Home / 沖縄ホテル / 沖縄北部へ旅行するなら宿泊したいおすすめホテル
旅費

沖縄北部へ旅行するなら宿泊したいおすすめホテル

5ccf5b36726c311838faceea7a7ec660_s

沖縄北部は人気の沖縄美ら海水族館を擁するエリアで、マングローブの森など大自然も広がっています。沖縄らしさを満喫しながら、那覇周辺の賑やかさとは異なって、のんびり肩の力を抜いて楽しめる場所も多い北部には、魅力溢れるホテルもたくさんあります。

ビーチを臨むリゾートホテルで優雅に寛ぐのも良いですし、宿は予算を押さえて、その分、アクティビティを目いっぱい楽しむのも、自然溢れる北部ならではの過ごし方です。

おすすめのリゾートホテル、格安ホテルをそれぞれご紹介しますので、ご自身のプランに合った宿を探してみて下さい。

スポンサードリンク

沖縄北部へのアクセス

ホテルをご紹介する前に、まずは沖縄北部へのアクセスについて見てみます。沖縄には鉄道が走っていませんので、北部へは車で移動することとなります。レンタカーの利用が最も一般的で、那覇空港まで無料の送迎を行っているレンタカー会社も多いので、飛行機を降りてスムーズに車を借りることができます。

レンタカーを利用しない場合には、バスやタクシーを利用することになります。本数やルートは限られますが、路線バスを使って北部にアクセスすることも可能です。また、主要なホテルまでは空港からリムジンバスが出ていたたり、人気スポットを巡るツアーバスも運行されています。また、何人かで旅をするのでしたら、タクシーの貸し切りで回るという方法もあります。

しかし、空港から離れた北部を回るには、やはりレンタカーがおすすめです。北部にはドライブをしながら美しい景色を楽しめるスポットもありますし、見どころ自体が散らばっていることもあって、レンタカーなら柔軟なプランニングが可能です。また、行動範囲が広がるので、ホテルの選択肢も多くなります。

一方で、例えば人気スポットの美ら海水族館まで、高速を利用しても2時間、更に北端の辺戸岬まで行くなると、もっと時間がかかります。アクティビティを目いっぱい楽しむ場合には、運転が負担になるかもしれません。タクシーやバスといった手段も上手く組み合わせて、沖縄北部の滞在を楽しんで下さい。

飛行機でのアクセス

沖縄本島にあるのは那覇空港のみとなります。北海道から九州まで、そして沖縄の各離島から直行便が就航しています。北海道からなら3時間、関東からは2時間半少々、関西からなら2時間程度、更に九州からでしたら1時間半少々と、飛行機を利用すれば、簡単にアクセスできます。

羽田空港(東京国際空港)と那覇空港間はJAL(日本航空)、ANA(全日本空輸)、スカイマーク株式会社が運航しています。成田国際空港と那覇空港間はANAとジェットスター航空、また関西国際空港間ではANAとジェットスター航空、JTA(日本トランスオーシャン航空)が運航するなど、空港によって就航している会社が異なります。

羽田からですと、早朝に出発して、9時過ぎには那覇に到着する便から、夜に出発し、23時前に那覇に到着する便まであります。

朝早いフライトでしたら、到着した日から目いっぱい遊ぶことができます。また、夜のフライトですと、仕事が終わってから移動することも可能です。

昼前や午後早い時間に現地に到着する便の方が、一般的に人気が高く、希望の時間帯が早い段階で満席になってしまうこともありますので、日程が確定している方は、早めに飛行機を予約することをおすすめします。

自動車でのアクセス

那覇空港は島の南側に位置しています。そこから自動車で北部にアクセスすると、人気の観光スポット、美ら海水族館まで高速道路を利用すると2時間程度です。その手前の万座毛まででしたら、高速を使えば1時間、国道58号線を通ると1時間半ほどで到着します。

那覇から高速道路で北部へ向かう場合、国道331号線を南下した所にある豊見城・名嘉地ICで那覇空港自動車道に入ります。その後、西原JCTで沖縄自動車道に合流し、北部へと走ります。一般道ですと、国道58号線を北上することになります。

シーズンにもよりますが、飛行機を降りてから車を借りるまでも、通常30分から1時間程度かかりますので、自動車でアクセスされる場合は余裕をもってスケジュールを立てて下さい。

沖縄北部のリゾートホテル

2jpgリゾートホテル1

沖縄北部はビーチ沿いに様々なホテルが建っています。その中でもおすすめのリゾートホテルをご紹介していきます。

ムーンビーチパレスホテル

名護市の南、恩納村に位置するホテルです。目の前がビーチというロケーションが最高です。ぜひ、オーシャンビューのお部屋に滞在し、水平線に沈む夕日を堪能して下さい。

ただ、ホテルのホームページの紹介にもありますように、いわゆる「高級」リゾートホテルとは一線を画します。リーズナブルなお値段で、家族でゆったり寛げる広めのお部屋、長期滞在向けにキッチン付きのお部屋をお探しの方、またアットホームなサービスを求める方におすすめです。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

元々はサンマリーナホテルでしたが、2016年6月にシェラトンに生まれ変わりました。バルコニー付きの客室で贅沢にオーシャンビューを楽しめます。現在も新しい客室やレストラン、ウェディングチャペルなど新施設の建設が進められていて、近々完成予定とのことで、これからますます期待できるホテルです。

ホテルムーンビーチ

老舗のホテルで施設自体は古いですが、2016年に全室リニューアルされました。また新しくラグーンプールもオープンしています。「自然に近いリゾート」と謳われていますように、ホテル目の前に広がるプライベートビーチが素敵です。三日月型の天然のビーチが目の前に広がります。

沖縄サンコーストホテル

名護市にあるホテルです。コストパフォーマンスの良さと部屋の広さが人気となっています。また、沖縄自動車道の許田ICからは3分と、沖縄北部にも中部にもアクセスが良く、あちこち足を延ばしたい方には便利なホテルとなっています。

ホテルリゾネックス名護

オーシャーンビューを楽しめるホテルです。本館と東館があり、本館が全室喫煙可、東館が全室禁煙となっていて、喫煙者、嫌煙者ともに嬉しい配慮がなされています。部屋も広めで、コストパフォーマンスの良さを重視する方におすすめです。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

7c7307dd1c6c47fa0bd28ae945f11d83_s

設備の充実した大型ホテルです。ホテル内にプールが二つ、大浴場も二つあり、ファミリーにも人気です。また、ホテルにはペットの宿泊施設がありますので、犬と一緒にビーチリゾートを楽しみたい方にはぴったりのホテルです。

かねひで恩納マリンビューパレス

恩納村にあるコンドミニアムタイプのホテルになります。少し高台に建っているため眺めが良く、また、朝食バイキングの種類が豊富で美味しいと評判です。周囲に飲食店も多く便利で、施設はやや古いものの、その分リーズナブルな価格設定で、コストパフォーマンに優れています。

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ

沖縄美ら海水族館のある海洋博公園の向かいに位置するホテルで、水族館を訪れるには大変便利です。ホテル内にはフランス生まれの健康・美容法、タラソテラピーと同じ効果が期待できる塩泉があります。

名護 喜瀬ビーチパレス

名護市ですが、恩納寄りに建つホテルです。繁華街からは離れているこじんまりとしたホテルですので、静かにゆったり過ごしたい方におすすめです。現在、リニューアル中で、平成29年1月から3月末までは全館休業予定となっています。海に面した絶好のロケーションですので、リニューアル後が更に楽しみなホテルです。

オキナワマリオットリゾート&スパ

夕日

プライベートビーチはありませんが、沖縄県内でも最大の規模を誇るプールがあります。深さ60センチの子供用プールや、ウォータスライダーなどの施設を宿泊客は無料で利用できます。また、ジャグジーやサウナで疲れを癒しながら、夕日を一望することもでき、家族で楽しめるホテルです。

沖縄北部の格安ホテル

旅費

続いて沖縄北部のホテルの中でも、格安で宿泊できるホテルをご紹介します。

ホテルルートイン名護

北部観光に便利な立地です。大手のチェーンホテルならではの安心感があり、9階にある露天風呂からは名護湾が見渡せます。また朝食も無料でついていて、ダブルベッドのお部屋は一部屋あたり8,500円からと大変リーズナブルな価格設定です。

アダ・ガーデンホテル沖縄

やんばるの森の中にあるホテルです。ヤンバルクイナの探索には最適で、遭遇率90%以上という探索ツアー付きのプランもあります。ホテルの周辺には飲食店等ないので、食事付きで宿泊することをおすすめします。

ホテルゆがふいんおきなわ

北部観光に便利な場所に位置しています。スタッフの評判も良く、特に新館は広くてきれいです。日本ハムファイターズのキャンプ時の宿泊先としても使われています。一人あたり5千円程度からというお手頃な価格設定となっています。

センチュリオンホテル沖縄美ら海

沖縄美ら海水族館まで歩いて行けるホテルです。その他の観光スポットにも近く、観光に非常に便利なロケーションです。美しいオーシャンビューを楽しめ、2016年に改装されたばかりで館内はきれいで気持ちよく滞在できます。

tilla SeaQ

透明度の高い海を楽しめる瀬底島にあるホテルで、共用キッチンや無料で使える洗濯機(乾燥機は有料)も備わっていて、長期滞在にも適しています。部屋はシンプルですが白を基調とした清潔感のある造りで、一人でも気軽に泊まれる価格設定が魅力です。

ピンクマーリンクラブ

恩納村にあるホテルで、ホテル内にダイビングショップがあるので、ダイバーには大変便利です。広めの部屋はコンドミニアムタイプです。ホテル近くには飲食店も多く、コンビニもあるので、食事には困らないロケーションです。

今帰仁の宿 ハイビスカス

今帰仁村にある古民家を利用したゲストハウスです。バストイレは共用ですが、清潔に保たれています。共有キッチンもあるので自炊も可能です。徒歩一分で自然のビーチも広がり、リゾートエリアにはない静かで落ち着いた雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

ペンションサンセットビーチ

今帰仁村に位置し、ゆったりと落ち着いて寛げる宿です。すぐそばにビーチが広がっています。共有スペースではバーベキューを楽しむことができますが、近くには飲食店やスーパーがないので、車でのアクセスを検討してみて下さい。

沖縄北部の観光マップ

図1

①エリア1

北部観光の入り口となるのが恩納村です。象の鼻に見える岩で知られる万座毛は青い海だけでなく、沈んでいく夕日を眺めるのもロマンティックです。その北にあるミッションビーチは天然の白砂が広がり、豊富なマリンスポーツを楽しめるビーチとしても人気があります。更にその先にあるブセナ海中公園の海中展望塔は、歩いて海の中の世界を体験できるスポットです。

②エリア2

恩納村の北にあるのが名護市です。このエリア一の注目スポットといえば、沖縄美ら海水族館です。水族館があるのは、国営沖縄記念公園、海洋博公園の一角で、水族館以外にも植物園やプラネタリウムなど様々な施設もあります。折角なので、時間を取って、ゆっくり楽しみたい所です。

水族舘の北にあるのが、備瀬のフクギ並木です。防風のため植えられたフクギは数千本と言われ、この地区にある集落を覆うほど見事に成長しています。そんなフクギの並木道を後にして、東に向かうと今帰仁城跡があります。世界遺産に登録された史跡の一つです。琉球王国以前のもので、今も石造りの城壁等が残り、その聖域は現在も信仰の場となっています。

今帰仁城跡の更に東には古宇利島がありますが、この島へ渡る全長2キロの橋はエメラルドの海に掛かり、絶景が楽しめます。また島自体、周囲8キロと小さいながら、人類発祥の神話も残る神秘的な島で、近年はカフェなどもぞくぞくとオープンしています。

③エリア3

そして北部に広がるのがやんばるの森です。太古から続く豊かな森ではトレッキングやカヤックといったアクティビティを通して、南国を満喫することができます。ヤンバルクイナを始めとする、貴重な生物と出会える場所でもあります。

本島の最北端にあるのが、辺戸岬です。青い海に突き出した岬からは、晴れていれば鹿児島県の与論島を眺めることができて、壮大な景色を楽しめます。

その岬の手前にあるのが大石林山で、カルスト地形が生み出した不思議な形の岩々や、大きなソテツなど、迫力ある景色が次々と現れます。4つのトレッキングコースが整備されていて、時間や体力に合わせて回ることができます。

まとめ

これまで、沖縄北部のホテルについて、比較的リーズナブルなリゾートホテルから、更にお手頃な格安ホテルまで見てきましたが、いかがでしたか。

観光スポットまでのアクセスの良さ、充実した設備、宿泊代、何を重要視するかで候補が絞られますので、譲れないポイントを決めてからホテルを選びを始めることをおすすめします。ご自身にぴったりの宿を見つけて、沖縄北部で素敵な時間をお過ごし下さい。

スポンサーリンク

Check Also

83fe65ad42a45f508b8464f6ca184437_s

宜野湾でおすすめのホテル&カフェまとめ

沖縄本島中部地域を代表する街「 …