Home / 沖縄観光 / 本土にはないアノ桜を鑑賞しよう!一年中暖かい沖縄でお花見はいかが?
0

本土にはないアノ桜を鑑賞しよう!一年中暖かい沖縄でお花見はいかが?

毎年、春の気配が訪れるとともに、テレビで流れる“桜前線”の情報。日本で最も早く桜の開花を知らせてくれるのは、沖縄県北部。沖縄の桜前線は、北から南へと南下していく珍しいものです。沖縄本土・久米島・石垣島など意外にも、台湾・中国南部などに生息しています。今回は、この沖縄の桜や珍しいお花についてご紹介。ぜひ、沖縄旅行の参考にどうぞ。

沖縄に咲く美しい花々で、お花見はいかが?

沖縄の花と言えば、1年中咲き誇る「ハイビスカス」が代表。しかし、沖縄の花はハイビスカスだけではありません。ご想像の通り、沖縄には本土にはない種類の木や花がたくさん。亜熱帯地域だからこそ生きられる古来の植物や、古く貿易が盛んであった時代に持ち込まれた、中国・東南アジア由来の植物が生息しています。

今回は、思わずお花見に出かけたくなる、美しい花々を厳選してご紹介。咲く時期に合わせて、花巡りをする沖縄旅行も素敵ですよ。

寒緋桜

1

出典:ヒカンザクラ(緋寒桜) – 沖縄事典 あじまぁ

沖縄に生息する桜、「寒緋桜(カンヒザクラ)」。毎年1月、沖縄本島の北部地域から開花し始め、次第に前線が南下。最後には2月頃、那覇市や八重瀬町などの沖縄南部地域で開花します。ソメイヨシノと比べると、濃いピンク色をし、一重咲の花は小さく可愛らしい姿をしているのが特徴。桜というよりも、“梅の花”に似た印象を受ける桜です。

しかし、ソメイヨシノなどの下で行う“お花見”は、沖縄では見かけません。寒緋桜の時期には各地で「桜祭り」が行われますが、レジャーシートを敷いてお酒を飲む風習は無く、歩きながら花を愛でる“お花見”が主流です。沖縄のお花見スタイルをぜひ、真似してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

デイゴの花

2

出典:flickr

沖縄の有名な歌詞にも登場する「デイゴの花」。デイゴは沖縄県の県花でもあり、日本では沖縄でしか見られない貴重な植物です。このデイゴの花が咲き乱れるのは、春~初夏。穂状に開く真っ赤な花びらが特徴で、桜のように満開になるとは限りません。また、デイゴの花が見事に咲き乱れると、台風の当たり年になる、という古くからの言い伝えがあります。

テッポウユリ

3

出典:flickr

沖縄の初夏を彩る花と言えば、「テッポウユリ」。この花は日本全国で見られる花でもありますが、元来は南西諸島や九州南部が原産。毎年3月~5月頃、沖縄県では自生するテッポウユリが見事な花を咲かせ、ゴールデンウィークには伊江島で「ゆり祭り」が開催されます。真っ白な大輪の花が咲き乱れる姿は、感動を呼ぶ絶景。初夏の訪れを感じるお花見もまた素敵です。

サワフジ

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

出典:flickr

「サガリバナ」「ジンカキーギー」などと呼ばれる幻の花。鹿児島県奄美以南の地域~アジアの国々などに生息し、沖縄では6月~8月にかけて開花します。この花が幻と呼ばれる所以は、“夕方~夜に咲き、日の出と共に散る”性質のため。沖縄県南部の西原町には、樹齢470年にもなる、戦争を乗り越えたサワフジの木が有名で、毎年祭りも開かれています。

サワフジの花言葉は「幸福が訪れる」。夜を徹してでもお花見をしに行く価値のある、まさに“見られたら幸運”のお花です。石垣島、宮古島、西表島など沖縄県各地に生息しています。

沖縄のお花見でおすすめのイベントはこちら!

1月~夏にかけて各地で咲く沖縄の花々。それぞれの花が咲く時期は、街中を歩いていても、ふと咲き誇る花に出会えたりもします。しかし、沖縄へお花見旅行をするのなら、各地で行われるイベントへ出向くのがおすすめ。美しく一面に咲き誇り、夜にはライトアップも実施されるイベントなら、沖縄旅行に“花”を添えてくれます。ぜひ沖縄の花巡りを楽しんでみて下さい。

今帰仁グスク桜まつり

5

出典:第9回 今帰仁グスク桜まつり

沖縄北部、世界遺産である“今帰仁城跡”で開催される「今帰仁グスク桜まつり」。今も残る城壁は、遥か古来に繁栄した今帰仁城に想いを馳せ、その地に咲き誇る“寒緋桜”との見事な調和を楽しめます。開催は毎年1月下旬~2月初旬。昼には特設舞台で伝統芸能を楽しみ、夜には参道を照らすライトアップ「グスク花あかり」を堪能することができます。

今帰仁城跡
開催日程:毎年1月下旬~2月初旬
開催場所:今帰仁城跡(沖縄県国頭郡今帰仁村今泊4874)
問合せ:098-056-2101(今帰仁グスク桜まつり実行委員会)

伊江島ゆり祭り

7

出典:沖縄口コミ・沖縄口コミ!遊び体験ツアー

沖縄北部からフェリーに乗ること30分。尖った三角形をした山「タッチュー」が印象的な離島・伊江島で開催されるのが「伊江島ゆり祭り」。北の海岸沿いにあるリリーフィールド公園で開催され、約90種ものユリが一面に咲き誇ります。ゆり祭り期間中は、園内で様々な催しもあり。島を吹き抜ける風と真っ青な海、真っ白なユリの絶景美を堪能してみて下さい。

伊江村公式ホームページ
開催日程:毎年4月下旬~5月上旬
開催場所:リリーフィールド公園(沖縄県国頭郡伊江村東江上)
問合せ:0980-49-2906(伊江島ゆり祭り実行委員会)

サワフジ祭り

8

出典:沖縄の夏の夜に花咲くサガリバナ|沖縄CLIP

沖縄県の南部地域に位置する西原町。大学やゴルフ場、民家などが立ち並ぶ小さな町に、国の重要文化財である「内間御殿(うちまうどぅん)」があります。この地に古くから生きるのが、樹齢470年のサワフジの木。サワフジ祭りでは、甘い香りを漂わせるサワフジがライトアップされ、明朝には散る儚げな姿を堪能することができます。

サワフジ祭りは広く知られていませんが、まさに沖縄のお花見にふさわしく、その時しか見ることのできないとても貴重なお祭りです。開花時期も6月~8月と、沖縄旅行に最適な時期に合わせて咲くのも嬉しいポイント。ぜひ初夏の沖縄では、少し早起きをしてサワフジを鑑賞してみてはいかがでしょうか。

開催日程:毎年7月頃
開催場所:内間御殿(沖縄県西原町字嘉手苅51-1)
問合せ:098-945-6136(西原町商工会)

ひまわりIN北中城

9

出典:真冬のヒマワリ祭り「第7回ひまわりin北中城」:るるぶ.com

沖縄県中部・北中城村(きたなかぐすくそん)で開催される、日本一早いひまわりのお祭り「ひまわりIN北中城」。沖縄本島全域では、春~初夏頃に咲き乱れるひまわりですが、北中城では1月~2月の冬の時期にひまわりを咲かせます。約40万本ものひまわりが広がる畑は、広大でいて圧巻の景色。まだ北風が吹く沖縄の地が、熱い太陽を浴びて真っ黄色に染まります。

誰もが憧れるひまわり畑は、本土でも各地に点在しますが、誰よりも早く鑑賞できるのは、ここ北中城だけ。冬の沖縄旅行の思い出にもなる、とびきりのお祭りです。

ひまわりIN北中城
開催日程:毎年1月~3月の間 ※ひまわりの開花に合わせる
開催場所:しおさい公苑周辺(沖縄県中頭郡北中城村喜舎場)
問合せ:098-935-2233(北中城村まつり活性化実行委員会)

まだ見ぬ美しい花々。一年中暖かい沖縄でお花見はいかが?

いかがでしたでしょうか。今回は、少し肌寒い冬から初夏にかけて、沖縄で見られる花々をご紹介しました。今回ご紹介したのは、「寒緋桜」「デイゴの花」「テッポウユリ」「サワフジ」と、一面に咲くお花畑を楽しめるイベントの数々。まだまだ沖縄には貴重な自然が残り、知られざる素敵な風景があります。

マリンレジャーや有名観光地に行くことが多い沖縄ですが、沖縄だからこそ生きる植物を見に行くのも、また思い出深い沖縄旅行になります。ぜひ、沖縄で誇る美しい花々を見に、お花見旅行へ出かけてみてはいかがでしょうか。咲く色とりどりの花の通り、沖縄旅行を彩ってくれる素敵な思い出ができますよ。

スポンサーリンク

Check Also

beach-640x330

沖縄北部のおすすめ観光スポット17選と北部のグルメ5選

自然豊かな沖縄北部には、魅力的 …