Home / 沖縄ホテル / 沖縄に旅行に行くなら一度は泊まりたい!「ユサンディ」が素敵
flower-1460889_1280

沖縄に旅行に行くなら一度は泊まりたい!「ユサンディ」が素敵

八重山諸島の玄関口「石垣島」。南ぬ島石垣空港がオープンし、ますます注目の南国リゾートになっています。その石垣島に、優雅な大人の時間と空間を演出してくれる、人気の“贅沢すぎる”プライベートリゾートがあるのをご存じですか?

その名は「JUSANDI(ユサンディ)」。

誰もが、一度は泊まりたいと願う憧れの存在で、宿泊できるのは1日たった5組。広大な亜熱帯の森の中に、5棟のヴィラが建ち、各ヴィラには、そこに泊まった宿泊客だけが利用できるプライベートプールがついているという豪華さ!

そこで今回は、自分へのご褒美や大切な記念日にぜひ訪れたい、プライベートリゾート「JUSANDI」の魅力をたっぷりご紹介します。

“贅沢の極み”「JUSANDI(ユサンディ)」

南ぬ島石垣空港から15分ほどのところにあるプライベートリゾート「JUSANDI」。6000坪もの広大な敷地内には、生命力溢れる八重山の亜熱帯の森が広がり、彩り鮮やかな草花が咲き誇っています。

1

出典:jusandi

そんな森の中にある客室は、たった5棟のヴィラのみ。各棟にプライベートプールがついていて、優雅なひとときをのんびり過ごせる極上のプライベート空間です。

「JUSANDI(ユサンディ)」とは、沖縄の言葉で“夕暮れ”の意味。コンセプトは“豊かな大自然の中で人間本来の感性を研ぎ澄ますことで、日々の暮らしにさらなる癒しと充足をもたらすこと”なんだそう。

100

出典:jusandi

設計したのは、東京の「表参道けやきビル」や「台湾桃園国際空港第1ターミナルビル改修」事業などを手がける建築家の團紀彦氏。亜熱帯の森の大自然の景観にとけこむ、白を基調とした落ち着いた雰囲気のヴィラです。

「JUSANDI」は、日常の喧騒から離れてくつろぐ、大人たちのプライベートリゾートのため、小学生以下の子どもの宿泊は受け付けていないそう。

スポンサードリンク

5棟のプライベートヴィラ

5棟限定のオールスウィートプールヴィラが「JUSANDI」自慢の客室。1泊朝食付きで1人54,000円~。

太陽の光をふんだんに取り込む壁一面の大きな窓。その窓からの眺めは、亜熱帯の大自然。森や海からの風を感じながら、ゆったりくつろげます。

3jpg

出典:jusandi

ヴィラのバスルームも、開放感溢れる広い窓から緑豊かな八重山の森を眺めることができ、自然の中にとけ込んだような安らぎ空間となっています。その広い窓の対面には大きな鏡が置かれ、その鏡に空や草木の景色が映り込むことで真っ白なバスルームに彩りを与えてくれます。

ヴィラから続く真っ白な道の先にあるのは、珊瑚の海をイメージした青を基調とするプライベートプール。ヴィラ一棟一棟にそれぞれ独立して設置され、太陽が降り注ぐ昼、オレンジ色に染まる夕暮れ、煌く星空が広がる夜と、いつでも好きな時間に泳ぐことができ、プライベート感を満喫できます。

2jpg

出典:jusandi

ヴィラのタイプは2種類。セミダブルサイズを2つ並べたハリウッドツインのベッドルームがある「1ベッドルーム ヴィラ」が4棟とJUSANDIに一つだけの特別なヴィラ「2ベッドルーム ヴィラ」の1棟。

「1ベッドルーム ヴィラ」は、1~2名まで宿泊可能。敷地面積 200㎡、ヴィラ面積 60㎡。3.5m× 7.5mプライベートプールとガゼボ付き。

「2ベッドルーム ヴィラ」は、4名まで宿泊可能。リビングを中心にハリウッドツインのベッドルームを2部屋。敷地面積 300㎡、ヴィラ面積 100㎡。3.5m× 7.5mプライベートプールとガゼボ付き。

ビジネスでも利用できるようにと大きめのデスクも用意してあり、5棟の中で最もプライベートビーチに隣接しているためアクセスも便利です。

敷地内は八重山の大自然がいっぱい

敷地内の森には、バナナやパパイヤがいたる所に自生し、国の天然記念物のオカヤドカリ、カンムリワシ、セマルハコガメ、リュウキュウアカショウビンなども生息。そのほか、ヤエヤマヒメボタルなど9種のホタル、ヤシガニなど、本土では珍しい生き物たちを大自然の中で見ることができます。

また、JUSANDIの建つ場所は、大昔に海底の琉球石灰岩が隆起してできたエリアのため、いたるとことで珊瑚や貝類などの化石を見ることもできるそう。

癒しのヒーリングスポット

敷地内の海沿いには、海をのんびり眺めることができるテラス席がいくつか設けられているので、海に沈む夕日を独り占めできます。

92

出典:jusandi

さらに、敷地内には、石垣島有数のヒーリングスポットまで「青の洞窟」もあります。ダイニングレストランから徒歩でわずか5分。ジャングルを抜けるとプライベートビーチとともに、青の洞窟が出現します。

11pg

出典:jusandi

日の高さや満潮や干潮などの環境の変化で、洞窟内の色が違ってみえるそう。おすすめは早朝だそうですが、いろいろな時間に訪れて色の変化を楽しむのもいいですよね。

大人の時間と空間を演出「ダイニングレストラン」

朝食やディナーで利用できるダイニングレストラン。大きなガラス窓は開放感にあふれ、表情豊かな緑の森、パノラマの空を臨みながら食事を楽しめます。

メニューは、亜熱帯の気候風土に育まれた琉球食材をふんだんに使用したもの。ライブ感あふれるオープンキッチンで、数々の有名ホテルを歴任したシェフが腕を振るってくれます。

4

出典:jusandi

ある日のディナーメニューの一部を紹介すると、島豚のリエット・もずくのロワイヤル・紅芋の冷製ポタージュスープ・鮮魚のパルメザンチーズ焼き ビスクソース・特選石垣牛フィレ肉のロースト沖縄野菜添えなど。目も楽しませてくれる趣向を凝らしたメニューです。

7

出典:jusandi

朝食は、新鮮な琉球食材をたっぷり使用した琉球和食朝食と琉球洋風朝食の2種類。手間暇かけた手づくりの朝食はどちらも、一日のパワーをフルチャージしてくれます。

9

出典:jusandi

バラエティ豊かなアクティビティ

石垣島の魅力をたっぷりと満喫できるアクティビティが豊富に揃っているのも「JUSANDI」の魅力。

青の洞窟での「ダイビング」、波が打ち寄せる海岸を馬に乗って楽しむ「乗馬」。乗馬体験がなくても参加できます。目の前で泳ぐイルカと触れ合う「ドルフィンタッチ」。

さらに、海の上から夕日を堪能する「サンセットクルージング」、海の上から満天の星を眺める「星空ナイトクルージング」、セグウェイでバンナの森を巡る「バンナ公園セグウェイツアー」、波に揺られながらカヤックで夕日や星空を眺める「シーカヤック」など様々。

アクティビティで石垣島の自然や文化を満喫した後は、極上のプライベートヴィラでゆっくりくつろぐ…。そんな至福の時間が待っています。

「JUSANDI」のまとめ

いかがでしたか?“贅沢すぎる”極上プライベートリゾート「JUSANDI」。ぜひ、泊まってみたくなりましたよね。

では、最後にJUSANDIの詳細をご紹介します。

南ぬ島石垣空港から「JUSANDI」へは、Door to Doorが可能な送迎サービスも行っています。前日までの予約が必要で、片道2,500円。空港からではなく、離島ターミナルや市街地から送迎サービスを希望する場合は片道 3,000円になります。

「JUSANDI」への宿泊は、中学生以上が対象で、ペットの同伴はできません。

プライベートプールは、11月~3月の間は水温が低いので、入ることは可能ですがあまりおすすめはしていないそう。もし、プールも満喫したいなら、5月~9月頃に泊まるのが良いでしょう。

<JUSANDI>
【住所】沖縄県石垣市字桴海470
【アクセス】南ぬ島石垣空港から車で約15分
【チェックイン】15:00~18:00
【チェックアウト】12:00
【問い合わせ】0980-88-2833

ぜひ、石垣島の優雅なひとときを「JUSANDI」で過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄の透明な海

那覇から車で行ける「瀬底島」で宿泊したい人気おすすめホテルランキング8選

瀬底(せそこ)島は、沖縄本島北 …