Home / 沖縄観光 / 美しいとはこのことか。沖縄パナリ島の魅力と観光のみどころ
2

美しいとはこのことか。沖縄パナリ島の魅力と観光のみどころ

1

沖縄の離島の中で、パナリ島はそこまで有名な島ではないかもしれません。しかし実はパナリ島は神秘的な美しさがある島として、マリンスポーツファンからは絶大な人気がある島の一つなのです。

本記事ではそんな沖縄パナリ島の魅力と観光のみどころについて紹介します!沖縄でマリンスポーツを楽しみたいという方には是非知っておいてもらいたい島です。沖縄の訪問地を検討されている方は、パナリ島でマリンスポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

パナリ島の魅力はシュノーケリングで満喫しよう

パナリ島は、石垣島や西表島から高速フェリーでアクセスできる離島の一つ。その魅力は美しい珊瑚礁とそこで観賞できる海洋生物です。ではどのようなマリンアクティビティをすれば、その美しい珊瑚礁を満喫することができるのでしょうか。

その方法の一つはシュノーケリングです。シュノーケリングであれば、マリンスポーツ初心者でも安心して取り組めますよね。パナリ島を初めて訪れる際は、シュノーケリングは取り入れておきたいアクティビティの一つだといえるでしょう。

パナリ島は人魚伝説が残る島でもある

人魚伝説は世界各地にある逸話ですが、パナリ島にも人魚伝説が語り継がれています。ではなぜパナリ島では人魚伝説が残っているのでしょうか。それはかつてジュゴンが多数目撃できたことが関係しています。

水族館で人気者のジュゴンは、実は人魚伝説の由来になったともされる生物なのです。そのため人魚と出会える確率が比較的高かったパナリ島には人魚伝説が残されていると考えることができるのです。

2

パナリ島は二つの島から成り立っている

パナリ島は単独の島を指す言葉ではありません。上地島と下地島、この二つの島の総称がパナリ島なのです。またパナリ島は新城島でもあります。地元の人によってはパナリ島としてではなく、新城島として認識している場合があるので、両方の呼び名があると認識しておきましょう。

ジュゴンの肉が税として琉球王朝へ納められていた

人魚伝説が残るパナリ島ならではのある逸話があります。それはジュゴンの肉が税として琉球王朝へ納められていた、ということです。現在はジュゴンの肉を食べる、ということは一般的ではありませんが、かつてジュゴンの肉は税として琉球王朝へ納められるほど、一部地域では食されていたのです。

しかしジュゴンは乱獲の対象となった結果、生息数が激減しました。そのため現在は天然記念物に指定されて、大切に扱われています。パナリ島はジュゴンを祀る神社があるくらい、ジュゴンと関係が深い島なのです。

上地島に上陸する際の注意点

パナリ島は人魚伝説が残る美しい島ですが、上地島に上陸する際は注意点があります。それは、上地島にはお店が無いことです。上地島は小学校もないくらい過疎化が進んでおり、現在はスーパーやコンビニなどはありません。

そのため上地島に来る前の西表島や石垣島で、ペットボトルの水など必要なものは準備してから上陸しましょう。

パナマ島(新城島)へのアクセス方法

パナマ島へのアクセス方法は、実は非常に限られています。その理由は定期船が存在していないからです。定期船があれば時間を調べて船着き場へ行けばいいわけですが、その方法ではパナマ島へはアクセスできないのです。

ではどうすればパナマ島へアクセスできるのでしょうか。その方法の一つはツアー会社を利用することです。石垣島や西表島には、パナマ島でマリンアクティビティをするツアーを用意している会社がいくつかあります。

そういった会社を利用しましょう。ガイドさんもついてマリンアクティビティも楽しめるので、安心してパナマ島を満喫することができますj

年に一度の豊年祭は関係者のみ参加が許されている


パナマ島へアクセスするもう一つの方法としては、パナマ島の関係者と親しくなり豊年祭に招かれることです。パナマ島では豊年祭が年に一度開催されています。しかしそれは簡単に参加できるものではありません。

旅行者ではかなり難しいといえるでしょう。ただ石垣島や西表島に移住して農業に携わるなど地域と密着した暮らしを続けていれば、将来的に招かれる機会があるかもしれません。

パナリの持つ意味とは

新城島がパナリ島と呼ばれるのには理由があります。パナリは隣り合わせという意味を持つ言葉です。パナリは八重山の方言の一つなのです。前述したように、パナリ島は上地島と下地島という隣り合わせの島々の総称です。

その為隣り合わせの意味を込めてパナリ島と呼ばれているのです。

パナリ島は豊かな自然も魅力的!

パナリ島の魅力は美しいエメラルドグリーンの海だけではありません。パナリ島内は豊かな自然に溢れているのです。その広大な自然は西表島にも引けをとらないほど。実はパナリ島は、島そのものが西表石垣国立公園に含まれています。

国立公園の名に相応しい豊かな自然が残されているのです。その空間はただ散歩しているだけで癒されてしまうほど。人工的に手がかかっていない自然の中で遭遇するガジュマルの木は圧巻です。パナリ島を訪れた際は、その自然も満喫して楽しみましょう。

沖縄パナリ島の観光の見どころ

パナリ島の観光の見どころは海と自然だけではありません。実はパナリ島には「御嶽」と呼ばれる聖地がいくつも点在しています。それらは神聖な場所であり、気軽に近づくことはできませんが、少し離れた場所からも神聖な雰囲気を感じることができます。

沖縄の神秘的な島には必ずといっていいほど存在する御嶽。パナリ島で御嶽に足を踏み入れたい場合は、そもそも人が入っていい場所なのか、しっかりと確認することが大切です。御嶽は社員どころか、スケッチを取ることすら許されないところが少なくありません。御嶽を訪れる際はマナーを守って見学しましょう。

ツアーは1日ゆったりと楽しめるコースを選ぼう

パナマ島へ訪れる際には、基本的にツアーへの参加が必要になることは前述した通りです。ではツアーはどのようなものを選べばより満喫できるのでしょうか。それは1日体験できるツアーです。

できるだけ時間に余裕をもって朝から夕方までじっくりと楽しめるツアーを選びましょう。ツアーの種類はマリンアクティビティを中心としたものや、島内の散策に重点を置いたものなど様々です。そのためツアーの内容を吟味して、自分達にぴったりのコースを選ぶことが大切です。

ツアーを探すなら「パナリ島観光」を活用しよう

パナリ島へのツアーを探す際におすすめのツアー会社があります。それはパナリ島観光です。パナリ島観光はその名称の通り、パナリ島へのツアーに特化した会社です。

オーナーがパナリ島(新城島)出身の為、このツアー会社なら必要な情報もばっちり確認できます。またパナリ島観光は使えば、この会社の食堂や売店、シャワールームなどが利用できます。マリンアクティビティを楽しむ際にシャワールームは欠かせないですよね。パナリ島へのツアーを探すならパナリ島観光は検討すべき会社の一つだといえるでしょう。

パリ島観光(新城島観光)

3

パナリ島観光の際は体調をしっかり整えよう

いかがでしたでしょうか?ここまで紹介したように、パナリ島は美しい自然が残された、一度は訪れておきたい離島の一つです。またパナリ島の魅力を存分に味わう為にはマリンアクティビティが欠かせません。そのためパナリ島観光の際は体調をしっかり整えておくことが大切です。

せっかくのパナリ島観光の日に、体調が優れなければマリンスポーツが満喫できないですよね。また高速船での移動は揺れも伴うので、船酔いなどのリスクもあります。パナリ島を観光する際は、その美しさを満喫する為にも万全の状態にしておきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

drone-1277862_640

沖縄でドローン講習・撮影を体験しよう!ドローンを楽しめる沖縄のサービス

沖縄は実はドローンの撮影会社や …