Home / 沖縄観光 / 宮古島 / タコ料理で有名な宮古島の人気大衆食堂「お食事処 すむばり」

タコ料理で有名な宮古島の人気大衆食堂「お食事処 すむばり」

「お食事処 すむばり」は、宮古島の“島ダコ”をつかった料理がおいしいと評判のお店。地元のウミンチュ(海人)が獲った新鮮なタコは柔らかくて旨みたっぷりです。

メニューは、お店のオリジナルでどれも個性的!

例えば、宮古島のローカルフード宮古そばに“島ダコ”をトッピングしたものや、“イカ墨”より旨みのある“タコ墨”を使った真っ黒なタコ焼きそば、宮古島の特産品“もずく”と柔らかく煮込んだ島ダコをのせた丼ものなど・・・。どんな味なのか想像がつかず、“食の好奇心”をくすぐられますよね。

本記事では、宮古島の食堂「お食事処 すむばり」の基本情報や人気の“島ダコ”メニューについてたっぷりとご紹介します!

スポンサードリンク

宮古島の大衆食堂「お食事処 すむばり」の楽しみ方

「お食事処 すむばり」のお楽しみは、なんといっても「島ダコ」料理。地元、宮古島で獲れたタコ「島ダコ」を宮古島で一番おいしくたべさせてくれると評判のお店です。

外観は、地元に根差した、気取らない大衆食堂といったかんじ。ですが、メニューはどれも独創的!宮古島のご当地グルメ「宮古そば」の上に、島ダコがのっているのもこの店だけです。

島ダコを使った麺類や丼ものメニューがそろっているので、みんなでいろいろ注文して、食べ比べるのも楽しいです。

ちなみに、「お食事処 すむばり」の“すむばり”とは、お店のある地域の地名で、“畑のすみっこ”という意味があるそう。

住所/〒906-0002宮古島市平良字狩俣768-4
営業時間/10:00~19:00
定休日/不定休
アクセス/池間大橋から車で3分、宮古空港から車で約20分
駐車場/あり
問合せ/0980-72-5813

「お食事処 すむばり」へのアクセス

「お食事処 すむばり」は、宮古空港から車で北上し、約20分。宮古島の北端にある観光名所「西平安名崎」と「池間大橋」へ向かう道の分岐点にあります。

「お食事処 すむばり」が、「池間大橋」に近いのは、池間大橋の建設に際し工事関係者の食堂として1991年(平成2年)にオープンしたからなんだとか。

駐車場は10台ほど駐車可能。お店の立地や込み具合から考えると、観光名所の「西平安名崎」と「池間大橋」を巡った後、少し遅めのランチを食べに立ち寄るのが良いでしょう。

  • 宮古空港から車で約20分
  • 池間大橋から車で約3分

「お食事処 すむばり」の営業時間・定休日

「お食事処 すむばり」の営業時間は、10:00~19:00。定休日は不定休。

「お食事処 すむばり」は、絶品の島ダコ料理が食べられるお店として、雑誌に取り上げられたり、観光客のSNSで評判が広がり、いつも大盛況。並んで待っている人もいますが、料理の提供時間も早く、客の回転は速いので、あきらめずに、並んで待つのがベストです。

  • 営業時間/10:00~19:00
  • 定休日/不定休

「お食事処 すむばり」の予約方法・カード決済

「お食事処 すむばり」の予約方法は、電話。観光客にも大人気のお店で、行列ができることもあるので、“ぜったい食べたい”ときは、電話予約をするのが良いでしょう。安心ですよね。

また、「お食事処 すむばり」では、カード決済はできないので、ご注意を。

「お食事処 すむばり」の人気タコ料理

「お食事処 すむばり」のお食事メニューは、お店オリジナルの島ダコ料理。どれもおいしいと評判です。

では、「お食事処 すむばり」の島ダコ料理の中でも、特に人気のメニューご紹介しましょう。

すむばりそば

「お食事処 すむばり」の人気メニューのひとつ、島ダコたっぷりの宮古そば「すむばりそば」。

宮古島のご当地グルメ「宮古そば」の具材は、豚肉とかまぼこが定番ですが、こちらは“島ダコ”。ぶつ切りにした島ダコとタマネギやニンジン一緒に炒めたものがのっています。

島ダコは柔らかく、スープにはタコの甘みと旨みが溶け出していて奥深い味わいに仕上がっています。

さらに、そっと添えられた沖縄の海藻“アーサ”が、タコの旨みをより引き立てる“いい仕事”をしています。

すむばり丼

「すむばりそば」とは似て非なる「すむばり丼」。柔らかく煮込んだ島ダコとキャベツ、ニンジン、タマネギ、さらに宮古島の特産物“スヌィ(もずく)”をあえたものをアツアツご飯の上にのせ、さらに、とろっとろの温泉卵をかけた丼ぶりです。

“もずく”を使った料理は“もずく酢”ぐらいしか思いつきませんが、沖縄では味噌汁に入れたり、天ぷらにするなど、料理ではよく使われる食材。タンパク質やミネラル、鉄分、食物繊維などが豊富で、ネバネバ、トロトロの「すむばり丼」は栄養満点。体力を奪われる宮古島の暑さを跳ね返してくれるでしょう。

タコ丼

「お食事処 すむばり」の人気ナンバー1との呼び声も高い「タコ丼」。

大きめに切った島ダコをふんだんに使い、キャベツやニンジン、タマネギなどの野菜と一緒に玉子とじにして、ご飯の上にのせた丼ぶりメニューです。味付けは、少し甘めのしょうゆ味。

磯丼

「磯丼」は、数年前に登場した新メニュー。ですが、そのオリジナル感が話題となり、人気をジワジワ集めています。

“大きめに切った島ダコと、キャベツやニンジン、タマネギなどの野菜”・・・までは、先ほどご紹介した「タコ丼」と同じですが、「磯丼」は卵とじではなく、温泉卵がのっています。

さらに、宮古島の特産物“んきゃふ(海ぶどう)”もたっぷりトッピング。噛めば噛むほど旨みがでるやわらかい島ダコとミネラルたっぷりでプチプチ食感の海ブドウが意外と良い相性で、箸が進みます。

墨入りタコそば

「墨入りタコそば」は、強烈なビジュアルと味のギャップがおもしろいメニュー。“イカ墨”ならぬ、“タコ墨”が、見た目と味の決め手です。

少し余談ですが、“イカ墨”はよく料理に使われますが、“タコ墨”はほとんど使われません。その理由のひとつは、タコは水揚げされるとき墨を吐いてしまうため、“タコ墨”は希少なものだからです。

また、“イカ墨”と“タコ墨”で、うま味成分のアスパラギン酸とグルタミン酸の量を比較すると、意外にも“タコ墨”の方がかなり多くのうまみ成分を含んでいるそう。

そんな希少で、うま味のある“タコ墨”を堪能できるのがこの「墨入りタコそば」です。“タコ墨”で島ダコと野菜を炒め、宮古そばにのせたもの。宮古そばの出汁と濃厚なタコ墨のスープは“病みつき”になるおいしさです。

墨入りタコ焼きそば

こちらも“イカ墨”ならぬ“タコ墨”でつくった「墨入りタコ焼きそば」。

太めの麺に“タコ墨”のコクと旨みがからまって、「墨入りタコそば」より“タコ墨”を感じられる一品です。

ではここで、「お食事処 すむばり」で味わえる主な“島ダコ”料理と値段をまとめてみましょう。

  • すむばりそば 1,010円
  • すむばり丼 1,060円
  • 墨入りタコそば 1,010円
  • 墨入りタコ焼きそば 940円
  • タコ炒めそば 940円
  • 磯丼 1,660円
  • タコ丼 940円
  • タコごはん 940円
  • タコ炒め定食 1,010円
  • たこフライ定食 1,010円

「お食事処 すむばり」まとめ

「お食事処 すむばり」は、島ダコのやわらかさや、希少な“タコ墨”のコクのある味わいなど、タコのおいしさを地元の食材とともに提供してくれるお店。

そんな「お食事処 すむばり」の島ダコ料理の味わい深さは、宮古島旅行の“味の思い出”のひとつになるはずです。

ぜひこの記事を参考にして、「西平安名崎」と「池間大橋」など宮古島北部の観光に訪れた際は、「お食事処 すむばり」で島ダコ料理を堪能してくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

宮古の歴史に触れられる「仲宗根豊見親の墓」の魅力と見どころ

「仲宗根豊見親の墓」は、宮古島 …