Home / 沖縄観光 / 沖縄で地元ならではの銭湯を楽しむ!沖縄でのんびり浸かってみたい銭湯6選

沖縄で地元ならではの銭湯を楽しむ!沖縄でのんびり浸かってみたい銭湯6選

「銭湯」は沖縄の方言で「ゆーふるーやー」と言います。最盛期には県内に300軒ほどあったと言われる「ゆーふるーやー」ですが、なんと現在ではたった1件を残すのみになってしまいました。建物の老朽化や客数の減少により、廃業を余儀なくされてしまったようです。

そんな貴重な県内唯一の「ゆーふるーやー」とともに、地元で人気のスーパー銭湯などのお風呂が楽しめる施設をご紹介します。のんびり浸かって気分をリフレッシュするとともに、地元の人たちとお喋りを楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。地元の人しか知らない耳寄り情報が聞けちゃうかもしれません!

スポンサードリンク

1.中乃湯

沖縄県唯一の「ゆーふるーやー」が中乃湯です。沖縄市安慶田にあります。店主のシゲさんが笑顔で迎えてくれる昔ながらのアットホームな銭湯で、紺地に白く「中乃湯」と染め抜きした暖簾が目印です。

沖縄のゆーふるーやーで最も驚くべき点は、脱衣所と浴場の仕切りがないことです。本土では見慣れないので初めは驚きますが、地元の常連客が脱衣所と浴場に分かれても、まだ楽しそうにお喋りをしているのを見ていると、のんびりと和んでしまいます。

中乃湯の浴場は、中央に「湯池」と呼ばれる浴槽があり、お湯は温泉とのことです。少しとろみのある質感で、「お肌がツルツルになる」と常連客から長く愛されています。

沖縄の銭湯ではお湯に浸かるだけでなく、ゆんたく(お喋り)することも目的のひとつです。中乃湯でも店主のシゲさんと常連客のおばぁたちが楽しくゆんたくしていますので、交ざってみるのも楽しいですよ。のんびりお湯に浸かって、のんびりゆんたく、これぞ正しき沖縄の銭湯です。

住所:沖縄市安慶田1-5-2
定休日:木曜・日曜
営業時間:15:00~21:30

2.天然温泉 りっかりっか湯

那覇セントラルホテル内にある、地元の方々にも人気のスーパー銭湯です。「紫雲泉」と「桃源泉」、コンセプトの異なる2ヶ所の温泉施設があり、日替わりで男湯・女湯が変わります。露天風呂や、マッサージ効果が楽しめる癒しのお風呂が堪能できます。

美肌効果を期待できる塩を使ったソルティサウナや岩盤浴、マッサージコーナーもあり、女性から絶大な支持を得ています。

「癒し」がテーマのスーパー銭湯となっていますので、のんびり浸かって日頃の疲れをとるのに最適です。平日は大人1,000円からとリーズナブルに利用できるのも、観光客のみならず地元の方々にも人気の理由のひとつとなっています。

お食事処「ゆんたく」では沖縄ならではの家庭料理が味わえるのも魅力です。のんびりお湯に浸かった後に地元の料理が堪能できる、お得なスーパー銭湯となっています。

住所:那覇市牧志2-16-36
電話番号:098-867-1126(りっかりっか湯・直通)
定休日:年中無休
営業時間:6:00~23:00(最終受付 22:30)

3.琉球温泉 瀬長島ホテル 龍神の湯

那覇空港からも近い瀬長島ホテル内にある温泉施設で、日帰り入浴も可能です。瀬長島の地下1,000mから湧き出る天然温泉は湯量も豊富で体の芯から温まることから「子宝の湯」と言われ、地元の方々から観光客まで幅広いお客さんが訪れています。

こちらは何と言っても、露天風呂から眺める景色の良さが自慢です。沖縄のエメラルドグリーンの海を眼下に眺めながら、お風呂を楽しむことができます。時間を忘れてのんびり浸かれるので、沖縄ならではの美しい景色を堪能したい方には、おすすめのお風呂です。

住所:豊見城市字瀬長174番地5
電話番号:098-851-7167
営業時間:6:00~24:00(最終受付23:00)
定休日:年中無休

4.浦添の湯

スポーツクラブ「ジスタス」内にあるお風呂ですが、誰でも利用できます。地下1500mから汲み上げる海水温泉が堪能できるのが特徴です。サウナやマッサージルームも完備されており、のんびりとくつろぐことができます。

平日は9:00~17:00・20:30~22:30、土日祝は9:00~12:00がサービスタイムとなっており、この時間帯は中学生以上630円とお得に利用することができるので、おすすめです。

住所:浦添市沢岻2-23-1
電話番号:098-878-1122
営業時間:月~土9:00~22:30  日・祝日9:00~21:00
定休日:毎月第2火曜日 ※変更あり

5.エナジック 天然温泉アロマ

宜野湾市にあり、宜野湾大山の地下1,300mから採取した天然塩化物泉が堪能できるスーパー銭湯です。日本庭園を眺めながらゆっくり浸かれる広々とした露天風呂が最大の目玉となっており、地元の方々も多く訪れます。目の前には沖縄の海が広がり、明るく開放的な雰囲気です。

付近には普天間宮やトロピカルビーチなどがあるので、観光や遊びに疲れた際に立ち寄って、のんびり浸かるのがおすすめです。

施設内の茶屋「南乃畑」では、軽食を用意。温泉後にひといきいれてみてはいかがでしょうか。

住所:宜野湾市大山7-7-1
電話番号:098-898-1126
営業時間:8:00~22:00 (最終受付21:00)
定休日:年中無休

6.みやこの湯(宮古島温泉)

沖縄の離島にもお風呂を楽しめるところがあります。そのうちのひとつが宮古島です。沖縄の中でも透明度が高く美しい海が楽しめることで有名な宮古島で、のんびりお風呂に浸かって身も心もリフレッシュしてみませんか。

宮古島温泉では、宮古島の地下から湧き出る神経痛や関節痛に効く温泉が堪能でき、療養のために訪れる人もいるといいます。

1階の大浴場では、露天風呂や打たせ湯、サウナを堪能することができます。2階は岩盤浴が楽しめます(※2021年1月現在2階は休止中)。

住所:宮古島市平良字東仲宗根添1898番地19
電話番号:0980-75-5151
営業時間:平日 10:00~22:00 土日祝日 8:00~22:00(最終受付 21:00)
定休日第3水曜日

まとめ

ゆーふるーやーからスーパー銭湯、温泉までご紹介してきましたが、どの場所も沖縄でしか味わえない魅力や雰囲気があります。のんびり浸かって地元の方々とゆんたくすれば、気分はすっかりうちなーんちゅです。

特に、沖縄県唯一のゆーふるーやー中乃湯は、他にはない沖縄独自の銭湯文化が味わえますので、なくなってしまう前にぜひ訪れてみることをおすすめします。

沖縄の銭湯をはじめとする様々なお風呂を楽しんで、楽しい思い出を作ってくださいね♪

スポンサーリンク

Check Also

琉球王朝時代にタイムスリップ!石垣島「宮良殿内」のご紹介

石垣島は、沖縄県内の離島でもダ …