Home / 沖縄ホテル / 沖縄首里城周辺の那覇市のおすすめ人気ホテルランキング5選
a0782_000245_m

沖縄首里城周辺の那覇市のおすすめ人気ホテルランキング5選

YMD75_okinawamachinami

沖縄を代表する定番観光スポット、首里城。古都・首里の見晴らしのいい高台に建ち、琉球王国の華麗な王朝文化を今に伝えています。現在の首里城は1992年に復元されたもので、朱色の独特な王城は沖縄県内で最大の木造建築物といわれています。

2000年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録され、見どころもたっぷり。夜にはライトアップもされるので、ぜひ、ゆっくり訪れたいスポットでもあります。

そこで今回は、首里城をゆっくり満喫したい人におすすめの首里城周辺の宿泊施設・ホテルを5つご紹介!やっぱり、アクセスに良い場所に宿泊するのが効率的です。

スポンサードリンク

ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城

sunglasses-1284419_1920

那覇空港から車で約30分の「ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城」。首里城に一番近いホテルとして有名。歩いても首里城の守礼門まで約15分という近さなので、首里城を眺めながら朝の散歩!という贅沢な時間を過ごせます。

ホテルは首里の丘の上に建っているため、最上階20階のバーからの眺望は那覇市内随一と評判。また、チェックインの時、ホテルの秘伝レシピでつくった温かい特製チョコチップクッキーを振る舞ってくれるうれしいサービスも付いています。

客室は333室。落ち着きのあるエレガントな色でまとめられ、ツインルーム、ツインコンパクトルーム、ツインプレミアムルームが用意されています。どれも2017年春にリニューアル予定。和モダンと琉球王朝時代のエッセンスを取り入れた「コンテンポラリー琉球スタイル」がデザインコンセプトとなっています。料金は7,780円~。

大人の夜を過ごしたい方には、最上階のバー「サンセットラウンジ」がおすすめ。東シナ海に沈みゆく夕日や那覇の夜景をお酒を飲みながら楽しめます。未成年は制限されているので、ゆっくりと落ち着いた大人の時間が過ごせます。

また、館内には、季節営業ではありますが、那覇市内最大級のガーデンプールを完備。25mプール、ダイビングプール、子ども用の浅いプールがあり、宿泊者は無料で利用できます。ちなみに、ビジター料金は中学生以上1,500円、4才~小学生800円。

<ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城>
【住所】 沖縄県那覇市首里山川町1-132-1
【チェックイン&チェックアウト】チェックイン14:00~、チェックアウト11:00
【首里城まで所要時間】車で約4分、守礼門まで徒歩15分

沖縄都ホテル

magnet-633107_1920

那覇空港から車で30分の「沖縄都ホテル」。古都首里の丘にある沖縄のシティリゾートホテル。首里城まで歩いても30分ほどの距離。散策しながらの古都・首里巡りの拠点するにも絶好のホテルです。

客室は、一人旅に快適なシングルルーム、スタンダードツイン、プレミアムツイン、プレミアムデラックス、スイートルーム、ファミリールームなど人数や好みに合わせて様々なタイプが用意されています。また、宿泊プランもファミリー&グループ向けのプランや期間限定プラン、早割プランなど多彩。

「沖縄グルメ&お土産 満喫プラン」は、那覇市内の飲食店やお土産店で使える1,000円分のチケット(1人1枚)とホテル発の片道タクシーチケット(1部屋1枚)が付いたプランで料金は7,560円~28,080円。「早割14プラン」は、14日前の予約ですると、通常料金から2,700円引きに!朝食は付いていませんが、3,780円~泊まることができます。

また、館内にある「カフェレストラン アヴァンセ」の“沖縄都ホテル特製チーズケーキ”は、創業当時から変わらぬ味を40年間守り続けている自慢の一品。濃厚な味わいをぜひご賞味あれ。

<沖縄都ホテル>
【住所】沖縄県那覇市松川40
【チェックイン&チェックアウト】チェックイン14:00~、チェックアウト11:00
【首里城まで所要時間】車で約3分、守礼門まで徒歩30分

沖縄ホテル

towel-1435633_1920

創業昭和16年(1941年)。沖縄の観光ホテル第一号、日本全国でも5番目に誕生した歴史ある「沖縄ホテル」。これまで、山下清、棟方志功、浜田庄司といった超有名芸術家たちも宿泊したそう。

昭和の面影を残すノスタルジィなホテルには、沖縄では珍しい大浴場を完備。観光で疲れた体を癒すのにはもってこいです。宿泊客は無料で入れるのもうれしいサービス。ちなみに、外来利用は入浴料金500円。

客室は、セミダブル、ツイン、スイートの洋室のほか、小さな子ども連れにうれしい和室もあります。

宿泊プランもバラエティ豊か。45日前までに予約する「早割45素泊まりプラン」の場合、ツインルーム(2名利用)で宿泊料金は8,000円~。つまり一人あたり4,000円ほど。

このほか、小学生以下の子どもの宿泊料金が無料となる「家族旅行応援!ファミリープラン」や女子旅にぴったりの4名利用の「朝食付き女子旅プラン」などもあります。

<沖縄ホテル>
【住所】沖縄県那覇市大道35
【チェックイン&チェックアウト】チェックイン14:00~、チェックアウト11:00
【首里城まで所要時間】車で約6分

ダイワロイネットホテル那覇おもろまち

drink-1867372_1280

2011年10月、那覇新都心にオープンした18階の都市型ホテル「ダイワロイネットホテル那覇おもろまち」。小高い丘の上に建てられ、眺望も素敵。

客室は全243室。ダブル、ツインのほか、4名まで宿泊可能なデラックスツイン、フェイススチーマーやアロマランプ、化粧水など女子好みのアメニティが完備されたレディースツイン、バリヤフリーのユニバーサルツインなど多彩。

「宿泊日限定の素泊まりプラン」を利用すると、スタンダードダブル(2名利用)の場合、1人4,600円~。「沖縄美ら海水族館チケット付の素泊まりプラン」は、スタンダードダブル(2名利用)の場合、1人6,560円~。

<ダイワロイネットホテル那覇おもろまち>
【住所】沖縄県那覇市おもろまち1-1-12
【チェックイン&チェックアウト】チェックイン14:00~、チェックアウト11:00
【首里城まで所要時間】車で約15分

リーガロイヤルグラン沖縄

那覇空港から車もしくはモノレールで約10分ほどの「リーガロイヤルグラン沖縄」。首里城までは車で約20分の距離です。

ホテルを訪れてまず向かうのは、県内唯一の最上階にあるロビーフロア。慶良間(ケラマ)国立公園を一望できる最高の眺望できるロビーでチェックインすれば、旅への期待も高まります。

モダンな高級感を演出しているのは、館内に散りばめた沖縄のモダンアートの数々。各フロアのテーマにそって、インテリアの随所に沖縄の自然や文化、風土のエッセンスを取り入れた、沖縄を代表する陶芸、ガラス、絵画作家たちの手がけたモダンアートが散りばめられています。

客室へは、最上階14階のロビーからカードキーがなければ入れない客室専用エレベーターを使うためセキュリティーもばっちり。

6階から13階に設けられた全157室の客室は、「木かげ」、「空」、「森」、「海」の4つのテーマのフロアに分かれています。

13階の木かげフロアは、沖縄の伝統織物「芭蕉布」をモチーフとし、涼やかな木陰をイメージした客室。11階~12階の空フロアは、沖縄の夕焼けをイメージ、8階~10階の森フロアは、那覇市の花木「ホウオウ木」に包まれる涼しさを、6階~7階の海フロアは、沖縄のさわやかな海をイメージした客室となっています。

また、13階のスイートルーム5室の中にたった1部屋だけ設けられた「ロイヤルスイート」は、広さ70平米。最高級の癒し・やすらぎ・おもてなしが用意されています。

料金の目安は、グランツイン1名室料41,580円/2名室料47,520円/3名室料54,648円、グランスイート1名室料77,220円/2名室料77,220円、ロイヤルスイート1名室料154,440円/2名室料154,440円

<リーガロイヤルグラン沖縄>
【住所】沖縄県那覇市旭町1-9
【チェックイン&チェックアウト】チェックイン14:00~、チェックアウト11:00
【首里城まで所要時間】車で約20分

首里城のライトアップも見どころ!

moon-569619_1920

首里城の近くに宿泊すれば、昼間だけでなく、夕暮れから夜にかけての首里城も気軽に楽しめます。

首里城の夜の見どころはなんといっても、毎日、日没から24時まで行われるライトアップ。昼間だけでなく、夜もその存在感を放っています。

そんなライトアップされた首里城を眺めるベストスポットは、首里の湧き水が水源となっている「龍譚(りゅうたん)池」のほとり。琉球の時代から親しまれてきた名勝地で、池越しに眺めるライトアップされた首里城は、とっても幻想的です。

ぜひ、今回の情報を参考に、素敵な宿泊先を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄の透明な海

那覇から車で行ける「瀬底島」で宿泊したい人気おすすめホテルランキング8選

瀬底(せそこ)島は、沖縄本島北 …