Home / 沖縄グルメ / 南の島の味、オキナワパンケーキのご紹介
0648463d748dcebaec3d6d831f276501_s

南の島の味、オキナワパンケーキのご紹介

沖縄の有名なたべものといえば!サーターアンダギー、ゴーヤチャンプルー、紅芋タルトやタコライスなど様々なものが出てきますよね?ですが、一般的には有名ではないですが、美味しいと言われ密かに楽しまれている食べ物があるのをご存知ですか?

何を隠そうその食べ物というのは、最近巷のカフェなどでも、美味しいと話題になっているあの食べ物でした。前なにかおわかりですよね?そう!それはパンケーキだったのです。

では、沖縄のパンケーキを紹介する前に、パンケーキについて知っておきたいと思いませんか?ということで、まずはパンケーキについてご紹介いたします!

スポンサードリンク

そもそもパンケーキって何?

0648463d748dcebaec3d6d831f276501_s

パンケーキは、小麦粉や卵、砂糖や牛乳、水に加え、ベーキングパウダーなどを混ぜて、フライパンで両面を焼きあげた料理です。

英語圏などではよくパンケーキと呼ばれていますが、アメリカではホットケーキとも呼ばれているようです。何が違うの?と思う方もいらっしゃるかも知れません。違いというのはほとんど無く、あるのはパンケーキ自体の厚みがホットケーキの方が少し厚いということだけです。

パンケーキのパンというのは、食べ物から来ている訳ではありません。パンケーキのパンは、平鍋を意味しています。つまり、フライパンのパンです。平鍋で作っているので、その作り方に由来して、パンケーキと名付けられたんですね!

パンケーキってどうやって出来てるの?

d4818f570f4404c31b56f5d2975af06c_s

小麦粉に砂糖や水または牛乳に、ベーキングパウダーを加えたものを生地として用いる場合が多いです。日本では基本的にお菓子のように少し甘めの配合を

していますが、塩やバターなどで油脂を加える場合もあります。

食べる時には、バターやはちみつ。メープルシロップやチョコレートソースなどの甘いものをかけて食べることが多いです。

日本では甘いおやつのような感覚で提供されていることがほとんどですが、多くの国やほかの地域などでは、ソーセージやベーコンに加え豆類やスープなどと一緒に提供されることが多いです。朝食替わりに食べることがほとんどみたいですね!

パンケーキの歴史

a72f78fa819940e726501ea3e1df44ee_s

英語圏では、かなり昔から脂の火曜日と呼ばれている日にパンケーキを食べる習慣があります。そのために、この日をパンケーキの火曜日と呼ばれています。ヨーロッパでは、早春の行事にパンケーキが関係していることが多いそうです。

日本では明治30年代に雑誌で紹介され、現在と同様のホットケーキのようなどら焼きが誕生したと言われています。

いままでパンケーキについて紹介してきました!では、これから沖縄のおすすめのパンケーキを紹介していきたいと思います!

本土とは違う?!沖縄パンケーキ!!

4b3f38c0c7cce1c756f2103990134a5a_s

なんと、沖縄県内には、専門店を含めてパンケーキを提供しているお店が山ほどあります。パンケーキはもともとハワイでは朝食として食べられていました。そのために、アメリカの文化が入り交じっている沖縄でも、朝食として食べられることもあるそうです。

まさに今起こっているパンケーキブームの以前から営業しているパンケーキ専門店から新しく出来たお店も含め、本土に負けないほど多くのパンケーキ店やパンケーキの種類があります。

そんな数多くあるパンケーキの中から、食べても絶対に損しないパンケーキを集めてみました!

ヤッケブース

沖縄の中部にある初の沖縄パンケーキの専門店です。2008年にオープンをしてから、沖縄の地元の人はもちろん本土からの旅行者にも人気があるお店です。

生地にはバターミルクを配合しており、もちもちの食感で、ほんの少し塩気をはらんでいる美味しさです。

店舗は外国人の住宅を改装しており、抜群にいい雰囲気を醸し出しています。お店の前に、約3台分ほどの駐車場があるのですが、ひとつ筋違いの道沿いには20台停められるほどの駐車場もあります。

少しアクセスが悪く、分かりにくい場所に立地していますが、食べれば必ずあな

たの記憶に残りますよ!

パンケーキハウスバニラニ

パンケーキブロガーとして有名な、パチコさんが2012年にオープンさせたパンケーキ専門店パニラニ。観光客はもちろん現地の外国人にもとても好評なパンケーキ屋さんです。

そんなあらゆる人達から愛されるパンケーキはバターミルク配合のもちもち食感がウリのパンケーキです。パンケーキ専門店と言っているだけあり、パンケーキの量はとても多いのです。

その中でも必ず食べて欲しいものがナッツナッツパンケーキというパンケーキです。熱々なソースに香ばしい香りのするパンケーキは相性抜群です。

ですがこちらのパンケーキは、数量限定のため、比較的混まない時間帯である午前中がベストでしょう。さらには、朝7時から開店していて、予約サービスもあ

るので旅行者の方からしたらかなり嬉しいですね!

C&C BREAKFAST (シーアンドシーブレックファスト)

2014年にオープンしたばかりのC&C BREAKFASTは国際通りから牧志公設市場に入った所にあります。ハワイの朝食カフェとして数多くの観光客に愛されています。

パンケーキ以外にも、島豆腐やフレンチトーストなどのフードメニューもあり、それらと同じくらいの人気を誇っているのがここのパンケーキです。沖縄では割と珍しいメレンゲをたっぷり使用したふわっふわなパンケーキです。

種類は二種類あり、プレーンやフルーツがたっぷり装飾されたフルーツスペシャルがあります。フルーツはトッピング可能で、二種類あるソースを選べますよ!

他にも、沖縄ではここであっても、ここ以外では見たことのないグァバボウルと

いうものもあります。

カフェかふぅ

こちらも2014年にオープンされた比較的新しいお店です。沖縄らしいパンケーキが食べられるというのがこのお店の特徴でしょう。

たとえばジャーマンケーキにインスパイアされた、ジャーマンパンケーキ。さらには、沖縄でよく食べられるアオサを生地に練り込んだパンケーキなどもあり、沖縄に来たことを再確認させてくれるパンケーキ屋さんです!

さらには、季節ごとに取れるパシッションフルーツやパイナップルなどの季節限定のパンケーキも人気であり、ここでしか食べられないパンケーキが揃っています!

ハワイアンカフェダイニングKOA

こちらのお店では、三種類のロコモコや琉球在来種のアグー豚の血を約50%以

上引いている「あぐー豚」のハンバーグなどとても美味しそうな食べ物が揃っていますが、ここでオススメされるのがモーニング限定で食べられているパンケーキです。

パンケーキは二種類あり、メインのオリジナルパンケーキと、パンケーキプレートがあります。オリジナルパンケーキは、いわゆるプレーンパンケーキと呼ばれるもので、バターとメイプルでシンプルにいただけます。

パンケーキプレートには、パンケーキの他に、ミートや卵、ポテトなどまでがついていて、さらには、大盛りサラダとスープまでがついています。

こちらも沖縄ではかなり珍しいふわふわなタイプであり、練り込まれたチーズがとても香ばしい味わいをしています。濃厚で塩気を持っているパンケーキはモーニングでしか食べられませんが、食べる事は必須ですよ!

まとめ

沖縄で今人気な沖縄パンケーキについてご紹介させていただきましたが、どうでしたでしょうか?食べたくなったものもあるのではないですか?ぜひ沖縄を訪れた際は食べてみてください!きっとまた食べたくなるでしょう!

スポンサーリンク

Check Also

pineapple

パイナップルハウスで沖縄特産のパイナップルを堪能しよう!

沖縄といえばトロピカルフルーツ …