Home / 沖縄グルメ / 沖縄名産のあの食材を使った沖縄スイーツが食べたい!
沖縄 食べ物  フルーツ

沖縄名産のあの食材を使った沖縄スイーツが食べたい!

沖縄の熱い日差しを浴びて育った果実は、色づきも良く、甘みも最高級。完熟したマンゴーやパイナップルは、そのまま食べても絶品の味わいです。でも、そんなフルーツをさらに美味しく“スイーツ”にしてしまったら…ほっぺたが落ちること間違いありません!

でも、忘れてはいけないのが、フルーツ以外の名産品。マースや島とうがらしなども、沖縄では絶品スイーツにしてしまうんです。ギラギラと輝く灼熱の太陽をたっぷり浴びたら、沖縄名産の絶品スイーツで涼みながら、一休みしてみてはいかがでしょうか。疲れた体に元気を与えて、心も体もリラックス&エネルギーチャージしてあげましょう。

スポンサードリンク

沖縄名産品の絶品スイーツ4選

まずご紹介するのは、沖縄名産品を使った絶品スイーツが楽しめる専門店。各店舗のこだわりの詰まった味を堪能できるのは、ココだけ!沖縄旅行でしか味わえない本場の味を食べに出かけてみてください。

オハコルテ港川本店

浦添市の港川外人住宅街に本店を構えるタルトケーキのお店、「oHacorte(オハコルテ)」。沖縄県産のフルーツや、県内外から厳選したフルーツを取り寄せて作るタルトは、見た目も可愛らしく食べきりやすいサイズ。季節によって旬のフルーツタルトを作っているため、何度立ち寄っても、その時に一番美味しいフルーツを味わえるのが人気の秘密。

eb93fb1197c76dc3c1ccb07a7b290d7d_s

なかでもオススメなのは、大宜味村産のシークワァーサーを使った「ヒラミーレモンケーキ」。こちらはタルトではなく焼き菓子ですが、沖縄本島北部・大宜味村の太陽の恵みがたっぷり詰まった、爽やかな味わいです。沖縄の伝統菓子“レモンケーキ”を新しく作りあげた味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

オハコルテ港川本店
住所:沖縄県浦添市港川2丁目17-1 #18
問合せ:098-875-2129
営業時間:11:30~19:00

フルーツパーラー 琉冰(りゅうぴん)

 68f207351e19d0904a9cfb500c94a04f_s

沖縄のトロピカルフルーツを使ったジュース、スムージーや、かき氷(ぜんざい)などを販売するフルーツパーラー。ドライブや観光の途中で立ち寄りやすい、国道58号線沿いの道の駅「おんなの駅」の中にあります。台湾かき氷を改良し、ふわふわの氷に仕立てたかき氷は、大きくてボリュームたっぷり。

おすすめは、「トロピカルフルーツのアイスマウンテン」。かき氷の上に、沖縄県産のトロピカルフルーツをふんだんに乗せ、沖縄ではお馴染み“ブルーシールアイスクリーム”をトッピングしたボリューム満天の一品。一人では食べきれない大きさなので、誰かと2人で、家族で仲良くでも良いですね。

住所:沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9 おんなの駅内
問合せ:098-965-6093
営業時間:10:00~19:00
定休日:年始

うるまジェラート

有機野菜や減農薬素材にこだわった沖縄県産品をふんだんに使い、添加物を一切使用しない製法で人気を集めるジェラート屋さん「うるまジェラート」。宜野座村産の「マンゴーソルベ」、うるま市産紅イモの「スイートポテト」、大東島産ラム酒&ドラゴンフルーツを使用した「ピンクのラム」など、そのメニューは18種類!

その中でも、特におすすめしたいのが沖縄県産の有機島とうがらしを使用した「島とうがらし」。一口食べてみると、ベースのミルクアイスの甘さを感じた後、のどの奥にピリッと感じるアクセントが病みつきに。ぜひ、うるま市や海中道路の観光をした後に、立ち寄ってみて下さい。

うるまジェラート
住所:沖縄県うるま市与那城照間1860-1
問合せ:098-978-8017
営業時間:11:00~18:00 (夏季週末のみ10:00~18:00)
定休日:年末年始

塩屋 平和通り店

沖縄名産品で忘れてはならないのが「塩」。おきなわでは「マース」と呼ばれ、家庭料理でも愛されています。沖縄の美しい海水から精製する塩は、しょっぱさの中に甘さが隠れていて、沖縄ならではの味をもっています。その塩にこだわりを貫く名店が「塩屋(まーすやー)」。沖縄県内各地に店舗を構えています。

その中でも今回ご紹介したいのは、「塩屋 平和通り店」。こちらでは、暑い季節に嬉しい“雪塩ソフトクリーム”を販売しています。後味スッキリのミルクソフトに、店頭に置かれている数種類の塩をかけて、自由なトッピングで頂くことができます。ハイビスカスの塩や島とうがらしの塩、島こしょう塩などありますが、やはりおすすめは雪塩。沖縄こわだりのシンプルな味わいをぜひ。

塩屋 平和通り店
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-59
問合せ:098-860-6405
営業時間:10:00~21:00

沖縄・観光名所の絶品スイーツ3選

沖縄には沢山の観光スポットがありますが、どの観光施設にも、沖縄らしい食べ物やスイーツが販売されています。観光で周るだけではなく、そこでしか食べられない味も味わってみてはいかがでしょうか。人気の観光名所“沖縄フルーツランド”“御菓子御殿”“琉球村”の沖縄名産スイーツをご紹介します。

OKINAWAフルーツらんどのフルーツカフェ

 7dfdd16d924c12e636db5d00da654d8e_s

沖縄のフルーツ目当ての旅なら、絶対に欠かせないのが「OKINAWAフルーツらんど」。こちらの中にある「フルーツカフェ」では、トロピカルフルーツをふんだんに使ったパフェや、フルーツの盛り合わせ、焼きフルーツなどを頂くことができます。フルーツカフェだけの利用ができるのも嬉しいポイント。

ぜひ挑戦して頂きたいメニューは、「フルーツアドベンチャー」&「フルーツマウンテン」。たくさんのブルーシールアイスクリームの上に、これでもかと言うほどフルーツが乗ったパフェで、一人では食べきれないほどの大きさです。旅行の思い出に、南国らしい大盛りパフェで、トロピカルフルーツの味を確かめてみてはいかがでしょうか。

OKINAWAフルーツらんど
住所:沖縄県名護市字為又1220-71
問合せ:0980-52-1568
営業時間:9:00~18:00

御菓子御殿 読谷本店

030bc49c656bc8113e3d4dca4f06b813_s

お土産としても人気の高い“紅いもタルト”で有名な「御菓子御殿」。残波岬からすぐの距離にある読谷本店には、カフェが併設されており、沖縄民謡の流れるゆったりとした空間で、紅芋スイーツをゆっくり味わうことができます。

おすすめは、なんといっても「紅いも生タルト」。定番お土産の紅いもタルトは、レンジやトースターで温めると更に美味しいのですが、紅いも生タルトはヒンヤリ冷たく、生クリームを使った一品。店頭で1個から購入することもできますが、カフェでゆっくり味わうことができるのは、御菓子御殿の大型店ならでは。ぜひ本店へ足を運んでみて下さい。

御菓子御殿
住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座657-1
問合せ:098-958-7333
営業時間:8:30~21:00

琉球村のポーポー屋

77ae13bd8aa2878ba5fd09967b36945b_s

シーサー作りや三線教室など、数々の沖縄文化を体験できる「琉球村」。中に入るだけで、昔の沖縄を体感することができ、沖縄旅行の醍醐味を感じさせてくれる場所。この琉球村にも、訪れるならぜひ味わって欲しい沖縄のスイーツがあります。

そのスイーツは、沖縄に古くから伝わるお菓子の名をとった「ポーポー屋」にあります。こちらでおすすめするのはポーポーではなく、「さとうきびジュース」。注文をしてから、目の前で絞ってくれる新鮮なジュースは、深い甘みで女性に人気。琉球村では、さとうきびの収穫体験でジュースが飲めるコースもありますので、お好みに合わせて選んでみて下さい。

琉球村
住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130 琉球村内
問合せ:098-965-1234
営業時間:8:30~17:30

沖縄名産の食材で♪絶品沖縄スイーツ!

沖縄のスイーツといえば、定番のトロピカルフルーツを使ったものが人気ですが、フルーツ以外の名産品でも美味しいものがたくさんあります。沖縄でしか食べられない味を求めて訪れるのも、ふと観光地を立ち寄った時に足を伸ばしてみるのも良いですね。一番好きな沖縄スイーツと、ぜひ出会って下さいね。

スポンサーリンク

Check Also

7150d121dadcf8f85c9d330e96f262e0_s

沖縄発!ピーチパインの魅力

沖縄生まれで、沖縄だけでつくら …