Home / 沖縄体験 / 春は沖縄の海開きへ!おすすめ海開きイベント8選
d5939baf1b9bc04de6e04f0b5e142ee1_s

春は沖縄の海開きへ!おすすめ海開きイベント8選

一般的にまだまだ肌寒い3月ですが、沖縄の3月~4月は“海開き”のシーズン。日差しも強くなり、一足早い夏を楽しむことができます。

沖縄各地のビーチで開かれる“海開き”では、海の安全を願う祈願祭のほか、伝統芸能の奉納、ハーリー大会、子ども向けの宝探しや魚のつかみ取りなど、さまざな楽しいイベントが行われるので、観光にもおすすめです。

そこで今回は、日本一早い沖縄の海開きとおすすめビーチの海開きイベントをご紹介します。

スポンサードリンク

沖縄の海開き事情

6c1541a63cadc0634b6c1847962d0397_s

海開きって?

海開きとは、海水浴場を一般の人に開放する初日のこと。

沖縄の海開きシーズンは?

沖縄では、毎年3月中旬~4月中旬頃にかけて県内各地で海開きが始まります。※2017年の主要なビーチの海開きの日程は以下のとおり

  • 3月18日 沖縄本島中北部万座ビーチ(恩納村)、小浜島はいむるぶしビーチ、石垣島フサキビーチ、石垣島真栄里ビーチ
  • 3月19日 サンマリーナビーチ(恩納村)
  • 3月26日 オクマビーチ(国頭村)、カヌチャリゾート(国頭村)、美らSUNビーチ(豊見城市)、美々ビーチいとまん(糸満市)
  • 4月1日 ウッパマビーチ(今帰仁村)、恩納海浜公園ナビービーチ(国頭村)、残波ビーチ(読谷村)、エメラルドビーチ(本部町)
  • 4月2日 波の上ビーチ(那覇市)、イーフビーチ(久米島)、与那覇前浜ビーチ(宮古島)
  • 4月14日 サンセットビーチ(北谷町)
  • 4月15日 阿真ビーチ(座間味島)
  • 4月22日 あざまサンサンビーチ(南城市)、阿波連ビーチ(渡嘉敷島)

海開きしないと遊べないの?

海開きされていない海水浴場で泳ぐことはできるのか?一応できますがライフセーバーなどもおらず、何かあった場合は自己責任となります。

※海水浴場によっては海開き前は遊泳禁止というところもあります。

基本的に、浜辺や海のゴミや流木、ビン、ガラスの除去などの清掃作業を行い、水質や水温などを検査をして、安全が確認された後に海開きするので、海開き前の遊泳は安全のために避けた方が良いでしょう。

春に沖縄の海を楽しむために

沖縄の春は、本土と違って海開きのシーズン。海開きが行われるビーチでは、企画盛りだくさんの海開きイベントが開催されます。

海の安全を願う祈祷にはじまり、音楽ライブや花火、エイサー、組踊といった伝統芸能も披露されるので、海水浴はもちろん、海開きイベントを楽しむのもおすすめです。

3月~4月の沖縄の気候は、晴れた日には、強い日差しが照り付け、南国の暑さを感じるほどで、平均気温は20℃前後、最高気温は24度ほどになります。そのため、日焼け止めは必須!

とはいえ、朝晩は冷え込むので、ウィンドブレーカーやカーディガンなどを持って行くのが良いでしょう。

海開きと一緒に開催されるイベント3選

あざまサンサンビーチの海開きイベント

沖縄本島南部、南城市にある「あざまサンサンビーチ」。前方に、神の島と呼ばれる久高島、後ろには世界遺産「 斎場御嶽」が鎮座する、とってもパワーを頂けそうな場所にあるビーチです。

海の透明度も抜群で、シーズン中は、自慢の白い砂浜で、ビーチBBQやマリンアクティビティが楽しめます。

あざまサンサンビーチの海開きは、4月中旬。砂浜で伝統芸能の奉納や宝探しゲーム、車エビ無料つかみ取り、バナナボート無料体験など子どもたちも楽しめるイベントが行われます。

<あざまサンサンビーチ>
【住所】沖縄県南城市知念字安座真 1141-3
【アクセス】那覇空港から車で約50分

八重山の海開きイベント

日本最南西端に位置する八重山諸島では、3月中旬に、石垣市、竹富町、与那国町が各年交代で「日本最南端!八重山の海開き」を開催します。

2017年は、小浜島のはいむるぶしビーチが会場となり、海の安全祈願のほか、子どもたちによる初泳ぎ、郷土芸能、お笑いライブ、音楽ライブ、ミス八重山の発表などが行われました。

宮古島の海開きイベント

宮古島の海開きといえば、毎年3,000人以上が訪れる「与那覇前浜(よなはまえはま)の海開き」。コバルトブルーの海と全長7kmにもおよぶ白砂が自慢のビーチで、その美しさは“東洋一”と称されるほど。

例年4月の第1日曜日に行われる海開きでは、海の安全祈願、音楽ライブ、宝探し大会、島ぞうり飛ばし大会、宮古島クイズ大会など、楽しい企画が盛りだくさんです。海開きの日の初泳ぎに参加すると、「参加証明書」が記念に発行されます。

<与那覇前浜>
【住所】沖縄県宮古島市下地与那覇
【アクセス】宮古空港から車で約10分

春でも楽しめる沖縄のおすすめビーチ5選

34274eb39f3a34a8eef51ce0415001c5_s

阿波連ビーチ

東西に約800m、美しい弧を描くようなビーチが特徴の「阿波連(あはれん)ビーチ」。海開きは4月中旬で、「鯨海峡 とかしき島 海びらき」が開催されます。海の安全を祈願した後、地元青年会によるエイサー、慶良間太鼓の演舞、宝探しゲーム、音楽ライブなどが行われます。

シーズン中は、シュノーケリング、バナナボート、グラスボートやカヤック、SUP(サップ)、ダイビングなどマリンアクティビティが充実しています。

<阿波連ビーチ>
【住所】沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連
【アクセス】渡嘉敷島阿波連港から車で1分

イーフビーチ

久米島の「イーフビーチ」で開催される「久米島海開き」。「イーフビーチ」は、真っ白い砂の浜辺が2kmにもおよぶ天然のビーチで、久米島の中でも最も美しいことで知られています。その美しさは、「日本の渚 100選」にも選ばれたほど。

海開きは、例年4月上旬に開催され、海の安全祈願が行われた後、浜に流れ着いた浮き球を使った「浮き球ベースボール大会」も開催されます。

<イーフビーチ>
【住所】沖縄県久米島町謝名堂
【アクセス】久米島空港から車で約20分

喜瀬ビーチ

名護市と恩納村が隣接する「喜瀬ビーチ」で開催される海開き「ON-NA-GO 海開きin喜瀬ビーチ」。毎年3月下旬~4月上旬の間の土曜日に開催されます。

砂浜でフラダンスやエイサー、太鼓演舞が披露されるほか、マリンスポーツ体験、砂浜宝探しゲーム大会など盛りだくさんのイベントが開催されます。

<喜瀬ビーチ>
【住所】沖縄県名護市喜瀬115-2
【アクセス】那覇空港から車で約1時間5分

伊計ビーチ

うるま市に属する離島、伊計島(いけいじま)の「伊計ビーチ」で開催される海開き「伊計ビーチ海開き」。例年4月上旬から中旬頃に行われます。

伊計ビーチは、人気の観光スポットでもある伊計島と宮城島を結ぶ海中道路「伊計大橋」の少し先にあるビーチです。海開きでは、うるま市の伝統芸能「うるま天龍太鼓(てんりゅうだいこ)」をはじめ、琉球舞踊、フラダンスなどが披露されます。

<伊計ビーチ>
【住所】沖縄県うるま市与那城伊計405
【アクセス】那覇空港から車で約1時間20分

オクマビーチ

1キロメートルに渡って白砂が広がる天然のビーチ「オクマビーチ」。

例年3月下旬に海開きが行われます。海の安全と豊漁祈願する海人伝統の行事「ハーリー大会」や魚をつかみ取りする「活き魚掴み取り大会」が開催されるほか、海開きの日限定で、人気のマリンアクティビティが無料で楽しむことができます。

<オクマビーチ>
【住所】沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
【アクセス】那覇空港から車で約1時間50分

まとめ

b2537fc5a42f594181691f20c64e6fe6_s

いかがでしたか?

春に“夏”を感じることができる沖縄の海開き。年に一度の海開きの日には、安全祈願はもちろん、各ビーチで多彩なイベントが企画されるので、海開きに合わせて一足早い沖縄旅行を計画するのも良いでしょう。

ぜひ、今回の情報を参考に、沖縄の海開きを楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

okinawa

昔ながらの家が並ぶ渡名喜島で「何もしない」を楽しもう!

あなたは沖縄の渡名喜島をご存知 …