Home / 沖縄土産 / 沖縄で洋服を探すなら定番Tシャツからアウトレットまで。ショップのご紹介
沖縄   国際通り

沖縄で洋服を探すなら定番Tシャツからアウトレットまで。ショップのご紹介

一年中温暖な気候から、Tシャツやアロハシャツ、かりゆしウェアなどは、沖縄での日常の生活にかかすことができません。沖縄の風土や生活、方言などをモチーフにしたTシャツや、琉球時代から続いている染物である紅型のデザインを取り入れたかりゆしウェアなどは、お土産にもぴったりです。

沖縄でしか買うことができない、オリジナルのTシャツやかりゆしウェア、お気に入りの一着を探してみてはいかがでしょうか?きっと素敵な旅の思い出になる一枚が見つかります。

スポンサードリンク

1.沖縄ご当地Tシャツの老舗「HabuBox」

cf06795b4ea5d58d104a6130d394f540_s

沖縄ブランドTシャツを作り続けて35年の老舗Tシャツ店です。那覇の国際通りのほか、恩納村やアメリカンビレッジなど県内に4店舗あります。

全てオリジナルのTシャツは、沖縄の海やサンゴ、ガジュマルの木などの風景や、沖縄に伝わる民話に出てくる、きじむなーや、シーサーをモチーフにしたもの、ゴーヤやオリオンビール、アグー豚に沖縄そばなどの食べ物モチーフなど、様々なことを題材にデザインされています。

また県内にある、オリオンビールを始め、泡盛酒造の久米仙、新聞社の沖縄タイムスや琉球新報、菓子パンメーカーのオキコなど、様々な企業とコラボしたTシャツも販売しています。

こちらのショップでは、メンズ、レディスの各種サイズはもちろん。同じデザインのキッズサイズが用意されているものも多く、旅の思い出に、親子でお揃いのTシャツを買って帰るのもおすすめです。

Tシャツのほかにも、ポロシャツ素材で作ったかりゆしウェアや、カバン、サンダル、キャップなどの雑貨も多く手がけており、ショップに行くと、あれもこれもと色々欲しくなってしまう、そんなお店です。自分用や大切な人用のお土産を選ぶのに行ってみてはいかがでしょうか。

HabuBox那覇店 詳細

店名:HabuBox那覇店
住所:沖縄県那覇市松尾1-2-4
電話:098-861-7339
定休日:不定休
営業時間:11:00~21:00

2.大人向けTシャツ多数あります「琉球ぴらす」

671e50d6c648aad70cd704012e7166fb_s

こちらは、沖縄のあれこれを素材にしたオリジナルTシャツと雑貨を販売するお店で、那覇の国際通りから少し路地を入った、浮島通りと、北谷町美浜のデポアイランドにお店があります。

沖縄を題材にした、オリジナルデザインのTシャツを始め、紅型作家がデザインしたTシャツや、沖縄県内で活躍するイラストレーターの作品をプリントしたTシャツなどを扱い、パッと見ただけでは、沖縄っぽくない、旅行から帰ったあとも、日常使いできそうなTシャツがたくさん揃っています。

メンズ、レディースサイズのほか、かわいらしいイラストが描かれた、キッズサイズのTシャツも揃っているので、家族旅行の折には、訪れてみてはいかがでしょうか。

琉球ぴらす 浮島通り店 詳細

店名:琉球ぴらす 浮島通り店
住所:沖縄県那覇市松尾2-5-36
電話:098-863-6050
定休日:不定休
営業時間:11:00~20:00

3.かりゆしウェアを買うなら「月桃物語」

最近では、クールビズの一環として、官公庁で着られることもあるかりゆしウェア。アロハシャツをモチーフに作られたので、基本的なデザインはアロハと似ていますが、沖縄県内の工場で作られた県産品で、色、柄、素材などで沖縄らしさを表現したものが、かりゆしウェアと定義されています。

沖縄の暑い夏を快適に過ごす目的で作られたシャツなので、高温多湿になる夏場の着心地は折り紙つき。沖縄から帰ったあとも、夏場の普段着として重宝します。そんなかりゆしウェアの専門店が「月桃物語」です。「月桃物語」のかりゆしウェアは、店名の由来となっている「月桃」や「珊瑚」などの天然素材を生地の繊維に混ぜ込んで作られています。

紅型や藍染めなどの伝統的な柄を、今風のデザインにアレンジして作られたかりゆしウェアは、旅行中はもちろん、日常でも違和感なく着られるデザインです。

月桃物語 詳細

店名:月桃物語
住所:沖縄県那覇市那覇市久茂地3-3-20 国吉ファッションビル2F
電話:098-861-5678
定休日:年中無休
営業時間:12:00~20:00

4.おしゃれかりゆしウェアを買うなら「MAJUN」

df1e98dfc342d4565d0ae6a75c6758a2_s

最近増加している、沖縄でのリゾートウェディング。遠方から来てもらうゲストにドレスやスーツを持参してもらうのは大変なので、新郎新婦がゲストの衣装を用意することがあります。かりゆしは、沖縄の方言でめでたいという意味があり、ゲスト衣装としてかりゆしウェアが選ばれることが増えています。

こちらのお店では、そんなウェディングパーティで着られるような、華やかでおしゃれなワンピースタイプのかりゆしウェアを多数扱っています。

かりゆしウェアといえば、アロハシャツのような開襟の半そでシャツで、なんとなく男性が着ているイメージですが、ワンピースやチュニックタイプなど、女性が普段着られるような、おしゃれなデザインのかりゆしウェアは、自分へのお土産にぴったり。

もちろん、メンズやキッズ向けのかりゆしウェアも多数取り扱っているので、ぜひ一度、お店を覗いてみてはいかがでしょうか。

MAJUN 詳細

店名:MAJUN(日進商会 那覇本店)
住所:沖縄県那覇市壺屋1丁目7番11号
電話:098-863-2654
定休日:年末年始のみ休業
営業時間:10:00~19:00

5.那覇空港から15分。100店舗以上が集まるアウトレットモール「あしびなー」

3.jpg那覇空港

アウトレットモール「あしびなー」は、那覇空港から車で15分、空港から出ているモノレールに乗れば、乗り換えなしで20分という便利な立地にあります。「あしびなー」の周辺には、レンタカー会社も多数あるので、レンタカーを借りてすぐに「あしびなー」へ向かうという使い方も便利です。

「あしびなー」には100を超すショップが集まっているほか、レストランやカフェも多数あります。無料の駐車場も広く余裕があるので、ドライブの休憩がてら利用してはいかがでしょうか。

ショップは、GUCCIやCOACH、ARMANIといった高級ブランドのほか、BEAMSやUNITED ARROWSなどのセレクトショップ、asicsやadidasなどのスポーツブランド、Folli Follie、ageteなどのアクセサリーショップ、子供服のmiki HOUSE、スーツケースのサムソナイト、靴のABC-MARTなど100店以上のお店があります。

アウトレットでは、一度にたくさんのお店をチェックして、見比べることができますし、何より最大80%オフというアウトレット価格で購入できるのは嬉しいかぎりです。

かりゆしウェアやTシャツ、メイドイン沖縄の琉球レザー、定番の沖縄土産を扱うショップも入っているので、沖縄ならではのお土産も、自分用のお土産にちょっと高価なブランド服も同時に購入できる「あしびなー」は、時間のない旅行にはもってこいのショッピングスポットです。

あしびなー 詳細

店名:アウトレットモール あしびなー
住所:沖縄県豊見城市豊崎1-188
電話:098-891-6000
定休日:年中無休
営業時間:10:00~20:00

南国沖縄では、暑さに負けない、Tシャツやかりゆしウェアが、日常のファッションとしてかかせません。沖縄ならではのモチーフを扱ったデザインも多数出ていて、おしゃれなものから、ちょっと笑ってしまうようなデザインまで、きっと好みのものがみつかります。お気に入りの一枚を探して、沖縄のショップめぐりをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

2jpg%e7%90%89%e7%90%83%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9

自分用にお土産を買おう!旅の記念として買いたい沖縄の自分用土産6選

美ら海水族館、首里城をはじめと …