Home / 沖縄グルメ / 大人の楽園「オリオンハッピーパーク」の楽しみ方とすごいところ

大人の楽園「オリオンハッピーパーク」の楽しみ方とすごいところ

オリオンビールといえば沖縄のビールとして有名ですが、実は沖縄にはオリオンビールを作る過程を見学できる工場があります。夏に沖縄へ旅行すれば美味しいビールを飲みたくなりますよね。そこで今回は、オリオンハッピーパークの楽しみ方とすごいところを紹介します!

スポンサードリンク

オリオンハッピーパークはこんなところ

オリオンハッピーパークは沖縄県名護市にある観光スポットの一つ。ただの工場ではなく、食事やギャラリーも楽しめる体験型施設です。ビール好きのお父さんは必見のスポットですが、家族連れでも楽しめるようにギャラリーも充実しています。

せっかくビール工場まで来たなら、出来てたホヤホヤのビールを飲みたいですよね。そういう場合は自分以外の誰かにあらかじめ車の運転を頼んでおくことがポイントですよ。

オリオンハッピーパークの楽しみ方はビール工場の見学だけじゃない

オリオンハッピーパークはオリオンビールのこだわりの製造方法が見学できます。おいしいビールができるまでの原料の説明からはじまり、仕込み、発酵、貯蔵、ろ過とビールができるまで。そのプロセスを順に確認できるようになっています。これを見た後に飲むビールの味は格別ですよ。

このようにオリオンハッピーパークの最大の楽しみは工場見学とその後に待っている試飲なのですが、楽しみはそれだけではありません。施設内にあるオリオンビール園「やんばるの森」ではビールに合う、美味しい地元食材を使った料理が提供されています。できたてのオリオンビールと食事を一緒に楽しめば、最高のひと時になることは間違いありません。
※2020年9月よりレストラン「やんばるの森」は当面休業。

オリオンハッピーパークのすごいところ

ではオリオンハッピーパークのすごいところはどのようなところなのでしょうか。それは、できたてのビールが味わえるところです。オリオンビールはいつ飲んでも美味しいことに間違いありませんが、できたては格別の美味しさです。

美味しいビールでもいっき飲みには要注意

オリオンハッピーパークはビール好きの方に特におすすめですが、一つだけ注意点があります。それはいっき飲みです。いっき飲みは、仲間同士でお酒の席が盛り上がるとどうしてもやってしまいがちですが、できるだけ避けましょう。ビールが好きな方なら何度か「いっき飲みはやめよう」という標語を目にしたことがあるのではないでしょうか。

ではいっき飲みの一体何が危険なのでしょうか。それはその人が持つアルコール分解能力を無視してしまうところです。アルコールの強い人と弱い人がいますが、その差はアルコール分解能力の差でもあります。アルコール分解能力が高ければ、簡単にアルコールを分解します。そのためある程度の量を飲んでも平然としていられるのです。

しかしアルコール分解能力が弱い人が大量にアルコールを飲むと、すぐに酔いが回りますよね。そしてそれだけでなくアルコールが分解しきれずに、急性アルコール中毒となってしまうリスクがあるのです。楽しいはずの沖縄旅行で急性アルコール中毒になってしまうと笑えないですよね。オリオンハッピーパ―クでビールを楽しむ際はいっきに飲むのではなく、その味をじっくりと嗜むことが飲み方のポイントです。

オリオンハッピーパークの楽しみ方

オリオンハッピーパークの楽しみ方にはコツがあります。それは訪問時間を考えることです。例えば閉園時間が迫っている、午後4時30分頃に訪れたとしましょう。すると工場見学は60分で終わりますが、閉園の午後7時までの時間は限られてますよね。

おひとり様につき2杯とビアナッツをおつまみセットが試飲で提供されますが、残された時間は1時間30分しかありません。おみやげショップは午後6時で終わってしまいます。そうなると終わりの時間を気にしながら過ごさなければなりません。終わりの時間があると、心の底からリラックスできないですよね。そのため、オリオンハッピーパークを楽しみたい場合はお昼の時間に会わせて11時~12時ぐらいを狙っていきましょう。

オリオンハッピーパークは予約して行こう!

オリオンハッピーパークはビール好きだけではなく、一般の観光客からも人気の観光スポットの一つです。1日4回、各回12名のみ。そのため、オリオンハッピーパ―クへは事前に予約した方のみが入場可能となっています。水曜日・木曜日は休園ですので、スケジュールを調整して予約をしておきましょう。

オリオンハッピーパークはベビーカーでも安心

オリオンハッピーパークはエレベーターが完備。さらにスタッフも良心的なので小さなお子様がいる場合も安心です。どうしてもベビーカーを使う場合、階段の有無は気になりますよね。しかしオリオンハッピーパークなら小さなお子様がいても安心です。オフシーズンの平日を狙えば、ゆっくりと見学が楽しめますよ。

工場見学と試飲がなんと無料で楽しめる

ここまで紹介してきたオリオンハッピーパークですが、なんと入場料は無料です。こういった工場見学は色んなところで開催されていますが、無料で開催されているケースは珍しいのではないでしょうか。無料で観光できるなら節約しながら観光したい場合にもぴったりですよね(無料の試飲は2杯まで)。

観光で訪れる際は時間を60分以上確保しよう

オリオンハッピーパークを楽しむ為には、時間をたっぷりと確保することも欠かせません。沖縄本島には魅力的な観光スポットがいくつもあります。しかしオリオンハッピーパークを訪れる日はできるだけ他の観光スポットの訪問スケジュールを減らしておきましょう。

オリオンハッピーパークのホームページによると、見学時間は35分。試飲の時間は約20分でトータル60分です。そこからさらにショップでお土産を買っていたらあっという間に時間は過ぎていきます。 オリオンハッピーパークに観光で訪れる際は時間を最低でも60分以上は確保しておきましょう。

オリオンハッピーパークは何度来ても楽しめる

オリオンハッピーパ―クの最大の魅力は何度来ても楽しめるところです。例えば工場見学は二回来ることで、一回目に見落としていたポイントが発見できるかもしれません。またオリオンハッピーパークはお土産も魅力なので、何度も来て色々なお土産を選ぶことも楽しめます。

何よりもオリオンビールがどのように作られているかを知れば、よりオリオンビールが美味しくなることは間違いありません。ビールが好きな場合、観光先の一つとしてオリオンハッピーパークを選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

忘れてはいけない戦争の記憶。沖縄の歴史をたどる歴史スポットのご紹介

青い海、キラキラと輝く太陽、歌 …