Home / 沖縄グルメ / 沖縄のおしゃれで素朴な人気食堂一覧
沖縄 食べ物  シークヮーサー

沖縄のおしゃれで素朴な人気食堂一覧

沖縄の食堂といえば、昔から地元の人たちに愛され、“味のある”店構えで、ボリューム満点のガッツリメニューを出してくれるお店をイメージしますよね。そんな昔ながらの食堂は、おいしいけれど、量が多くて、なかなか女性には食べきれないこともしばしば・・・。

そこで、今回は、沖縄にある食堂の中でも、王道のガッツリ系ではなく、女性好みの定食やメニューを出してくれるおしゃれで素朴な人気食堂をご紹介します。

女友達とでも、カップルでも、おひとり様でも気軽に行けるお店です!

a2f8d1920f4470562d0054609b9f32ef_s

スポンサードリンク

魚をこよなく愛する「糸満漁民食堂」

糸満市にある「糸満漁民食堂」。糸満漁港の近くにあり、“魚”が主役の料理を味わえるお店。店の佇まいは、洗練された食堂といったかんじ。かつて、グスク(お城)の建設などに用いられた琉球石灰岩を使った壁が目をひくオシャレな作りになっていて、JDCデザインアワード(社団法人日本商環境設計家協会)や、GOOD DESIGN AWARDといった国内の環境デザインコンペで賞を受けるほど。

洗練されたデザインのおしゃれなお店で食べられるのは、地元で獲れた新鮮な海の幸を使った魚料理。イチオシのメニューは、「新・土鍋で食べる魚汁(さかなじる)定食 1,200円」。ローカルフード“魚汁”を糸満漁民食堂風にアレンジした逸品。4種類の魚を時間をかけて煮込み、たっぷり旨みの出たスープに一番だしを混ぜ、ゴマとしょうゆで味を付けた新感覚のブイヤベース。具には、蒸して、身をふっくら仕上げた魚と地元産の野菜が入っています。

「糸満漁民飯 1,000円」は、お皿の真ん中にご飯とお刺身、その周りに揚げた春巻きや焼売の皮などがのっていて、食べる時は、お皿に盛られたものをすべて“チャンプルー”して食べる中華料理風の料理。醤油の中に山椒などスパイスを入れた、オリジナルの“しびれ醤油”が味のアクセントになっています。

「本日イマイユバター焼き定食 1,300円~時価」は、その日の“イマイユ=新鮮な魚”をサッと素揚げした後、バターソテーにした、魚のおいしさを存分に楽しめる逸品。ソースは、アーサ(あおさ)たっぷりの緑のソース、もしくは、豆腐ようを使った赤のソースの2種類から選べます。どちらも沖縄ならではのソースで、魚との相性抜群。

「糸満漁民食堂」
【住所】沖縄県糸満市西崎町4ー17
【営業時間】11:30~15:00、18:00~22:00 火曜定休

ほっこり、やさしい味わい「あめいろ食堂」

那覇市樋川にある「あめいろ食堂」。街の路地裏にひっそりと佇み、旬の素材を使った和食家庭料理を味わえる古民家食堂です。

ランチメニューは、肉・魚・どんぶりの3種類で各800円。県産でいご豚の五目春巻きプレート、県産でいご豚の和風ハンバーグ、県産豚の麻婆豆腐丼、秋茄子とそぼろの丼、県産マグロの漬け丼、鯖の塩焼き定食など旬の食材を使った日替わりメニューです。

ご飯は土鍋で炊き上げた、うれしい“おこげ”付き。汁物は、沖縄の伝統の家庭料理「かちゅーゆ(鰹湯)」。鰹節に熱湯を注いだシンプルな汁物で、自分で味噌をとき入れて味わいます。

丁寧に作られたシンプルな料理は、どれも体にやさしく染み渡り、身も心もやわらくほぐしてくれます。派手さはありませんが、地元のおばぁも食べにくる、ほっこり系食堂です。

「あめいろ食堂」
【住所】沖縄県那覇市樋川1-3-7
【営業時間】12:00~15:00、18:00~21:00、土日12:00~20:00 月曜・火曜定休

友達の家で食べる味自慢の洋食「食堂ぬーじボンボンZ」

那覇市楚辺の住宅地の中にある、普通の民家にしか見えない佇まいの「食堂ぬーじボンボンZ」。友達の家に遊びに来たような気分で、“ほどよいガッツリ系”の洋食メニューを味わえる食堂です。

自慢の黒カレーは、那覇カレーグランプリで2連覇を達成した逸品。県産和牛を使ってじっくり煮込んだ本格的な欧風カレーです。その黒カレーを使った人気メニューが「チーズ黒焼きカレー 850円」。グラタン皿に盛られた黒カレーに、チーズと温玉がトッピングされたボリュームたっぷりのカレードリアです。

ぬーじボンボンZの名物は、この黒カレーだけでなく、多種多彩。お客さんそれぞれで、お目当てのものが違うんです。例えば、200g~1000gから食べたい量を選べる「県産和牛入り本格ハンバーグステーキ(950円~)」は、デミグラスソース、黒カリーソースなど4種類のソースで味わえる人気メニュー。

新看板定食として売り出し中のメニューは「レア牛カツ定食 1,200円」。食べ応えばっちりの分厚い牛の赤身を油で揚げた牛カツで、ほどよく“レア”の部分が残っているのがおいしさの秘密。わさびと和風タレでいただきます。

また、洋食中心のメニューの中で、ひそかな人気を集めているのが「沖縄そば 600円」。魅力的なメニューが多くて、なかなか沖縄そばをチョイスしにくいですが、生麺からゆで上げる麺とあっさりした鰹出汁が最高においしいと評判の味です。大人数で行って、色々なメニューをシャアして食べるのもいいですよ。

「食堂ぬーじボンボンZ」
【住所】沖縄県那覇市楚辺276
【営業時間】12:00~15:00、18:00~24:00 第1月曜、毎週火曜定休

新オープンのおしゃれ食堂「食堂 faidama」e52b550ed573c627ddff298cfb58fac0_s

 

2016年4月にオープンしたばかりの那覇市松尾にある「食堂 faidama(ファイダマ)」。石垣島出身のご夫婦が切り盛りする見た目もオシャレな食堂で、女性のおひとりさまでも入りやすいお店です。店名の“ふぁいだま”は、石垣島の言葉で「くいしんぼう」の意味なんだとか。

定食は、「お肉の定食 1,200円」、「お魚の定食 1,200円」、「野菜&スープの定食 950円」、「八重山そばとピパーズジューシー定食 900円」の4種類。ピパーズジューシーは、八重山そばには欠かせない香辛料ピバーズのジューシー(炊き込みご飯)のこと。お肉、お魚定食には、県産野菜などを使った3種の前菜とごはん、汁物がついています。

ある日のお魚定食のメニューは「メカジキのバターソテー」。バターでしっとりと焼き上げたメカジキにマスタードとネギのソースがかかっています。

お肉定食は、沖縄が誇るブランド豚肉“紅豚”のロースカツ、野菜&スープの定食は、県産ひじきとオーナーのお父さんの畑で採れた春菊のサラダ&黒島産アーサ汁。オープンしたてのお店なので、今後どんな、メニューを出してくれるのか楽しみです。

「食堂 faidama」
【住所】沖縄県那覇市松尾2-12-14
【営業時間】11:00~19:00 月曜・火曜定休

島やさいを召し上がれ「島やさい食堂てぃーあんだ」

中頭郡読谷村の都屋漁港の近くにある「島やさい食堂てぃーあんだ」。沖縄の野菜をいっぱい使い、手の込んだやさしい味わいの料理を温かみのある“やちむん”の器でいただけます。

ランチメニューは、4種類。県産豚のラフテーがメインの「くぇーぶー定食 1,350円」、その日の新鮮な魚をメインにした「いまいゆ定食 1,350円」、旬の野菜の天ぷらをメインにした「あかばな定食 1,350 円」など。

各定食には、玄米ごはん、汁碗、香の物、にんじんシリシリなど島野菜の小鉢3種、もずく酢、クーブイリチー(昆布と豚肉の炒め煮)、甘菓子がセットになっていて、栄養バランスも最高です。

お造り、魚料理、ラフテーすべて楽しめる「てぃーあんだ御膳2,000円」は、玄米ごはん、汁碗、香の物、ジーマミー豆腐、島野菜の小鉢2種、もずく酢、クーブイリチー、甘菓子がついて、栄養もボリュームも満点の贅沢メニューです。

民家を改装して作ったお店なので、座敷席もあって、のんびりくつろげます。

「島やさい食堂てぃーあんだ」
【住所】沖縄県中頭郡読谷村都屋448-1
【営業時間】11:00~16:00、18:00~21:00 木曜定休

食堂は副菜も魅力

定食メニューの多い食堂は、メイン料理に添えられる小鉢料理も魅力。多いところでは3~4品も地元産の野菜や豆腐を使った郷土料理を副菜として出してくれます。今回ご紹介したものでいうと、クーブイリチーやにんじんシリシリ、島豆腐、ジーマミー豆腐など。少しづつ、沖縄の味を楽しむことができるので、副菜付きの定食を選ぶのもおすすめです。

スポンサーリンク

Check Also

d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_s

那覇市からすぐ!南風原村周辺の絶品居酒屋5選

沖縄の中心、那覇市のお隣「南風 …