Home / 沖縄観光 / 沖縄を楽しむにはこれは外せない!沖縄を心から楽しむためのポイント
沖縄   下地島空港

沖縄を楽しむにはこれは外せない!沖縄を心から楽しむためのポイント

4aa9119dd47bdb52badd75cde77a4a95_s

沖縄に旅行することが決まると心がはずむように楽しみになりますよね。沖縄を最大限心から楽しむためにも、まずこの南国情緒ゆたかな島国での観光スポットをチェックしましょう。沖縄本島でその歴史を巡るのもいいでしょうし、離島に渡って思いっきりダイビングを満喫するのも素敵です。

また食べ物も定番の「沖縄そば」から「タコライス」といった、沖縄に行ったら一度は食べておきたいB級グルメも見逃せません。

本記事では沖縄旅行を心から楽しむための見どころ、スキューバなどのマリン・スポーツに代表されるレジャー、そして沖縄ならではの食べ物について、外すことのできないポイントをご紹介していきます。

本記事と一緒に沖縄を心から楽しむためのポイントを押えて、最高の沖縄旅行にできるように準備していきましょう。

スポンサードリンク

沖縄本島での沖縄を楽しむポイント

48b203384890a443aa8db121124db4f2_s

沖縄は最近では、日本国内だけでなく海外からも注目されている観光地です。離島も見どころが満載ですが、まずは何と言っても沖縄本島です。

沖縄北部(恩納村・金武町以北)

沖縄は南北に細長いかたちをしています。恩納村や金武町よりも北側の地域は、中部や南部とくらべて自然がたくさん残っているのが特徴です。ですからもし沖縄の自然をまず満喫したいとお考えでしたら、沖縄本島の北部を訪れることを考えましょう。

沖縄中部(うるま市・沖縄市・北谷町・中城村ほか)

沖縄の中部には多くの米軍基地が存在します。そのためアメリカ合衆国の文化的な影響を受けており、あちこちにその色合いが濃く残された地域があります。中でも「海中道路」はその最たる場所でうるま市に位置するこの海岸道路は、沖縄本島の中部・東海岸では定番のドライブコースとなっています。

沖縄南部(那覇市・その他の浦添市以南)

沖縄の南部は沖縄県庁が所在する地域です。ここは北部と比べて平な地形で、第二次世界大戦での戦争の傷跡がたくさん残る歴史的な場所です。那覇市でゴールデン・ウィーク中に行われる「那覇ハーリー」は漁港のお祭りで、豊漁と海の安全を祈願して行われており、これも大きな見どころになっていまs。

沖縄離島での沖縄を楽しむポイント

95616fb1755181b52f8fb8fe6c7a8c48_s

上記の沖縄本島での観光も魅力あふれる素敵な旅ができますが、せっかく沖縄に来たのなら「離島」にも是非行くべきです。「本島」とはまた違ったゆったりとした時間が流れ、その流れにご自分の身を委ねると、日ごろの疲れもすっかり癒されることでしょう。

石垣島

石垣島は沖縄諸島の中で三番目の大きさの島です。ここは亜熱帯のトロピカルな自然でいっぱいの島で、一歩市街地から足を外すとそこには赤レンガの屋根が乗っかった民家が軒をつらね、濃い緑の亜熱帯植物と色彩が豊かな草花で一杯です。

宮古島

沖縄本島から南西に位置する宮古島は、トライアスロンが開催されることでも有名です。この島はサンゴが隆起して出来上がっており、山や川がないために海に土砂が流れ込まないので、透明度の高い海水が特徴です。

その透明度は東洋一だと言われており、マリンスポーツのメッカとなっています。また近くに点在する池間島や来間島などの小さな島々に行っても、同様の楽しみがあります。

沖縄そばの沖縄を楽しむポイント

e061d0005d6e1323d5f6885b048962ec_s

沖縄の名物をひとつだけ挙げるとすれば、何といっても「沖縄そば」です。ですから、一度沖縄に足を運ぶのであれば、これを是非食べて味わいたいものです。「沖縄そば」は本島・離島のどこにっても食べられますが、沖縄本島の首里市しある「首里そば」が人気ランキングの一・二位を争うものです。

当然手打ちそばですから、噛み心地があり、噛むごとにその旨みがあふれ出てかつおだしのマイルドな麺汁と三枚肉が三味一体となって、独特の味わいがするのです。

沖縄のB級グルメの沖縄を楽しむポイント

f2ba96e72587b8a1dd66e74acebd590f_s

沖縄でB級グルメを堪能したいと思ったら、まずは沖縄本島がおススメです。空港の中で帰りのお土産を少し物色して、その後はモノレールで美栄橋に移動します。

国際通りに出てそこを横切ると、そこに続くのが第一牧志公設市場に向かう市場本通りに着きます。まずはここから探索を始めましょう。

さすが南国らしい果物やスイーツの品々が店先に並んでいます。市場本通りにある商店街を歩いて行くと、公設市場の入り口が見えてきます。

その中に入ると、そこにはとても新鮮な魚や肉類が軒先を並べています。とにかく「マーケットに来たんだなぁー!!」という感がいが沸いてくること間違いなしです。

沖縄のB級グルメの中でも有名なのが、「スーチカー」です。肉好きにはたまらないホルモンもたくさん陳列されています。乾物屋もあり、どれをとってもB級グルメにとっては最高の品選びの時間を過ごすことができます。

昼食は第一公設市場の二階にある食堂に行ってみましょう。まずはオーソドックスなメニューとして「てびちから」です。「オリオンビール」を片手に至極のひと時の到来です。そして仕上げは何と言っても「沖縄そば」と「ソーキそば」です。

次に夕食におススメなのは「我那覇(ガナハ)焼肉店」です。午後三時から営業を始めており、午後七時までの間にとてもうれしいサービスがあります。一人三百円程度で「お通し」が出てきて、一杯百円の「オリオンビール麦職人」です。生の「豚刺し」も食べることができます。それは「豚の喉笛」、「豚の肝」そして豚のブレンズ(脳)」などです。

もう一軒のおススメは、国際通りのライブショーのお店が並ぶ先の一角にある「ちぬまん」というお店です。ここは、「白身魚」の刺身と「ミミガー」と「もずくとじーまみー豆腐」のお通しが出てきます。ライブショーは、午後七時、八時、九時から行われ、店内の全員で一緒に歌い、踊ったりととても楽しい夜を過ごすことができるのです。

沖縄みやげの沖縄を楽しむポイント

47a5905d536c522b609a593a5d9324f8_s

沖縄で定番のおみやげですが、沖縄の「雑貨」といえば「シーサー」や「琉球ガラス」です。「シーサー」は沖縄に建つ家の門柱や屋根の上によく載っているため、その姿が有名になりました。

「シーサー」は大きいイメージがありますが、お手頃サイズの「シーサー・グッズ」もたくさん販売されています。「琉球ガラス」も色鮮やかで独特の形状をした沖縄では伝統の工芸品となっています。コップや花瓶など、また箸置きとしても人気が高いです。これを作っている工房によっては、体験制作した手作りの「琉球ガラス」をお土産にして持ち帰ることもできます。

沖縄のアクセサリーとして、これも有名なのは「星砂」です。これは有孔虫の化石がちょうど星の形をしているからです。沖縄ではこの「星砂」は縁起がいいものとして重宝がられています。

海がきれいな沖縄を思い出すのにも最適な「星砂」を小瓶やキーホルダーにしておみやげにするのも素敵です。「沖縄のハンドメイドショップ」がたくさんあり、沖縄ならではの素材を活かしたアクセサリーが制作・販売されています。沖縄を旅行した記念に、また特別な人へのプレゼントにも最適です。

沖縄に行った記念のお土産を購入するには、やはり沖縄本土の「国際通り」の「ハンドメイドショップ」が一番でしょう。その商品はひとつひとつがとても丁寧に作られており、沖縄の魅力をこれに凝縮しているものばかりです。また通信販売も行っており、インターネットで限定商品などの販売も行っています。

沖縄が好きでここを旅行したのでしたら、この南国島国での体験をご自分の記憶に留めておくために、この「ハンドメイドショップ」で買い物をされるといいでしょう。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …