Home / 沖縄体験 / 琉球ガラスを体感するには?沖縄の人気スポット!
ryukyu-glass-738800_640_eyecatch

琉球ガラスを体感するには?沖縄の人気スポット!

手にすっぽりと収まる肉厚のフォルム。ガラスの中に無数の気泡が入っているのが特徴の琉球グラスはいつの時代にも変わらぬ魅力があります。
沖縄に行ったなら、琉球グラスの工房を訪れてみたいと思ったことはありませんか?今では訪れるだけでなく、体験も出来てしまい、自分オリジナルの琉球グラスが作れるのです。

琉球グラスの概要と、琉球グラス工村の詳細をご紹介致します。

スポンサードリンク

琉球ガラスとは

craft-677989_640_okinawaglass1

琉球ガラスの特徴

琉球グラスは、沖縄の文化や自然に根ざしており、沖縄でハンドメイドされたものです。琉球グラスの特徴は、肉厚のフォルムで中に気泡が入っています。それというのも戦後アメリカ人によって持ち込まれたコーラの廃瓶などをリサイクルして作ったもので、「吹きガラス」の製法のために途中で空気が入り、もとの瓶の色が溶け合ってくすんで温かみのある、独特の風合いを出しています。

琉球ガラスの歴史

琉球ガラスの歴史は明治中旬にさかのぼります。長崎や大阪から来た職人が作り始め、主にランプのほやや、漬物瓶などが作られていました。戦争で一時中断しましたが、1950年頃になって疎開先から帰ってきたガラス職人などが再び生産をはじめました。

中でも父親の世代から那覇でガラス工場を営んでいた前田正男さんは、戦後に工場を与義に移転し、復興させました。その頃には、牛乳瓶、投薬瓶、駄菓子屋の菓子入れ瓶など日用品を製造しており、かなり需要もあったようです。

しかし、その後プラスチックに取って代わられ、琉球グラス製品は廃れていきました。前田さんは知人の奥原さんに相談を持ちかけ、工場は再スタートを切りました。沖縄返還の頃になって、帰国する米軍兵のお土産としての需要もあり、1960年頃には外国へ輸出するようになりました。

その後1975年の沖縄海洋博で琉球グラスが注目され、工房をオープンにするなど製作スタイルを変えていきました。その頃になると海外製の模倣品も多くなってきたため、マネされにくいものを作ろうと、だんだんとオリジナリティーあふれる製品が増えるようになり、現在に至っています。

琉球ガラス村

insulators-718487_640_okinawaglass2

体験できる

琉球ガラス村は沖縄本島の最南端、糸満市にある体験型のガラス工房です。ここでは琉球ガラスの製作風景を見学、そして実際に体験してみることができます。

ガラス工房の体験は実際に現役の職人さんから手ほどきをうけ、実際に使われている工具や炉を使ってガラスを溶かし、成形するところが醍醐味と言えます。
ガラス工房体験の所要時間はさぞかし長い間かかるのかと思いきや、なんと所要時間が5分のものまであります。

琉球ガラスは空き瓶などのリサイクルから出来ていますので、まずガラスを溶解炉で溶かし、溶かしたガラスを巻取り、それを型に入れて固めて作ります。それから吹きガラスの行程へとつながりますが、体験ではその一部だけを実践します。製品としてはお皿やオリジナルグラスなどがあります。

見学できる

琉球ガラス工房は、実際にガラス職人さんたちが作業をしている場で、いわば彼らの職場におじゃましていることになります。
工房の中央にある窯は1300度の温度があり、夏場などでは涼しいところでも40度にもなるきびしい環境で作業しています。

この工房には職人さんが9人おり、県から「沖縄県工芸士」の認定を受けた職人さんばかりです。この職人さんたちが炎や熱と戦いながら、よりよい作品を作ろうとしている姿を目の当たりにすることができます。

ショップ・ギャラリーも

琉球ガラス村内にはガラス製品やお土産品のショップやギャラリーもあります。商品には琉球ガラス製品の他、ベトナム工芸商品、アクセサリー、インテリア製品、オリジナル製品、花瓶などがあります。

琉球ガラス製品はすべてハンドメイドのため、ひとつひとつ微妙に色や形が違っており、工場製品のように同じものはひとつとしてありません。また、廃瓶を溶かして作っているため、くすんで気泡の入った質感がなんとも味わいがあります。どれも一生使って行きたくなるような製品です。ひとつお求めになると、旅のいい記念になるのではないでしょうか?

レストランで沖縄料理も楽しめる!

琉球ガラス村には、レストランもあります。その名もオランダ語でガラスを意味する「ぎやまん館」といいます。

このぎやまん館では、沖縄そばや沖縄風ちゃんぽん、タコライスの他、季節限定ですが「ゆし豆腐定食」もリーズナブルなお値段で提供されています。

広大な敷地の琉球ガラス村で疲れたら、沖縄メニューで一息つくのはいかがでしょうか?

琉球ガラス村
http://www.ryukyu-glass.co.jp/

琉球ガラス王国工房

jar-106855_640_okinawaglass3

おきなワールドの中にある

琉球グラスの一大産地である「琉球ガラス王国工房」は、沖縄本島南部の南城市にあります。那覇空港から車で30分の「おきなワールド」という、沖縄の自然や歴史、文化が体感できる県内最大級の観光テーマパークの中にあります。

職人の技を見学・体験

「琉球ガラス王国工房」では、職人の技を見学、または体験できます。まずは吹きガラス製法で職人が琉球ガラスで製品を作るところを見学します。

もともとは戦後、アメリカ人によって持ち込まれたコーラの瓶などの空き瓶を再利用して作っていた琉球ガラス。まずはその空き瓶を溶解炉で溶かします。溶かしたグラスを巻取り、型に入れて固めます。それを再び窯で熱して形を整えて完成です。そのグラスを1晩、除冷窯で冷まして出来上がりとなります。

簡単そうに聞こえますが、微妙な力加減や息の入れ方で、ガラスはいとも簡単に変形してしまいます。

また、自分でその行程を体験することも出来ます。体験では、上記の行程の一部を体験します。上手く形になるかどうかは、あなたの才能にかかっています。
なお、作った琉球ガラス製品は後日、郵送してくれます。

他の各エリア楽しめる!

「琉球ガラス王国工房」には、琉球ガラスを見学、体験するエリアだけではありません。なんと鍾乳洞の玉泉洞、紅型や機織り、紙すき、藍染などの工房、スーパーエイサー、ハブのショーなどのアトラクション、酒造所にフルーツ園、それにグルメにお土産処と盛りだくさん。とても1日では回りきれないほどです。

お土産・グルメも充実

園内にはお土産も売っており、グルメも堪能できます。
お土産は、広大なお土産どころに所狭しと並んだ紅芋タルトやサーターアンダギーなどの定番沖縄土産から、ちょっとレアな「まるごとパインカステラ」などの人気ナンバーワンのお土産までが並んでいます。また、南城市のクラフトビール「OKINAWA SANGO BEER」と、ハイボール「琉球ハブボール」を醸造、販売もしています。

また、ガラス製品のアウトレットショップがあるのが最大の特徴と言えます。生産中止や試作品、そして基準に見たなかった製品などをアウトレット価格で販売していますので、寄らない手はないでしょう。

また、グルメは3つのレストランがあり、沖縄そば、地ビール喫茶、そして島野菜やハーブ、魚介類など素材にこだわった身体に優しいブッフェスタイルのランチバイキングがあります。ランチバイキングは大人1300円で、常時80種類のメニューがあるといいますから、沖縄料理はほぼここでリーズナブルに体験できます。

琉球ガラス王国工房
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/handcrafts/ryukyuglassware/

まとめ

いかがだったでしょうか?糸満市にある「琉球ガラス村」、そして南城市にある「琉球ガラス王国工房」をご紹介しました。どちらも見学、体験ができる、お土産や工芸品が買えるというのが共通している工芸のテーマパークですが、琉球ガラス村のほうには、琉球ガラス製品のアウトレットを併設しているのが高ポイントとなります。是非一度お出かけ下さい。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄 物/お土産 ビーチ 琉球ガラス

沖縄の文化とは?代表的な沖縄文化の魅力と由来

首里城に赤瓦の古民家、シーサー …