Home / 沖縄グルメ / 地元の方のおすすめ!沖縄の定番おやつ
沖縄 物/お土産 ビーチ 琉球ガラス

地元の方のおすすめ!沖縄の定番おやつ

ちんすこうやサーターアンダギーを初めとする“沖縄のおやつ”。これらはお土産品としてもよく知られていますが、地元の方が食べているおやつには、他にもたくさんの種類があり、沖縄県内のスーパーを覗けば、まだ見たことのないお菓子に必ず出会えます。

今回は、地元でおすすめしたい沖縄の定番おやつをご紹介します。

スポンサードリンク

沖縄のスーパーで買える!定番おやつ

c3dffa000636caad05dd9f2615e24c1e_s

沖縄県内のスーパーといえば、24時間営業の「ユニオン」や「サンエー」「かねひで」、近年では“琉球イオン”が展開するイオン系列のスーパーなど、地域密着型のスーパーがあります。どのスーパーも沖縄に特化した食品が並び、本土では見たことのない珍しい商品と出会えることも。

どのスーパーでも、お菓子コーナーには沖縄県ならではのおやつが置いてあり、手軽に買うことのできる定番おやつがたくさん。今まで聞いたことのないネーミングのおやつは、思わず興味を惹かれてしまいます。沖縄に来たらぜひ食べて欲しい、定番のおやつを5種ご紹介します。

タンナファクルー

“玉那覇さんの黒いお菓子”という意味をもつ「タンナファクルー」。時は明治、琉球王朝の首都であった首里で、菓子店店主・玉那覇(たまなは)さんが黒い菓子を考案したことから、この名が付いたといわれています。(※玉那覇さんの肌が黒かったという説もあり。)現在も玉那覇さんの氏族が経営する「丸玉製菓」や、他メーカーでも作られています。

沖縄の伝統菓子「タンナファクルー」は、沖縄黒糖、小麦粉、砂糖などを練り込み、ふっくらと焼き上げる昔懐かしい味わい。初めてでもどこか懐かしさを感じるのは、シンプルな材料だけを使った素朴な味わいだからこそでしょう。

ポーポー

国民の祝日「子供の日」は5月5日ですが、今も旧暦行事を大切にする沖縄では、旧暦5月4日(例年6月頃)に「子供の日」に相当する「ユッカヌヒー」が行われます。そこへ登場するのが「ポーポー」。仏壇などにお供えし、子供の健やかな成長を願うために作られています。

ポーポーは、沖縄風クレープの一種。小麦粉から作るもちもちの生地を焼き、油味噌(肉味噌)を塗り、くるくると巻いて片手で食べられる料理です。ユッカヌヒーで食べられるのがメインですが、スーパーなどでは日常的に作られていたりしますよ。

ちんぴん(ちんびん)

ご紹介したポーポーと肩を並べて比較されるのが「ちんぴん」。くるくると巻かれた見た目が非常にそっくりな上、小麦粉・黒糖から作り、色合いも似ているため、見た目から判断しにくいほど。元来、ポーポーは伝統的な料理、ちんぴんは黒糖入りの甘いお菓子として、広まりました。ちんぴんもポーポーと同じく、ユッカヌヒーに食べられています。

甘いおやつとして食べたいならちんぴんを、甘くない塩気のあるおやつを食べたいならポーポーを選べば間違いありません。ただし、ちんぴんを「黒ポーポー」などと呼ぶこともあり、さらにスイーツ化したポーポーもあるそうなので、購入前に確かめてくださいね。恩納村にある琉球村では、ポーポー屋でポーポーを食べることができますよ。

アガラサー

沖縄の祝い事のおやつといえば、“蒸す”という意味をもった「アガラサー」。これは、黒糖の練り込まれた蒸しパンです。もちっとした食感で、黒糖入りのものが「黒糖アラガサー」と言われますが、ほぼ黒糖が入ったものが流通しており、アガラサーといえば黒糖入りと思っても良いほどです。

ポーポーやちんぴん、このアガラサーは、家庭でも簡単に作れるミックス粉が販売されているほど、沖縄でも定番のおやつです。さらに、個包装のアガラサーは、ユニオンやサンエー各店で販売されています。おやつとして食べるには丁度良く、気に入ったらミックス粉をお土産にしても良いですね。

アンダカシー

不思議な名前の付いた定番おやつ「アンダカシー」。ネーミングからは“甘いお菓子”を想像しますが、実は沖縄料理に欠かせない“豚”を使ったお菓子です。豚のお菓子といえば、“ミミガー”がお土産品としてもよく知られていますが、アンダカシーはラードを作る際に残った豚の皮(脂)を使ったお菓子。

噛むたびに脂がじゅわっと滲みでてくるため、お酒のおつまみに最適!おやつとして食べるには少し脂っこいかもしれません。泡盛と一緒に、酒の肴として召し上がってみては?

1年中餅がある沖縄!お餅のおやつとは?

サトウキビ畑

定番のおやつ以外にもおすすめしたいのは、沖縄の伝統行事で欠かせない、お餅を使ったお菓子。その時期になれば、どこのスーパーもこぞってお餅を宣伝するほど、沖縄とお餅は切っても切れない縁があります。見かけたらぜひ食べてみて欲しい、沖縄限定のお餅をご紹介します。

ウチャヌク

真っ白なお餅を三段重ねにした「ウチャヌク」。旧暦12月24日は火の神が天へ渡り、その年家庭で起こった出来事を神様に報告する日です。それを「御願解き」といい、火の神の周りを掃除し、お供え物をするのが習わしです。このお供え物として登場するのが「ウチャヌク」。味のついていないシンプルなお餅だけに、お供え物としての要素が高いお餅です。

ウチャヌクは、御願解きの近い冬の時期になると、スーパーなどで見かけます。冬の沖縄を楽しむなら、この時期にしかないウチャヌクを探してみても良いですね。ぜんざいに入れたり、お雑煮風にしたり、みたらしタレをかけたりと、色々な食べ方ができます。

ナントゥー

お正月の定番料理である「ナントゥー」。沖縄の正月はお雑煮ではなく、このナントゥーを食べるのが習わしです。もち米に赤味噌、島胡椒を練りこんだお餅は、わらび餅のような、はたまたういろうのような食感。スーパーよりも、沖縄各地域に点在するファーマーズマーケットなどで手に入れることができます。

ファーマーズマーケットは、基本的にはその土地で採れた野菜やフルーツなどを販売していますが、地元の方の手作りお菓子なども販売しています。今や定番のおやつとして親しまれている伝統菓子は、ファーマーズマーケットを覗いてみることをおすすめします。

ムーチー

独特な香りが好き嫌いを分ける「ムーチー」。鬼餅とも記されるムーチーは、沖縄版鬼退治の逸話が残されています。気になるお味は、砂糖などで味をつけた餅粉を月桃の葉で包み、丁寧に蒸しあげて作る伝統的なお菓子。この月桃の葉が独特の香りを生み出すため、サンニン(月桃)の香りがダメという沖縄人も多いのです。

その香りの強さといえば、スーパー店内に充満するほどで、ムーチーを食べる旧暦12月8日になると、独特な香りをどこかしらで楽しめます。ナントゥーと同じく、季節でなくともファーマーズマーケットで購入することができますよ。

おすすめしたい!沖縄の定番おやつ

030bc49c656bc8113e3d4dca4f06b813_s

いかがでしたでしょうか。今回は、沖縄では定番の人気おやつをご紹介しました。ちんすこうなどお土産の定番品も素敵ですが、ちょっと変わった独特なお菓子を楽しんでみるのもオススメです。この土地で古くから親しまれてきたお菓子を、旅行でもぜひ味わってみて下さい。意外とハマってしまうものがあるかもしれません!日持ちするお菓子は、お土産にも最適ですよ。

スポンサーリンク

Check Also

mango_cut

沖縄のマンゴーを美味しく安く食べるための方法を指南します!

マンゴーといえば、宮崎のものが …