Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 下地島 / 【下地島の楽しみ方】観光名所・グルメ・ホテル旅館

【下地島の楽しみ方】観光名所・グルメ・ホテル旅館

下地島は沖縄県宮古島市に属する小さな島です。この下地島は、宮古島の北西に位置し、伊良部島には隣接しています。伊良部島経由で宮古島までは橋で繋がっていますが、ここに新空港ターミナルの「みやこ下地島空港ターミナル」が2019年3月にできました。成田や関空などから直接渡ることができるようになったので、観光地として一気に注目を浴びています。今回はそんな下地島の観光スポットや飲食施設、宿泊施設などを紹介します。

スポンサードリンク

下地島観光の基本情報

下地島は小さな島で、ケーブダイビングのメッカとして知られる青い海が特徴の島です。まずは下地島の基本情報を紹介します。

下地島とは

下地島は沖縄県宮古島市に属する小さな島で、宮古島の北西に位置し、伊良部島には隣接して、橋ですぐに渡ることができます。伊良部島も宮古島とは伊良部大橋で繋がっていますので、下地島からは宮古島まで陸続きになっています。

下地島は面積9.54平方キロメートル、周囲17.5キロメートル、人口48人の小さな島で、サンゴ礁の隆起でできた島です。

島の面積の大部分はパイロットの訓練用に作られた空港で占められていますが、2019年3月30日、この空港に新ターミナルの「みやこ下地島空港ターミナル」が開業し、成田や関空などから直行便が就航することとなりました。そのため下地島は宮古島・八重山観光の玄関口として一気に注目を浴びることとなりました。

下地島へのアクセス・行き方

今までは那覇や石垣島の空港から宮古島へ飛行機で行き、そこからタクシーやレンタカーを使って陸路で下地島まで渡るという方法が取られていました。しかしこの度、「みやこ下地島空港ターミナル」が開業したので、成田からと関空から、そして香港からは直行の定期便があり、これを使えば成田からは約3時間、関空からは2時間半で下地島に行くことができます。

下地島の観光名所

では、下地島の観光名所について紹介します。

下地島巨岩(帯岩)

下地島巨岩は高さ12.5m、周囲59.9mもある巨石です。1771年に起きた明和の大津波の際、海から打ち上げられたと言われています。この津波は八重山地震で起こったものですが、八重山諸島中心に1万人近くの被害者を出しています。

この下地島巨岩は人が帯をしているように見えるので帯岩と呼ばれ、島では御神体として信仰の対象にもなっており、大漁祈願や家内安全のご利益があるとされています。それと同時に大津波の教訓を今に伝えるモニュメントでもあります。

住所:沖縄県宮古島市伊良部字佐和田
交通アクセス:佐良浜港から車で20分
駐車場:空き地に停める
設備:なし

通り池


帯岩からも近く、みやこ下地島空港の西側にあるのが通り池です。2つの池からなり、この2つは水中の地下部分で繋がっていて、海にも繋がっています。ダイビングで海からこの2つの池に入って、往来することもできるので「通り池」と呼ばれています。暗い海中のトンネルを潜るので、かなりの上級者向けになります。

とても珍しい地形なので、国の名勝と天然記念物の両方に指定されています。

水深は40mから50mほどあり、水はコバルトブルーです。神秘的な場所なので、人魚伝説もあります。

住所:沖縄県沖縄県宮古島市伊良部字佐和田
交通アクセス:佐良浜港から車で20分
駐車場:あり
設備:トイレあり

下地島空港

下地島空港は1979年にパイロットの訓練用の空港として作られました。翌年から那覇との定期便が就航しましたが、1994年に利用客が少ないことからなくなってしまいました。

その後も不定期便はあったものの定期化することはありませんでしたが、2019年3月に新しく旅客ターミナルとして「みやこ下地島空港ターミナル」ができ、成田、関空、香港との定期便が就航しました。

この新ターミナルの「みやこ下地島空港ターミナル」は「空港から、リゾート、はじまる。」がコンセプトで、空港に降り立った瞬間からリゾートの雰囲気を楽しめるような施設になっています。

チェックイン棟は天井が高く、木でできた三角屋根になっています。開放感抜群で、心地よい風が通り抜けて行きます。この屋根も断熱性が高く、快適な空間を作ってくれているのと同時に、自然エネルギーを積極的に利用し、省エネルギー化を実現する施設にもなっています。

空港内の飲食施設

空港内にはいくつかの飲食施設もあります。島食材を使ったカフェ「coral port Grab & GO」では海ぶどうを使ったサンドイッチやハイビスカスを使ったソフトクリームが食べられます。

「coral port LOUNGE Cafe&Bar」は沖縄の高級木材のテリハボクを使った高級感のある内装で、ゆったりした気分で過ごすこともできます。ここでは空港オリジナルのカクテルや泡盛なども楽しめます。

「coral port LOUNGE the Kitchen」では宮古そばや島食材満載のワンプレートメニューなど、ランチに最適なものが食べられます。旅の最後にここで島ごはんを食べてもいいですね。

空港内の物販施設

空港内の「coral port the Shop」はLandside店とAirside店の2店舗があり、ここでは宮古地方のお土産や、空港限定のお土産物を販売しています。

おすすめ商品の「島のみつ」1080円は宮古諸島で栽培されているビデンスピローサという植物から取れたみつを使っています。抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果が期待できるそうです。

他にも空港内にはDuty Free Shopもありますので、輸入品を免税価格でお得に買うこともできます。

住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田1727
交通アクセス:バスなら、みやこ下地空港リゾート線もしくはみやこ下地島エアポートライナーで宮古空港から約40分
      タクシーなら、宮古市街から約25分
駐車場:104台分あり
設備:トイレ、飲食施設、物販施設などあり

中ノ島


下地島の南西にある中ノ島は中ノ島ビーチとして海水浴やダイビング、クルージングする観光客に人気のあるビーチです。ここはリーフに囲まれ、外海からあまり影響を受けない穏やかな海で、海の透明度が抜群に高いです。サンゴの群生が見られたり、浅いところでも熱帯魚がたくさんいます。

住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田
交通アクセス:
駐車場:なし
設備:なし

下地島4種クマノミツアー

中ノ島ビーチは天然の水族館とも言われており、ここでダイビングやシュノーケリングをすれば、4種のクマノミや100種のサンゴに会えるというツアーがあります。いろんな会社のツアーがありますが、5歳くらいから80歳くらいまで、また初心者でも体験できる内容になっています。料金は6000円くらいからありますので、天然の水族館を楽しんでください。

下地島のおすすめグルメ・レストラン

では次に、下地島周辺のグルメスポットを紹介します。

レストランさしば

レストランさしばは「さしばの里」の中にあるレストランです。この施設の中にはホテルや長期滞在の賃貸物件などがあります。

レストランさしばは朝食、昼食、夕食に和食やカレー、島らしい定食などが食べられる食事処です。また、バーベキューをすることもできます。

住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田1727
営業時間:7:00~8:30、11:30~14:00、18:00~22:30(ラストオーダー22:00)
定休日:なし
交通アクセス:宮古空港から車で30分
駐車場:20台分

BOTTA

こちらは下地島から伊良部島に入ってすぐの場所にあるピザが自慢のお店です。厳選した粉で作った薄手の生地が美味しいピザです。

佐和田の浜に面したレストランなので、店内から海が一望できます。海に夕日が沈む時間は格別です。

ランチタイムにはドリンクセットやデザートセットなどのお得なセットもあります。

住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田1726-4
営業時間:11:30〜16:00
定休日:火曜日
交通アクセス:佐和田の浜の近く
駐車場:

レストラン龍

ホテルてぃだの郷の中にあるレストランです。野菜は97%を宮古諸島で作られた無農薬のものを、海産物は宮古近海のものを積極的に使ったスローフードの料理が味わえます。

店内は床から天井までの大きな窓から海が見え、夕日が沈むのを見ることもでき、ロマンティックなレストランでもあります。

住所:沖縄県宮古島市伊良部字長浜1647-3 てぃだの郷2階
営業時間:7:30~9:00、11:00~14:00、18:00~21:00
定休日:不定休
交通アクセス:佐良浜港から15分
駐車場:あり

レストラン入江

レストラン入江はホテルサウスアイランドの中にあるレストランです。郷土料理が食べられるレストランで、地元の人にも愛されています。昼は近海物の定食や丼、宮古そばなどが、夜は郷土料理とお酒が楽しめます。朝8時から18時まではカフェとして1階のテラス席が使えます。

住所:沖縄県宮古島市伊良部字伊良部1493-1
営業時間:8:00~22:00
定休日:元旦のみ
交通アクセス:宮古空港からバスで15分
駐車場:あり

居酒屋 でんみ

伊良部島にある居酒屋で、沖縄料理や居酒屋メニューなどが食べられるお店です。

住所:沖縄県宮古島市伊良部伊良部1394-1
営業時間:18:00~24:00
定休日:月曜日
交通アクセス:渡口の浜の近く
駐車場:あり

下地島の人気ホテル・旅館

下地島にはおしゃれなホテルも増えてきているようです。その中のいくつかを紹介します。

下地島コーラルホテル

下地島コーラルホテルは「さしばの里」の中にあるホテルです。元々、全日空の乗員宿舎でしたが、一般のホテルにリニューアルしました。

部屋はシングル、セミダブル、ツイン、和室、コテージなど様々なタイプがあるのが特徴です。リーズナブルな価格で宿泊でき、朝食は無料です。

住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田1727
交通アクセス:宮古空港から車で30分

ホテル てぃだの郷

ホテル てぃだの郷は伊良部島から下地島に入った所に建っており、朝夕とも太陽の光が各部屋へ差しこみきれいです。「てぃだ」とは沖縄の方言で「太陽」のこと言います。そんな太陽の光の恵みを感じられる、心地の良いホテルです。

部屋はツイン、和室、特別和洋室の3タイプあります。ホテル内には先ほど紹介したレストラン龍や、お土産店、レンタサイクルもあります。

住所:沖縄県宮古島市伊良部字長浜1647-3
交通アクセス:佐良浜港から15分

Village

こちらは伊良部島の佐良浜近くにある1棟貸しのゲストハウスです。沖縄の民家をリノベーションし、おしゃれな内装になっており、キッチンやシャワーは完備、3寝室あり、最高8名まで宿泊可能です。グループで泊まりたい宿泊施設です。

住所:沖縄県宮古島市伊良部前里添
交通アクセス:下地島空港から車で15分

ホテルサウスアイランド

伊良部島にあるホテルで、入江に立っています。部屋はシングル、ツイン、和室のタイプがあり、窓からは伊良部島の自然が見ることができ、ゆったりとした島時間を感じられるホテルです。

1階にはスーパーが、2階には先ほど紹介したレストラン入江があり、長期滞在しても生活に困りません。氷家カフェイリエもあり、冷たいデザートを食べることができます。

ロードバイクのレンタルやヨガスタジオ、スキューバダイビングなどアクティブ派にも嬉しい施設もあります。

住所:沖縄県宮古島市伊良部字伊良部1493-1
交通アクセス:宮古空港からバスで15分

フェリスヴィラスイート

宮古島にある全室ヴィラタイプのホテルで、アジアンリゾートを感じさせるラグジュアリーな空間です。全室にプライベートプールとキッチン、リビングがついており、ゆったりと島でのリゾートを楽しめます。

フリードリンクとしてビールやソフトドリンクがありますが、朝食や夕食はついていませんので、食事は島のレストランに行くか、島食材を購入しての自炊もしくは、ケータリングを依頼することになります。

住所:沖縄県宮古島市上野宮国935-8
交通アクセス:宮古空港から車で15分、下地島空港から車で45分

まとめ

今回は下地島について紹介しました。2019年3月に新ターミナルの「みやこ下地島空港ターミナル」ができ、成田、関空、香港から直行便が就航するようになり、一気に注目を浴びている下地島ですが、ここは宮古島の近くにある小さい島です。自然も、まだまだ残されており、青い海で遊んだり、島独特の食事を楽しんだりしてみてください。

島ではレンタカーが必須になりますが、借りてしまえば伊良部島、宮古島までは橋で繋がっていますので、ドライブがてら行って見るのもいいですね。下地島おすすめですので、直行便が就航になったこの機会にぜひ行ってみてください。

スポンサーリンク