Home / 沖縄観光 / 琉球王国をめぐる~遺産を旅して歴史を感じよう
eyecatch

琉球王国をめぐる~遺産を旅して歴史を感じよう

あなたは昔、沖縄に「琉球王国」という王朝があったことをご存知ですか?王朝時代を彷彿とさせる遺跡などは今も残っており、歴史の息吹を感じることができます。
琉球王国の歴史を感じられる場所の紹介とグスク、イベント、祭りをご紹介します。

スポンサードリンク

琉球王国とは

okinawa-81482_640_ryukyuoukoku1

三山統一

琉球王国は約570年前(1429)に成立、約120年前(1879)までの間の約450年間、いまの沖縄県にあった王朝のことを指します。

総人口が17万人に満たない王国でしたが、お隣中国の明や清の海禁、日本政府の鎖国の状況下において、東シナ海に面し、東南アジアに近いという地の利を生かし、東南アジアとの交易で大きな役割を果たしました。特にジャワやマラッカ王国(今のマラッカ海峡からインドネシアにかけてのイスラム教国)との交易が盛んだったと言われています。

琉球王国は1429年第一尚氏である尚巴志王の北山、中山、南山の三山統一によって琉球王朝が成立したと言われています。

16世紀になると、琉球王国は中国と盛んに貿易をしていました。その頃に盛んだった奴隷や娼婦などを買うことはせず、自分たちの同胞を売ることもない気位が高い民族だったとポルトガル人の文献に記されています。

薩摩藩による侵略

16世紀後半になると、豊臣秀吉が中国の明と李氏朝鮮を制服するため、琉球王国に助勢を依頼してきましたが王国はそれを拒否。しかし文禄・慶長の役で日本は朝鮮半島に攻め込んでしまい、その際に琉球は秀吉軍に食料を差し出し、日本軍の兵役の一部を担いました。

1609年に薩摩藩の島津氏が3000名の兵隊を率いて奄美大島に進軍、やがては沖縄本島に上陸、首里城に進軍してきました。

琉球王朝は4000名体制でこれに対抗しましたが、結局は敗れてしまい、琉球王国は薩摩藩の付庸国となり、年貢を義務付けられ、その後満州に代わり中国を治めるようになった清にも年貢を納めることとなり、薩摩と清の両方の属となりながら王朝の体制はくずさずに独自の文化をも守ってきました。

廃藩置県と琉球処分

1871年に明治政府は琉球王国の管轄を鹿児島県とし、琉球藩を設置、琉球国王尚泰を華族としました。廃藩置県に向けて清国との関係を絶ち、年号を明治として藩王の上京を再三に渡って申請しましたが、琉球側はこれを拒否。それに対して政府側から処分官ら600人が送り込まれ、首里城で廃藩置県が布達されて、首里城明け渡しを命じられました。

そして肥後薩摩藩の鍋島直彬が赴任、琉球王国は事実上終焉を迎えました。琉球士族の一部は清に応援を求めました。清も日本政府の一方的な弾圧に講義し、外交交渉が行われることとなりました。

清国への先島分島問題が提案され、アメリカ大統領グラントのすすめもあって調印直前まで行きましたが、土壇場で清国が調印を拒否、後の日清戦争での日本の勝利もあいまって、琉球の日本の領有権が確定しました。

海外との交易

琉球王朝は中国の明や清の海禁、日本政府の鎖国という状況下において、東南アジアとの独自の交易で大きな役割を果たしました。特にジャワやマラッカ王国(今のマラッカ海峡からインドネシアにかけてのイスラム教国)との交易が盛んだったと言われています。

16世紀になると、明は倭寇対策で海禁を緩和しましたが、日本だけは除外されていたため、大打撃を受けます。
やがて大航海時代を迎え、ヨーロッパ諸国が東南アジアに貿易拠点を築き始め、東シナ海にも進出。日本は東南アジアでの貿易市場を失うこととなります。

これに対抗し日本はその頃さかんに採掘されていた銀をもって東南アジアに進出、現地で日本人街ができるほどに貿易の中心となりました。このため、琉球の中継貿易は衰退していきましたが、明が朱印船を拒否したために、琉球の明に対する中継貿易は生きながらえることができました。また、薩摩藩の付庸国となったのが中国との中継貿易のルートを確立することができました。

さらに19世紀には、戦争で敗れた清が海禁政策を弱め、日本も開国をしたため、香港や日本の5港が開港して琉球の中継貿易の地位はほぼ消滅してしまいました。これにより、琉球の日清両属体制は崩れ、経済的、政治的に日本に組み込まれることとなりました。

宗教

琉球には古来よりアミニズム、祖先崇拝、おなり神を基礎とする固有の宗教があり、それは「琉球神道」と呼ばれていました。聞得大君御殿(きこえおおきみうどぅん)などはその代表的な祠です。

また、神道や仏教、そして中国などで盛んな道教も琉球に入ってきています。さらに南蛮船が1622年、キリスト教が禁止されていた八重山に来航、布教活動を行い信者を獲得するも、政府の弾圧により八重山キリシタン事件などが起きています。

首里城

eyecatch

首里城について

1429年から1879年までの450年間に渡り、沖縄に存在した王国、琉球王国。中国、日本、そして東南アジアとの盛んな貿易によって、沖縄独自の文化が生まれました。
その王国の政治、文化、そして外交の拠点となったところが首里城なのです。

建築様式

日本と中国の建築様式を併せ持っているグスク。特に石積みの高い技術は日本本土よりも早い時期にすでにあったと言われますが、どのような建築技術を使っていたのでしょうか?その技術の高さはあのマチュピチュと比較されることもあり、沖縄北部や奄美には石垣を使わず土だけで作ったグスクもあるといいます。

見るべきポイントA

首里城は琉球の王が居住する王宮であるとともに、政治や経済を統治する行政機関でもありました。派手な色彩や日本の寺院とは一風変わったデザインでもわかるように、その建築様式は中国と日本が融合した築城文化の影響を受けています。

見るべきポイントB

首里城の石積みの技術は、大陸文化の影響で本土よりも早くに発達していたと考えられています。原始的な野面積みではなく、長方形に積む布積み、複雑な幾何学模様に積む相方積みの積み方が見られます。
その積み方のおかげで見事な曲線美を描くことができたと言われています。

見るべきポイントC

1945年、戦争で跡形もなく消えた首里城。現在の首里城はその後復元されたものです。膨大な数の古文書や写真などをもとに、さらに台湾に残っていた古文書などを参考に、首里城の顔とも言われる正殿の「唐破風」(からはふ)が復元されました。

そして一大ブロジェクトは終了し、人々に新しい首里城が公開されたのは1992年。戦後40年以上が経過した時でした。そして2000年には首里城跡は世界遺産に登録されました。

世界遺産・琉球のグスク群を巡る

hibiscus-787030_640_ryukyuoukoku2

グスクは城跡ばかりではない

沖縄では、城と書いてグスク呼びます。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産にも登録されているのですが、グスクとは一体どんなものなのでしょうか?グスクは名の通り、城の門や城跡などがそれにあたります。

城(ぐすく)は、沖縄のシンボルとも言える有名な首里城の守礼の門をはじめ、今帰仁城跡、座喜味城址、勝連城跡などの城跡、あとは御嶽(うたき)と呼ばれる拝所の場合もあります。

沖縄南部から北部まで点在するグスク

「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、世界遺産に登録されているグスクは沖縄本島には9つあります。

それも沖縄本島の北部から南部に点在しており、空港のあたりから北部までは2時間半程度で行けるのですが、1日で9つのグスクを回ろうとするのはおすすめできません。そこで最低2日以上をかけて、観光施設と合わせて回るのがおすすめです。

例えば、1日目は北部~中部、今帰仁~中城城跡を回り、美ら海水族館やパイナップルパークと組み合わせる。また2日目は那覇から南部を拠点に首里城~南城市の斎場御嶽、それにおきなわワールド、ひめゆりの塔、琉球ガラス工房などと組みわせるといった具合です。

歴史を知れば興味倍増!

さらにこれらのグスクは、ただ行っただけでは城跡、祠に過ぎませんが、行く前にグスクの歴史を知ると、実際に見た時の感動が違います。

例えば、そのグスクに関連する歴史的人物を当てはめてみる、首里城跡の尚巴志王、中山王、中城城跡の護佐丸(ござまる)、今帰仁城跡の北山王、攀安知(はんあんち)といった具合にグスクにゆかりの人物を当てはめてみましょう。

また舞台やドラマでも琉球王朝がモチーフとなった物が多く、「肝高の阿麻和利(きむたかのあまわり)」「テンペスト」などがありますので、旅行前にビデオを見ていくのもいいでしょう。

イベント・祭に参加しよう

hibiscus-1329479_640_ryukyuuoukoku3

プロジェクションマッピングが凄い!

中城城跡では、夜間のプロジェクションマッピングが話題になっています。プロジェクションマッピングとは、歴史的な建造物などにCGで作った映像を映し出す技術をいい、今や水族館やテーマパーク、駅などのイベントでも引っ張りだこです。

そのプロジェクションマッピングが中城城跡でおこなれているという情報をキャッチ!中城村の英雄である護佐丸や月が城壁に浮かび上がる様子は幻想的でした。このイベントは例年11月の下旬頃に開催されるイベントで常設の開催でないのが残念ですが、護佐丸ファンなら是非出かけてみたいイベントですね。

中城城跡プロジェクションマッピングインフォメーション
https://nakagusuku-pm.jimdo.com/

首里城・琉球舞踊イベント

首里城では、毎週水・金・土日・祝の11時、14時、16時に首里城公園 下之御庭(系図座・用物座)で琉球舞踊が開催されます。各回30分ほどの踊りですが、栄華を極めた琉球王朝時代の華やかさを彷彿とさせる舞です。料金はなんと無料!

首里城祭

毎年11月上旬に行われる、沖縄最大級のイベント。首里城で生まれた艶やかな民族衣装の舞と沖縄各地の民俗芸能、那覇市国際通りでは、豪華絢爛な絵巻行列、琉球国王の即位式を再現した「冊封儀式」など、この日をのがしたら見れないくらいの華やかなイベントです。

まとめ

薩摩藩に侵攻され、廃藩置県により琉球廃止、栄華を極めながらも悲運な運命を遂げた琉球王朝が確かに存在した証である、琉球歴史遺産をご紹介しました。9つある世界遺産は1日では回りきれないので、2日~3日をかけて沖縄の観光名所とともに巡ると、有意義な沖縄観光となることうけあいです。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …