Home / 沖縄グルメ / 新感覚!沖縄で採れるフルーツ、スナックパインって?
pineapple-1149456_640

新感覚!沖縄で採れるフルーツ、スナックパインって?

マンゴー、スターフルーツ、パッションフルーツ、パパイヤなど亜熱帯独特の気候が育てる甘みと酸味がたまらない南国フルーツ。そんな南国フルーツの中でも、日本人になじみ深いのがパイナップル。デルモンテが開発した品種「ゴールデンパイン」や、沖縄県だけで栽培している「ピーチパイン」など、種類も豊富です。

最近特に人気の品種が、「スナックパイン」。“スナック感覚”で食べられることからこう呼ばれているパイナップルです。そこで今回は、今話題の「スナックパイン」について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

スナックパインってなに?

3924444a4371f066a7b28519ff20296c_s

スナックパインとは

「スナックパイン」とは、台湾原産の「ボゴールパイン」という品種のパイナップルのこと。ノコギリのように葉はギザギザしていて小さなトゲトゲがついています。

果肉は濃い黄色。酸味が少なく、糖度が高いので、酸っぱいのが苦手な子どももおいしくいただけます。また、芯の部分も柔らかくて甘さたっぷりなので、捨てるところがありません。

他のパイナップル同様、ビタミンB1やビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富な美容食でもあります。

普通のパイナップルとの違い

一般的なパイナップルと違い、果皮を切り剥がすことなく食べられるのが最大の特徴です。果皮のひとつひとつの節を剥がしながら、まるでスナックのように、一口サイズの果肉を食べることから“スナックパイン”と呼ばれています。

収穫時期

沖縄でスナックパインを栽培しているエリアは、沖縄本島では国頭村(くにがみそん)や東村、屋我地島(やがじしま)、宜野座村(ぎのざそん)、金武町(きんちょう)など沖縄本島中部地方から北部地方にかけてがメインとなります。離島では、石垣島や西表島が代表的な地域となっています。

収穫時期は沖縄県内の中でも地域によって多少差があります。石垣島では、4月中旬~6月上旬頃、沖縄本島では、6月中旬~7月下旬頃となっています。おいしくいただけるのは立夏の頃から2ヶ月間。

また、スナックパインはハウス栽培もされていて、ハウスものの旬は4月下旬~5月、露地ものだと南国の日差しがサンサンと降り注ぐ7月中旬~8月中旬です。

スナックパインの食べごろと食べ方

622ddd0f10e00a738c2e0397b682a70a_s

食べごろの見分け方

スナックパインの色は、オレンジ系と黄色から緑系の色の2種類がありますが、この色の違いが味の違いに影響するわけではありません。一見、オレンジ色の方が完熟しているようですが、そういうわけでもないようです。そのため、食べごろを見極めるには“甘い香り”で判断するのがよいでしょう。

また、保存する場合は、葉の部分を下にするか横にして保存すると甘さが全体に回ります。

食べ方

節ごとにもぎ取れ、皮をむく必要のない「スナックパイン」。包丁でおしりの部分を切るだけでOKです。おしりの部分に一番甘みがのっているので、切りすぎないよう注意しましょう。準備はたったこれだけ。そのあとは節ごとに指でもぎ取るようにして食べていきましょう。最後に芯が残りますが、芯もやわらかくて、甘いので食べられます。

オススメレシピ

そのまま食べてもおいしいスナックパインですが、ジャムにして、ヨーグルトやアイス、パンケーキのトッピングなどに使うのもおすすめです。糖度も高いので、砂糖も控えめにすることができます。

パイナップルジャムの作り方は、スナックパインを芯まで小さくカットします。鍋にカットしたパインとレモン汁を入れて加熱し、砂糖を少しづつ加えながらトロリとするまで、弱火で煮詰めれば出来上がり。

また、ジャムのほか、暑い夏には凍らせて、パインアイスにして食べるのもおすすめです。

スナックパインはどこで買えるの?

pineapple-867245_640

沖縄現地なら

沖縄では夏の果物として定着しているスナックパイン。時期になると、沖縄県内の「サンエー」、「タウンプラザかねひで」、「フレッシュプラザ ユニオン」などのスーパーや、道の駅、ファーマーズマーケットなどでお手頃価格で購入することができます。沖縄土産にもぴったり。

・東村特産品加工直売所 サンライズひがし
パイナップルの産地、沖縄本島北部の東村にある直売所「サンライズひがし」。地元産のパイナップルを使ったジャムなどの加工品のほか、時期になるとスナックパインのほか10種類ものパイナップルを販売しています。
【住所】沖縄県国頭郡東村字平良550-23
【営業時間】9:00~18:00

・おんなの駅 なかゆくい市場
「なかゆくい」とは沖縄方言で「ひと休み」のこと。恩納村のおいしい旬の食材が勢ぞろいするマーケットです。6月~9月頃にかけて、スムースカイエン・ゴールドバレル・ピーチパイン・サマーゴールド・スナックパインなど4~6種類を取り扱っています。
【住所】沖縄県恩納村字仲泊1656-9
【営業時間】10:00~19:00

・JAファーマーズマーケット はい菜!やんばる市場
名護や伊江島の新鮮野菜や海産物、特産品を豊富に取り扱っているファーマーズマーケット。スナックパインやピーチパインをはじめ、マンゴー、タンカン、パッションフルーツ、島バナナ、スイカ、シークヮーサーなど、季節ごとに旬のフルーツも多数取り揃えているお店です。
【住所】沖縄県名護市宮里4-6-37
【営業時間】9:00~19:00

・ファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」
2011年に石垣島にオープンした「ゆらてぃく市場」。新鮮野菜やフルーツ、肉や魚、花、観葉植物、お菓子、泡盛など八重山の特産品が揃いする巨大マーケットです。もちろん、トロピカルフルーツの宝庫石垣島だけあって、フルーツの品ぞろえは大充実!スナックパインやピーチパインは4月ころから、マンゴーは6月ごろから店頭に並びます。
【住所】沖縄県石垣市新栄町1-2
【営業時間】9:00~19:00

ネット通販でも

沖縄に行けない人のために、スナックパインの生産農家の多くがインターネットでの販売をしています。

・西表パイン園
スナックパインやピーチパイン、サンスイートなど西表島産のとれたてのパイナップルを農園から送ってくれます。
【HP】http://www.yasigani.net/pain/index.htm

・びーまた農園
名護市にある「びーまた農園」。こちらで栽培するスナックパインは、他と比べて大きめサイズが特徴です。大切な人への贈答品にもぴったりの存在感です。
【HP】http://bmata-nouen.com/

・川平マエタケ農園
川平湾を臨む畑で、栽培方法にこだわり、極上のパイナップルを栽培している「川平マエタケ農園」。大きく、重くするための水分・栄養過多になる栽培方法は行わず、石垣島の海と土と太陽の自然の恵みを最大限に活かして育てた自然で健康なパイナップルが自慢です。
【HP】http://www.ishigakijima-pineapple.com/index.html

・金ちゃん農園
パイナップル主要産地、沖縄本島北部や石垣島のパインにも負けない、宮古島産のスナックパインやピーチパインなどを全国へ発送してくれます。
【HP】http://www.kinchannouen.com/index.html

・石垣島のおっとう農園
スナックパインをはじめマンゴーやパパイヤなど丹精込めた南国フルーツを産地直送してくれます。
【HP】http://ottou.com/

まとめ

juice-1459698_640

いかがでしたか?酸味が少なく、甘みたっぷりのスナックパインは、最近では、沖縄だけでなく、コストコなど県外のスーパーマーケットなどでも取り扱われるようになりました。芯まで甘く、手軽に食べられるので、ぜひ、試してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

Check Also

那覇新都心での食事は【バル Co-Lab 那覇新都心店】がおすすめ!

那覇新都心での食事は【バル Co-Lab 那覇新都心店】がおすすめ!

東京・銀座の大人気店「バル C …