Home / 沖縄土産 / 沖縄のおいしいぜんざいが味わえるおすすめのお店をご紹介
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-56

沖縄のおいしいぜんざいが味わえるおすすめのお店をご紹介

ぜんざいと聞いてあなたは何を思い浮かべますか?かなり多くの人はお餅が入っているこしあんかつぶあんのあたたかいお汁粉を想像するのではないでしょうか?しかし沖縄では、ぜんざいというと一風変わったものになるのです。

それは、冬ではなく、夏といえば、といったような夏の風物詩といえるものになっていたのでした。

スポンサードリンク

沖縄風ぜんざいとは!?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-56

沖縄のぜんざいは、黒糖などで煮た煮汁と、金時豆などを冷やして器に盛り、白玉を数個と、ふわふわのかき氷を乗せたものが沖縄風のぜんざいです。

夏といえば?と聞くと、ぜんざい。というほどに夏の風物詩となっていて、それは各家庭でも代用として小豆を使い作られるほどポピュラーなものになっています。

ですが、かき氷が乗り始めたのは最近になってからのことで、昔に、押し麦と白玉を入れて冷やして食べる「あまがし」という食べ物の変形がこのぜんざいであるともいわれています。あまがしはそのなの通りにかなり甘いものなのですが、これにかき氷を加えることによって甘味が中和され、さっぱりとおいしくいただけるのです。

まさに熱い夏にはもってこいのお菓子というわけです!さらに、このぜんざいにイチゴなどのかき氷のシロップをかけると金時に、コンデンスミルクをかけるとしろくまに呼び名が変わるそうです。

沖縄風ぜんざいの豆知識

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-57

金時豆で作ることが主流となっている沖縄風ぜんざいですが、昔は緑豆で作られていたそうです。緑豆には解熱作用があるとされていて、それをミネラル豊富な黒糖で煮る。まさに夏を暑すぎる夏を乗り切るための健康おやつというわけでした。

ですが、戦後に米軍の支給物資として出回ったカリフォルニア産の金時豆に変わったらしいのです。カルシウムやビタミン。食物繊維も豊富で、便秘や生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

どちらにせよ健康おやつという点は今でも変わりません。あまがしも昔はお粥状の大麦に、
麹を加えた発酵食品であり、酸味が強かったために食べる際には砂糖を入れて甘くして食べていたらしいです。お菓子にもやはり歴史はあるのですね!

沖縄ぜんざいのおいしいお店!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-58

いろいろな歴史がありとてもおいしい沖縄ぜんざいですが、今回はこれから、そんな沖縄ぜんざいがおいしく食べられるお店をご紹介します!

1.千日

沖縄にある旭橋駅から歩いて10分のところにある沖縄で大人気である巨大なかき氷が楽しめるお店です。創業45年のぜんざい専門店の老舗である「千日」このお店の名物はアイスぜんざいです。

ふわふわでボリュームのあるパウダーアイスはサクサクと柔らかい食感でいただくことができます。氷の柔らかさとほのかな金時豆の甘味がちょうどよく、料金もリーズナブルでコスパにも優しいお店です!

アイスぜんざい:300円
沖縄県那覇市久米1-7-14
営業時間:(11:30~20:00)冬場(11:30~19:00)
定休日:月曜日

2.新垣ぜんざい屋

沖縄の北部にあるとても有名なお店です。創業50年を超える沖縄ぜんざいの老舗店がこの新垣ぜんざい屋です。沖縄でぜんざいといえば新垣ぜんざい屋と言われるくらいの有名なお店です。

素朴な外観に大きなテーブルとベンチなどのカジュアルな雰囲気の店内。こちらのメニューはぜんざいだけとなっており、発券機にての購入となっています。

シンプルなかき氷ながら、キメがお手も細かい氷でできており、口当たりもよく氷の下には金時豆が使われていて、柔らかい甘さが口いっぱいに広がるシンプルながらもおいしい、絶品なかき氷となっています。

シンプルなかき氷だからこそ素材の味が楽しめます、夏のシーズンにはオープンから2,3時間後には完売することもあるという大人気のお店で、とてもおすすめです。

氷ぜんざい:250円
沖縄県国頭郡本部町字渡久地11-2
営業時間:12:00~18:00
定休日:月曜日

3.おんなの駅

那覇空港から車で約50分の位置にある恩納村の海岸沿いの道の駅、おんなの駅がおすすめできるぜんざい屋さんの一つです。パッションやパイナップル、紅芋ぜんざいに田芋&黒蜜きな粉ぜんざい、さらにはトロピカルフルーツなど沖縄といえるような新鮮な食材を使用した沖縄ならではのかき氷の種類が豊富なとても人気なお店です。

ふわふわの氷に甘すぎない味でとても人気な絶品かき氷です。そして沖縄の夏のフルーツの代名詞といえばフレッシュマンゴーですよね、7月8月限定でこのマンゴーを使用したかき氷はこの時期だけの限定かき氷ともいえるでしょう。

また、沖泡といえばマンゴーやドラゴンフルーツ、パイナップルなどのトロピカルフルーツですよね。これのフルーツを使った巨大なフルーツたっぷりのかき氷もおすすめです。フレッシュフルーツを使っているので甘さも控えめで食べやすいかき氷です!

トロピカルフルーツかき氷:1000円
沖縄国頭群恩納村中泊1656-9おんなの駅内
営業時間:10:00~19:00

4.富士家 泊本店

美栄橋駅から歩いて10分のところにあるお店です。沖縄ぜんざいから沖縄料理にタコライスなど様々なメニューが楽しめる富士家 泊本店。こちらのぜんざいはふわふわの氷に金時豆や亀せんべいなどがついてくるとてもボリュームのあるかき氷です。

あっさりとした甘味のぜんざいなのでとても楽に完食できてしまいますよ!

さらにこのぜんざいに使われているかき氷の氷は、豆の煮汁を凍らして作られている氷です。そのため、すっきりとした甘みの氷と金時豆が絶妙なバランスを誇っています。そしてサイズが小と普通とがあるので、食後にも軽く楽しむことができます。

富士家のぜんざい:320円
沖縄県那覇市泊2-10-9
営業時間:11:00~21:00

5.丸三冷し物店

沖縄空港から車で約20分のところにあるお店です。糸満市にある創業55年になる沖縄ぜんざいの老舗人気店である丸三冷し物店。ここで人気であるかき氷は見た目もかわいくふわふわかき氷のしろくまといわれる一品です。

食べるのがもったいなくなってしまうほどにかわいいしろくまは、マーブルチョコやチェリー、パイナップルやミカンを使って作られているのでとても見た目が可愛いです。

氷を半分くらい食べたところにそこにある沖縄ぜんざいが顔を出してくるので、一度で二度楽しめるかき氷といっても過言ではありません!ふわふわなかき氷は粉雪のように柔らかく練乳との相性も抜群にいいです!

しろくま:450~550円
沖縄県糸満市字糸満967-29
営業時間:11:00~18:00

6.雪花の郷 那覇店

牧志駅から歩いて5分の国際通りを少し中に入ったところにある雪花の郷那覇店。ここのかき氷は台湾のふわふわなかき氷を食べることができます。おかゆなどのメニューもありランチ時だと中華粥とかき氷雪花冰のセットで食べられるのがいいでしょう。

粉雪のようにふわふわ食感の雪花冰にトッピングのパッションフルーツやアップルマンゴーなどとても豊富な種類があります。
沖縄に来たらやはりパッションフルーツやアップルマンゴーがおすすめです

雪花冰:450円~
沖縄県那覇市牧志2-12-24
営業時間:10:30~19:00
定休日:水曜日不定休

まとめ

沖縄ぜんざいの魅力は伝わったでしょうか?今回は沖縄ぜんざいの有名どころを紹介しました!沖縄そばと同様に沖縄ぜんざいを出しているお店はとても多くあります。さらに沖縄に住む人それぞれにお気に入りのお店があり、とてもおいしく楽しんでいます。

沖縄を訪れた際は是非沖縄ぜんざいを楽しんでみてください!沖縄の知り合いなどにどこのぜんざいがおいしいかを聞いてみても楽しめるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

Check Also

2jpg%e7%90%89%e7%90%83%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9

自分用にお土産を買おう!旅の記念として買いたい沖縄の自分用土産6選

美ら海水族館、首里城をはじめと …