Home / 沖縄体験 / 沖縄オリオンビール工場の見学方法と楽しみ方
沖縄  飲み物 オリオンビール

沖縄オリオンビール工場の見学方法と楽しみ方

沖縄には代表的な料理がいくつもありますが、それはビールも例外ではありません。オリオンビールは沖縄を代表するビールですが、実はその工場は見学できるようになっているのです。

そこで今回は沖縄オリオンビール工場の見学方法と楽しみ方を紹介します。

スポンサードリンク

沖縄オリオンビール工場、オリオンハッピーパークとは

df5bda65dfd55a9906e37e69c6052572_s

ビールに限らず、工場見学の楽しみは何といっても試飲ではないでしょうか。この沖縄オリオンビール工場「オリオンハッピーパーク」ではビールの製造工程を見学できるだけではありません。

もちろん試飲を楽しむこともできます。しかしながら未成年の試飲は禁止されているので、そのあたりはご注意を。

このオリオンビール工場は昔から人気の観光スポットだったわけですが、2011年にリニューアルオープンされていて、より観光客向けに楽しみやすくなっています。

またオリジナルグッズの販売もされているので、ビール好きでなくても楽しめるといえるでしょう。珍しいお土産がゲットしたい場合でも、立ち寄る価値があるのです。

オリオンビール工場の所要見学時間は40分!

工場見学、といえば半日もしくはかなり長い時間拘束される印象があるかもしれませんが、この沖縄オリオンビール工場の見学時間は短めに設定されています。

その時間は40分程度なので、他の観光スポット巡りと合わせてスケジュールに組み込んでも問題ない程度の時間ですよね。しかしながら、試飲の時間はこの40分に含まれていないので、ゆっくりと試飲したい場合はもう少し長い時間を想定しておいた方がいいかもしれません。

また事前予約をしていなければ、待ち時間が発生する可能性が高くなります。オフシーズンであれば問題ないかもしれませんが、夏の観光シーズンに訪れる場合、予約は必須だといえるでしょう。

営業時間は9時20分~16時40分迄なので、夕方遅くに到着してもすでに閉まっている可能性が高くなります。レンタカーを走らせて、せっかく沖縄オリオンビール工場まで辿りついて、中まで入れなければ、がっかりして気分が沈んでしまいかねないですよね。

したがって観光スポットとして優先的に訪問したい場合は、なるべく昼過ぎか午前中の間に行きましょう。

2b3c4d9f829f4de9db755d30f66da0c1_s

沖縄オリオンビール工場見学はまず建物を視覚的に楽しもう

かつてオリオンビールは銅で作られた釜を活用していました。そんな創業当時に使われていた釜が建物の入口には用意されています。
その他のレトロな小物も当時のものが再現されているので、まずそこで沖縄オリオンビールの歴史を感じることができます。

ツアー開始時間までは昭和40年代を再現したギャラリーを楽しむことができます。またオリオンビールの瓶や缶の遍歴を確認できるので、待ち時間も退屈することはありません。ツアーが始まるまでに、周辺情報を確認して気持ちを盛り上げていきましょう。

沖縄オリオンビールの製造工程に関心を持とう

沖縄オリオンビール工場見学の醍醐味は何といってもその製造工程が細かく確認できるところです。しかしながら逆にいえばここに関心を持てなければ工場見学の楽しさは半減してしまいかねません。

したがって沖縄オリオンビールを普段からよく飲む場合も、そうでない場合も、できるだけ積極的に関心を持って製造工程を見学しましょう。

製造工程とじては原料・粉砕、仕込み、発酵、貯酒、ろ過、詰め、製品検査、出荷、このプロセスをじっくりと確認できます。
ここを真剣に見学することで、この後に待っているビールの無料試飲がより楽しめるようになりますよ。

オリオンビール園、やんばるの森で無料試飲

さて、工場見学が一通り終われば待ちに待った試飲タイムです。沖縄オリオンビールはいつ飲んでも美味しいですが、できたての沖縄オリオンビールは一味も二味も違います。

また無料試飲の会場は無機質な工場内ではなく、ビールが美味しく飲めるように風情があるオリオンビール園、やんばるの森まで移動して実施されます。

オリオンビール園、やんばるの森まで徒歩で移動して、少しの時間待機していれば、美味しいビールの注ぎ方を理解した専門のスタッフが、目の前で沖縄オリオンビールを注いでくれます。

夏場にこの無料試飲を体験すれば、爽快な喉越しを体感できることは間違いありません。
そしてこの無料試飲の嬉しいところは、試飲兼だけでなく、おかわり券もついているところです。

通常工場見学の試飲といえば、1杯のみに限られますが、この沖縄オリオンビール工場は違います。合計2杯まで無料で美味しいビールが味わえるのです。

ただお酒を飲めない人場合や、小さなお子様が一緒の場合はこの試飲時間が楽しめないのではないか、と心配してしまいますよね。しかしそういった人が一緒の場合でも心配はいりません。

お酒が飲めない人には、ソフトドリンクのチケットが渡されるので、沖縄オリオンビールを試飲する人と同じように喉を潤わせることができるのです。

またお腹が減っている場合は、レストランに料理を注文することもできます。土日に訪れたら、ランチバイキングを注文できる可能性もあるのです。工場見学とランチを一緒に楽しみたい場合、嬉しいサービスですよね。

沖縄オリオンビールオリジナルグッズショップでここだけのお土産をゲットしよう!

沖縄に限らず、旅行すればお土産選びは毎回悩みどころですよね。しかも沖縄は旅行の定番なので、ありきたりなお土産を持ち帰っても感動されることは少なくなりがちです。

しかしながら沖縄オリオンビールオリジナルグッズショップであればそういった心配はありません。なぜならここでしか手に入らないお土産がゲットできるからです。

オリジナルのアクセサリーや雑貨をお土産にしてもいいでしょう。オリオンビールそのものをお土産にしてもいいかもしれません。

いずれにせよ、沖縄オリオンビール工場「オリオンハッピーパーク」を楽しむ為には、お土産物屋もしっかりとチェックすることが欠かせません。

沖縄オリオンビール工場の3つの楽しみ方

ではここで、これまでの内容を踏まえて沖縄オリオンビール工場の楽しみ方を3つのポイントとして紹介します。

・ビールの製造工程を積極的に学ぶこと
・試飲はランチタイムに合わせてレストランの料理も一緒に楽しむ
・オリジナルグッズショップではここでしか手に入らないお土産をゲットする

沖縄オリオンビール工場を見学する際は、この3つのポイントを意識しましょう。そうすることで何も考えずに訪れるよりも2倍は楽しめます。

特に、試飲する時間帯はかなり重要です。美味しいビールは美味しいつまみがあれば、さらに美味しく味わえますよね。
ランチタイムに合わせて、11時か12時頃に始める時間帯のツアーに申し込めば、ランチの時間にもピッタリですよね。

一日でいくつかの観光スポット巡りをする場合、この沖縄オリオンビール工場見学を昼頃に設定することがおすすめですよ。

沖縄オリオンビールの工場見学は飲み過ぎに注意しながら楽しもう

dcbca0aa424c7638a22abe956b5ebf9e_s

ここまで沖縄オリオンビール工場の見学方法と楽しみ方について紹介しましたが、いかがでしたか。

工場見学の試飲には限りがありますが、レストランに立ち寄ればそこでは美味しいビールと料理を味わうことができます。

ビール工場を見学した後なので、いつも以上にビールが美味しく感じるかもしれません。しかしながら飲み過ぎるとフラフラしてしまい、次の観光スポットが満足に楽しめなくなる可能性がありますよね。

したがって工場見学をして、やんばるの森のレストランで食事も味わいたい場合は、飲み過ぎに注意して楽しむことが大切です。

オリオンハッピーパーク

スポンサーリンク

Check Also

okinawa_beach

沖縄観光上級者必見!穴場スポット、グルメ紹介!

目次 穴場絶景スポット5選 穴 …