Home / 沖縄体験 / 沖縄の伝統と触れあおう!沖縄で開催されるお祭り
df1e98dfc342d4565d0ae6a75c6758a2_s

沖縄の伝統と触れあおう!沖縄で開催されるお祭り

沖縄では年間を通して数多くのイベントが開催されています。伝統的なものから自然を楽しむもの、野外ライブ、スポーツの大会など様々です。そんなたくさんのイベントの中から、伝統と触れあえる代表的なお祭りをご紹介します。

スポンサードリンク

ハーリー

df1e98dfc342d4565d0ae6a75c6758a2_s

ハーリーは沖縄に初夏の訪れを告げるとともに、豊漁や航海の無事を祈願するお祭りとして知られています。近年では誰でも参加できる大衆向けのイベントとしても人気となり、ゴールデンウィークに那覇で大規模なレースが繰り広げられます。ハーリーは「サバニ」と呼ばれる沖縄の伝統的な小型漁船を11名程度の乗組員が手で漕ぎスピードを競いあいますが、ハーリーの種類によって船の大きさやレースの種類も異なります。

那覇ハーリー

毎年ゴールデンウィークの3日間に渡り開催される県内最大規模の那覇ハーリー。レースに使う爬龍船(はりゅうせん)は他のハーリーとは異なり42名も乗る大型のもの。船先に龍頭、船尻に竜の尾の彫り物が飾られた色とりどりの大きな爬龍船も見どころの一つです。
那覇ハーリーではダイナミックなレース観戦だけでなく、一般体験乗船や、メインステージで行われるミュージックラブ、子供たちのエイサー、打ち上げ花火なども楽しめます。

【開催場所】 那覇港新港ふ頭
【開催時期】 5月3日~5日
【問い合わせ】 098-862-1442(那覇市観光協会)、098-862-3276(那覇市観光課)
【URL】
http://www.naha-navi.or.jp/nahahari.html

県内各地のハーリー

■糸満ハーレー
3万人を超える見物客で賑わう糸満ハーレーは、3つの村の対抗戦でそれぞれ村の名誉のために競い合います。他にも、船を転覆させてから漕ぎ出す転覆競漕や、一般参加のアヒル取り競争、スイカ取り競争などユニークな競技も行われています。
(糸満ではハーリーのことをハーレーと呼んでいます)

【開催場所】 糸満漁港中地区
【開催時期】 6月頃(旧暦5月4日)
【問い合わせ】 098-992-2011(糸満ハーレー行事委員会)
【URL】
http://www.city.itoman.lg.jp/kankou-navi/docs-kankou/2013020109750/

■奥武島海神祭
本島と奥武島を結ぶ橋のたもとで行われるレースには、例年大勢の見物客が訪れ会場は熱気に包まれます。漕ぎ手が橋から海を目がけて飛び込み、船に乗り込む「流れ船」は迫力満点です。

【開催場所】 奥武島漁港内
【開催時期】 6月頃(旧暦5月4日)
【問い合わせ】 098-948-7190(奥武公民館)
【URL】http://www.city.nanjo.okinawa.jp/about-nanjo/movie_ja/2012/02/post-96.html

■港川ハーレー
糸満の漁師たちが港川に移り住み開催するようになったため、糸満と同じくハーレーと呼んでいます。ハーレーで熱い戦いを繰り広げた後には、県内各地から力自慢が集まる「全島角力大会」(沖縄相撲)で盛り上がります。

【開催場所】 港川漁港
【開催時期】 6月頃(旧暦5月4日)
【問い合わせ】 098-998-2261(港川漁業協同組合)

■嘉手納ハーリー
沖縄本島で2番目に大きなハーリーで、職域ハーリー、女性ハーリー、子供ハーリーなど多くのチームが参加し熱戦が繰り広げられています。

【開催場所】 嘉手納漁港
【開催時期】 6月頃(例年旧暦5月4日前後の日曜日)
【問い合わせ】 098-956-6222(嘉手納町漁業組合)

■石垣市爬竜船競漕大会
石垣島最大のハーリーで、女性によるマドンナハーリーも人気です。クライマックスの上がりハーリーでは、プライドをかけ船を漕ぐ勇姿にくぎ付けになります。

【開催場所】 石垣漁港
【開催時期】 6月頃(旧暦5月4日)
【問い合わせ】 0980-82-2448(八重山漁業協同組合)

エイサーまつり

0ea2b4ba77b94a08b62458688f13db16_s

沖縄の夏の風物詩エイサーまつりは、日本各地でも開催されているのでご存じの方も多いと思います。エイサーは本土の盆踊りにあたる伝統的な文化のひとつです。

隊列は先頭に大きな旗を振る旗頭、大太鼓、締太鼓、イキガモーイ(男手踊り)、イナグモーイ(女手踊り)と続きます。隊列を整える役割を果たしながらも、観客を盛り上げる道化的な役目をするサナジャー、民謡やエイサー節を歌いながら三線(沖縄三味線)を演奏する地方・地謡(じかた・じゅうてい)も無くてはならない存在です。大人数の隊列でそれぞれが違った役割を持ちつつも、一糸乱れず踊る姿に胸を打たれることでしょう。

沖縄全島エイサーまつり

エイサーのまち沖縄市で最も盛大に行われるお祭りで、この日のために沖縄全島から多くの団体が集まります。広々とした陸上競技場で舞うエイサーは圧巻です。フィナーレは観客も広場で出場者と一緒にカチャーシーを踊り、ヒートアップしたところへレーザーショーと打上花火の大乱舞。見事な演出に会場も歓喜の渦。開催期間中は夜遅くまでにぎわいます。

【開催場所】 コザ運動公園陸上競技場(中日、最終日)、胡屋十字路周辺(初日)
【開催時期】 8月下旬~9月上旬頃(旧盆明けの最初の週末)
【問い合わせ】 098-989-5566(沖縄市観光物産振興協会)
【URL】http://www.zentoeisa.com/

那覇一万人のエイサー踊り隊

沖縄で最も有名な「国際通り」で開催され、観光客も多く訪れる夏祭り。国際通りを埋め尽くすエイサー隊、間近で見るダイナミックな踊りや太鼓を叩くバチさばきに、暑さも忘れ見とれることでしょう。

【開催場所】 国際通り
【開催時期】 8月
【問い合わせ】 098-863-2755(那覇市国際通り商店街振興組合連合会)
【URL】
http://kokusaidori.jp/event/event_2/event_2.html

沖縄旅行の思い出に

今回ご紹介したハーリー、エイサーまつり、どちらも歴史ある伝統的なお祭りですが誰もが楽しめる内容です。沖縄旅行の思い出に、時期を合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

concert

民謡居酒屋の次はクラブで楽しむ夜の沖縄!おすすめクラブ5選

あなたは、沖縄旅行の夜はどのよ …