Home / 沖縄ホテル / 沖縄の人気リゾートホテルを目的別にピックアップ!
ターコイズの海

沖縄の人気リゾートホテルを目的別にピックアップ!

沖縄のホテルってたくさんあって、どこがいいのかわからない!という声をよく聞きます。沖縄は、日本でも屈指のリゾートなのでせっかくだからリゾートタイプのホテルに泊まりたいですよね。沖縄で人気のリゾートホテルをご紹介します!

スポンサードリンク

1.カヌチャベイホテル&ヴィラズ

水平線

堂々第一位は那覇空港より沖縄自動車道利用で80分、名護市にある、カヌチャベイホテル&ヴィラズです。敷地はなんと80万坪!その中にホテル棟やヴィラ、プールなどの施設が揃っています。敷地がとにかく広いので、レストランやスパなどの施設に行くにはカートでの移動も可能です。
客室はいろいろなエリアにいろいろなタイプの部屋がありますが、特にアビアンビーチサイドコテージは、約61㎡に約25㎡のバルコニー、テラスにジャグジーがついた部屋です。また、他のエリアの部屋でも最低でも広さが約50㎡あり、開放感がいっぱいです!ホテルの部屋もとても素敵で、ホテル内でもなんでも完結してしまうので、とにかくホテル内の滞在を楽しみたい方に特におすすめのホテルです。

またアクティビティーもホテル独自の企画のシーカヤックやパラセール、サップボード、フライボードなどのマリンアクティビティー、ゴルフ、ビーチヨガなどのアクティビティーも充実。スパでも、タイ古式マッサージやロミロミ、シロダーラ、ネイルなどメニューが盛りだくさん。ホテルの中だけで充実したバケーションを送れそうです。

2.オクマ プライベートビーチ & リゾート(旧JALプライベートリゾートオクマ

離島ハンモック

沖縄のホテルの中では老舗の部類に入る一流リゾートホテル、オクマ プライベートビーチ&リゾート。開業年は1978年と古いですが、2017年に改装したばかりです。沖縄北部の国頭村にあり、那覇空港からは沖縄自動車道他を利用して1時間40分かかります。
路線バスでは3時間半の道のりです。
また人気の古宇利島もホテルから30分、美ら海水族館も60分でアクセスできます。

沖縄は北に行くほど自然が豊かでワイルドですが、「やんばるの森」と海に囲まれた広大な敷地に5タイプのコテージが点在しています。目の前には1kmも続く白い砂のビーチがあり、マリンスポーツやフィールドスポーツ、エコツアーも楽しめます。アクティブに身体を動かすのが好きな方、ワイルドな自然を楽しみたい方に特におすすめのホテルです。

リラクゼーションサロンでは、地元の今帰仁ウォーターなどのハイビスカス配合化粧品を使うなどして、リンパドレナージュやヘッドスパ、フェイシャルなどの施術が楽しめます。海が見渡せる、シーサイドサウナも楽しみです!

3.ホテル日航アリビラ

沖縄のホテルランキングで常に上位にランクしている、ホテル日航アリビラ。那覇空港から車で1時間の読谷村にあります。

1994年のオープンですが、2009年に改装しています。南欧のホテルのような建築様式や、カリブ海の町並みをイメージした室内のピンクの壁、黄色のファブリックなど、写真映えしそうなビビッドなインテリアも魅力!館内には美術品も多く展示され、とにかく目を楽しませてくれるので、とにかくフォトジェニックな写真を撮りたい女子にもぴったりのホテルです。

「ニライビーチ」というプライベートビーチが目の前なので、マリンアクティビティーも充実しており、シュノーケル、ダイビングなどのマリンレンタル、珍しいところでは、乗馬体験や、定置網漁が体験できる「海人(うみんちゅ)体験」などがあります。また、文化系のアクティビティーも充実しており、絵付けシーサー、貝殻フォトフレーム作り、植物観察ウォーキング、ナイトトレイルもあります。

また、ローマ風呂を思わせるような造りのリラクゼーションプールも見逃せません。ネックや全身のマッサージ機能がある設備やプール内でストレッチができるバーなど、他にはない機能が満載のプールは是非体験してみて下さい。

4.ANAインターコンチネンタル
万座ビーチリゾート

沖縄を代表する景勝地である「万座毛」を対岸に望む、半島に突き出たように建っているリゾートホテルである「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」。360度ぐるりとオーシャンビューのロケーションが素晴らしいです。

1983年の開業ですが、2009年にはリニューアル。特に注目したいのが、ナポリピッツァから沖縄居酒屋、中華料理まで食べられる9ヶ所もあるレストラン群。35メートルの吹き抜けも気持ちいいカフェやバーもあります。

なにせ半島全部がホテルの敷地ですので、客室からのオーシャンビューは圧倒的にきれい!
薄いブルーを基調としたインテリアも素敵です。
すべてホテルタイプの客室ですが、一番狭いタイプのツインでも32㎡あり、開放感があります。また、プレミアムタイプの客室なら、専用プレミアラウンジでのチェックイン、アウトから朝食、ティーサービス、カクテルタイムサービスも受けられます。

1967年開業のアメリカンな雰囲気の「シーサイドドライブイン」もホテルから車で17分のところにあります。

また、マリンアクティビティも充実しており、沖縄で唯一のベンチタイプのパラセーリングが出来るところとして有名です。また、サンセットクルーズにも注目です。

5.オキナワ マリオット リゾート&スパ

サトウキビ畑

名護市にあるオキナワ マリオット リゾート&スパは那覇空港から車で70分。沖縄本島の北部、名護市にあります。全長170mのプールが最大のセールスポイントです。

広々としたガーデンの中にあるプールは深さが2.5mのものやウォータースライダー、ガゼボ、プールサイドバーなどもあり、夜はライトアップされて幻想的な雰囲気になります。また、スパは宿泊者でも有料ですが、ジェットバスやアロマバス、バイブラバス、ドライサウナなどが揃い、旅の疲れを癒やすことができます。
ガーデンプールにはフィットネスセンターも併設されており、マシーントレーニングの他、ヨガ、アクアエクササイズなどのプログラムの他、パーソナルトレーニングや腰痛・肩こり予防体操などのフィットネス系プログラムの多さにも注目です。とにかく旅の間にも身体を動かしたい、体調を整えていたいという人にもぴったり!

またレストランでは、朝食から夕食まで楽しめる、沖縄料理も含んだインターナショナルなブッフェレストランや、鉄板焼き、琉球会席、中華、沖縄焼肉など、ご当地料理を出すレストランも揃っているのが魅力です。

スーペリアの客室でも44~46㎡の広さがあるのが魅力!また、全客室に全面ガラス張りのクリスタルテラスがあり、テラスの半分がガラスになっており、室内にいながら外にいる感覚になれます。
ホテル自体が高台に位置しているので、低層階の部屋からも海が見え、開放感を味わうことができます。

6.リザンシーパークホテル谷茶ベイ

全826室!沖縄最大のリゾートホテルであるリザンシーパークホテル谷茶ベイは、中部の恩納村にあります。1993年の開業ですが、2013年にリニューアルしています。50㎡のコーナールームもあり、キッズガーデン、トロピカルガーデン、託児所なども完備されているので、特にファミリーにはおすすめのホテルです。

それになんといっても朝食をアウトドアのテラスで食べられるのが魅力です。ホテルの前はビーチで潮風に吹かれながら、作りたての朝食を食べることができます。

レストランでは、朝から夜までバイキングが楽しめるレストランや、屋台村、沖縄居酒屋、ビヤガーデン、BBQ、炭火焼肉、飲茶&広東料理と幅広いグルメが楽しめるのも嬉しいですね。

また、アクティビティーでは、マリンスポーツやフィットネスジムはもちろん、星空教室、スターオーシャンヒーリング、気球ライドなど、レアなアクティビティーもあります。

まとめ

沖縄の厳選人気リゾートホテル6選、いかがでしたか?日本を代表するリゾート地である沖縄は、海外のリゾートに引けを取らないほど充実したリゾートライフが送れるところが多いようです。

ハード面もさることながら、日本式のホスピタリティの良さから海外からのゲストも多いのもうなづけます。是非一度出かけてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

83fe65ad42a45f508b8464f6ca184437_s

宜野湾でおすすめのホテル&カフェまとめ

沖縄本島中部地域を代表する街「 …