Home / 沖縄観光 / 沖縄ちゅら海水族館の見どころと楽しみ方
aquarium-725798_1920-1

沖縄ちゅら海水族館の見どころと楽しみ方

沖縄美ら海水族館は、沖縄県の中でも特に人気のある観光名所です。本記事では、大人から子供まで楽しめる美ら海水族館の魅力と見どころ、楽しみ方についてご紹介していきます。沖縄旅行を考えている方は、是非本記事と一緒に美ら海水族館の楽しみ方について見ていきましょう。

スポンサードリンク

ちゅら海水族館の見どころ

沖縄の大人気観光スポット、海洋博公園内にある「沖縄美ら海水族館」。高さ8.2m、幅22.5mもある巨大水槽の中を全長約9mのジンベエザメなど多彩な魚たちが優雅に泳ぐ「黒潮の海」や、南国沖縄のサンゴの海、水深200mを超える深海の世界など、海の生物たちの魅力がたっぷりつまった水族館です。

また、水族館の周辺には、イルカショーが無料で見られる劇場やウミガメやマナティーを近くで観察できる施設も揃っていて、一日中いても足りないほど見どころ満載!16:00からチケットは、ちょっぴり、料金がお得になります。

<沖縄美ら海水族館>
【住所】沖縄県国頭郡本部町石川424
【開園時間】通常期(10月~2月)8:30~18:30、夏期(3月~9月)8:30~20:00
【料金】大人1,850円/高校生1,230円/小・中学生610円
※16:00からチケット大人1,290円/高校生860円/小・中学生430円

ジンベエザメと出会える「黒潮の海」

21a989b130bd5bddd8d2ce3bb2e4f99d_s
ちゅら海水族館の大人気スポット「黒潮の海」。ちなみに、黒潮とは、中学校の地理でも習ったご存知の日本近海最大の暖流。海水温が高く、豊かな生態系を生み出している海流です。

そんな黒潮の海の世界を、深さ10m・幅35m・奥行き27mの巨大水槽の中に再現したのが「黒潮の海」。世界最大の魚、全長8.7mのジンベエザメ、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタなど約70種の魚たちが自由に泳ぐ姿を観察できます。大迫力の海の世界に釘付けになることでしょう。

「黒潮の海」をより楽しみたいなら、各種プログラムに参加するのもおすすめ。「黒潮の海」の解説と映像による紹介(11:30~)、「黒潮の海」の解説とダイバーによる水中カメラ映像(13:30~)のほか、迫力満点のジンベエザメの食事シーンの紹介(15:00~、17:00~)が毎日行われています。特にジンベイザメが餌を食べる様子は大迫力!海水ごとズォオオオと餌を吸い込む音にはびっくりです。

「黒潮の海」の大水槽を真上から自由に見学できるプログラム「黒潮探検」も人気。時間は10時から閉館まで(14:30~17:30は作業のため観覧不可)。10:30 /11:30/12:00/12:30/13:30/14:00/18:00/※18:30(3~9月のみ)の時間は、水上デッキでスタッフの方が解説してくれます。

また、ジンベイザメを下から眺めたかったら、「アクアルーム」!天井がアクリルパネルになっていて、巨大水槽を下から眺めることでができる“海の中の特等席”。巨大なジンベイザメが頭上を優雅に泳いでいく姿は圧巻です。

近海の珊瑚礁を再現「サンゴの海」

沖縄の海といえば、“サンゴ礁”。約70種800群体の色とりどりのサンゴの世界を楽しめるのが「サンゴの海」。ここで見られるサンゴの世界は、ちゅら海水族館のある本部町の海の中の風景を再現したもの。

水槽には、沖縄の暑くて強い日差しと、水族館の目の前の海から新鮮な海水を引き入れているため、サンゴの大規模飼育が可能となっています。自然に近いこの環境は、サンゴたちにとって、居心地が良いようで、水族館のオープンから10年以上たった今も、ここで成長し続けているサンゴがたくさんいるそう。

珍しい深海生物がいっぱい「深層の海」

世界の海の大部分は、水深200mを超える深海で、まだまだ解明されてないことを秘めた場所。そんな神秘に満ちた深海の世界を再現したのが「深層の海」。

体長1メートル以上で銀白色をした細長い魚「ナガタチカマス」や、鮮やかな赤色の長い尾びれをなびかせながら泳ぐ「ハマダイ」など、深い海に生きる約70種の多様な生き物たちに出会えます。

イルカショーが見れる「オキちゃん劇場」

ちゅら海水族館から徒歩5分ほどのところにある「オキちゃん劇場」。東シナ海と伊江島をバックにした屋外劇場で、イルカたちのショーやふれあい体験がなんと無料で楽しめるスポットです。

「イルカショー」では、ミナミバンドウイルカ、オキゴンドウ、カマイルカたちが、ユーモラスなダンスやダイナミックなハイジャンプで会場を沸かせます。ショーは20分間。時間は11:00/13:00/14:30/16:00/※17:30(4月~9月のみ)。

また、「ダイバーショー」は、水中のイルカをガラス越しに観察し、ダイバーがイルカの生態を教えてくれるプログラム。時間は15分間で、11:50/13:50/15:30に行われます。

「イルカふれあい体験」は、イルカたちとふれあえるプログラム。イルカの分類や体のしくみなどについて学べ、イルカへの餌やりやトレーナー体験ができます。参加対象は小学生以上。土・日・祝日のみ各1回実施で、時間は10:20~10:50(30分程度)。

ウミガメがいっぱい「ウミガメ館」

071f553885d8a42b2b8e1b983457d78f_s
ちゅら海水族館から徒歩5分ほどのところにある「ウミガメ館」。こちらも無料で楽しめるスポットです。

世界に7~8種いるといわれるウミガメのうち、「ウミガメ館」では、タイマイ、アカウミガメ、アオウミガメ、ヒメウミガメ、クロウミガメの5種を飼育。大水槽にはウミガメを繁殖させるための産卵用の砂場が作ってあるため、毎年、カメが産卵のために上陸する様子を見ることもできるそう。

また、地下の観覧室からは、ウミガメが水中を泳ぐ姿を横から観察でき、その迫力に子どもたちは大興奮です。開館時間は、通常期(10月~2月)8:30~17:30、夏期(3月~9月)8:30~19:00。

愛くるしくて胸が苦しい「マナティー館」

「ウミガメ館」の隣にある「マナティー館」も、無料で楽しめるスポット。マナティーは、人魚伝説のモデルとなった草食性の哺乳類で、大きさは、3~4.5m、体重300~1,000kg。現在は、絶滅の危機にあり、国際保護動物に指定されている貴重な生き物です。

メスのユマ(尤馬)ちゃんは、2001年にマナティー館で生まれたマナティー。会場では、ユマちゃんが産まれた時の映像も上映しています。

見られたらラッキーなのが、マナティーのお食事タイム。1日2~3回ほど、飼育員がレタス、キャベツ、白菜、カボチャ、ニンジンなどのエサを与えていて、エサを差し出すと、マナティーは直接口で受け取り食事します。その姿はとってもキュート!開館時間は、通常期(10月~2月)8:30~17:30、夏期(3月~9月)8:30~19:00。

海の生き物に詳しくなれる「わくわくアクアラボ」

海の生き物たちのことをもっともっと知りたいなら、ちゅら海水族館のレクチャーコーナー「わくわくアクアラボ」がおすすめ。海の生き物の専門家である飼育員が、海の生き物について標本やビデオなどを使ってわかりやすく解説してくれます。

サメの話やサンゴの話などテーマは日替わり。飼育員に直接質問することもできます。時間は11:00/14:00の2回、約15分ほど。

ナマコに手で触れられる「イノーの生き物たち」

サンゴ礁の周辺に住むヒトデやナマコなどの生き物を見て触れて体験できるタッチプール「イノーの生き物たち」。“イノー”とは、沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海のこと。

イノーに生息する生物の特徴や、体のつくりなどを分かりやすく飼育員が解説してくれる水槽解説は10:00/14:00の1日2回行われます。

ちゅら海水族館のお土産、食事情報

b39f7936430a6203741bd181c1e9fd66_s
ちゅら海水族館には、休憩したり、食事をとったり、お土産を買ったりできるスポットも充実しています。

水族館の主役ジンベイザメのオリジナルグッズを販売する「ショップブルーマンタ」、大迫力の「黒潮の海」を眺めながら軽食やスイーツ、ビールを楽しめる「カフェ オーシャンブルー」、東シナ海を一望しながらランチバイキングを堪能できる「レストラン イノー」など。ちゅら海水族館グルメを楽しめます。

美ら海の思い出を買える「ショップブルーマンタ」

お土産選びをするならココ!「ショップブルーマンタ」。ちゅら海水族館のオリジナル土産が手に入るお店です。

例えば、水族館の主役、ジンベエザメが描かれているオリジナル限定紅いもタルトや、ジンベエザメが形取られたお煎餅、ジンベイザメの形をしたちんすこうのほか、ジンベイザメフィギュア、ジンベイザメぬいぐるみ、ジンベイザメTシャツなどジンベイザメ土産が充実。

中でも究極のジンベイザメ土産といえるのは、ジンベイザメをかたどった、巨大ジンベイザメサブレ。カバンに入らないほどの大きさのサブレで、インパクト大です!

このほか、ふわふわのスポンジと沖縄産のシークワァーサークリームが美味しい「プリンセスムーンシークヮーサー」や愛らしい“チンアナゴ”の足指パッドもあります。

ジンベエザメを見ながら食事ができる「カフェ オーシャンブルー」

「黒潮の海」の隣りにある「カフェ オーシャンブルー」。ジンベエザメやナンヨウマンタなど大きさも形も様々な魚たちの“優雅な舞”を眺めながら、ビールを飲んだり、食事を楽しめ、まさに気分は“竜宮城”。

メニューは、タコライス、ペペロンチーノなどの食事やオリジナルマフィンやアイスクリームなどのデザートもあります。営業時間は(10月~2月)8:30~18:00、(3月~9月)8:30~19:30。

東シナ海を眺められる「レストラン イノー」

水族館の4Fにあり、東シナ海を眺めながら、沖縄の食材をふんだんに使ったランチバイキングをメインに楽しめる「レストラン イノー」。水族館へ入館しなくても利用できます。

ランチバイキングタイムは、(10月~2月)11:30~15:30、(3月~9月)11:30~16:00。料金は、中学生以上1,512円/小学生885円/3~5歳597円/65歳以上1,183円と良心価格です。

メニューは、紅いも天ぷら、ラフテー煮込み、地元、本部町産の沖縄もずくのもずく酢など。地産地消のメニューや沖縄の郷土料理がズラリ勢ぞろい!

また、ランチバイキングタイム以外の時間(9:00~11:00とバイキング終了後)は、ラフテー丼、紫イモとさつまいものタルト、 ベイクドチーズケーキなど軽食やデザートメニューが登場します。

イルカを見ながら軽食を楽しめる「オキちゃんパーラー」

イルカショーが楽しめる「オキちゃん劇場」の近くの「パークセンター」内にある「オキちゃんパーラー」。

やんばる島ぶた「あぐー」のメンチカツや沖縄そばのほか、チリドック、チーズドックといったドッグ系やハンバーガー系メニューなどが用意されています。中でもおすすめは、オレンジ色が眩しい「マンゴーソフト」!

ちゅら海水族館へのアクセス方法

b88aecda368f1b182d1ad8b2b9ddac1b_s
魅力満載、見どころたっぷりのちゅら海水族館へのアクセス方法は車、バス、タクシーの3種類!予算、時間、スケジュールに合わせて、ベストなアクセス方法をチョイスしてくださいね。

那覇空港から車でちゅら海水族館へアクセスする

<高速道路を利用する場合>
所要時間は那覇空港から約2時間。那覇空港→県道231号→国道331号→名嘉地IC→許田IC下車→国道58号→国道449号→県道114号

<一般道を利用する場合>
所要時間は那覇空港から約2時間50分。那覇空港→国道331号→国道58号→国道449号→県道114号

那覇空港からバスでちゅら海水族館へアクセスする

<高速バスを利用する場合>
所要時間は那覇空港から約3時間。バスNO111→名護バスターミナル乗り換えバスNO65・66・70

<一般路線バスを利用する場合>
所要時間は那覇空港から約3時間30分。バスNO120→名護バスターミナル乗り換えバスNO65・66・70

<やんばる急行バスを利用する場合>
所要時間は那覇空港から約2時間20分。乗り換えなし。

那覇空港から観光タクシーでちゅら海水族館へアクセスする

旅行会社やタクシー会社では、海洋博公園をコースに入れた観光タクシーサービ―スを用意しています。

例えば、「スカイツアーズ」の「タクシーで沖縄美ら海水族館直行プラン・水族館入場券付」。那覇空港から沖縄美ら海水族館へ直行でき、水族館滞在は約2時間設けられています。

乗務員はベテラン揃いの個人タクシーで、貸切時間による定額制料金。さらに、沖縄美ら海水族館入場券も付いているので、チケットを購入する手間も省けます。

旅行代金は、4名1台利用1人あたり6,000円/3名1台利用1人あたり7,500円/2名1台利用1人あたり10,000円/1名1台利用18,000円。

<スカイツアーズ沖縄予約センター>
【電話】098-866-9666 ※利用前日の16時まで受付

ちゅら海水族館周辺の観光スポット

「海洋博公園」には、ちゅら海水族館のほかにも、楽しめるスポットがたっぷりあります。

水族館のある海のエリアには、「オキちゃん劇場」「マナティー館」のほか、日本最大級のネット遊具のある「ちびっことりで」や「エメラルドビーチ」、歴史・文化のエリアには、琉球王朝時代の集落を再現した「おきなわ郷土村」や海洋民族の歴史に触れられる「海洋文化館」、花・緑のエリアには、2,000株以上のランが咲き誇る「熱帯ドリームセンター」などがあり、沖縄の自然・文化・歴史を楽しみながら学べます。

おきなわ郷土村

沖縄美ら海水族館から徒歩10分ほどのところにある「おきなわ郷土村」。昔の沖縄にタイムスリップした気分になれるスポット。入場無料です。

17~19世紀頃の琉球王国時代の村落を再現していて、祈りの場「御嶽(ウタキ)」、守護神を招いて祭祀を行う「神アサギ」、水への感謝から生まれた「拝井泉(ウガミガー)」といった伝統的な村落形態もみられます。

また、古き良き沖縄の風景の中で、元気いっぱいの地元、本部町のおばぁたちがもてなしてくれる「昔のおきなわ生活体験」プログラムもあります。

場所は、地頭代の家(ジトゥデーヌヤー)。時間は毎日10:00~16:00(※15:30 三線体験受付終了)。伝統的な踊りや子ども向けの遊戯、三線演奏の体験、お茶菓子の無料配布などが行われます。

海洋文化館

「おきなわ郷土村」の目の前にある「海洋文化館」。沖縄を含めた太平洋エリアの海洋民族の歴史や文化を紹介する施設です。

太平洋を渡った人類の歴史ストーリーを伝える大迫力のスクリーン映像の上映や海洋民族のカヌーや生活道具などの実物が展示されています。また、1億4000万個の美しい星空が楽しめるプラネタリウムホールも併設。料金は、一般170円、小中学生50円。

熱帯ドリームセンター

ちゅら海水族館から徒歩15分ほどのところにある「熱帯ドリームセンター」。コチョウラン、カトレア、バンダなど2,000株以上のランをはじめ、熱帯・亜熱帯に生息する花々や果樹を集めた植物園です。

料金は、一般690円、小中学生350円。「ちゅら海水族館」を見学した人は、水族館の入館券を提示すると半額になります。

まとめ

ちゅら海水族館やその周辺には、イルカショーやプラネタリウム、琉球王朝時代の集落など見どころが満載。主なスポットを回ろうと思えば、ちゅら海水族館:約1時間30分、熱帯ドリームセンター:約40分、海洋文化館:約40分イルカショー:約20分と考えて、だいたい半日ほどかかるそう。

食事のできるスポットは、今回ご紹介した水族館内にある「レストラン イノー」、「カフェ オーシャンブルー」、オキちゃん劇場近くの「オキちゃんパーラー」のほか、熱帯ドリームセンターの「スナックスコール」、中央ゲートの「中央ゲートスナック」、総合案内所「ハイサイプラザ」の「カフェ ティーダ」があります。

ぜひ、今回の情報を参考に「ちゅら海水族館」を思いっきり楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

eyecatch

海辺に泊まろう!沖縄・読谷村のおすすめホテル集

あなたは沖縄の読谷村に行ったこ …