Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 【伊良部島「渡口の浜」の楽しみ方】星空・カフェ・夕日と白い砂浜のコントラスを楽しめるビーチ

【伊良部島「渡口の浜」の楽しみ方】星空・カフェ・夕日と白い砂浜のコントラスを楽しめるビーチ

伊良部島の「渡口の浜」は原風景にあふれる観光名所で、伊良部島を訪れた際にはぜひ立ち寄ってほしいおすすめのビーチです。「サラサラとした白い砂浜」と「夕焼け色に染まるサンセット」のコントラストが魅力的で、沖縄らしいゆったりとした時間を楽しむことができます。

マリンアクティビティも充実しており、シュノーケリングやカヤックなども楽しむことができ、カップルやファミリー、友人同士など、誰と行っても楽しい時間を過ごせます。

本記事では、伊良部島「渡口の浜」の基本情報からアクセス方法、駐車場の有無、シャワーや売店などの設備情報、渡口の浜の魅力と楽しみ方などをご紹介していきます!

スポンサードリンク

伊良部島「渡口の浜」の基本情報

渡口の浜は、沖縄県宮古島市にある「伊良部島」の南西部に位置するビーチです。伊良部島は、宮古島から北西約5キロの位置にあるサンゴ礁が隆起してできた島です。

渡口の浜の海水はとても綺麗で、シュノーケリングが大人気です。宮古島や石垣島に比べると観光客も少ないため、すこし落ち着いた環境で海を楽しみたいときにおすすめです。

渡口の浜(とぐちのはま)とは

渡口の浜は、長さ800m、幅50mにも渡る弓状の砂浜が特徴的なビーチです。沖縄の海の中でも「きめ細やかな砂浜」と「透明度の高い海水」は上位にランキングするほど魅力的です。

「通り池」で有名な下地島とは、「渡口の浜」の西の入江で隣接しており、体験スキューバも楽しむことができます。伊良部島と下地島を結ぶ橋が2019年3月16日に開通するなどもあり、渡口の浜の注目度も上がってきています。

渡口の浜のアクセス・駐車場

渡口の浜へのアクセス方法は、那覇空港からアクセスする場合、那覇空港から宮古島の宮古空港まで飛行機を利用し、宮古空港からはレンタカーや路線バスで陸路を移動します。

宮古空港から「渡口の浜」へ路線バスで移動する方法

宮古空港から伊良部島への直通バスはありませんので、宮古空港(空港ターミナル前)から宮古協栄バス(新里・宮国線)平良港へ行き(片道230円)、宮古島平良港から共和バスに乗りダキフガー停留所で下車(約43分)します。

ダキフガー停留所から渡口の浜までは徒歩10分程度で到着します。

渡口の浜の駐車場情報

「渡口の浜」の両端(西側・東側)には、駐車場が完備されています。どちらとも10~20台程度の駐車スペースが確保されており、料金は無料です。片側が満車の場合は、もう一方の駐車場をチェックしてみてください。

渡口の浜の施設(トイレ&シャワー、売店、レンタル)

渡口の浜には、西側と東側に食堂や売店、トイレ&シャワーが完備されています。

西側の売店と奥にトイレ&シャワー施設
伊島観光サービスでは、宮古そば等の食事も可能です。西側のシャワーは有料となりますのでご注意ください。

東側の売店
こちらでも軽食や、アイス・ジュースなどの冷やし物一切が用意されています。

伊良部島「渡口の浜」の魅力と楽しみ方

伊良部島「渡口の浜」の魅力と言えば、サラサラの砂浜と真っ赤に染まるサンセットです。また、シュノーケリングやシーカヤック、星空フォトツアーなど、自然に触れ合う楽しみ方がたくさんあります。

サラサラの白い砂浜と夕焼け色に染まるビーチの絶景が見れる

渡口の浜といえば、サラサラで白い砂浜と、夕焼け色に染まる絶景ビーチです。

浜辺に海の家が並ぶこともなく、ただただ白くきれいな砂浜が広がり、穏やかな時間を過ごすことができます。

渡口の浜のサンセットは、季節によって日没時刻や方向が異なります。

渡口の浜から海に沈むサンセットを見るなら、11月(17時52分)、12月(17時53分)、1月(18時11分)がベストです。

4月~8月は、隣接する下地島の南側の大地に沈む形になりますが、建物や山がないので、夏場のサンセットも十分にきれいに見られます。

宮古島・来間島、下地島の宮古諸島を一望できる

渡口の浜からは、宮古島・来間島、下地島など宮古諸島を一望できる点も魅力です。

渡口の浜から宮古島の市街地までは車で約20分、来間島までは車で約35分、下地島までは車で約5分の距離ですから、すべて回ることも可能なので、一望するだけでなく是非足を運んでみてください。

シュノーケリング

渡口の浜ではシュノーケリングを楽しむこともでき、西側の売店ではシュノーケルセットが1日2000円でレンタルできます。

伊良部島の中では、比較的サンゴ礁や魚は少ないのですが、シュノーケリング初心者や小さなお子さんなどは、サンゴ礁で足を切る心配もありませんし、太陽の光がユラユラと反射し海底の砂浜に映るのを見ているのも癒されます。

少ないとは言っても、もちろん魚もいるのでシュノーケリングはしっかり楽しめますよ。

シーカヤック

西側の売店・伊島観光では、シーカヤックのツアーや体験ダイビングなど海のアクティビティが充実しています。

なかでもシーカヤックは、重厚な装備が必要というわけでもなく、気軽に楽しめるのでおすすめです。

マングローブや青の洞窟を探検できるシーカヤックは、ぜひ体験して欲しいアクティビティです。

星空フォトツアー

「天の川」をバックに星空フォトツアー!なんとテンションの上がるフレーズでしょうか。

渡口の浜では、星空フォトツアーが開催されています。渡口の浜の星空フォトツアーの魅力は何といっても、満天の星空です。まるでプラネタリウムの中にいるかのような錯覚に陥ります!

料金は一人5,000円(4歳以上)で、深夜(午前0時30以降)のツアーは6,000円です。お支払いは現金のみとなり、クレジットカードは使用できません。当日は、砂浜に座れる恰好かつ、写りを良くするために明るめの洋服(白など)を着用するのがおすすめです。

カフェ「ブルータートル」で食事もできる

東側には、ブルータートル(Blue Turtle)というオシャレなカフェがあります。

昼間はカフェスタイルでランチも楽しめ、夜になるとディナーも楽しめ、大人の雰囲気満載のバーにもなります。

若干お値段は高めの設定ですが、ハワイや沖縄本島にあるオシャレカフェに負けず劣らずの素敵なカフェ&レストランですから、渡口の浜に行った際には是非立ち寄りたいスポットです。カレーやステーキ、パスタ、海鮮料理、デザートなど種類も豊富です。

伊良部島「渡口の浜」まとめ

伊良部島の南西部にある渡口の浜は、真っ白な砂浜が約800mにもおよび、とても風光明媚なビーチです。

のんびり過ごすもよし、シュノーケリングやシーカヤックなどのアクティビティを楽しむのもよし、他にも星空フォトツアーやオシャレなカフェレストラン「ブルータートル」もあり、若者から大人まで人気のスポットです。

宮古島へ訪れた際は、人気スポットの伊良部大橋を渡って、渡口の浜を訪れることをおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

宮古島のおすすめウェディング・チャペル一覧

宮古島での南国リゾートウェディ …