Home / 沖縄観光 / 沖縄でプロポーズ!美しい自然の中で人生最大のイベントを・・・
沖縄  ビーチ 青の洞窟

沖縄でプロポーズ!美しい自然の中で人生最大のイベントを・・・

人生で最も緊張するイベントのひとつが、“プロポーズ”ですよね。「どんな言葉でプロポーズしようか?」という悩みもありますが、「どこでプロポーズしようか?」というのも同じくらい悩みどころです。

あるアンケートによると、プロポーズされたい場所は、“夜景の見える場所”、“星がきれいな場所”、“海辺”、“夕日を見ながら”など、多くの女性が一生の思い出に残るようばロマンチックな場所でのプロポーズを期待しているようです。

そこで、今回は、海辺・夕日・星などの“ロマンチックキーワード”の代名詞ともいうべき沖縄にあるおすすめプロポーズスポットをご紹介します。

近々、彼女もしくは彼氏にプロポーズを考えている皆さん、ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

神秘的な青い光の中でプロポーズ「青の洞窟(真栄田岬)」

91ac177c6dd336a365734149ccec235c_s
恩納村にある「青の洞窟」。数ある沖縄のダイビングスポットの中でも人気の高い場所のひとつです。人気の理由は、誰もが魅了されるその美しさ。洞窟内の水面に太陽の光が反射することで、洞窟内が神秘的な青の光で彩られます。そんな青く輝く「青の洞窟」で、ダイビングをしながら、プロポーズをしてみてはいかがでしょう。ライセンスを持っていなくても大丈夫。ほとんどのダイビングショップでライセンスがなくてもできる“体験ダイビング”を開催しています。さらに、1組限定の貸切にもできるので、プロポーズにもぴったりです。プロポーズのタイミングとしては主に2パターン。ダイビング中の海の中と、ダイビングを終えて水面に彼女(もしくは彼)が顔を出した瞬間。透明度の高い、青の洞窟の海中は色とりどりのサンゴ礁と熱帯の魚たちで、まさに海の楽園といった美しさ。魚たちと一緒に楽しく泳いでいる途中に、海中でプロポーズするのも“アリ”ですよね。

また、せっかく「青の洞窟」にきたのだから、水面の青い光の輝きを演出に使いたいという場合は、ダイビングを終えて、彼女が水面に上がってきたタイミングでプロポーズするのも“アリ”です。体験ダイビングを主催するダイビングショップのスタッフに協力してもらうと、海の中のプロポーズでもその瞬間をしっかり写真におさめてもらえます。事前に、「青の洞窟」を知り尽くしたスタッフの人たちにプロポーズの場所やタイミングについて相談するのも良いでしょう。

海辺で夕日を見ながらプロポーズ「フサキビーチ」

0c243f1673eafb9adf209b37b83a8f82_s
空と海をオレンジ色に染める夕日を見ながら海辺でプロポーズ。そんな絵に描いたようなプロポーズをするなら、石垣島の「フサキビーチ」がおすすめです。

この「フサキビーチ」は、石垣市冨崎にある「フサキリゾートホテル」のプライベートビーチで、市街地から車で15分ほどのところにあります。宿泊していなくても、フロントに声を掛ければこのプライベートビーチへ入ることができます。

「フサキビーチ」の魅力は何といってもそのロケーション。ウミガメが産卵にやってくるほど、透きとおった美しい海が広がる天然のロングビーチで、遠方には、西表島や小浜島といった八重山の雄大な山々が望めます。さらに、ビーチが南西に位置しているため、夕暮れ時には、小浜や西表島の向こうに夕日が沈むサンセット・ビューは最高!砂浜には海に突き出した桟橋もあって、その雰囲気は外国のリゾート地のようです。

「フサキビーチ」の営業時間は、以下の通り。
3月中旬~5月下旬 9:00~17:30
6月~9月下旬 9:00~18:30
10月~10月下旬 9:00~17:30
11月~3月下旬 9:00~16:30

夕日に照らされた古城でプロポーズ「勝連城跡」

かつてのグスク(城)跡から、海に沈む夕日を眺めながらのプロポーズ。これもロマンチックでおすすめです。中でも、沖縄本島の中部、うるま市勝連南風原にある「勝連城跡(かつれんぐすくあと)」は、世界遺産にも登録される文化遺跡であり、夕日が美しい城跡としても有名なスポット。

この勝連城跡は、沖縄のグスクの中で最も古い、12世紀頃に自然の断崖を利用して築かれた勝連城の城跡で、居城していたのは、琉球王朝時代、勝連の人々に慕われた王、阿麻和利(あまわり)。現在では、優雅な曲線を描く石垣を残すだけとなりましたが、当時の面影を垣間見ることができます。

また、標高60m~98mの小高い丘に建っているため、頂上からは東西に広がる青い海が一望でき、沖縄有数の景勝地にもなっています。夕方には、地平線に沈む夕日の光が城跡をオレンジ色に照らし、ノスタルジックでロマンチックな世界を演出してくれます。ぜひ、この夕暮れのタイミングでプロポーズしてみてはいかがでしょう。

美しい眺めのカフェテラスで気取らないプロポーズ

気合の入ったプロポーズもいいですが、美しい景色を眺めながらのんびりお茶を飲んでいる時に不意を付いてプロポーズするのもサプライズ感があって良いのではないでしょうか?

そんなカフェでのプロポーズにおすすめなのは名護市喜瀬の「万国津梁館カフェテラス」。
2000年に開催された九州・沖縄サミットのメイン会場だった万国津梁館の一角にあるカフェテラスで、ここから見える景色のあまりの美しさに各国の首脳たちが絶賛したというお墨付きです。

テラス席からは東シナ海をパノラマで見渡すことができ、もちろんサンセットも絶景です。カフェメニューは、沖縄の特産品、黒糖やマンゴーを使ったパンケーキ“琉球トリコロールスタイル”(コーヒーorティー付)1250円や琉球黒糖パフェ700円など、ご当地スイーツもあります。営業時間10:00~17:00(L.O16:30)。

沖縄のクリスマスでプロポーズ「スターダストファンタジア」

 

クリスマスにプロポーズを・・・。と考えている人におすすめなのは、名護市のカヌチャリゾートで毎年11月から開催されるイルミネーションイベント「スターダスト ファンタジア」。

大浦湾に面した80万坪の広大なリゾート施設「カヌチャリゾート」が100万個以上のイルミネーションで彩られ、クリスマスならではのスペシャルな空間に演出されます。煌くツリーをはじめ、趣向を凝らした色鮮やかなイルミネーションがロマンチックな雰囲気を演出し、プロポーズしやすいシチュエーションをつくってくれます。

会場で行われている、プロポーズのきっかけに使えそうなイベントは、「ファンタジア・メッセージタグ」。入場するともらえるハート型のカードに願い事や夢を書いて、ウィッシングポイントにかけるというもの。彼女(もしくは彼への)プロポーズの言葉を書いてみてはいかがでしょう。

また、プロポーズに成功した後、2人で、5年後の未来へ送るメッセージを書く「メッセージタイムカプセル」に参加するのもおすすめ。書いたメッセージは5年間保管され、5年後の「スターダストファンタジア」の点灯式で、このタイムカプセルがオープンされるそうです。チケットは前売2,000円、当日3,000円、リゾート内施設の利用者は無料です。

“星空に一番近い島”で夜空を見ながらプロポーズ

64741a55029ff0b961bd14c7573cf0ce_s
“星空に一番近い島”と呼ばれているのは、赤道付近に位置する日本最南端の島「波照間島」。「波照間」という名は、“果てのウルマ(サンゴ礁)”という意味があるそうで、まさに、波照間島は、地上の楽園。

人口およそ600人のとても小さな島には、華やかなリゾート施設やおしゃれなレストランはありませんが、それ以上の「日本でいちばん青い海」と「星が降り注ぐ日本一の星空」があります。

波照間島の星空は、星がこぼれ落ちそうなほどの迫力で、晴れた日には、日本では珍しく南十字星を見ることもできます。そんな“星空に一番近い島”で星空を眺めながら、プロポーズすれば、ロマンチック度120%です。南十字星を見る場合は、夜10時~12時頃に見える4月~5月頃がおすすめ。

事前の下調べと天気の確認はしっかりと!

せっかくのプロポーズ。成功させるためにも事前の下調べは入念にしておきましょう。
もし、施設のスタッフなどに協力してもらう場合は、手違いがないよう打ち合わせは必須です。

また、夕日や星空などの自然の演出は、天気が勝負。沖縄の天気は変わりやすいため、万が一、天候が思うようにならなかった場合の予備日や代替案を用意しておくとプレッシャーが少しはやわらぎますよ。

ぜひ、一生の思い出に残るプロポーズを成功させてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄  アクティビティ ダイビング

沖縄本島のおすすめダイビングショップ4選とダイビングスポット5選

みなさんは沖縄「本島」のダイビ …