Home / 沖縄体験 / 沖縄のレンタカーの比較とスムーズに借りる方法
レンタカー

沖縄のレンタカーの比較とスムーズに借りる方法

那覇空港に降り立ち、さあ沖縄を楽しもう!と思っても、沖縄はあまり公共交通機関が発達していません。

都内のように歩けばすぐに駅があるということもありませんし、京都のようにバスの一日乗車券さえあればほとんどの観光スポットを巡ることができるわけでもありません。

そんな沖縄の移動はレンタカーがおすすめ。
その証拠に主要な幹線道路を走れば数多くのレンタカーを目にします。

それだけレンタカーの需要が大きければレンタル会社も多く存在しますし、レンタル方法も様々。
出発前に旅行のプランに合わせて、最適なレンタカーの利用方法を決めておきましょう。

スポンサードリンク

沖縄観光にはレンタカーが必須!

2cd008a18c3fe59319db89ee10bf5d16_s

 

那覇空港から首里まではゆいレールが運行していますが、レンタカーを借りない場合は路線バスかタクシーと選択肢も限られてきてしまいます。

沖縄北部まで高速バスも定期的に運行はしていますが、往復でそこそこの価格にもなりますし、時間が決められているため自分のペースでゆっくり観光するのは難しいのではないでしょうか。

そのため多く利用されるレンタカーですが、初めての利用だとなにかと心配ごとの多いものです。
そこでまずはレンタルする方法をご紹介してきます。

宿泊先ホテルで借りる

レンタカーの需要がもともと多い沖縄では、ホテルでレンタカーを手配してくれるところも少なくありません。

事前に宿泊の予約をする際にレンタカー利用の旨を伝えれば、そのままホテルの駐車場から乗って移動することができます。

着いた初日であれば、チェックイン前にホテルに荷物を全て預けてから観光できるのでとても便利ですね。

返却もまたそのホテルの駐車場に停めておくだけなので初めてでも安心です。

店舗で借りて乗り捨てる

効率の良い借り方でいえばこちらもおすすめ。

那覇空港の玄関口を出ると、目の前にレンタカー会社の送迎バスが溢れています。それだけ利用者が多いということですね。

そこに立っているスタッフへ予約の名前や番号を伝えて直接店舗までバスに乗って向かいます。

そこで受付を全て済ませたらあとはすべて自由時間。
乗り捨て可能なプランで申し込んでおけば、わざわざ店舗に返さず、空港の近くでそのまま乗り捨てることができるサービスです。

店舗で借りて店舗へ返却

レンタカーといえばこのレンタル方法が一番一般的ではないでしょうか。

空港から送迎バスで店舗へ向かい、返却時にはまた店舗まで返却に戻ります。
県内にいくつか店舗のある大きい会社であれば、借りる時と違う店舗でも対応してくれる場合があるので、日程に合わせて確認してみましょう。

那覇空港と必ずしもレンタカー会社が近い距離にあるわけではないので、帰りもまた那覇空港まで送迎バスを出していることがほとんどです。

費用を安く抑えるには一番最適なレンタル方法ですね。

安さには理由がある?大切なチェックポイント

レンタカー会社を選ぶうえで決め手となるポイントの上位に価格がくるのは当然のこと。
しかし自分のものではない車を運転するのですから、きちんと保障内容には目を通しておく必要があります。

手軽に借りられる反面、万が一のことが起きると大変なのがレンタカーの大きなデメリットともいえます。

後々トラブルにもならないために、価格と合わせて予約をする前に確認しておくべきポイントを忘れずチェックしておきましょう。

ガソリン代の清算方法は?

レンタカー

 

通常レンタカーというのは借りた時点でガソリンが満タンになっているものです。

そこから走った分だけ消費し、もし足りなければ給油をしますが、給油分の値段はレンタル料金に含まれません。
そして車を返却する際には2つの方法があります。

・返却時に満タン返し
・満タン返し不要

満タン返しとは返却時に店舗の近くにあるガソリンスタンドに立ち寄り、満タンにしてから返却することです。

遠い場所にあるガソリンスタンドで満タンにしても多少減ってしまうため、事前にここで給油してくださいと指定される場合があります。

その際のガソリン代も自腹になるので、消費した分のガソリン代は負担しなければいけないということですね。

一方で、満タン返し不要とは、その名の通りガソリンが残り少なくともそのまま店舗へ返却することができます。

“乗り放題”という名前で販売されていることもあり、満タン返しが必要なプランに比べて若干高めに設定されている場合もありますが、予定する走行距離に合わせて最適な方を選択しましょう。

免責保障は含まれてる?

 

気を付けていても事故とはいつ起きるかわからないもの。
レンタカーは相手が車でなくとも、どこかへぶつけたり擦ったりしてできてしまった傷の修理代金も請求されます。

そんな修理費用や賠償が必要となった時に心強いのが免責保障です。

数百円程度から数千円まで会社によって設定されている価格は異なりますが、ざっくりいえば免責保障に加入することで万が一の場合の負担金に限度を設けますよ、というもの。

一定の額までは自己負担が必要ですが、それ以上に関してはレンタカー会社が支払ってくれる仕組みです。

加入を義務付けている場合はレンタル料金に含まれていたりしますが、任意の場合は別途オプションとなっている場合があります。

事故を起こさない絶対の保証なんてありませんから、加入しておくことをおすすめします。

借りるならココ!人気のおすすめレンタカー

 

大きく分けて安心の保障とサービスで定評のある全国展開のレンタカー会社と、沖縄県内で展開している地元のレンタカー会社があります。

保障内容に関しては全国展開の大手レンタカー会社の方が評判は高く、レスポンスも早いなど信頼性もあります。

しかし地元展開の会社はその分価格で対抗し、大手では考えれらないようなコストパフォーマンスの良さを売りにしているところも多くあります。

双方にもメリット・デメリットがあるので、よく比較したうえで自分に合った会社を見つけましょう。

トヨタレンタカー

日本国内に幅広く展開しているトヨタレンタカーは、沖縄県内にも8店舗構えています。

用意されている車種も充実しており、様々なニーズに対応可能。
那覇空港への送迎はもちろんのこと、乗り捨てにも対応しているので便利ですね。

ゆいレール赤嶺駅より徒歩5分と好立地なので、旅行の中日にも借りやすいのではないでしょうか。

住所:トヨタレンタカー 那覇空港店
沖縄県那覇市赤嶺2-13-1

ニッポンレンタカー

通常の手続きに比べ、事前に内容をネット上で確認し署名することで当日の受付時間を大幅に短縮できる“クイックチェックイン”がとても好評です。
旅先の貴重な時間は少しでも無駄にしたくはありませんよね。

車の安全のため徹底されたメンテナンスに力を入れており、万が一の時も安心のフォロー体制が整っています。

早割などのキャンペーンもあるので、レンタカーの利用が決まったらすぐにチェックしておきましょう。

住所:ニッポンレンタカー 那覇空港営業所
沖縄県那覇市奥武山町46

タイムズカーレンタル

那覇空港の近くはもちろん、国際通りや泊港などにも営業所があるので、旅のスタートを好きな場所から始めることができます。

免責保障や安全保障など、必要に合わせて内容を選ぶことができ、加入料も良心的。
充実のロードサービスも付帯しています。

住所:タイムズカーレンタル 那覇空港店
沖縄県那覇市鏡水457-1

ルフト・トラベルレンタカー

沖縄県と愛媛県に展開しているルフト・トラベルレンタカーは驚きの低価格で人気のレンタカー会社です。
万が一の場合に頼りになる“あんしん保証制度”ではなんと負担額が0円。

また満タン返し不要の乗り放題プランなども充実しており、時間短縮になるウェブチェックインにも対応していたりと旅行者に嬉しいメリットがたくさん。

住所:ルフト・トラベルレンタカー 那覇空港店
沖縄県豊見城市瀬長 3-2番地

なはレンタカー

那覇空港より車で3分、ゆいレール赤嶺駅より徒歩1分と便利な立地に営業所を構える、地域密着型のレンタカー会社です。

数日間の旅行はもちろんのこと、長期滞在やビジネスに向けてマンスリータイプの貸し出しも行っています。

最短で6時間からレンタルすることができるので、費用を無駄にすることもありません。

住所:なはレンタカー
沖縄県那覇市赤嶺2-4-5

まとめ

05c2059af1233536fd5aaf255e8e6a78_s

 

せっかくの沖縄旅行、限られた時間の中で効率よく楽しみたいですよね。

旅の日程やニーズに合わせて、各レンタカー会社がおすすめするプランでまずは見積もりを出してみましょう。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄 離島 本島周辺 瀬底島

透き通るブルーに感動!瀬底島の「瀬底ビーチ」の魅力と楽しみ方

瀬底島の「瀬底ビーチ」は、透き …