Home / 沖縄ホテル / ホテルより快適!沖縄のペンション8選
1jpgリゾートホテル

ホテルより快適!沖縄のペンション8選

沖縄で旅行することを考えると、一般的には大手旅行サイトなどからホテルと航空券を予約するかもしれません。しかしもしあなたが、沖縄をより深く満喫したいと考えているなら、ペンションの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

何故なら沖縄のペンションは隠れ家的に雰囲気が抜群に良いところが多く、ホテルでは味わえない趣が感じられる可能性が高いからです。そこで今回はホテルよりも快適な沖縄のペンションを厳選して紹介します。

スポンサードリンク

2jpgリゾートホテル1

①南城市で泊まるなら「海座 kaiza」

この南城市にある海座は、通常のホテルのように何組みも泊まれるところではありません。なんと宿泊できるのはたったの1日4組迄。その希少性だけでも心が動くところもありますが、その特徴はペンション名にも表されるような海の風景です。

また最新のホテルであれば備え付けられていて当たり前の電化製品もほとんどありません。そういった環境を不便だと感じる方にはこのペンションには向いていないかもしれません。しかし何故あえて電化製品をほとんど備えていないのか、その意味が分かる、感じられる人には最高の環境となることは間違いありません。

ほとんどの電化製品は少なからず電磁波を発しています。更に電化製品が無いことで、より風や海の匂いを感じ、空間を満喫することができるのです。海座は都会の喧騒を忘れる為にも、最適なペンションの一つと言えるでしょう。

②沖縄でプライベートリゾートを楽しむなら「やんばるロハス」

やんばるロハスは名護市内からも1時間でアクセスできるプライベートリゾート。自然だけでなく、なんと馬も満喫できるという特徴があります。この「やんばるロハス」に宿泊したい場合は、かなり早めからの予約が欠かせません。

何故なら宿泊客は1日2組限定だからです。またプライベートリゾートでありながら低価格なところも魅力の一つです。シーズンにもよりますが、スイートルームを選んでも、大人一人の金額が1万円代で泊まれる可能性があります。リーズナブルな料金設定もこの「やんばるロハス」の魅力です。

③宜野湾市でゲストハウスを探すなら「PIECE OF WAVE」

宜野湾市でヨーロッパ風の雰囲気が味わえるゲストハウスと言えば、「PIECE OF WAVE」です。ゲストハウスの魅力は良心的な価格設定ですが、この「PIECE OF WAVE」の魅力はそれだけではありません。このゲストハウスは住居のような気分で滞在できる、という特徴があるのです。

つまりプライベート感がしっかりと確保されたゲストハウスということです。仕事で長期的な休みが取得できた際にゆっくりと滞在する場所として選んでもいいかもしれません。長期滞在で気持ちを整理したい場合等もオススメです。特にヨーロッパ風のおしゃれなインテリアや空間を味わいたい場合は要チェックの宿泊所です。

④星空を楽しめるペンション「ハナムロ・イン阿嘉島」

海を中心した自然だけでなく、星空も楽しめるのがこの「ハナムロ・イン阿嘉島」。阿嘉島と言えば、沖縄の座間味村の中でも2番目に人口が多く人気がある島です。その大自然の美しさは雑誌で特集されることも少なくありません。

そしてこの「ハナムロ・イン阿嘉島」の注目すべきポイントはそのアクセスの良さにも特徴があります。フェリーで阿嘉港まで到着したら、なんとそこからは徒歩3分。これだけ港に近いなら、港に着いた時点でもうペンションに到着したようなものですよね。

もしあなたが座間味の大自然を味わいたいなら、「ハナムロ・イン阿嘉島」への宿泊を検討してみてはいかがでしょうか。

⑤浜比嘉島の離島を楽しみたいなら「413はまひが」

edda5b34d88cfc3d4c9e6de52610cd68_s

浜比嘉島は古くからの伝統と自然が感じられる神秘的な島の一つです。若者が騒ぐ島、というよりも長期的に滞在して自然を感じることを目的とする人が多いのも特徴の一つです。

この島にある「413はまひが」は、島の外れの方に佇むようにあるペンションですが、注目すべきはその景色です。目の前に海が広がるペンションからは、朝の海、夜の海、夕方の海、時間帯によって様々な海の景色が楽しめます。「413はまひが」なら、海のエネルギーを感じながら、癒しのひと時を楽しめるかもしれません。

⑥美ら海水族館のすぐ近く!「今帰仁の宿ハイビスカス」

沖縄定番の観光地と言えば、美ら海水族館ですが、この近くにあるペンションが「今帰仁の宿ハイビスカス」です。

この「今帰仁の宿ハイビスカス」の特徴は何といっても古民家風のそのつくりです。鉄筋コンクリートの高層ホテルでは味わえない温かみが感じられることは間違いありません。また予約をすれば、BBQやカラオケも楽しめるので、家族や仲間同士で宿泊する際にも適していると言えるでしょう。

⑦平安座島に宿泊するなら「ラパーチェ」

平安座島

「ラパーチェ」はホテルではなく、貸別荘であることから、通常のビジネスホテルとは全く違う趣が楽しめることは間違いありません。そして平安座島は知る人ぞ知る、沖縄の島の一つです。

ここは古宇利島のようにおしゃれな海中道路を走った先に辿りつける小さな島。美しい海の景色がポイントとなるのは間違いありませんが、他の島には無い特徴がこの島には存在します。それは物凄い数の石油タンクです。石油タンクのあまりの多さに圧巻される可能性もありますが、規則的に並べられた石油タンクは見かたによっては美しくも感じられます。

この平安座島はアメリカの影響を感じる部分が多いかもしれませんが、それに負けないくらい古くからのお祭り等の習慣を大切にしています。そういった島の文化に触れることも楽しみ方の一つかもしれません。

このような平安座島に位置する「ラパーチェ」は滞在そのものだけではなく、その道中からドキドキと楽しめる宿泊先なのです。またそんな隠れ家的な場所に位置しながら、スタイリッシュな建物であることもこの「ラパーチェ」の特徴の一つです。

⑧古宇利島で宿泊ならここ!「ペンション宇望庵」

5d981f764986c5c294c910322226932d_s

古宇利島と言えば、淡路島と同じような国生み伝説も存在する神秘的な島です。古宇利島の島内には、クジラが観れるかもしれない砂浜や、おしゃれなカフェ、その他絶景スポットが点在しています。

また一人旅で訪れている人も多く、道端で人々が話し込んでいる風景も珍しくありません。美しい海を目的に沖縄旅行するのであれば、一度は訪れたいのがこの古宇利島なのです。その古宇利島内でペンションを探すなら「ペンション宇望庵」を検討してみてはいかがでしょうか。

「ペンション宇望庵」の特徴は何と言っても古宇利大橋の全景が眺められるところ。島への続く古宇利大橋はペンションへ向かう道中でも感動的ですが、客観的に離れて眺めるとまた違った種類の感動が味わえます。また夜間に走る車のライトを遠くから眺めれば、その景色までもお酒の肴として楽しめる。「ペンション宇望庵」はそんな素敵なペンションなのです。

沖縄でペンションに泊まるなら自然や趣を味わおう

ここまで快適な沖縄のペンションを紹介しましたが、いかがでしたか。都心部から離れた場所に位置するペンションには最先端の電化製品は置いていないかもしれません。

高速インターネットのWi-Fiもつながっていないかもしれません。しかしそこには、そういったものが無くても全く気にならないくらいの、景色や雰囲気が味わえるところがほとんどです。またいつもとは一味違った沖縄旅行を楽しみたい場合は、宿泊先をホテルではなくペンションで探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

83fe65ad42a45f508b8464f6ca184437_s

宜野湾でおすすめのホテル&カフェまとめ

沖縄本島中部地域を代表する街「 …