Home / マリンスポーツ / フィーッシュ!!沖縄で釣りを楽しめる釣りスポット8選
1

フィーッシュ!!沖縄で釣りを楽しめる釣りスポット8選

1
出典:plala

沖縄の市場に行くとよく見かける、赤色や青色、シマシマ模様など“キャラの濃い”魚たち。「これ食べれるの?」と疑問に思ったことありますよね。

日本本土とは違った亜熱帯気候の沖縄では、澄み渡った海で泳ぐ魚たちも熱帯特有。釣り上げると青から真っ赤に変わる、県魚「グルクン(タカサゴ)」やスカイブルーの「イラブチャー(ブダイ科の魚)」など色トリドリです。

今回は、そんな個性溢れる沖縄の魚たちが釣れる“釣りスポット”を沖縄本島北部・中部・南部、そして、離島にわけてご紹介します。沖縄の海を満喫する海のアクティビティーとして“釣り”もおすすめですよ。

スポンサードリンク

沖縄本島北部

県内屈指の“トカジャー”ポイント「安田漁港」

2
出典:okituri

沖縄本島北部、国頭村の東側にある「安田漁港」。県内屈指の“トカジャー”ポイントとして知られているほか、大物から小物まで、釣れる魚の種類も多く、釣り初心者から上級者まで、幅広い人気を集める釣りスポットです。“トカジャー”とは、クロハギもしくはカンランハギのこと。体は薄茶色で、目の後ろに黒い点があるのが特徴。お刺身で食べても魚汁にしても美味しい魚です。

また、「安田漁港」は“魚影が濃いこと”でも有名。“魚影が濃いこと”とは、釣り用語で、水中の魚の数が多いという意味で、特に多種類の大型魚が多くいる場所を表わす時に使う決まり文句です。この釣りスポットで、主に釣れる魚は、トカジャー、尾長グレ(クロメジナ)、イラブチャー、グルクンなど。運がよければカツオが釣れることもあるんだとか。

釣り方も、フカセ釣り、打込み釣り、カゴ釣り、ルアー釣りと色々楽しめます。場所は沖縄県国頭郡国頭村安田114-6。アクセスは許田ICから車で約1時間40分。先端付近の防波堤は高いため、ご注意を!

絶景の人気観光地で釣りを楽しむ!「万座毛」

3
出展:jtrip

沖縄を代表する絶景スポット、国頭郡恩納村の「万座毛」。18世紀末、琉球王の尚敬がこの地を訪れ、“万人を座するに足る毛(原っぱ)”と賞賛したのが名前の由来です。

観光名所のイメージが強い万座毛ですが、実は裏万座と呼ばれる釣り場があります。駐車場のトイレ脇にある農道を5分ほど歩き、海に向かって進んだ先に、通称“釣り小屋”と呼ばれる小屋があり、そのすぐ北側が釣りポイントになっています。

釣れる魚は、尾長グレ、トカジャー、イラブチャー、グルクン、ナガイユ(ツムブリ)、ヒレーカー(テングハギモドキ)など。回遊魚も狙え、カツオも釣れるんだそう。場所は沖縄県国頭郡恩納村万座毛。アクセスは許田ICから車で24分。ダイビング船や水上バイクにはご注意を!

沖縄本島中部

冬には大型“チヌ”が釣れる「泡瀬漁港」

4
出展:okituri

本島中部屈指の“チヌ”ポイントとして知られる、沖縄市にある「泡瀬(あわせ)漁港」。“チヌ”とはミナミクロダイのことで、刺身、塩焼き、魚汁にして食べるとおいしく、とても人気の魚。市場では値段もすこし高めです。“チヌ”を狙うなら冬がベスト。水温が最も低くなる1月から3月に産卵期をむかえ、11月ごろから岸近くの浅場に接近してくるのだそう。

砂地の地形のため根掛かりしにくい「泡瀬漁港」は、 打ち込み釣りからウキ釣りまで様々な釣り方が楽しめます。車を横付けできるポイントもあって便利です。場所は沖縄県沖縄市泡瀬1-11。 アクセスは中城ICから車で約20分。

ファミリーにもベテランにも人気!「新夢咲公園」

5
出展:okituri

本島中部の人気釣りスポットのひとつ、うるま市の「新夢咲公園」。車が横付けできて、家族連れにも人気です。チヌやガーラ(オニヒラアジ)、大型のカーエー(ゴマアイゴ)などが釣れ、魚の種類も多い場所です。

黄色の斑点が特徴のカーエーは、アイゴの中でも大きくなる種類で、お刺身で食べるとおいしく、人気の魚。しかし、背びれと腹びれに毒があり、刺されるとしばらく痛みが残るそうなのでご注意を!場所は沖縄県うるま市州崎8-11。アクセス北中城ICから車で25分。

沖縄本島南部

隣にビーチがある「志喜屋漁港」

6
出展:ameblo

南城市知念志喜屋にある「志喜屋(しきや)漁港」。漁港のすぐ隣にはビーチもあって、キャンプフィッシングも楽しむことができるため、アウトドア好きのファミリーに人気の釣りスポットです。

砂地が多いため、打ち込み釣りではタマン(ハマフエフキ)やガーラ(アジ)、ウキ釣りではカーエー(ゴマアイゴ)などが狙えます。また、漁港内ではボラやヤマトビー(ニセクロホシフエダイ)など小型の魚が多くいます。場所は沖縄県南城市知念志喜屋40。アクセスは那覇空港から車で約50分。

キスとタチウオ釣りで有名「馬天港」

7
出展:blogs.yahoo

同じく南城市の佐敷津波古にある「馬天港(ばてんこう)」。大きなキスとタチウオの釣り場として超有名な釣りスポットです。

投げ釣り、垂らし釣り、ウキ釣り、ルアー釣りなど色々な釣りが楽しめ、釣りポイントも多数あるため、初心者からベテランまで様々なレベルの人に対応してくれます。キスとタチウオのほかに釣れる魚はカーエー、ボラ、チヌなど。場所は沖縄県南城市佐敷津波古400-81。アクセスは那覇空港から車で約30分。那覇からのアクセスが良いため、休日には多くの家族連れで賑わっています。

離島

のんびり楽しむ離島の魚釣り「座間味港」

8
出展:blog.goo

沖縄本島南西に位置する慶良間諸島のひとつ「座間味島」。那覇市の泊港北岸から高速艇フェリーで約50分のところにある島です。夏はダイビングなどのマリンスポーツ、12月中旬から3月ぐらいまではホエールウォッチングを目的に多くの観光客が訪れます。

そんな座間味島の海の玄関口となるのが「座間味港」。遠浅の漁港なので、ウキ釣りやルアー釣りの“のんびり系”の釣りが主流。釣れる魚はクワガナー(シマイサキ科の魚)、ジューマー(キンチャクダイ科の魚)、カタカシー(ヒメジ科の魚)などの小物が釣れます。

また、「座間味港」のそばには、真っ白な白浜と透明な青い海の対比が美しく、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星に輝いた「古座間味ビーチ」もあり、美しい海に囲まれた沖縄の離島ならではの絶景を眺めながら、のんびりと釣りが楽しめます。場所は沖縄県島尻郡座間味村。アクセスは泊港北岸から高速艇フェリーで約50分。

ハートの形の島で釣り!「黒島一文字」

9
出展:rokumaru

八重山諸島にある「黒島」。石垣離島ターミナルから船で約25分のところにある周囲12.62kmの小さな島で、島の形がハート型をしていることから“ハートアイランド”とも呼ばれています。

人口約220人という黒島は、人より牛の数が多く、釣り人も少ないため、最高の景色を独り占めしながら釣りを楽しむというなんとも贅沢な時間を過ごせます。

そんな黒島を代表する釣り場が黒島港入口にある「黒島一文字」。タマン(ハマフエフキ)やカマジャー(イトヒキアジ、ロウニンアジ)などがねらえます。場所は沖縄県八重山郡竹富町黒島港。アクセスは石垣離島ターミナルから船で約25分。

沖縄で釣りをするときのポイント

日本本土の釣りとちょっと勝手が違う沖縄の釣り。熱帯に属する沖縄では、紫外線が強く、熱中症になりかねない夏の昼間には、ほとんど釣りはせず、夜釣りを楽しむのだそうです。

また、沖縄の釣り人たち曰く、“釣りやすい”日というのがあって、“気圧が上がる日がよく釣れる”、“雨があがった後、太陽が顔を出したその時が釣りの狙い目”、“黄色いハイビスカスが満開になったらよく釣れる”と言われています。

ぜひ、このタイミングを見計らって、南国の個性的な魚たちを釣り上げてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

0

久米島で最高のダイビングをするための基本情報

沖縄本島から飛行機で30分。わ …