは、芝生の広場やバーベキューも楽しめるので週末や休みは地元の家族連れなどで賑わっています。

クラゲ防止ネットが張られた遊泳エリアでの海水浴はもちろん、バナナボート、ジェットスキー、シーカヤックなどのマリンアクティビティも楽しめ、沖縄の海を満喫できます。

右沖合には神の島と言われる「久高(くだか)島」が見え、隣接する安座真港から船で15~20分ほどでで行くことが出来るのも魅力です。
あざまサンサンビーチ

西原きらきらビーチ

西原(にしはら)きらきらビーチは空港から車で35分のところにある新しいビーチです。地元の人に人気のビーチで、穏やかな波なので小さなお子さん連れでの海水浴も安心です。バーベキューをする際は事前に予約すると手ぶらでOKなのが嬉しいです。

管理棟にあるシャワーや更衣室などの施設もきれいで設備が整っているのでビーチパーティーをしたい方や家族連れにはおすすめのビーチです。マリンスポーツは定番のバナナボートやスーパマーブル、ジェットスキーを楽しむことができます。

浮き輪やパラソル、ビーチベッドはレンタルできるので、重い荷物を持たなくてもリゾート気分を満喫できます。ちびっこ広場やイルカ公園にはアスレチックもあるので、小さなお子様は遊びの楽園ですね。
西原きらきらビーチ

ジョン万ビーチ

ジョン万ビーチは空港から40分ほどのところにある大度(おおど)海岸にある、ユニークな名前のビーチです。その由来は江戸時代末期に高知沖で遭難してアメリカに渡ったジョン万次郎(本名:中濱萬次郎)が、帰国の際に上陸した場所ということで名付けられたビーチです。

アウトリーフの美しさや透明度の高さからサーフィンやダイビングスポットとして人気です。足場があまりよくありませんが、干潮時ならイノー(礁池)で、水辺の生き物の観察が楽しめるスポットです。

満潮時はシュノーケルなどでサンゴや熱帯魚を楽しめ、スキューバダイビングのポイントとして有名なエリアです。きれいな砂浜は海ガメが産卵に訪れることでも有名で、石で作られたかわいい亀のモニュメントが設置されています。
ジョン万ビーチ

美々ビーチいとまん

美々ビーチいとまんは空港からから車で25分程のところにある糸満市西崎町にあるです。黄色いゲートをくぐると、そこには奥行きのある美しい白い砂の浜辺が広がります。人工のビーチですが、海の色は美しいエメラルドグリーンに染まっています。

男女別のシャワー室が嬉しいですね。 ビーチには遊泳エリアがあり、シュノーケルは禁止ですが、浮き輪やビーチボールでは思う存分遊ぶことができます。クラゲ侵入防止ネットが張られており、常に複数のライフセーバーが海の様子を監視したり、ビーチの清掃をしています。

ですから、安心して海水浴を楽しむことができます。 遊泳スペースの対岸にはベンチがおかれたオシャレな堤防があります。こちらはカップルにオススメです。夕暮れに赤く染まる海を眺めながら、語らう姿は美しい絵葉書のようです。潮だまりの中央まで遊歩道がのびているので、足場も安定していて、車イスでも楽しめます
美々ビーチいとまん

沖縄南部でのびのび子供とのびのび遊べる公園・施設

小さなお子様と一緒の旅行でも気兼ねなく楽しめるそんな親子でのびのびと楽しめる沖縄南部の公園や施設を紹介します。ぜひ、ご家族で沖縄の良い思い出をたくさん作ってほしいと思います。

みーばるビーチ

新原(みーばる)ビーチは空港から車で40分程のところにある南部のビーチの中では透明度も良く白い砂浜が広がるビーチです。泳ぐだけではなく、ビーチにはグラスボートがあり、船に揺られながら海底やカクレクマノミなどの魚を観賞できます。

海に潜れない小さなお子様にも海の中の様子が楽しめます。そのほかにマリンスポーツ、バーベキュー等も楽しむことができます。マリンレジャーは他のビーチより少ないですがバナナボートやビッグマーブル、マリンジェットなどがあります。

綺麗な海を眺めながらビール片手に食べる肉は格別です。沖縄の人はビーチでは泳がず、バーベーキューをしながらお酒を飲んで楽しみます。
みーばる(新原)ビーチ

おきなわワールド

おきなわワールドは空港から車で30分のところにある沖縄の魅力をすべて満喫できる沖縄屈指の観光スポットです。約30万年の時を刻んで、自然が作り上げる全長約5kmの鍾乳洞の玉泉洞(ぎょくせんどう)はそのうちの890mを公開しています。

ハブの秘密がわかる世界唯一のハブ博物公園ではハブを間近に見ることができるショーが行われ迫力満点です。琉球王朝時代の町並みを再現した琉球王国城下町では築100年以上の沖縄古民家で工芸体験ができます。

ハブ酒や沖縄の地ビールを製造販売する南都酒造所では試飲もできる大人もうれしいスポットです。毎日上演している伝統芸能のエイサーは迫力満点で、自然にからだが動き出す人気のアトラクションのひとつとなっています。
おきなわワールド

漫湖水鳥・湿地センター

漫湖(まんこ)水鳥・湿地センターは空港から車で15分のところにある干潟です。漫湖水鳥・湿地センターは、展示や自然観察会等を通して、「水鳥と湿地と人とをつなぐ場所」をモットーに漫湖の自然について紹介するスポットです。

屋外は木道を散策しながらマングローブや水鳥、そこに暮らす底生生物の様子を間近で観察することができます。屋内には漫湖の環境を再現した体験型のジオラマや展示パネル、80インチの大型ディスプレイ・床面映像で漫湖の自然を楽しんで観察できます。

観察デッキには望遠鏡(20倍~60倍)が用意されています。望遠鏡を覗いて水鳥を探すのもおもしろいですよ。キッズコーナーもあり、絵本を読んだり、漫湖で伐採されたメヒルギ(マングローブの一種)の積み木で遊ぶことができます。

沖縄南部の人気ランチグルメ

3jpg沖縄料理のランチ
沖縄南部でランチにお勧めの絶品処を紹介したいと思います。郷土料理や創作料理、琉球懐石など、沖縄ならではお料理を楽しんでいただきたいと思います。

屋宜家

シーサー画像
屋宜家(やぎや)は空港より車で約30分のところにある緑豊かな八重瀬町ある沖縄そばのお店です。家屋は登録有形文化財に指定された沖縄古民家です。ヒンプン(沖縄の門構え)を入ると沖縄独特の屋根瓦の上にシーサーが鎮座しています。

本棟と母屋の2棟が敷地内に並び、本棟の中に入ると沖縄の仏壇(グワンス)が残っています。次第に減りつつあるウチナーの景観がゆっくりとした時の流れを感じながら、食べる沖縄そばはとっても美味しいと人気です。

麺にアーサを練りこんだ「アーサそば」、ヨモギを練りこんだ「ヨモギそば」、豆乳を練り込んだ「豆乳そば」もオススメです。沖縄デザートのぜんざいも「黒蜜きな粉黒糖氷ぜんざい」や「豆乳入りクリームぜんざい」がおすすめです。
屋宜家

琉球麺 茉家

琉球麺茉家(まつや)は沖縄モノレール首里駅より西原町坂田交差点向け車で約10分 幸地児童公園近くにあります。テーブルが2つとカウンターだけのこじんまりした店内です。厨房とフロアをたった一人で切り盛りしています。

現代の食生活を続けていると体調不良になるという実体験から、『命と健康は食から』をモットーしています。生麺とスープに徹底的にこだわった茉家のそばは、お肉や薬味は別添えで、スープと生麺で勝負しています。

双方の風味、食感、喉越しを味わってほしいという店主の熱い思いから、麺とスープのみを食べて、そのおいしさを味わっていただきたいお店です。「茉家」は予約をして行くことをおすすめします。
琉球麺 茉家

サンスーシー

サンスーシーは北中城字萩道の閑静な住宅街の中にある外人住宅を改装したカフェです。サンスーシー「SANS SOUCI」はお気楽という意味です。琉球と京都のコラボがテーマのお店です。

沖縄の黒糖と京都の抹茶を融合させたスイーツや、京都の九条ねぎと沖縄の県産やんばる若鶏を合わせた食事を楽しめます。食材のこだわりが人気の秘密かもしれません。選び抜かれた沖縄県産食材、京都から直送される食材を使用しています。

キッズルームが一部屋用意されているのもおすすめポイントです。人気No.1は「ごまカレー南蛮うどん」10種類以上のスパイスをふんだに使用したクリーミーなカレーは辛くもなくまろやかで優しい味です。
サンスーシー

糸満漁民食堂

糸満漁民食堂は糸満市西崎町の漁港近くの水産会社や物流センターがある工業地帯の一角にあります。沖縄の古い港町の景観を思わせる外観は、グスク(お城)建設に用いられた琉球石灰岩を使って地元の人たちと共にて積み上げたものです。

糸満の食文化である魚料理を、新旧混在した幅広く受け入れられるメニュー作りをモットーにしています。「土鍋で食べる魚汁(さかなじる)定食」がおすすめです。沖縄では具だくさんの味噌汁がメインとなる献立があります。

地元の市場で毎朝仕入れる新鮮な県産魚はその日の内に調理します。地元の食材を使った、新しい郷土料理を堪能してみてはいかがでしょうか。
糸満漁民食堂

百名伽藍

大人の隠れ家高級リゾートであるホテル百名伽藍は泊まっても最高ですが、ホテルのお料理も最高です。お泊りしていない方でも楽しめるのが、ホテルランチです。大人な空間から海を眺め筒、最高の琉球懐石をいただけます。

事前予約がセオリーですが余裕があれば、当日でも案内して貰えます。丁寧な仕事が際立つ美しい逸品が並びます。沖縄の食材を使ったヘルシーなお料理がとてもおいしく人気のランチスポットです。

旅先ですから、ちょっとリッチな美味しいランチを楽しむのにおすすめのスポットです。
百名伽藍

沖縄南部の人気ディナーレストラン

ディナーは、しっかりと楽しみたいですよね。ブッフェやステーキ、琉球創作料理に絶品ピザ、ビールやお酒が進みそうな人気スポットを紹介します。

レストラン サンピア

レストラン サンピアはユインチホテル南城にあるメインダイニングです。料理長自らが毎朝買付けに出かけ、地元で採れたての元気野菜を使用しています。

おいしくてカラダに優しい、和・洋・中・琉球料理にデザートまで趣向を凝らしたオリジナルフードがいっぱいのブッフェ(バイキング)はコスパ的にもおすすめです。好きなものを好きなだけ楽しめ、テイスティングみたいに合い割ったことのない料理を頂けるのも魅力的です。

料理は美味しく、眺めも最高です。土日休日は事前予約がお勧めです。週末は予約待ちが出るほどの人気です。
レストラン サンピア

古民家食堂

古民家食堂(こみやしょくどう)は沖縄では珍しい日本家屋風のお店です。新潟から築130年の古民家を移築改装舌、店主こだわりの店構えです。店内は木のぬくもりあふれる開放的な空間が、安心感と居心地のよさを演出しています。

沖縄料理をベースにした創作料理が何とも絶品です。ランチ、ディナー共にリーズナブルで美味しいものを楽しめるのがおすすめです。単品や定食、コースも充実しています。店内はゆったりとくつろげる囲炉裏のある個室やお座敷などもあります。

日本家屋と沖縄料理の和を思う存分に味わっていただきたいおすすめのスポットです。
古民家食堂

ウッディーズ

f30b7cf0ddb3eb591e9b66f0edce29d4_s
ウッディーズは空港から車で12分のところにあるカナダ人オーナーが本場の美味しいバーガーを食べて欲しいという思いからオープンしたお店です。オーナーのこだわりに詰まったアンガスビーフ100%を使用したボリューム満点のバーガーは絶品です。

バーガーのほかに、前菜やパスタ、肉料理など様々な料理を味わうことができます。素材本来の美味しさを知ってもらいたいという思いから、完全手作りにこだわっています。沖縄アメリカンを味わって欲しいディナーにオススメのスポットです。
ウッディーズ

ムーンテラスカフェ

ムーンテラスカフェは西原きらきらビーチから徒歩30秒の所にあります。テラス席はビーチで海水浴をしたあとのティータイムにも楽しめます。無料でご利用できるドッグラン(会員登録が必要)もあり、愛犬と一緒にコーヒータイムを楽しめるのが嬉しいスポットです。

店内は解放感に溢れ、大きな本棚の本を自由に詠みながらゆったりとくつろぐことができます。本格的なステーキやパエリア、パスタ料理に豊富なワイン絶品スィーツが楽しめるムーンテラスカフェはディナーにオススメです。
ムーンテラスカフェ

コージーピザ

コージーピザは北中城インターから車で5分のところにある築50年の外人住宅を改装したピザのお店です。生地とソースは手作り、チーズや地域の食材にこだわって作る出来たてアツアツのピザがとっても美味しいと評判のお店です。

作り立てアツアツピザをご提供しています!窓からは見下ろすように街が見え、その向こうには碧い海と青い空が美しい景観です。おすすめは、サンセットから夜景を見てのでいなーがおすすめです。

個室仕様のキッズルームや座敷もあるので、ファミリーでも気兼ねなく食事を楽しむことができます。店内はおしゃれで、穏やかな雰囲気に浸れます。2種類のピザをハーフ&ハーフにしたり、 好きなトッピングでオリジナルピザも作ってくれます。
コージーピザ

沖縄南部の人気カフェ

d44159b2d20928e9dcc073f6809ab8ce_s
観光して回っていると、ほっと一息つきたくなります。そこで、ほっと一息絶景を眺めながら、ゆったり休憩できる人気のカフェをご紹介します。

浜辺の茶屋

浜辺の茶屋は空港から車で40分のところにある沖縄の絶景カフェとしてパイオニアとも言うべきお店です。海が目前に広がる素晴らしい景観を持つカフェです。砂浜の上に建物があり、店内の窓からは海以外の余計なものは見えません。

外のテラス席は砂浜の上なので、沖縄の海を心行くまで堪能できるおすすめのカフェスポットです。シーサーが出迎えてくれ、会談を降りて店内に入ると全てが木でできており、素朴な感じが癒しを与えてくれます。

一日の中でも満潮や干潮があり、様々な海の表情を見ながら、ティータイムを過ごすことができる極上の時間です。
浜辺の茶屋

カフェくるくま

カフェくるくまは空港より50分ほどのところにある沖縄本島随一といわれる絶景カフェです。本島の南に広がる碧い海を、180度眺めることができます。テラス席は風を体に心地よく感じながら絶景を楽しめるので、心が解き放たれる感じがおすすめです。

クルクマで頂けるアジアンフードはタイの国から認定されている本格レベルのタイ料理を提供してくれます。庭もあり、海を見ながらどっしりした木製のチェアブランコに揺られながら見る景色も最高です。

天気のいい日は海の色もとても美しく、エメラルドブルーやディープブルーのグラデーションは必見です。
カフェくるくま

Jef 豊見城店

Jef豊見城店は那覇市から車で15分ほどのところにある沖縄生まれの沖縄育ちの沖縄ご当地バーガーのお店です。沖縄の食材にこだわった商品を販売しています。ゴーヤを使った「ぬーやるバーガー(ヌーヤルバーガ:何なんだという方言)」などがあります。

ゴーヤの3つ味を楽しめるミニバーガーセットがおすすめです。店内も店外もアメリカンオールディズな雰囲気のお店です。ドライブスルーならぬドライブインの注文も体験してみるのも面白いかもしれません。

各駐車場スペースに専用のインターホンがあり、ボタンを押せば店員が対応してくれます。商品を車まで持ってきてくれ、お会計もその時にします。丘の上に店舗があるので、景色も良く、ゆったりと過ごせます。
Jef

Cafe やぶさち

やぶさちは空港から車で45分のところにある美しい海を眺めることができる絶景が人気のカフェです。1Fの雑貨屋さんでは沖縄そばを食べることができます。2Fがカフェスペース「やぶさち」です。

ランチを頼むとサラダとドリンクのビュッフェがついてくるので、ゆっくりと景色を楽しみにながらもしっかりとした食事を楽しめます。15:00からはティータイムとなり、ピザやパフェ、フレンチトーストのほかカレーなどのしっかりした食事も頂くことができます。

全て手作りのケーキは常時4種類から6種類あり、美味しいスイーツニ海を見ながらのティータイムで至福の時を過ごせるおすすめカフェです。
Cafe やぶさち

沖縄南部で楽しめる夜を飾るイルミネーション

4edce5feb0556fa9ac296f63d8c14fb7_s
期間限定になりますが、沖縄のイルミネーションもとっても素敵です。ぜひ、訪れてほしいスポットです。今回ご紹介しているのは過去のイベントです。イルミネーションの時期に旅行される方は、改めて、チェックしてください。ロマンティックな夜をお過ごしください。

いとまんピースフルイルミネーション

いとまんピースフルイルミネーションは沖縄戦終焉の地である糸満市からイルミネーションに平和の祈りを託し、世界へ発信するイベントです。糸満市観光農園(うちなーファーム)で行われ、12月上旬から1月上旬におおなわれるイルミネーションイベントです。

子供たちに夢と感動、平和の尊さを伝える県民参加型のイベントとなっています。会場全体の電気を一斉に消灯し、再度点灯することでウィンクさせるスターライトウィンクは暗転から光の美しさは思わず、声が漏れるほどの美しさです。

その他に花火ショーやステージイベントも開催されます。何よりおすすめは「平和の光の柱」のイベントです。上空4キロ以上にわたり光り輝く太い一本の光の線が平和の柱を表し、神聖で荘厳な雰囲気になります。期間限定のイベントですが、おすすめのイベントです。
いとまんピースフルイルミネーション2016~2017

豊崎海浜公園イルミネーション

美らSUNビーチ目の前の豊崎海浜公園で、12月上旬から年越しまで開催されるイルミネーションです。6色の光で彩られた光のトンネルや夢の灯篭が輝く広場、海の空間を表したオブジェのほか、高さ10メートルのサインツリーなど園内はさまざまなイルミネーションで光に溢れます。

光で包まれたレストテントの休憩所やかまくらもあり、、巨大なハートのオブジェに願い事ができるなど、カップルだけでなく、子どもでも楽しめるようになっています。大みそかは、カウントダウンライブが行われ、0時ちょうどには新年を祝う花火を打ち上がる年越しを過ごすにはおすすめのイベントスポットです。

2017年の暮れは、ぜひ豊崎海浜公園イルミネーションを見ながらカウントダウンで過ごしませんか?
豊崎海浜公園イルミネーション

さいおんスクエアイルミネーション

那覇市安里にある「さいおんスクエア」はモノレールの那覇空港駅から徒歩約16分のところにあります。11月中旬頃からでイルミネーションが点灯します。さいおんスクエアでも、2016年はミニサンタやスノーマンの鮮やかなイルミネーションが点灯します。

クリスマス気分を盛り上げました。那覇市の人気観光地・国際通り近くなので、観光ついでにイルミネーションを楽しめるのがおすすめです。
さいおんスクエアイルミネーション

まとめ

沖縄南部の観光スポットやグルメ、絶景ビーチやカフェをご紹介させていただきました。その中からお気に入りのスポットを見つけてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …