Home / 沖縄ホテル / 竹富島の高級ホテル「星野リゾート竹富島」の魅力とおすすめできる理由
glasses-213156_1280

竹富島の高級ホテル「星野リゾート竹富島」の魅力とおすすめできる理由

長野県軽井沢で最初の旅館を開業して以来、2016年で102年目を迎えた「星野リゾート」。これまでの100年同様、これからの100年も、観光業を通じて世界中の人たちを友人として結ぶ“機会”になろうと、日本各地に上質で個性的なリゾート施設を展開しています。

そんな老舗でありながら、時代のニーズにあった極上の休日を提供し続ける星野リゾートのブランドのひとつが「星のや」。“圧倒的非日常感に包まれる日本初のラグジュアリーホテル”がコンセプトの宿泊施設です。

日本国内に5か所、そして、インドネシアのバリ島(2016年に開業予定)に1か所、計6か所ある「星のや」の中のひとつが、今回ご紹介する「星のや竹富島」です。

スポンサードリンク

星のや竹富島とは

八重山諸島石垣島から船で10分のところにある小さな珊瑚の島「竹富島」。その竹富島で大切に守られてきた自然や文化をオマージュして創り上げた心地よいリゾート空間が「星のや竹富島」。

老舗・星野リゾートならではのお客様へのおもてなしのノウハウを最大限に活かした演出で“圧倒的非日常感”を提供してくれます。

敷地内は、白い珊瑚の砂が敷かれた小径にシーサーが鎮座する石垣で囲まれた琉球赤瓦の家屋(客室)が並び、沖縄の原風景を蘇らせた“ひとつの集落”のよう。

11

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

31

出典:http://www.hoshinoresort.com/information/topics/2014/04/3433.html
隅々まで行き届いた“こだわり”たるや、さすがの一言。人々をもてなす観光業に携わり100年という老舗のなせる業です。

それでは、あなたの大切な休日をあづけるのに申し分ない極上リゾート、「星のや竹富島」の魅力を詳しくご紹介しましょう。

魅力1 暮らすように滞在できる客室

沖縄の自然と文化を受け継いでつくられた赤瓦屋根の家屋が「星のや竹富島」の客室です。海を渡ってやってきた心地よい南風が吹き抜けるように縁側はすべて南向き。リビングは、フローリングと琉球畳の2タイプが用意され、どの客室も一棟ごとに仕切られたプライベートの庭がついています。

13

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

フローリングタイプの客室には3名で泊まれる「ズーキ」、2名用の「ガジョーニ」、同じく2名用で、フロントに近く、部屋に手すりを多く配置した高齢者にも泊まりやすい「トーナチ」の3種類を用意。より竹富島らしさを満喫できる琉球畳を使った客室「キャンギ」は、2名用となっています。

宿泊料金(食事なし)は、季節や曜日によって異なりますが目安として、「ズーキ」48,000円~、「ガジョーニ」43,500円~、「トーナチ」39,000円~、「キャンギ」、39,000円~となっています。

12

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

「星のや竹富島」に、よりお得に泊まりたい人は5泊以上するのがおすすめ。ホームページから予約すれば、1泊あたり通常料金から50%も割り引いてもらえます。

魅力2 客室を取り囲む臨場感たっぷりの風景

家屋(客室)を囲むのは、台風から家屋を守り、目隠しの役割も果たすグックと呼ばれる石垣。島に車が導入される以前のグックを参考に、ひとつひとつ職人の手により積まれたものです。

14

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

また、家屋(客室)の庭や路地に敷かれた白い砂は、海岸から運んだ珊瑚のかけら。白砂は、自然界と人間の住む世界を区別すると古くから言い伝えられているんだそう。見た目だけでなく、理にもかなっていて、昼間は部屋の内部を照らし、夜は月の明かりを受けとめ、電灯を持たなくても歩けるという効果もあるんだそう。

さらに、道とグックがぶつかるところには、本物の沖縄の集落のように魔除けの「石敢當」が置かれているという“こだわり”もぜひ、お見逃しなく。

15

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

魅力3 リゾート感を満喫できるプール&スパ

リゾートならではののんびり感と優雅な気分を味わえるのがプールやスパ。「星のや竹富島」には24時間利用できる全長46mの温水プールが完備されています。プールサイドからは、視界いっぱいに青空が広がり、夜になれば竹富島の星降る夜空に抱かれた贅沢な時間を過ごせます。

また、島のゆったりとした時間の中で心も体もリラックスする「島時間スパ」は、オイルやアロマに八重山諸島にゆかりのある月桃や海藻、ハイビスカなど天然のものを使用。

14jpg

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

メニューは沖縄もずくに含まれるフコイダンのローションと美容液を使用する全身と顔のフルトリートメント「もずくの潤い80分21,000円」、古くから島で使われてきた長命草やフーチバー(蓬)を使った手作りの「命草玉」でトリートメントする「命草のぬくもり80分21,000円」など1時間程度のものから2泊3日の滞在型のスパプログラムまで用意されています。

魅力4 島の食材を使った新しい沖縄フレンチ

「星のや竹富島」で料理長を務めるのは中洲達郎氏。2009年ボキューズ・ドール国際料理コンクール日本大会で優勝した国内でもトップレベルのフレンチシェフです。

4

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

そんな中洲氏が島の新鮮な魚介類や味の濃い島野菜のおいしさを最大限に引き出すべく、試行錯誤を繰り返しつくりあげた至極の料理を堪能できます。まさに、ここでしか食べられないオリジナルの沖縄フレンチ。ディナーメニューは12,000円。宿泊の予約完了後に予約できます。

1
16

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

このほか、中学生以上の1日8組(1組あたり2名様まで)限定で、集落近くにある「アイヤル浜」の砂浜にテーブルセッティングをしてコース料理を堪能する「星砂ビーチダイニング16,000円」や1日4組限定で客室の庭でバーベキューを楽しむ「プライベート・バーベキュー13,000円といった趣向を凝らしたディナーメニューも用意されています。

さらに、2016年12月1日~2017年2月28日の期間限定で、旬を迎える薫り立つ島のハーブとお肉を堪能する「薫る島鍋12,000円」のメニューも登場。1日3組、客室で食べることができます。

魅力5 充実したアクティビティ

竹富島の自然や歴史ある伝統文化を楽しめるアクティビティプランも充実。

メニューは、初心者から上級者まで楽しめる「スノーケルツアー(半日:中学生以上6,000円・小学生3,000円)」や、広い海原で満点の星空に包まれる「ナイトクルージングてぃんがーら(半日:中学生以上6,000円・小学生3,000円)」など。

中には、アイヤル浜からカヤックでサンゴの海を散策し、シェフ特製のライトミールで二人だけの時間を楽しむ「隠れ家ビーチ20,000円/1名)」といったプライベートを最大限に満喫できるアクティビティもあります。

18

出典:http://hoshinoyataketomijima.com/

また、10月~11月には、600年もの歴史ある島の伝統行事「種子取祭」に関する「種子取祭練習風景鑑賞ツアー(無料)」「奉納芸能鑑賞ツアー(3,000円)」といった体験メニューも登場します。

竹富島以外にもある星野リゾート「星のや」

いかがでしたか?「星のや竹富島」は魅力たっぷりで、ぜひ、行ってみたくなりますよね。と同時に、「星のや竹富島」を魅力を知ったからこそ、他の「星のや」はどんなところなのかというのも気になってきませんか?

日本国内にある「星のや」は、星野リゾートの始まりの地、軽井沢の森の中に建つ「星のや軽井沢」、平安貴族が別邸を構えた京都嵐山から川を上り分け入った場所にある「星のや京都」、自然豊かな河口湖を見晴らす丘陵に建つ日本で初めてのグランピングリゾート「星のや富士」、日本の玄関東京で江戸の文化が宿る日本旅館「星のや東京」。そして、インドネシアでは、バリ伝統建築のヴィラが並ぶ「星のやバリ」が2016年に開業予定です。

21
22
23jpg
24
25

出典:http://www.hoshinoresort.com/

どの「星のや」もテレビを置かず、各地域の個性を活かした贅沢な演出で、日常のせわしない時間の流れから解き放ってくれる心地よい休日をプレゼントしてくれます。

今度の休みは、あなたの大切な時間を魅力的な「星のや」に預けてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

Check Also

c2e580c9bbd01a22c501b7be2a1fb4a1_s

沖縄のひとり旅なら!おすすめ1泊2日コース3選

誰にも気を使わず、“自由に思い …