Home / 沖縄グルメ / カラフルなだけじゃない!沖縄の魅力溢れるお魚をご紹介!
51fd2cbd899bdbd7a356af425d0732ac_s

カラフルなだけじゃない!沖縄の魅力溢れるお魚をご紹介!

沖縄の魚というと、熱帯特有のカラフルな色の魚を思い浮かべる事が多いのではないかと思います。そのようなイメージから沖縄の魚はあまり美味しそうとは思えないと思っているあなた、それは大間違いです!

沖縄の「生鮮マグロ」や「三大高級魚」をご存知ですか?その魅力や美味しさを味わっていないのは非常に勿体ないです。今回はそれらを含めた沖縄の魚の魅力をご紹介します。

スポンサードリンク

沖縄の魚の特徴

熱帯特有のカラフルな見た目

本土では見られない真っ青や、真っ赤、果ては真っ黄色の魚が普通にいて、まるで信号機の様です。見た目は綺麗で楽し気ですが、味は正直首を捻ってしまう事が結構あります。ですが、美味しい魚が多いのもまた事実です。

またこちらは亜熱帯で、水温も25℃以上と高い為に痛みも速いので、有名な沖縄県魚グルクン(タカサゴ)は生け簀や水槽から出したばかりでは絶品ですが、クーラーで半日放置したら刺身では食べられません。

ちなみにこのグルクン、背中は青でお腹は赤い、沖縄の海の魚の象徴のような魚です。唐揚げにすると絶品です。

7165412e9e92fabad578487f3d2c282a_s

磯の香りが強い

こちらの寿司だねで人気があり、また高級のイラブチャーという魚がいます。新鮮な物は身がしっかりしていて、鶏肉のように弾力があり、磯の香りがして美味しい魚です。

伊豆諸島や相模灘で釣れるブダイと近縁種ですが東京のお寿司屋さんで高級魚として取扱われますが、こちらでは海に潜ると沢山います。サンゴや藻を食べているので磯の香りがする訳で、沖縄では一般的な美味しい魚なので、旅行に来た際は新鮮な物を求め食べる事をおすすめします。

脂がのっていない魚がおおい

沖縄で一般的に食べる魚は白身魚が多く、高級魚と言われるアカマチ、アオマチ、イラブチャーでも淡白な白身魚に感じてしまう事もあります。ですが、ミーバイやタマンの煮付けは金目鯛に負けない程のコラーゲンがあり、美味です。

アカジンミーバイはアカハタの事で、有名なハタにもひけを取らない、美味しい魚です。また、タマンというのはフエフキダイで、頭の周りにはコラーゲンたっぷりで、煮物は金目鯛に負けない美味しさです。

意外に有名なマグロ

沖縄ではお祝いの席や居酒屋や家庭でも刺身が出る事が多く、その中心はマグロです。亜熱帯気候の沖縄では日本で流通する「ホンマグロ」「キハダマグロ」「メバチマグロ」「ビンチョウマグロ」の4種が近海で漁獲出来るので、生鮮物が流通し、スーパーに並ぶ事も珍しく無くて、お得な地域といえます。

旅行で意外と知られていない、近海で漁獲された生鮮マグロを安価で食べるのも、お得な情報としてお勧めします!

沖縄「生鮮マグロ」のススメ

9183

生鮮マグロとは?

生鮮マグロとは通称で「生マグロ」ともいわれ、大きく「冷凍マグロ」と「生鮮マグロ」に分けられます。

本土で漁獲される延縄漁でのマグロの場合、漁場が遠いのでマグロを血抜きし、内臓を取って冷蔵(0℃に近い冷水保存)し1~3週間搬送し港で水揚げするのが一般的ですが、沖縄では漁場が近いので、極端な例でいうと、キハダマグロ等は港から2時間位の場所で漁獲されますので、新鮮な「生鮮マグロ」が豊富という訳です。

生鮮マグロがおいしいお店

大安丸(那覇市)

大安丸は那覇の中心地の久茂地と、新都心のおもろまちの2店舗がありどちらも盛況です。沖縄近海で獲れた生鮮魚だけを厳選して扱っていて、ここでしか食べれないレアな刺身も多いです。

ここでは刺身の盛り合わせで「メバチ、キハダマグロ」と高級魚のアカハタ、アオダイ、ミナミマゴチ等の4種の盛り合わせで750円とリーズナブルな価格で提供しています。またお品書きにキハダマグロ(ちんばに)などと沖縄表記で丁寧に表記し、親切に説明してくれます。

店長が自ら仕入れた生鮮マグロが味わえるおすすめのお店です。

大安丸-新都心店・久茂地店【公式サイト】

いゆじ(那覇市)

那覇の泊港近くの住宅地にあるおしゃれな店舗です。お魚愛に溢れる店主が独自ルートでマグロをはじめ、様々な魚種を振舞います。ここでしか食べれない魚も多いという事で、その分お魚の知識も豊富で腕も確かです。

沖縄の実は美味しい魚を提供し、探し続けているこだわりがあり、お魚好きには、是非訪れる価値があるお店としておすすめします。

魚屋直営 Dining 魚々(那覇市)

牧志公設市場の国際通り側にある、お魚やさんの2階が店舗になっています。アーケードでもテーブルと椅子があり、昼間から飲食をしている人がいて賑わっています。

お魚屋直営という事で、新鮮な生鮮マグロ、カツオは当然として、ここでは全国の生牡蠣やタラの白子、あん肝等を取り揃えています。沖縄の美味しい魚と全国の美味しい珍味を一緒に食べる事が出来、食べ比べる事も楽しく盛り上がります。

旅行先でどちらも食べたいと思ったら是非おすすめします。

「魚屋直営Dining魚々」

ひとし 石敢當[いしがんとう](石垣島)

日本最南端の都市、石垣島の刺身専門店です。石垣島近海はクロマグロの産卵の場所となっていて、シーズンには大きなクロマグロの漁獲があり有名です。

そんな御当地の「マグロ専門居酒屋」です。なんと大トロ2貫、中トロ2貫、鉄火巻のセットで980円!その他旬の近海マグロも必見です。さらにはご当地石垣牛のにぎりもあり、予約は必須ですが、行くしかありません!

あなたは制覇した?沖縄の三大高級魚

あかじんミーバイ

14cf2889d311f8a382778fa1fc715614_s

あかじんミーバイは和名でスジアラといって、解りずらいですが、赤いクエ、ハタです。沖縄の魚では屈指の美味しさで、その美味しさはハタを想像してもらえれば間違いないです。

上品な白身の脂がのったものは刺身でも、煮付けでも、鍋でも最高の美味しさです。刺身では甘みと、弾力と舌触りを楽しめ、煮付けでは顔や、身の周りの皮などのコラーゲンが味わえ、鍋では絶品の出汁と野菜や自身の美味しさを味わえます。

赤マチ

ac7828240f4a262075d6f26140ff37e4_s

赤マチとはハマダイという魚で、水深200m以上の深海に生息する、見た目は金目鯛の様な魚です。

深海の魚という事で、その身は脂がのった、しっかりとした白身で、薄皮を残した刺身は脂と白身が調和し、魚の美味しさを存分に味わえます。沖縄では寿司だねの最高峰として、マグロのトロと共に好まれます。

実は伊豆諸島南岸でも漁獲があるのですが、少ない為あまり知られていませんが、京でも高級魚なんです。

マクブー

9182

マクブーはシロクラベラという魚で、アオブダイの顔が肥大化したような、漫画的な容姿の魚です。

見た目とは対照的に美味しい魚で、東京でも美味しい魚として有名なブダイよりはるかに美味しい魚です。白身の身は程よく弾力があり脂がのり、非常に滑らかで驚く事に全く癖がありません。漁獲量は少ないですが、一度刺身で食べてみて欲しい、驚きの魚です。

まとめ

沖縄では本土と全く違う魚種が豊富で、意外な事にマグロ、カツオの漁獲が多く、安価で出回っていて日々食卓に並びます。本土で例えると神奈川県三浦市や和歌山県那智勝浦のように身近に生マグロが出回っています。

また、秋の名物の戻りガツオの成魚が沖縄近海には回遊していますので、カツオも美味しく、その他先述の通りの3大高級魚は本土の高級魚と、ひけを取りません。最近ではマグロの養殖も盛んに行われ、本島北部の本部町や名護市の海で養殖され、近隣のスーパーや居酒屋で見掛けて、中トロなどは正にとろける味わいです。

食に関しては、正直「ぱっとしない」と思われる沖縄の飲食事場ですが、魚では自信をもっておすすめ出来る物がありますよ!この記事を読まれた方が少しでも「沖縄の魚は美味しい!」と感じて戴けましたら幸いです。

スポンサーリンク

Check Also

76d561ed256cc63979a7262c9c561260_s

沖縄でアメリカを感じる美浜アメリカンビレッジを120%楽しむ方法をご紹介

那覇空港から車で約40分。沖縄 …