Home / 沖縄体験 / オリオンビールの誕生秘話と沖縄での美味しい飲み方
沖縄  飲み物 オリオンビール

オリオンビールの誕生秘話と沖縄での美味しい飲み方

オリオンビールは1959年に沖縄県で誕生したビールです。オリオンビールは地元の名産品として旅行者だけでなく、沖縄県民からも広く親しまれています。

沖縄で旅行してお酒を嗜むのであれば、このオリオンビールの存在は欠かせません。そこで今回はオリオンビールの誕生秘話と沖縄での美味しい飲み方を紹介します。

スポンサードリンク

沖縄の名産、オリオンビールの誕生秘話とは

eb789ad38e9e782edf6972943e703fc5_s

オリオンビールは戦後アメリカ統治下の厳しい状況の中、具志堅宗精により設立されました。社名は沖縄ビール株式会社です。

しかしながらオリオンビールの名称は創設者である具志堅宗精が名付けたわけではありません。一般市民からの公募によって決められた名称なのです。

そしてオリオンビールの象徴であるスリースターにも深い意味が込められています。それは沖縄の象徴としてのオリオン座、人々の希望としての星、そして当時沖縄を統治していた米軍の司令官です。

会社が設立されたのは、1957年ですが、そこからすぐにオリオンビールが生まれたわけではありません。水質調査や工場建設を経てオリオンビールが発売されたのは、1959年です。

しかしながら、オリオンビールの販売は最初から上手くいったわけではありません。戦後の輸入品こそが価値が高いとされた風潮の中では、沖縄で生産されたビールのブランド価値は低かったのです。

そこで創業者の具志堅宗精は頭をひねり考えます。販売戦略として、自ら一軒一軒、飲み屋に足を運び、商品をPRする戦略をとったのです。

その結果徐々にオリオンビールの認知は沖縄で広がっていきました。

オリオンビールは沖縄以外の地域でも楽しむことができる

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

そして1990年代には、東京、大阪などの首都圏にも出荷されるようになりました。そして今やオリオンビールはほとんどのビールファンが認識する存在となりました。

実際に東京や大阪の首都圏でも、沖縄料理屋に行けばオリオンビールを飲むことができるのです。

ではなぜオリオンビールは、50年以上に渡り人々から愛されているのでしょうか。

その理由はビールの味や喉ごしが沖縄の食文化とマッチしているからです。オリオンビールが愛され続ける理由はマーケティングとしての創業者の地道な努力だけではありません。

その深い味わいの部分にも人々から支持される理由があるのです。

オリオンビールを美味しく飲む為には目的に合わせたビール選びが欠かせない

オリオンビールにはたくさんのラインナップがあります。したがってオリオンビールを美味しく飲みたい場合は、季節に合わせたビールの種類を選ぶことが欠かせません。

夏であればしっかりとした苦味を舌で感じられる「夏いちばん」。冬であれば「いちばん桜」を選びましょう。季節限定のビールは、季節に合わせて飲むことでより美味しく感じられるのです。

給料日の後など、お財布に余裕がある場合、ビールの金額は気にならないかもしれませんが、給料日が近くなると、どうしても飲み代は安く抑えたくなりますよね。

そういった場合は、「麦職人」などの発泡酒を選びましょう。発泡酒であれば、普段よりも少し安い金額で、ビールとは大差ない味わいを楽しむことができます。

また味だけでなく身体に美味しいビールを探している場合は、糖質がゼロの「ゼロライフ」を選びましょう。ゼロライフなら、身体に優しいだけでなく、軽い飲み口が味わえますよ。

ビールは辛口が良い、と拘りがある場合は「スペシャルX」を選びましょう。スペシャルXならシャープなキレがある味わいなので、仕事終わりに男性が飲むビールとして適しているかもしれません。

このようにオリオンビールは年々新しい商品を開発して、時代のニーズに合わせたビールを世の中に提供し続けています。
そして2013年にはお酒が弱い女性でも楽しめるようなノンアルコールビールを発売しました。

しかもノンアルコールコール商品である「クリアフリー」は三つの種類が楽しめるようになっています。それはフルーティー、ポップ、モルトです。ラインナップが少ないノンアルコール商品で、好きな風味が選べるのは嬉しいところですよね。

沖縄ではレンタカーを借りて旅行する人が多いわけですが、そうなると地元の名産であるオリオンビールが楽しめない、というジレンマが発生します。
しかしノンアルコールであれば車の運転があったとしても大丈夫ですよね。

このように人々のニーズに応える形でオリオンビールは新しいラインナップを開発し続けているのです。

オリオンビールの美味しい飲み方

オリオンビールを楽しむ方法は、沖縄料理と一緒にビールを飲むことです。ワインに合う食材があるように、オリオンビールには沖縄の食材がマッチしやすいのです。

しかしながら、より深くオリオンビールを楽しみたい場合は、イベントへの参加を検討しましょう。

そのイベントとは、オリオンビアフェストです。オリオンビアフェストとは、夏の期間に沖縄本島、宮古、石垣で開催される音楽イベントです。

オリオンビアフェストに参加すれば、オリオンビールだけでなく、地元沖縄の内地では見れないようなレアなアーティストの音楽を同時に楽しむことができます。

よりディープな沖縄をオリオンビールと共に楽しみたい場合は、オリオンビアフェストへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

樽生最優秀認定店を探そう!

2fb28f5a653868de9ef50b21a880c0ab_s

沖縄でオリオンビールを楽しみたい場合は、どこの居酒屋に入ってもいいわけではありません。オリオンビールから樽生最優秀認定店を探しましょう。

樽生最優秀認定店とは、オリオンビールが実施する樽生最優秀認定制度をクリアした厳選されたお店だけに与えられる称号です。

その認定基準はサーバーを自主的に連日洗浄し続けなければならない等、厳しい基準が設けられています。そしてうまい樽生の5原則を守っていなければなりません。

ではうまい樽生の5原則にはどのようなものがあるのでしょうか。それは以下の5つです。
鮮度、ガス圧の調整、ビール回路の洗浄、ジョッキの洗浄、うまい注ぎ方これらの5原則を満たしていなければいけません。

特にビールの注ぎ方で味が変わってしまうことは、ビール好きであれば誰もが知るところですよね。泡とビールのバランスがガタガタに崩れてしまっていたら、どれだけ美味しいオリオンビールも台無しです。

樽生最優秀認定店を選んでそのお店でオリオンビールを注文すれば、間違いないオリオンビールを味わうことができるのです。

オリオンビールを美味しく飲みたいなら、樽生最優秀認定店に行こう

ここまでオリオンビールの誕生秘話と沖縄での美味しい飲み方について紹介しましたが、いかがでしたか。

ビールを美味しく飲む為には、ビールを飲む環境だけでなく、注ぎ方やグラスの冷え具合も関係します。

そういった環境はどこにでも準備されているものではありません。オリオンビアフェストの紹介をしましたが、純粋に味だけを求めるのであれば、整った環境でじっくりと料理とビールを味わえる場所を探した方がいいかもしれません。
オリオンビアフェストは音楽好きであれば最高に楽しい空間になることが間違いありませんが、ビールが好きで音楽への関心があまりない場合、最高の環境にはならない可能性があるのです。

そこで考えるべきがお店でオリオンビールを飲むことですが、居酒屋や飲食店の選別基準として有効なのが樽生最優秀認定店です。沖縄で上質な雰囲気の中、最高のオリオンビールを味わいたい場合は、樽生最優秀認定店の中でお店を選ぶことを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄 離島 本島周辺 瀬底島

透き通るブルーに感動!瀬底島の「瀬底ビーチ」の魅力と楽しみ方

瀬底島の「瀬底ビーチ」は、透き …