Home / 沖縄観光 / 天然温泉を楽しめるロワジールホテル那覇の魅力と楽しみ方

天然温泉を楽しめるロワジールホテル那覇の魅力と楽しみ方

旅行を計画する際、一番悩むことは何ですか? と質問すれば多くの人がきっと「宿泊先」と即答するでしょう。

客室の雰囲気や料金、交通機関からのアクセス、ホテルグルメ、専用プールの有無など、人によって宿泊先を選ぶ際の優先順位は異なりますが、どこに泊まろうか決めるのは、あれこれ考えなければならず、大変です。

そこで今回は、アクセスの面でも、施設の面でも、とても便利で魅力的な那覇市のホテル「ロワジールホテル那覇」をご紹介します。観光はもちろん、ビジネスにも最適です!

スポンサードリンク

魅力1 天然温泉でくつろげる

「ロワジールホテル那覇」のスペシャルな魅力は、那覇市内唯一の沖縄県でも珍しい天然温泉「三重城温泉 島人の湯」が楽しめること。

地下800メートルから湧き出す温泉の泉質は「含ヨウ素ナトリウム、塩化物泉」。一般的な火山性の温泉とは異なり、およそ800万年前の化石海水が地熱で温められた古代ロマンが秘められた温泉です。

塩分を含んでいるのでなめるとしょっぱく、入浴後には体かポカポカと保温効果抜群です。ぜひ、ひと味違った沖縄の海からの恩恵でリラックスタイムを過ごしてくださいね。

営業時間 7:00~23:00。
利用料金 「ロワジールホテル那覇」の宿泊客の場合、大人1,500円/子ども750円。※滞在期間中なら上記料金で、「三重城温泉 島人の湯」のほか、「室内クアプール」「屋外プール」施設を利用可。
※「ロワジールホテル那覇」に隣接する「ロワジール スパタワー 那覇」に宿泊客の場合は、無料。

魅力2 那覇空港から車でたった約7分!

「ロワジールホテル那覇」は抜群のアクセスの良さも魅力。沖縄の空の玄関口「那覇空港」から車でたった7分の距離にあるため、沖縄に着いて早々、ホテルにチェックインでき、また、空港までの時間を気にせずチェックアウトできます。

観光で人気の「国際通り」へは徒歩約20分、モノレールの「旭橋駅」へは徒歩約12分という徒歩圏内の距離。沖縄観光の拠点、ビジネス利用として、申し分ない立地といえるでしょう。

ロワジールホテル那覇
【住所】沖縄県那覇市西3-2-1
【チェックイン&アウト】チェックイン15:00/チェックアウト11:00

魅力3 1年中泳げる屋内プール

4月~10月の期間限定の屋外プールのほかに、季節を問わず1年中泳げる「屋内プール」が完備されています。宿泊料金の安い、シーズン外に宿泊した場合でも、室内プールなら楽しめるので、子どもたちをがっかりさせずにすむでしょう。

さらに、こちらのプールは天然温泉が利用されているので、プールで遊びながら温泉成分でお肌もしっとりする、なんとも贅沢なプールとなっています。水温は冷たくも熱くもない約33度。身体にとって一番心地よいとされる温度で、心身をリラックスさせてくれるんだそう。

営業時間 10:00~18:00(最終受付 17:30)
利用料金 「ロワジールホテル那覇」の宿泊客の場合、大人1,500円/子ども750円。※滞在期間中なら上記料金で、「室内クアプール」のほか、「三重城温泉 島人の湯」「屋外プール」施設を利用可。
※「ロワジール スパタワー 那覇」に宿泊客の場合は無料。

魅力4 大人も子どもも歓喜!ランチビュッフェ

モーニング、ランチ、ティータイム、ディナーまで楽しめるレストラン「オールデイダイニング フォンテーヌ」。中でも注目すべきは、「ランチビュッフェ」。

美しいオードブルから、日替わりの魚・肉料理・パスタをはじめとする、和洋中よりどりみどりビュッフェです。鉄板焼きステーキはシェフが調理する姿を見ながらのライブキッチンスタイルなので大人気。季節でかわるフェアでは、曜日ごとに「今日の一品」が用意され、あぐーしゃぶしゃぶや海鮮丼が楽しめます。土日はスイーツとお子さま向けメニューが充実!至福の時間が過ごせます。

子ども用の椅子やソファー席もあるので、子ども連れの家族も安心!また、あいにくの雨で旅行の予定がくるった時の代替え案にしても良いでしょう。

ランチビュッフェの開催時間 ・火~金曜日:①11:30 ②12:00 ③13:15。・月・土・日・祝日:①11:15 ③13:15。90分の時間制。
料金 大人2.500円/シニア(65歳~) 2,200円/子ども7~12歳1,100円/幼児(4~6歳)500円

魅力5 大人の至福の時間 Barタイム

1日の旅の疲れを癒し、大人の時間を過ごせるスポットが、12階にある「BARプラネート」。大きな窓から、沖縄の海に太陽が沈むサンセットや夜景、飛行機の離発着を眺めながらおいしいお酒をいただけます。

営業時間 17:30~24:00(ラストオーダー23:30) 

魅力6 プールサイドバーベキュー

「サンセットテラス パピヨン」ではプールサイドで楽しむバーベキューが用意されています。ディナータイムのみとなり、夕日を眺めながらの120分時間制「バーベキュー食べ放題プラン」では、お肉と一緒に、プランに含まれる「サイドビュッフェ(サラダやアイスクリームなど)/ソフトドリンク飲み放題」が楽しめます。お肉の食べ放題はちょっと、、、という方向けに「プレートプラン」もあります。しかもこちらも「サイドビュッフェ/ソフトドリンク飲み放題」もついてかなりお得です。

アルコール類の飲み放題もオプションプランにあるので、オリオンビールや泡盛とともにで楽しんでみてはいかがでしょうか?

営業時間 ディナータイム17:30~21:00(ラストオーダー20:30)

魅力7 リニューアル!洗練された客室

那覇市最大規模の551室を完備する「ロワジールホテル那覇」。機能性に優れ、

本館の客室は「プレミアムカテゴリ」とされる3種類のスイートルームを筆頭に、「コーナールーム」、「エグゼクティブ」とあり、一般的なクラスのお部屋の中には「和室」タイプも用意されています。

また、ロワジールホテル 那覇(イースト館/別館)には、車椅子の方や介護の必要な方にも安心なユニバーサルルームが完備されています。その他、ファミリーやグループ向けの「メゾネット」タイプもあるので、目的に応じてお部屋を選ぶことができます。

魅力8 県内最大級のお土産ショップ

「お土産まだ買ってない!」「お土産買い忘れた!」そんな時にも、「ロワジールホテル那覇」には、県内最大級のお土産ショップ「ロワジールプラザ」があるので安心です。

沖縄伝統の「琉球ガラス」や「紅型」といった工芸品から、定番の「泡盛」、「紅芋タルト」や「雪塩ちんすこう」といった琉球菓子、変わり種の「ゴーヤーの香りのフェイスパック」まで、ありとあらゆる沖縄の人気土産が揃っています。

魅力おまけ 1階にあるパン屋さん

ロワジールホテル那覇の1階に「西町のパン屋 ブレ・ド・オール」という隠れた名店があるんです。パンによって小麦粉の種類を変え、北海道のバターを使った商品が、菓子パン、総菜パン、食事パン、所狭しと並びます。夜食用にお部屋にお持ち帰りしてもいいですよ。

まとめ 離島観光にも便利!

いかがでしたか?那覇空港から車で約7分というアクセス最高の立地に加え、旅の疲れを癒してくれる天然温泉も完備されている「ロワジールホテル那覇」。

また、「ロワジールホテル那覇」は、那覇空港だけでなく、渡嘉敷島、座間味島、久米島などの離島へアクセスできる「泊ふ頭旅客ターミナル」へも、車で約9分の距離。離島観光を計画してる場合にも便利なホテルです。

スポンサーリンク

Check Also

琉球王朝時代にタイムスリップ!石垣島「宮良殿内」のご紹介

石垣島は、沖縄県内の離島でもダ …