Home / 沖縄観光 / 日本のハワイ、沖縄を行く!おすすめスポット5選
沖縄 物/お土産 ビーチ 琉球ガラス

日本のハワイ、沖縄を行く!おすすめスポット5選

数多くの人が沖縄に行きたい!と思ったことがあるのではないでしょうか?

ですが、いざ行くとなった時に、どこに行けばいいか分からずに迷ってしまったことはありませんか? そんなあなたのために今回は沖縄に行く時に、おすすめのスポットを5つに厳選してみました!沖縄旅行へ行って、もしどこに行くか迷った時の参考にしてみてください!!

スポンサードリンク

沖縄の名所

342e30387aad26280b2868eeab6fbf6c_s

沖縄には、数々の観光名所があります。それは、沖縄の本島だけではなく、各島々にもあるのです。今回は数多くある中から5つ厳選しています。

1.沖縄美ら海水族館

a9b631b36610a3e835fc10786b773234_s

沖縄にある豊かで美しい海に生息している海洋生物を鑑賞することが出来る沖縄といえばここ!と言っても過言ではないような観光スポットです。

世界最大級の大きさを誇っている魚、ジンベイザメや世界で初めて、ここ美ら海水族館で繁殖に成功したナンヨウマンタなどが悠々と巨大水槽内を泳ぎ回っていてとても迫力があります。

このジンベイザメやマンタがいる巨大水槽は美ら海水族館で最も有名であるほどに有名ですが、実は見どころはそれだけではありません。

深海の謎に迫る「深海の海」という水槽や「サンゴの海」といった屋根がなく、朝昼晩とすべてにおいて違う表情を見せる水槽も見どころの一つです。

昼間に活動している魚や夜行性の魚など常に隠れている魚などもいて探しているだけで時間があっという間に過ぎていってしまいます。

ぜひ沖縄を訪れた際は1度でも訪れてみてください。きっと思い出に残りますよ!

営業時間:3月~9月8:30〜20:00、10月~2月8:30〜18:30
定休日:12月の第1水曜日とその翌日
料金:大人1850円 高校生1230円 小中学生 610円

2.首里城公園

48b203384890a443aa8db121124db4f2_s

修学旅行などで行った方も多いのではないのでしょうか?この首里城は、琉球王国時代の文化の中心、政治の中心であったといっても過言ではありません。

日本と中国の建築文化をミックスして作られており、それぞれの特色が盛り込まれています。ほかの建物にはない建築様式や石組み技術が使われており、世界の中でも非常に価値があるとされています。そのために、2000年には世界遺産として登録されました。

この場所にある建物の殆どが再建されているものなのですが、和風と中華風を織り交ぜているようなとても独特で不思議な世界観や雰囲気を感じられるものです!

さらに、毎週水曜・金曜・土曜・日曜・祝日には華麗な琉球舞踊が披露されています。

名称:首里城公園
営業時間:(4月~6月、10月~11月)8:00~19:30、(7月~9月)8:00~20:30(12月~3月)8:00~18:30
料金:大人820円、高校生620円、小中学生310円

3.国際通り

6ac2f68ddd0e51a2e995eccc4f364114_s

沖縄のメインストリートと言っても過言ではない通りです。パレットくもじ前の交差点から安里三叉路までの道のりがこの国際通りです。約1.6kmの通りには両脇に土産物屋や料理店、デパートなどがあり賑わいを見せています。

スイーツやお料理の美味しいお店だけではなく、お土産を物色しても楽しいです!そして路面に並ぶお土産だけでなく建物の2階や3階にあるお店も覗いてみると思わぬお気に入りが発見できるかも…?

さらに、少し裏手に回ると、平和通りや「沖縄の台所」と呼ばれている牧志公設市場などが隣接しています。
地元住民の生活に少しだけ触れることができますよ!

とにかく何をしてても楽しい国際通りは、その場にいるだけで時間があっという間に過ぎてしまいます。

名称:国際通り

4.琉球ガラス村

48c39491b36fd3eccdabf9f095ab8366_s

沖縄に来て、何か記念に残るものが欲しい!という方はここを訪れるべきです!

ここでは、琉球ガラスがあるのですが、全国的にとても有名な鮮やかな色だけではなく、他にはあまりない質感が目印の琉球ガラスが沢山あります。ひとつひとつに丹精を込めて作られているガラスには目を奪われます。

さらに、この琉球ガラス村には琉球ガラスのコップを自分で作れる体験教室も開催されています。作業時間は5分程度で、とても簡単に思い出の品を作ることができます。

もしやりたいなって思った人は、二日前までに予約を忘れずにお願いします!(費用:.1500円送料別途)

さらにこのガラス村にある、ガラスショップは工場直売店なのでここでしか手に入らない限定品やたった今出来たような出来立てほやほやの新作などにも簡単に出会うことができます!

アウトレットなどでは試作品やわけあり商品なども見れるため、掘り出し物が見つかるかもしれません!

現在では有名になった、琉球ガラスですが、歴史はなんと明治時代までさかのぼります。長崎や大阪のガラス職人により伝えられた琉球ガラスは戦後に米国兵が使っていたコーラ瓶などの色つきガラスを再利用したものでした。そのデザインが観光客にウケて、現在に至るほど有名になったのです

名称:琉球ガラス村
営業時間:9:00〜18:00
定休日:なし
料金:入場無料

5.古宇利島&古宇利大橋

16edb96441fa35d34cde810fea476700_s

実は沖縄には、本島から車で渡れる距離にある離島があります。それもまた沖縄の魅力の一つなのですが、この古宇利島もそんな離島の一つです。
古宇利島と沖縄本島を結ぶ古宇利大橋が出来てから、古宇利大橋を渡りながら、その絶景を楽しむというドライブコースが定番になるほど綺麗な場所です。

そして、沖縄版のアダムとイブの伝説が残る島でもあります。
実は古宇利島には別名があり、それは恋島と呼ばれています。というのも、アダムとイブがこの島で暮らしていたという伝説が残っていることから恋島と呼ばれているのです。

子宝祈願をするための神聖な場所とされているため、パワースポット感覚で行くこともいいのですが、あまり軽い気持ちで行くことはおすすめできないかもしれません。沖縄本島の人ですら古宇利島に入る時は地元の方に許可を得るそうなのです。

さらに訪れるルールもあります。
・本当に子どもを授かりたいと思っている人のための場所
・男子禁制の場所
・お参り方法をしっかり理解して行く場所
・地元の方と合った時は一言了解を得る。

それ以外にも、映画や、CMなどのロケ地としてとても多く活用されています。

さらにはあたり一面に広がる広大な綺麗な海は透明度が高く、言葉に形容し難い絶景なのでぜひ訪れてください!ここだけはどうしても外したくない!という気持ちが強くなります!

CMで一際話題になった古宇利島のティーヌ浜にある二つの岩。この岩が重なると綺麗なハートの形に見えるのです!カップルに人気のこのハートロックも、ぜひ見て欲しいスポットの一つです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?沖縄には数えきれないほど魅力的な観光スポットがありますが、まずは定番の観光スポットを回ることで沖縄の魅力を感じることができるようになります。

今回は沖縄にある観光スポットを厳選してご紹介させていただきました。本当はもっと多くの観光スポットがあり、どれも甲乙つけ難いのですが、勝手ながら私の独断で選びご紹介させていただきました。

家族でもカップルでも友達同士でも楽しめる沖縄。とても綺麗な海や景色で仲が深まること間違いなしです!今回選んだ観光スポットは、どこもいいものや、いいところばかりです。ぜひ沖縄を訪れた際は、立ち寄ってみてください!

歴史ある由緒正しき沖縄できっと忘れられない大切な思い出ができることでしょう!

スポンサーリンク

Check Also

沖縄  アクティビティ ダイビング

沖縄本島のおすすめダイビングショップ4選とダイビングスポット5選

みなさんは沖縄「本島」のダイビ …