Home / 沖縄体験 / 沖縄のお酒「泡盛」を楽しむ!初心者から玄人まで、ステージ別おすすめ泡盛
ryukyu-glass-738800_1280

沖縄のお酒「泡盛」を楽しむ!初心者から玄人まで、ステージ別おすすめ泡盛

ryukyu-glass-738800_1280

沖縄のお酒といえば泡盛。これまでに飲んだことはなくても名前なら聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

初めて泡盛に挑戦してみたいけれどどの銘柄が良いのかわからない、泡盛は飲んだことがあるけど他の銘柄も味わってみたい…そんな方におすすめできる銘柄を初心者向け、玄人向けにご紹介します。

スポンサードリンク

泡盛とは?

 

7287b33def3eb82fff5650e9282c0d34_s

まずは泡盛の基本知識を簡単にご紹介します。

泡盛とは、焼酎のルーツとも言われる日本国内最古の蒸留酒。

タイ米と水が原料で、日本酒や焼酎とは異なり黒麹を使用していることが特徴です。(タイ米は水を吸いにくく、この特徴が麹菌の繁殖に適しているそうです。)

平均アルコール度数は25〜30度。日本酒の平均アルコール度数が15〜16度、焼酎が20〜25度なので、泡盛のアルコール度数はかなり高めであることがわかります。

また、3年以上貯蔵された泡盛は「古酒(クース)」と呼ばれ、熟成されることによってまろやかで、甘い香りを醸し出すようになります。

泡盛の飲み方としては、水割り、ロック、炭酸割り、お湯割り、カクテルがありますが、沖縄では水割りで飲むのがスタンダードです。

泡盛のメリット

お酒というと、どうしても健康に良くない、ダイエットの敵といったイメージが強いのではないでしょうか。

実は、泡盛はこの点において優れており、他のお酒に比べてヘルシーな特長があります。ここではダイエット面と健康面で泡盛が持つメリットをご紹介します。

泡盛はダイエットの味方

泡盛は本格焼酎同様、糖質・脂質が少なく、同じ度数の他のお酒に比べて低カロリーです。

例えば、同じアルコール度数の日本酒と1:1の水割りにした泡盛のカロリーを比較すると、以下の通り泡盛のほうが44kcal少ないことがわかります。

  • 日本酒15度 100mlあたり:103kcal
  • 泡盛30度:水=1:1 15度 100mlあたり:59kcal

もちろん、たとえカロリーが低くても飲み過ぎてしまったら意味が無いですが、このカロリーの差が積み重なっていくことを考慮すると、泡盛はダイエットの味方になるお酒だと言えるのではないでしょうか。

参考:泡盛百科 泡盛は低カロリー

泡盛は血液をサラサラにする?

ダイエット目的以外に健康面でも泡盛にはメリットがあります。

泡盛を飲んだ時には、他のお酒を飲んだ時よりも凝固した血液を溶かす因子(線維素溶解酵素)であるプラスミンの量が増えるという研究報告がされています。

つまり、泡盛には適度な量を飲むことにより、血液がサラサラになり血栓症(脳梗塞、心筋梗塞など)を防ぐ効果があると言えます。

参考:泡盛百科 血栓を溶かす泡盛の効能

ただお酒を楽しむだけでなく、同時に健康効果も得られるなんてお得ですよね。

初心者におすすめの泡盛

 

a1020_000004

アルコール度数の高さから初心者に挑戦しにくいイメージのある泡盛ですが、たくさんの銘柄があり、初心者でも飲みやすいものが見つかります。

ここでは初心者におすすめのクセが少なく、軽やかな飲み口の泡盛をご紹介します。

残波ホワイト25度(比嘉酒造)

「残白(ザンシロ)」の愛称で親しまれている、沖縄では圧倒的な人気の泡盛です。モンドセレクションで6年連続金賞を受賞。

泡盛特有のクセが無く、すっきり軽めで飲みやすいです。

アルコール度数が30度の残波ブラック(ザンクロ)もあるので、ザンシロに慣れてきた方はこちらに挑戦してみても良いかもしれません。

製造元:比嘉酒造
商品紹介ページ:http://www.zanpa.co.jp/goods/index.html

琉球泡盛ender(瑞穂酒造)

 
東京農大短期大学酒類学研究室と共同開発により、業界初の天然吟香酵母を使用した泡盛。華やかな吟醸の香りとソフトな口当たりが特徴でロックでも飲みやすいです。度数は25度。涼しげな瓶も可愛くて女性でも手に取りやすいです。

製造元:瑞穂酒造
商品紹介ページ:http://www.mizuhoshuzo.co.jp/shopping/ender/

南光マイルド(神谷酒造)

 
アルコール度数25度、素朴でやさしい味わいが特徴で、かすかにバニラのような甘みを感じます。30度のものもあるので、泡盛を飲み慣れている方はこちらを挑戦しても良いかもしれません。

製造元:神谷酒造
商品紹介ページ:https://www.e-awamori.co.jp/shop/detail.php?id=KY24

琉球王朝マイルド25度(多良川)

 
人気泡盛「琉球王朝」のマイルドタイプ。度数を抑えてより飲みやすくなっています。5年古酒をベースに独自のブレンドで仕上げた泡盛です。

製造元:多良川
商品紹介ページ:http://taragawa.shop-pro.jp/?pid=15040329

玄人におすすめの泡盛

 

e83303cb3c7885bbab53b46f2929e547_s

次に、泡盛を飲み慣れている方、初心者向けの泡盛は制覇したのでさらにこだわりの銘柄に挑戦したい方におすすめの玄人向け銘柄をご紹介します。クセは強いですが、一度好きになればハマってしまう泡盛独特の香りを持った銘柄、離島で生産されるこだわりの銘柄が多いです。

春雨カリー(宮里酒造)

 
カリーとは、めでたいこと、縁起の良いことを指す沖縄の方言。2-3年熟成の泡盛で、深みの中にバニラのような香りがあります。30度の度数が気にならないほど口当たりが柔らかいです。

製造元:宮里酒造
商品紹介ページ:http://www.okinawa-awamori.or.jp/product.php?id=94

久米島の久米仙ブラウン

 
久米島の久米仙シリーズの代表格である「ブラウン」。3年古酒が20%ブレンドされており、豊かで爽やかな香りとまろやかでコクのある味わいに仕上がっています。アルコール度数は30度。

製造元:久米島の久米仙
商品紹介ページ:http://www.k-kumesen.co.jp/?page_id=56

於茂登(高嶺酒造)

 
於茂登(おもと)は石垣島にある高嶺酒造の代表銘柄。ソムリエ田崎真也さんのお薦めの焼酎5本の中に選ばれ、「シロップのようなまろやかさ」だと表現されました。アルコール度数は30度。

泡盛独特の香りは強めなので、泡盛好きな人、飲み慣れている人におすすめです。

製造元:高嶺酒造
商品紹介ページ:http://www.awamoriya.com/shop/detail.jsp?mode=code&val=430004

白百合 30度(池原酒造)

 
爽やかな香りとまろやかで甘い味わいが特徴。石垣島の家族経営の蔵元によって製造されています。泡盛独特の香りが強い上級者向けの銘柄ですが、一度飲めば癖になる味わいです。

製造元:池原酒造
商品紹介ページ:http://www.awamoriya.com/shop/detail.jsp?mode=code&val=430004

お気に入りの泡盛を見つけましょう

 

c1d03a5fa63a460ec74e48fc2f4d02e0_s

初心者でも飲みやすい泡盛、泡盛を飲み慣れた人におすすめの玄人向けの泡盛をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

沖縄出身の方以外にはなかなか馴染みが薄いですが、他のお酒に比べて健康面やダイエット面でもメリットがあり、一石二鳥効果のある優秀なお酒です。

また、たくさんの銘柄が存在することもあり、どれから手を出すべきかわからなかった方も今回ご紹介した初心者向けの銘柄を選ぶことで気軽に泡盛を楽しむことができるかと思います。

これまでに泡盛を飲んだことはあるけどクセが強くて苦手だった…という方も、もし前回飲んだ泡盛が上級者向けの銘柄であったのであれば、ぜひ次回は初心者向けの銘柄にトライしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

%e4%bc%8a%e6%b1%9f%e5%b3%b6

伊江島でとことん体験しよう!伊江島の魅力的な体験観光

「せっかく沖縄に来たのだから観 …