Home / 沖縄観光 / 沖縄の路線バスでのんびり旅しよう!沖縄旅行で乗車してみたい路線バス
旅費

沖縄の路線バスでのんびり旅しよう!沖縄旅行で乗車してみたい路線バス

旅費

沖縄旅行の際、ツアーの観光バスを利用したり、レンタカー、タクシーで移動する方は多いかと思います。

観光バスを利用する場合、自由に乗り降りができなかったり、出発時間に遅れない為に時間を気にしたりでなかなかのんびりと旅行することが難しい場合がありますし、タクシーだと料金が気になってしまいますよね。

免許を持っていなかったり、運転に自信が無い場合はレンタカーを利用するという訳にもいきませんし、運転手は旅行中に泡盛やオリオンビールを味わうこともできません。

のんびりと沖縄を旅したい、自分で運転はしたくない、でもなるべく安く旅したい…という方におすすめなのが路線バスの旅です。

路線バスを使えば、自由に途中下車もできますし、バスのある時間帯であれば時間に追われる必要もありません。また、路線によってはバスから沖縄の美しい海を見ることができたり、地元の風景を見ながら移動することができます。

スポンサードリンク

沖縄の路線バスについて

940d9e9871169047c7af7e42678d9fe9_s

まず、沖縄の路線バスについて概要をご紹介します。

沖縄を訪れたことが無い方の中にはここまで読んで「電車でものんびり旅ができるんじゃないの?なんで路線バス…?」と思われた方がいらっしゃるかもしれません。

実は、沖縄には電車が走っていません。2003年ゆいレール(モノレール)が開業しましたが、区間は那覇市周辺のみの為、沖縄の公共交通機関は路線バスが主力となっています。

沖縄本島の路線バスは、沖縄バス、琉球バス交通、東陽バス、那覇バスの4つのバス会社によって運行されています。バスの路線は那覇市内を走る市内線と市外線と大きく2つに分けられており、市内線は那覇バスのみが運行、市外線は4社が運行しています。

沖縄路線バスお役立ち情報

次に、沖縄で路線バスに乗って旅する上で、役に立つ情報を確認しましょう。事前に以下のポイントを確認しておけば、初めて沖縄の路線バスを利用する場合でも安心です。

沖縄路線バスの乗り方

初めて訪れた土地で路線バスを利用する際、前乗り先払いなのか後乗り後払いなのか戸惑ったことがある方はいらっしゃるかと思います。

沖縄の路線バスの場合、バスの系統番号によって異なっています。

・前乗り先払い:系統番号20番未満と105番の路線(7、8、10、12を除く)

・前にしかドアが無く、降車時に支払い:系統番号20番以上の路線(32、49を除く)

・後乗り後払い:系統番号7、8、10、12、32、49番の路線

また、沖縄のバスは手を挙げないとなかなか止まってくれないことが多いようなので、乗りたいバスが来た場合には手を挙げて知らせることをおすすめします。

沖縄路線バスの情報サイト

このように複数の会社が運行しており、一見複雑そうな沖縄の路線バスですが、路線や時刻表、料金などまとめて確認可能なウェブサイトがあります。旅行前にウェブサイトで事前に情報を確認しておくと、当日の移動もスムーズです。

沖縄路線バスの1日乗車券

路線バスをたくさん利用する場合、1日乗車券を買うとお得な場合があります。

・那覇バス 1日乗り放題パスポート(大人660円、子供330円):那覇市内区間全線が1日乗り放題

・那覇バス/琉球バス 土日祝1日限定フリー乗車券(大人2,000円、子供1,000円):土日祝のみ、那覇バスと琉球バスが全線1日乗り放題。沖縄バスとの共同運行路線では、沖縄バスの利用も可。

上記の通り、利用できる路線と日にちが限定されているので注意が必要です。

沖縄旅行でおすすめの路線バス

ここでは沖縄旅行の際にぜひ乗車してみたいおすすめの路線バスをご紹介します。

20番名護西線・120番名護西空港線(那覇バス・沖縄バス共同運行)

cf06795b4ea5d58d104a6130d394f540_s

20番名護西線は、那覇バスターミナルから沖縄本島北部の名護バスターミナルまで走る路線です。途中、以下の有名観光スポット近くのバス停を経由するので観光地に立ち寄りたい時にも便利な路線です。

美浜タウンリゾート アメリカンビレッジ
住所 :沖縄県中頭郡北谷町美浜
アクセス:20番/120番 名護西線 桑江から徒歩3分
琉球村
住所 :沖縄県国頭郡恩納村山田1130
営業時間:8:30-17:30(最終受付17:00)、7/1〜9/30は9:00-18:00(最終受付17:30)
アクセス:20番/120番 名護西線 琉球村前で下車
万座毛
住所 :沖縄県国頭郡恩納村字恩納
アクセス:20番/120番 名護西線 万座ビーチ前下車

リゾートホテルが多く立ち並ぶ恩納村に立ち寄るので、宿泊先が恩納村という方にも便利です。(ホテルによっては、ホテルすぐそばにバス停があります。)

恩納村付近ではバスの車窓からきれいな沖縄の海も見えるので、景色を楽しみながら移動できるのも嬉しいですよね。

那覇空港から直接この路線バスを利用したい場合、120番の名護西空港線に乗れば、那覇バスターミナルで乗り換えることなくそのまま20番と同じ路線を走ります。

また、名護市にはオリオンビール名護工場があり、工場見学をしたり、できたてのビールを味わうことができます。運転のことを気にせずにおいしいお酒を味わうことができるのも路線バスの旅のメリットです。

df5bda65dfd55a9906e37e69c6052572_s

オリオンビール工場
工場見学受付:9:20-16:40(20分間隔で見学スタート)
住所 :沖縄県名護市東江2-2-1
アクセス:20番/120番 名護西線 名護城入口から徒歩5分、東江から徒歩6分

29番読谷線 喜名経由(琉球バス・沖縄バス共同運行)

座喜味城跡を見に行くのにおすすめの路線バスです。那覇バスターミナルを始発し、終点は読谷バスターミナルとなっています。

座喜味城は琉球王国時代に築城家として名高い読谷山按司護佐丸によって築かれたと言われており、見事な石垣やアーチ門を見ることができます。また、2000年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産に登録されました。

座喜味城跡
住所 :沖縄県中頭郡読谷村字座喜味708-6番地
アクセス:29番読谷線 喜名経由 座喜味から徒歩15分

お天気の良い日にのんびりと路線バスで座喜味城へ向かい、ゆっくり過ごすと心までリフレッシュできそうです。注意点として、29番のバスは本数が非常に少ないので、必ず時刻表を確認した上で行くことをおすすめします。

また、29番線も途中までは20番/120番線と同じルートを走るので、帰りにアメリカンビレッジに立ち寄ることもできます。

38番志喜屋線(東陽バス)

0a2ebdcb7a55b434a8bf908271b5936f_s

沖縄を代表する聖地である斎場御嶽(せいふぁーうたき)。38番線は斎場御嶽へのアクセスに便利な路線バスです。

御嶽とは、琉球の信仰における祭祀などを行う施設のこと。「せいふぁー」は最高を意味し、琉球王国時代には最高の御嶽とされ、2000年には座喜味城と同じく「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産に登録されました。

現在は沖縄一のパワースポットとしても知られており、運気アップを願って訪れる観光客も多いようです。

斎場御嶽
住所 :沖縄県南城市知念字久手堅539
アクセス:38番志喜屋線 斎場御嶽バス停から徒歩10分
※斎場御嶽には年2回休息日(休業期間)が設けられているのでご注意下さい。

斎場御嶽の近くには、あざまサンサンビーチというビーチがあります。

人工ビーチですが、透明度が高く、遊泳エリアも広いので海水浴にも向いています。バナナボートなどのアクティビティも提供されており、予約をすればバーベキューも可能とのことです。

斎場御嶽の後に時間に余裕があれば、立ち寄るのも良いかもしれません。

あざまサンサンビーチ
住所 :沖縄県南城市知念字安座真1141-3
アクセス:38番志喜屋線 安座真サンサンビーチ入口から徒歩5分(斎場御嶽からは徒歩20分程度)

まとめ

沖縄の海

以上、沖縄旅行でおすすめの路線バスをご紹介しました。地元の人達も利用する路線バスなので、観光バスでは見逃してしまいがちな意外なスポットが目に入ってくるかもしれません。

また、最終バスの時間さえ把握しておけば時間に追われる必要が無く、お酒を飲むこともできるのでのんびりと贅沢に時間を使いながら日頃のストレスも発散できそうです。

これまでと違った沖縄旅行がしたい人、ツアーでの移動が好きでは無い人、自分で車を運転したくない人にはぜひ路線バスで沖縄旅行をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …