Home / 沖縄観光 / 竹富島の観光を満喫するために行くべきこと、やるべきこと8選
0

竹富島の観光を満喫するために行くべきこと、やるべきこと8選

竹富島の観光をするなら、絶対にやって欲しいこと、行って欲しいところがあります。今回は、竹富島を満喫するための行くべきところ、やるべきことをご紹介。これを参考に、旅の予定表を作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

竹富島観光・絶対に行くべきところ

竹富島は、周囲5.42 km²の小さな島。3つの集落から成り立ち、人口は360人ほど。島の建物は赤瓦以外建てられず、住民は定期的に白砂の道路を補正しているのが特徴です。大きなリゾート開発は望まず、沖縄古来の風景にこだわりを持っています。そんな竹富島観光で行くべきところは4ヶ所。今も残る自然を感じに出かけてみましょう。

星砂の浜(カイジ浜)

1

出典:石垣島へ行ったら絶対行きたい!竹富島の「星砂の浜」の魅力とは | RETRIP[リトリップ]

竹富島の有名な砂浜といえば、星砂の浜。ここはビーチの砂を手に取ると、必ずといって良いほど星の砂が見つかる場所です。遊泳禁止のビーチであるため、ほとんどの人は砂を手に押し付け、星砂がないか探しています。その風景も素晴らしく、晴れの日はグラデーションに輝く海、うす曇りでも穏やかな日は鏡張りの水面を見ることができます。

あまり知られていませんが、本当に星の形をしているのが星砂、丸い体にトゲのようにでているのが太陽の砂です。持っていると幸せが訪れるという星の砂、ぜひ見つけられるかチャレンジしてみて下さいね。

住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富島
星砂の浜MAP

コンドイビーチ

2

出典:今日も泡盛!:ガーデンあさひ、コンドイビーチとカイジ浜 ★2012竹富島★

エメラルド色をした海で知られるコンドイビーチ。竹富島唯一の遊泳可能なビーチです。人が沢山いても混雑を感じさせない広さで、壮大な景色を眺めることができます。そして遠浅に続く海には砂洲があり、干潮時には沖まで歩いて行くことも。

シャワーとトイレも無料で完備。さらに夏には浜辺に車屋台が来て、オリオンビールやカキ氷などを販売しています。竹富島観光で水遊びをするなら、コンドイビーチで楽しんで下さいね。

住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富
コンドイビーチMAP

西桟橋

3

出典:沖縄離島の歩き方(八重山編) : 西桟橋

かつて竹富島には、西表島までサバニ(船)に乗っていき、農耕をする文化がありました。その名残りとして残っているのが、今は使われなくなった登録有形文化財の西桟橋。ここは竹富島の西に位置する場所で、現在は夕日を眺める観光スポットとして人気を集めています。

夕方が近づくにつれ、人々が集まりだします。橋の先端で夕日を眺めたいなら、少し早めの到着が必要。ただ橋よりも少し右寄りに沈むため、多少人がいても夕日を眺めるには問題ありません。桟橋の向こう、海の水平線に沈んでいく夕日を眺め、竹富島の旅を満喫してみませんか。

住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富
西桟橋MAP

なごみの塔

4

出典:「竹富島の遊び場 なごみの塔」の口コミ – 石垣島WAVE

大岩の上にそびえ立つ、コンクリートむき出しの塔、それがなごみの塔です。平屋建てばかりの竹富島では、このなごみの塔へ上れば島全体の風景を眺めることができます。大切に残している赤瓦の屋根、シーサー、そして遠くに見える水平線。集落の中心に建てられているので、道に迷った時にはこの塔を目指せば良いと言われるシンボルです。

このなごみの塔ですが、難点が1つ。階段がとても急斜面であることです。上り下りする時にはよく注意して下さいね。

住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富
なごみの塔MAP

竹富島観光・絶対にやるべきこと

竹富島観光を深く思い出に残る旅にするために、絶対にやるべきことは4つ。どれも竹富島を満喫するために欠かせないものばかりです。知らない風景との出会いや、島人とのふれあいを通して、心穏やかに過ごす時を味わってみませんか。

竹富島に泊まる(ヴィラ たけとみ)

5

出典:漢(オトコ)の粋:ヴィラたけとみ(竹富島)村外れの静かなコテージ  – livedoor Blog(ブログ)

竹富島への道のりは、石垣島からのフェリーを使います。多くの方は石垣島に宿泊し、竹富島へ日帰りで出かけることがほとんど。しかし、帰りのフェリーは夕日の時間よりも早く、日帰りでは竹富島の素晴らしい景色を逃してしまいます。昼から夜、夜から朝にかけて姿を変える竹富島の風景。これを見ずには帰れません。

宿泊先のおすすめは、小さなリゾート「ヴィラたけとみ」。8つの木造コテージが立ち並び、囲うように作られた中庭には白いパラソルが。もちろん屋根は赤瓦になっており、沖縄古来の風景に溶け込める空間です。竹富島で過ごす休暇にぜひオススメです。

ヴィラ たけとみ
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富1493
問合せ:090-7156-2431

水牛車観光

6

出典:竹富観光センター 竹富島の水牛車観光のことなら

竹富島観光を満喫するなら、沖縄本島ではあまり見られない水牛車観光がオススメ!大きな水牛は力強く、ゆったりと集落内を周遊してくれます。そして竹富島の水牛車では、みんなで肩を寄せ合いながら、ガイドさんの三線演奏と沖縄民謡の歌声に酔いしれることも。

積み上げて作る民家の石垣、そこに咲くハイビスカスの花を眺めれば、沖縄古来の姿を体感できます。竹富島の水牛車は2つあり、どちらの場合でもなごみの塔まですぐそこです。水牛車観光と一緒になごみの塔へ登るのがオススメです。

竹富観光センター
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富441
問合せ:0980-85-2998

新田観光
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富97
問合せ:0980-85-2103

レンタサイクル

7

出典: B 竹富島 サイクリング・水牛車コース/安栄観光 – じゃらん遊び体験

竹富島であちらこちらに見かけるのはレンタサイクル。小さな島内を細かく見て回るには自転車が最適で、多くの宿泊者が利用しています。料金は1時間300円から。竹富島は島の隅々まで見てみたくなる魅惑の島です。竹富島に泊まるなら、レンタサイクルで島を一周してみて下さい。

集落を抜け出し、だだっ広く緑が広がる中を自転車で走り抜ければ、気分も爽快に。ところどころに水牛が放牧されている姿を見ることもでき、竹富島を満喫できますよ。

友利観光
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富524
問合せ:0980-85-2305
※竹富観光センター、新田観光でもレンタサイクル有。

散策

8

出典:石垣島の観光・グルメ・ホテル・お土産・遊び情報サイト 石垣島海辺COM

竹富島をレンタサイクルで大きく一周した後は、集落内の散策がオススメです。散策中に注目して頂きたいのは、各家々に鎮座するシーサー。実は、竹富島のシーサーはどれも個性的なものばかりで、一軒一軒で表情やポーズが異なります。そのバラエティに富んだシーサーは注目の的。今、この竹富島シーサーがひそかな人気を集めています。

そして集落の風景を観光と一緒に、お腹がすいたら八重山そばを堪能するのも良いですね。オススメは「そば処 竹の子」さん。20年来変わらない味の八重山そばを提供している、竹富島の老舗そば屋です。出汁の香りと甘さが引き立つ、ソーキそばがおすすめです。

≪そば処 竹の子≫
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1
問合せ:0980-85-2251

竹富島で行くべきこと、やるべきこと。竹富島観光を満喫しよう!

どこへ行っても島全体が美しい竹富島。小さな島だからこそ、行ける場所やできることが限られ、決して急ぐことのない穏やかな時間を過ごすことができます。ゆっくりと歩きながら沖縄の原風景を見て、水牛車を満喫し、潮風を感じる。普段では体感できない世界がそこにあります。

たまには日常を忘れ、極上のリラックスを求めて竹富島へ足を運んでみませんか。

スポンサーリンク

Check Also

sea-946858_960_720-1-1-660x330

久米島観光に行くなら宿泊してみたいおすすめホテル

沖縄諸島の中では、もっとも西に …