Home / 沖縄グルメ / 沖縄を食べ尽くそう!沖縄旅行に行くなら堪能したい食べ物と魅力
d29c78ca3b230b25f72d86c3b5b4eb17_s-600x400

沖縄を食べ尽くそう!沖縄旅行に行くなら堪能したい食べ物と魅力

yam85_sukitooruokinawanoumi_tp_v

独自の文化を築いてきた沖縄には、土地に根付いた美味しい食べ物がたくさんあります。沖縄旅行へ行ったら、ここでしか食べられないものを食べてみたいですよね。

今回は、沖縄の食べ物といえばこれ!という食べ物から、少し珍しい食べ物までご紹介していきます。沖縄旅行の際の参考にしてください。

スポンサードリンク

1.沖縄で食べたい麺類の食べ物

okinawa-soba-724986_960_720

沖縄にはラーメンやそばとはまた違った麺類が根付いています。お店によっていろんな味が堪能できる「沖縄そば」は、一回食べるだけではもったいない!ぜひ、何軒か回っていろんな味を堪能してみてくださいね。

1.沖縄そば(ソーキソバ)

基本の沖縄そばは小麦粉で作られた麺と、大きな三枚肉がのっているのが特徴的です。この三枚肉は豚バラで作られていて、数時間コトコト煮込まれて油も十分に落ちているためホロリと柔らかく食べることができます。スープの基本は透明感のある和風だしです。麺も太いのが特徴的で、どちらかというと食べた感じはうどんを思い起こさせます。

麺の太さやスープは各店によって違っています。お店独自の美味しさを追求されているので、ぜひ何軒か回って食べ比べをしてみてくださいね。

2.八重山そば

沖縄那覇市よりもっと南にある、八重山地方で食べられている沖縄そばの一種です。同じように小麦粉で作られた麺と、豚の角切り肉、かまぼこがのっているのが特徴的です。スープの基本は豚骨出汁ですが、ラーメン屋さんのこってり豚骨とは違っていて、もっと優しい味わいです。麺は丸麺か平麺を使っているのも八重山そばの特徴の一つです。

八重山そばに合わせるのが、「ビバーツ」と呼ばれる香辛料です。島胡椒とも呼ばれていますが、思い浮かべる胡椒という感じはなく、シナモンか八角のような風味と辛味があります。お店のテーブルにビバーツがあれば、こちらもぜひ、かけてみてくださいね。

沖縄で食べたい肉類の食べ物

6-01-021_s

沖縄は、豚肉料理がとても充実しています。17世紀の琉球の時代まで遡ることができる豚肉料理の数々は、沖縄庶民の方々の間で広く受け入れられて今日まで美味しく食べられています。

1.豚肉料理

沖縄の豚肉料理は、食べやすいお肉の部分だけではなく、頭の先から足の先まで調理されています。現在は「あぐー」と呼ばれるブランドも有名ですよね。柔らかく、臭みの少ないお肉です。

2.ミミガー刺身(豚耳の和え物)

ミミガーとは、豚の耳のことです。初めて食べるときは少しドキドキしますが、鶏の軟骨のようにコリコリとした食感が特徴的です。もちろん、調理の前にはしっかりと下ごしらえされます。直火で焼いた後、茹でられた(もしくは蒸された)ものを調理していきます。

「ミミガー刺身」は下ごしらえされたミミガーを薄切りにして、きゅうりやもやしとピーナッツ酢で和えたもので、普通に想像されるお刺身とは少し違います。ぜひ味わってみてくださいね。

3.ラフティー

ラフティーとは豚肉の三枚肉を煮込んだ角煮のような食べ物です。角煮と違うのは、日本酒ではなく泡盛を使って煮込むところです。また、基本的には昆布だしを使うので深い旨味が堪能できます。じっくりコトコト、数時間かけて煮込まれたお肉は、油がしっかりと落ちてホロホロやわらかく、とても美味しいですよ。

4.ミヌダル

ミヌダルは簡単にいうと、豚肉の胡麻だれ蒸しです。見た目は黒胡麻がまぶされているので真っ黒でびっくりしますが、食べてみると胡麻の旨味と、蒸されて余分な油の落ちた豚肉が絡み合ってとっても美味しいです。また、豚肉は薄切りにされるので、ちょこちょこつまみながらお酒を飲むのにももってこいですよ。

ミヌダルは琉球の時代に宮廷で食されていた料理と言われています。この時代は貴族くらいしか食べることができなかったと言われているので、気軽に食べられる時代になりなんだかとても贅沢な気分を味わうこともできます。

4.中身の吸い物

中身とは?何の?と思われるかもしれませんが、言ってしまえば豚肉の内臓です。もちろん、ミミガーと同じように下処理に時間をかけて、しっかりと臭みが抜かれています。お吸い物にするのが伝統的で、しっかりと下処理をされた中身を食べやすく切り、豚骨や鰹だしの汁と合わせてすまし汁のようにいただきます。

中身の吸い物は、沖縄ではお正月やお祝い事の時に食べられています。

5.ドゥルワカシー

ドゥルワカシーは沖縄の田芋を使ったお料理です。田芋をやわらかくなるまで煮込み、豚肉と炒め、さらにねばりが出るまで出汁で煮るという手間をかけて作られます。各家庭で味が違うのが特徴的な家庭料理です。

この田芋はとてもねばりが強く、見た目は里芋にそっくり。里芋もそうですが、子孫繁栄を願って、お祝い事の際に食べられています。

3.沖縄で食べたい汁物の食べ物

ham-hocks-1616283_640

沖縄には伝統的な汁物がたくさんあります。めったに食べられない食材を使った料理もたくさん!ここでしか食べられない汁物を、ぜひ堪能してみてくださいね。

1.イラブーのお汁(えらぶ海へびの汁物)

イラブーとは、ウミヘビのことです。普通に生活をしているだけでは、まず食べることがないウミヘビをこの機会にぜひ食べてみてはいかがですか?もちろん、下処理にはとても時間をかけています。なので、宮廷料理として食べられていた頃は最高級の食べ物だと言われていました。

イラブーを下処理した後、出汁とともに煮込んだものが、「イラブーのお汁」です。味わいは淡白で、それ自体の独特の味はあまりありません。見た目を意識しなければ、結構食べられるものですよ。ちなみにマムシ酒のように、イラブーもお酒に漬けて「イラブー酒」としても有名です。

2.イナムドゥチ(猪もどきの汁物)

イナムドゥチは、猪もどきという意味です。なぜもどきなのかというと、昔は本物の猪肉を使っていたようですが、豚肉が使われるようになったからです。沖縄の郷土料理の一つで、お祝い事やお盆、お正月などに食べられています。これも中身の吸い物などと同じように、その家庭独自の味があります。

基本的には、短冊形に切った豚肉や椎茸、こんにゃく、油揚げ、かまぼこを具沢山にし、甘味噌で煮込んだ料理です。野菜があまり入らないのが特徴的です。

3.いかすみ汁

びっくりするほど黒い汁なのが特徴的の「いかすみ汁」は、文字通りイカの墨を使った伝統料理です。基本的に具材はイカ、豚肉、いろんな野菜が使われていることが多いです。真っ黒な汁は、イカの旨味が濃縮されていて、イカ本来の味を楽しむことができますよ。

口の周りは黒くなってしまいますが、ぜひ堪能してみてくださいね。

4.アーサの汁

アーサとは、ヒトエグサ(あおさ)のことです。とても上品な味わいの「アーサの汁」は、味噌を入れないあおさのお味噌汁と言った感じです。こってりとした沖縄料理と合わせて食べると、とてもほっとした味わいが楽しめますよ。沖縄の海の香りを、ぜひアーサの汁で堪能してくださいませ。

5.チムシンジ(豚レバーの汁物)

チムシンジは、とても滋養のある豚レバーを使った汁物です。沖縄では滋養強壮の食べ物として親しまれてきた伝統料理です。豚レバーと豚肉、魚や黄色人参などを煮込んで作られています。これを食べれば、旅の疲れもきっと吹き飛ぶことでしょう。

6.ヒージャー汁(山羊汁)

ヒージャーとは山羊のことです。骨ごとぶつ切りにし、ほろほろになるまでじっくりと煮込まれた山羊はとっても柔らかいです、がしかし、強烈なのが臭いです。癖のある山羊の臭いをそのまま味わうのが「山羊汁」の特徴です。スープにも山羊の油が満たされて、ものすごく濃厚です。

沖縄ではお祝い事や滋養に良い食べ物として親しまれてきています。この独特の山羊の臭いはなかなか驚異的ですが、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

7.足ティビチ(豚足の汁物)

足ティビチは、豚足を使った汁物です。生きている豚を見ると、豚足ってなんだか固そうですが、じっくりと煮込まれているので柔かく、コラーゲンたっぷりで美容にも効果的だと言われています。昆布出汁と大根と一緒に煮込まれてた足ティビチはおでんのような見た目をしています。コラーゲン独特の食感を堪能してみてくださいね、

8.ムジのお汁(ずいきの汁物)

ムジとは沖縄の田芋の茎のことです。田芋は「ドゥルワカシー」でご紹介したように、子孫繁栄を象徴する食べ物なので、沖縄では出産のお祝い料理などとして親しまれてきた伝統料理です。鰹出汁で島豆腐と豚肉と一緒にムジを煮込み、味噌をといて作られます。

田芋の茎はアク抜きがとても大変で、滅多に売られているものではないので、沖縄に行ったらぜひ、食べてみてくださいね。

4.沖縄で食べたいご飯もの・豆腐の食べ物

沖縄には豆腐料理も豊富です。独自の文化を育んできた沖縄は、普通「豆腐」と呼ばれるものとは一線をかくした独特の味わいです。沖縄に行ったらぜひ、食べてみてくださいね。ご飯ものも、一風変わったものを食べることができます。

1.ジーマーミ豆腐

ジーマーミ豆腐は、ピーナッツを原料にした豆腐です。出汁や醤油タレをかけて食べてみるとふんわりとピーナッツの香りがします。近年では黒糖や紅芋味などいろんな味が売られていて、お土産にももってこいの食べ物です。

ただ、気をつけなければいけないのが、ピーナッツアレルギーのある人です。ピーナッツアレルギーは、とても重篤な症状をもたらす可能性があるので、普通の豆腐と間違えて食べないようにしてくださいね。

2.豆腐よう

沖縄独自の製法で作られた島豆腐を発酵熟成させた豆腐です。米麹や泡盛を使って発酵させるので、独特の酒の風味を楽しむことができます。ご飯だけでなくお酒のアテにもぴったりです。豆腐は発酵による独特の食感になり、ねっとりとした食べ心地です。

かなり独特な風味を持つ豆腐なので、ぜひ堪能してみてくださいね。

3.ジューシー

ジューシーは、沖縄風の炊き込みご飯のことです。固めに炊く「炊き込みご飯風」と、「雑炊風」とがあります。雑炊風のジューシーは、季節の節目や冠婚葬祭の行事などで食べられる沖縄の伝統料理です。お盆の際に食べる「ウンケージューシー」や冬至に食べる「トゥンケージューシー」があります。

4.フーチバージューシー(よもぎ雑炊)

その「雑炊風」のジューシーの一つが、フーチバージューシーです。フーチバーはヨモギのことです。沖縄のヨモギは繊維が多く含まれ、血液をサラサラにしてくれる効果があると言われているので、旅で疲れた体にぴったりの食べ物です。

5.クファジューシー

豚の三枚肉や人参、椎茸などを入れた炊き込みご飯に、最後にラードやマーガリンを加えるのが、沖縄流炊き込みご飯の「ジューシー」です。普通に炊き込みご飯より、こってりとした「ジューシー」をぜひ堪能してみてくださいね。

5.沖縄で食べたい野菜・果物の食べ物

papaya-papaya-243241_640

沖縄特有の野菜や果物を使った料理もご紹介します。最近はスーパーなどでも多く売られるようになってきましたが、やはり現地で食べる沖縄の野菜は一味違うものです。調理方法や味付けも、沖縄独特のものなので、ぜひ味わってみてくださいね。

1.ナーベーラーンブシー

ヘチマ、よく聞きますが食べたことはありますか?ナーベーラとは、ヘチマのことです。ヘチマを豚肉と味噌で煮込んだものを、ナーベーラーンブシーと言います。ヘチマから出る、どろっとした汁が旨味の元で、ご飯が進む味付けですよ。

2.パパイヤイリチー(パパイヤの炒め物)

果物として有名なパパイヤですが、沖縄では野菜として扱われることが多いんです。このパパイヤイリチーも、千切りにした未完熟のパパイヤを使った炒め物です。ポーク缶や人参と一緒に炒められていて、沖縄の家庭料理では定番です。沖縄の家庭の味をぜひ、味わってみてくださいね。

3.ハンダマ(ずいぜんじな)の酢味噌あえ

ハンダマとは、すいぜんじなとも呼ばれる葉物です。モロヘイヤと同じように、加熱するとぬめりが出てきて、独特の食感になります。これを酢味噌で和えたものが、ハンダマの酢味噌和えです。沖縄の家庭料理の一つですが、薬草としても使われていて、貧血に効果があると言われています。

4.ゴーヤチャンプル

6-01-032_s

すっかり有名になったゴーヤチャンプル。元々はゴーヤだけでなく、豆腐や野菜やいろんな食材を混ぜこぜにして炒めた食べ物です。ゴーヤにはビタミンCが豊富に含まれていて、旅の途中で夏バテしかかった時にはもってこいの食べ物です。

6.沖縄で食べたスイーツの食べ物

お土産にも最適な沖縄スイーツ。手軽に食べ歩きができるものから、日持ちのするものまでたくさんあります。

1.ちんすうこう

元々は琉球王朝時代からの伝統ある食べ物で、沖縄土産として有名ですよね。最近ではアイスクリームにトッピングしたり、塩味や紅芋味など数え切れないくらいの種類が売られています。

2.田芋パイ

田芋を使ったお菓子です。パイ生地に田芋で作ったあんを包み、油で揚げたものです。サクサクふんわり。甘さは控えめで、いくらでも食べられてしまいますよ。

3.サーターアンダキー

丸くて食べ応えのある、味はドーナツに近い揚げ菓子です。お店によって味が違うので、ぜひ食べ比べをしてもらいたいと思います。国際通りにもお店がたくさんありますよ。日持ちもするので、お土産としても多く売られています。

まとめ

沖縄でしか食べられない伝統料理からスイーツまで、沖縄でしか食べられないものをぜひ、堪能してくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

0eb35d6ce6202c27132ddb7d5b2aca65_s

ワンコイン500円で大満足!ワンコインで堪能できる沖縄の飲食店9選

沖縄に来たけど今日のランチ代は …